サブイメージ

明石市で不用品回収、家のお片付けやゴミ屋敷のお掃除なら相場屋

明石市とは?

明石市は兵庫県南部の明石海峡に面している、都市です。明石市は、2002年に特例市に国から指定された都市になります。
本州から、淡路島を経て四国に通ずる、重要な拠点になっていました。

みなさんが以外と思うところで、明石市は、日本の標準時の街です。

明治初期には、京都伏見が基準となっていましたが、今現在では国際的な基準により緯度が求められ、東経135度が日本標準時子午線となり線上にある明石市が標準の街になりました。

私達、相場屋の本社も明石市に所在し、弊社代表も明石生まれの明石育ちなので、相場屋は明石市で生まれたということになりますね。

標準の時間を刻んでいる明石市はどのような街なのか、いろんな角度からご紹介していきたいと思います。

目次

  1. 明石市の歴史
  2. 明石市の観光名所
  3. 明石市はどんな街?
  4. 明石市のゴミ問題
という角度から、明石市をご紹介していきます。

⒈ 明石市の歴史

明石市の歴史としてこんな昔話があります。
みなさんのお住まいの住所のいわれや由来など考えたことが、あるでしょうか?

地名がついているかぎり、その地名の由来が存在します。
明石市にも同じことが言えます。

神出雄岡山(現在の神戸市西区神出町)に仲の良い夫婦が住んでいました。
ところが、この夫が浮気を小豆島に住む女の方にしてしまいました。

それから、毎日のように鹿に乗り海を渡って会いに行きました。
なんて、ひどいことをと思ってしまいます。1人の女性と夫婦になっていながら、嗚呼、情けない・・・

妻はこの夫の姿を見て、悲しみに明け暮れる毎日を過ごしていました。
とある夜、寝ていると妻は不吉な夢を見たのでした。

それは、夫が死んでしまう夢を見たのです。
夢を見た次の日にも小豆島の美女に会いに行こうとしたので、妻は、思い切って止めました。が・・・・・

行ってしまいました。
いつものように、鹿の背中に乗って・・・

すると、林崎の沖合に差し掛かった時に丘の上の狩人が海を渡る鹿を見つけて、矢を放ちました。
矢が鹿に命中して、夫と鹿の命が亡くなってしまいました。

この鹿の血が赤い石となり海中に沈んでしまいました。
「赤い石」が明石の地名になったといことになります。

この事が、明石市の地名の由来になったと考えられています。

⒉ 明石市の観光名所

明石市の観光名所や、名物は

・市立天文学博物館
・明石海峡大橋
・明石焼


など多くの観光名所や名物が存在します。

明石市は標準時間を刻む時の街として有名です。
時の街のシンボル「私立天文科学館には、プラネタリウムも完備されています。

また、明石市には有名な明石海峡大橋があります。
なぜ有名なのかそれは、世界最長の吊り橋なので有名になっています。

明石市は食の豊かな街でもあります。
瀬戸内海に面している明石市には、石鯛、・明石ダコなどの新鮮な魚介類が豊富にとれます。

その魚介類を使用した、明石焼きは卵とだし汁をたっぷりと使用した、たこ焼きに似たものになります。
出汁に浸して食べるのが特徴になります。

明石市に行ったら食べなきゃ損というようなものになっています。

⒊ 明石市はどんな街?

明石市はどんな街と聞かれたら多くの方の意見は、食文化の街と言われる方が多いのではないでしょうか?

瀬戸内海に面しているため、魚介類をなどが豊富にとれ、海の幸が美味しくいただけます。
また、明石焼は、地元の人たちには、玉子焼きとして、親しまれています。

また各店舗によって、ボリュームや、味などが異なるため、食べ比べなどをしてみて自分の好みの味を見つけるのも楽しみの一つになります。

明石市の地元民は一度ソースをつけてから出汁に付けて食べます。
また口コミでは、明石市はとても住みやすいとの情報が多くよせられています。

また交通の便も良いようで、買い物なども便利に行える街です。
名物の商店街魚の棚で明石焼きをたべながらビールでも飲んで海へ行き明石市の街を一度散策してみれば気持ちが良いものです。

⒋ 明石市のゴミ問題

明石市のゴミの問題について少し書いてみたいと思います。

個人のゴミ排出量は、全体をとうして、減少傾向にあります。
また一人1日当たりのゴミ排出量も減少傾向にあります。

また少し残念ではありますが、産業廃棄物のゴミについては、増減を繰り返しているので、増えていると言っても過言ではありません。

この背景には、政策にのっとった住民の努力があると思います。
また、産業のゴミについてはよく解釈すると、発展しているのではということも考えられます。

発展していくとその過程ではどのようにしても不用品やゴミなどは多くなってしまうのです。

家庭ゴミの中での割合は、燃やせるゴミがやはりダントツで多く、その他資源になるもので、集団回収によるリサイクル品が多く回収されています。

粗大ゴミや、その他のものは、燃やせるゴミ、集団回収によるものには、比較にならない割合になります。

その他、ゴミ減量の取り組みでは、

・指定袋制度の導入
・ライフスタイルの見直し
レジ袋削減の協議締結
グリーンコンシューマー運動の推進
・生ゴミ減量化の取り組み


などが家庭で行われるように促しています。

事業ゴミでは、

・事業系指定袋制の導入
・減量計画等の提出と指導
・ゴミ減少マニュアルの改定
・事業系ゴミ処理手数料の適正化


などを取り入れて、ゴミ減量の取り組みを行っています。

多くの政策の下、ゴミ減量に成功してきている、明石市はこれからも粗大ゴミや不用品の減量に力を入れていくことでしょう。

また、1人1人の努力でゴミを減らして、地球に優しい明石市にしていきましょう。

明石市の粗大ゴミや不用品回収専門業者の「相場屋」です。

人口が多く食べるものの美味しい明石市の皆様のお役に立てるよう、このページをご覧になられている方に、不用品回収、粗大ゴミ片付け、ゴミ屋敷大掃除、専門業者、「相場屋」のご紹介をさせていただきます。

日々の生活の中で、生活に応じて生活ゴミや、粗大ゴミ、不用品などが出てくることは、多いと思います。

しかし、明石市のデータによると、生活のゴミは減少傾向にあり、リサイクルされる物の回収や、廃品回収などから出てくるゴミの量がデータとして出ています。

また、不用品や粗大ゴミのクリーンセンターへの持ち込みなどはごく少数の数値になっています。

何を言いたいのかというと、皆様のご家庭の中で、各部屋の不用品や、粗大ゴミを片付けたいけれども片付けられないでいるのではないかと考えます。

粗大ゴミや不用品は、その場所にあっても以前からそこにあるものだったりするので、撤去しなければならないものだったり、その不用品自体が全く気にならないものだったりします。

なので、数値も低いのではないでしょうか?

そのような気にならない不用品や粗大ゴミを集めると、とても大量の粗大ゴミの山になります。その一角だけを見れば、プチゴミ屋敷さながらです。

粗大ゴミや不用品を、撤去、処分、処理することによって、その場所が有効活用でき、見た目もスッキリとして、不用品や粗大ゴミなどをまたそこに置こうとは思わなくなります。

不用品や粗大ゴミを片付けようと思って、見回した時が、チャンスです。

不用品回収や処分などを手際よく行う、大掃除、清掃、片付け業者「相場屋」にご連絡ください。

また、私達は、不用品や粗大ゴミを片付けて清掃、大掃除の事業を、専門会社として行って参りました。

お部屋のお片付けに掃除、清掃があまり得意でない方や、大掃除を行おうと思っている方に是非、片付け不用品回収会社「相場屋」にご連絡ください。

それでは、いろんなケースによって起こりうる内容については不用品・粗大ゴミの片付けのプロである相場屋がどの様な対応ができるのかご紹介していきます。

目次

  1. 明石市のこんな仕事もできます。(遺品整理と特殊清掃)
  2. 明石市のゴミ屋敷について。
  3. 明石市のどんな部屋でも片付けます。
  4. 明石市の不動産屋さん一軒家のメンテナンスは私達に!
  5. 明石市の廃品回収、引取はリサイクル品が主になります。
  6. 明石市のどんな時でも掃除、大掃除します。
  7. 明石市の粗大ゴミや不用品の処理どうされていますか?一括してみたら?
  8. 明石市の会社、事業系の粗大ゴミは?
  9. 最後に
明石市のことを皆様に少しでもわかっていただける様に、細かく項目をご用意して、ご紹介していきます。

項目のご紹介を始める前に、基本的には、一軒家、空き家、アパートの部屋の不用品や粗大ゴミの片付けや清掃、大掃除などを中心として、不用品の廃品回収や、引取をおこない、一軒家の個人住宅はもとより会社の不用品の回収や、粗大ゴミの処分・処理を行います。

もちろん会社のお片付けや掃除も承っております。
とても大きな不用品や、粗大ゴミなども撤去致します。

また、粗大ゴミや、不用品回収と並行して、リサイクル品の回収、買取も行っております。

また、ゴミ屋敷の片付け清掃や、急な訃報の時の遺品整理なども行っております。

みなさんに喜んでいただける仕事だと自負しておりますので、これからご紹介していきます。

⒈ 明石市のこんな仕事もしています。(遺品整理・特殊清掃)

明石市では、総人口に占める65歳以上の割合が、19%程度と全国の平均22%よりは下回っているものの高齢化が進んでいます。

また、高齢者のみで生活されている世帯が、一般世帯を100%とした時に全世帯の3割以上も占めています。

この状況を踏まえた上で考えてみると、お年を召した方の一軒家での生活や、アパートの部屋での生活が多いのではないかと思います。

この様な状況が続いてしまうと本意ではありませんが急な訃報ということも頭に入れておく必要があります。
その時には、必ず、遺品整理や・特殊清掃、大掃除ということが必要になります。

アパートの場合においても、すぐに、対応しなければなりません。

遺品整理は故人の大切なものが多く、遺品の片付けに関して、なかなか手が出しにくいというものがあります。
もとより、故人を偲ぶことで、気持ちが遺品整理には向かないのが事実かもしれません。

私達は遺品整理を故人と遺族をつなぐ架け橋だと思っております。
範囲を決めてからの遺品整理や、話し合いをした後での、遺品整理はもちろんのこと、遺品整理に関して、何なりとお申し付けください。

片付けの際の高価な遺品や、人に見られたくない遺品など数多くあると思いますので、遺品整理業者でもある私達と相談しながら、遺品整理を進めましょう。

また亡くなってから、誰も気づかないまま数日間そのままですと、腐敗してきてしまい、部屋の中に臭いがついてしまい、一軒家の処理、処分も出来なくなってしまいます。

また、アパートなどの部屋にこもった臭いも、部屋を返さなければならないので、早急に部屋の特殊清掃や、片付けをしなければなりません。

この時の、掃除清掃はもちろんのこと、大掃除も承ります。
遺品整理だけでなく不用品の撤去や、粗大ゴミと思われるものの処分、処理も承ります。

急な対応も、ゴミ屋敷のお片付け、大掃除専門会社「相場屋」にご連絡ください。

⒉ 明石市のゴミ屋敷について。

明石市のゴミ屋敷についてですが、この問題点については、いくつか考えなければならないことがあります。

ゴミ屋敷の住人がゴミ屋敷になっていると自覚していない点。
それに対して、行政でも、本人が、粗大ゴミや、生活ゴミ、不用品ではなく、個人の財産ということにより、撤去、処分、処理が出来ないということ。

近隣住民などからの苦情、署名などにより、行政側が、撤去、に踏み切っても、また、収集癖などがあり、集めてきてしまい、またゴミ屋敷に戻ってしまうという事。

この様な事が、明石市だけではなく実は全国で、繰り返されています。

ゴミ屋敷は、上記の通り、所有者本人だけの問題ではなく、近隣の方の迷惑になってしまいます。

ゴミ屋敷は、ただ臭いだけでなく、教育上の問題にもなってしまいます。
ゴミ屋敷は、生活ゴミや、不用品、粗大ゴミを片付けて行かなければなりません。

ゴミ屋敷の住人の方には、認識が異なり、聞いていただく事ができないかと思いますので、その、ご友人の方や、知人、親戚の方、にはご事情をご理解頂きたいのです。

近隣の住民の方の苦情や、行政指導が行われる前に、大量の不用品はゴミ屋敷になる前に片付けてしまった方が、気持ちよく生活できるはずです。

ゴミ屋敷の中には、自分で気づかないうちに、作り上げてしまったものもありますので、自分の生活を見直し、何か不用品や、粗大ゴミ、リサイクル品が多くなってきたなと思ったら、立ち止まって見回してみましょう。

もしかしたら、プチゴミ屋敷状態になっているかもしれません。

自分で片付ける事ができそうにもないと思ったら すぐに、掃除、ゴミ屋敷の片付けも手際よく行う、不用品片付け専門会社「相場屋」にご連絡ください。

即座に対応し、ゴミ屋敷を丸々一軒家ごと綺麗な住宅にいたします。

明石市でのゴミ屋敷の問題は深刻化しており、ご年配の方が増加している傾向があり、これまでにもケアマネージャーさまから、のご紹介で、一人暮らしのご年配の方の家がゴミ屋敷になっているため、片付けてもらえないかというご相談をたくさん頂きました。

私達もお見積りにお伺いした際には、びっくりしてしまったのですが、お家の外の庭の方までゴミが溢れてきており、テレビでよく見かける完全なゴミ屋敷状態だったのです。

現場のスタッフも片付けても片付けてもゴミ屋敷の荷物はなかなか減らず1週間毎日ゴミ屋敷の仕分け作業をした経験があります。

⒊ 明石市のどんな部屋でもゴミ屋敷片付けます。

先にもご紹介いたしました。ゴミ屋敷のお片付け、不用品回収も、同じく通づるところがありますが、お部屋のお掃除や、会社の部屋の掃除など、各種お部屋の不用品や粗大ゴミの片付け、清掃なども承っております。

自分の一軒家の周りが、不用品や、粗大ゴミなどがなく綺麗な状態でも、部屋の中はいかがでしょうか?

不用品一点からの回収や、ゴミ屋敷のお片付けも承ります。
もちろん、片付けた後の、清掃なども承ります。

自分の住んでいる部屋は綺麗にしている方が多いとは思いますが、中には、片付けられないでいる方や、片付けても集中できず片付けられない方はご安心くださいませ。

綺麗なお部屋にお片付け致します。

また、会社や、オフィスなどの片付けなども行います。
必要なものだけを移動しておいて頂く事によって、全て片付け致します。

綺麗なオフィスや会社のお部屋でのお仕事ができる様にいたします。
雑然としてきたなと思いましたら、不用品や粗大ゴミの片付け業者「相場家」にご連絡くださいませ。

⒋ 明石市の不動産屋さん、一軒家の空き家のメンテナンスは私達に!

明石市の一軒家の空き家率は管理が行き届いている空き家の、ただ放置状態の管理が行き届いていない空き家があります。

そんな中、平成20年度にはすでに1602戸が空き家というデータが出ています。
本当のところの一軒家の空き家の戸数は増加しているものと思われます。

そのうち、40軒ほど一軒家の空き家が、周辺の住宅などに影響を及ぼしてしまう可能性があると判断されています。

この状況があって弊社がゴミ屋敷のお片付けのお仕事の件数が増えています。

空き家の状態が、建築物としても壊れてしまっているという事です。
また、この様な空き家の状態を招く原因として、ハウスメンテナンスをしていないという事も関係してくるでしょう。

ゴミ屋敷と呼ぶことはどうかとは思っているのですが、空き家のお片付けのお仕事をさせて頂く現場に関しては、ほとんどの家が荷物が散乱している状況が多くゴミ屋敷状態になっていることが多いのです。
生ゴミなど数十年も前のものが冷蔵庫に残ってしまっているときはよりゴミ屋敷感が増すのです。

住宅、家、一軒家と言うものは、人が住んでいる事によって、家の中の空気の入れ替えなどができ、表現が適切かどうかはわかりませんが・・
家、一軒家に魂が宿るという様な気がします。

空き家に魂が宿る事によって一軒家の機能を果たします。

明石市の空き家のオーナー様、一軒家を多くお持ちの不動産屋さん、空き家になりそうな際には、メンテナンスのためゴミ屋敷になる前にお片付けをすることが大切です。

家を片付けてメンテナンスを定期的に入れる事により、一軒家の空き家にも、空気の入れ替えなどができて、部屋の中が淀みません。
また部屋の中が淀んでしまうことで、よりゴミ屋敷と言われるような空気になってしまいます。

空気に淀みがないと、住宅の老朽化が減速していき、一軒家の空き家の状態でも、古くはなるけれども壊れてはいない状態になります。
この状態が、一軒家の空き家にとってとても良い状態になります。

また、一軒家の空き家のメンテナンスはどんな事をするのかというと、部屋のお片付けや整理からはじまり、清掃はもちろんの事、窓カラスの拭き掃除、床がフローリングであれば、ワックスがけなど、お客様の要望に応える事ができます。

一軒家の空き家のメンテナンスには、粗大ゴミの片付け、不用品処分、回収、を手際よく行う、片付け専門業者の「相場屋」にご連絡ください。

⒌ 明石市の廃品回収は、リサイクル品が主になります。

廃品回収業務は、地域の活動ばかりではございません。

地域において、リサイクル活動を行うのもとても良い事ですが、溜まってしまった、もしくは、タイミングを逃してしまったリサイクル品や、廃品回収、引取品などは、不用品処分、処理を行うゴミ屋敷片付け業者「相場屋」にご連絡ください。

廃品回収品は、再資源の可能なものを不用品や、粗大ゴミ、家庭ゴミなどに出さず、リサイクル品として、業者などに出す事を言いますので、リサイクル活動にもなり地球環境を守る取り組みにもなります。

不用品回収を行う事によって、リサイクルの意識が高まります。
それとともに、ゴミへの関心も高まり、ゴミを削減する事にもつながります。

資源のリサイクルとしては、各トレーや紙パックなど、スーパーなど回収するための箱を置いてあるところも多いと思います。

また、地区の自治会での廃品回収(リサイクル)を行う時に、必ず最終的な回収業者を決めなければなりません。
回収業者に処分してもらわなければなりませんので、不用品回収業者の選定は重要と言えます。

廃品回収の最終引取業者として、不用品回収も独自で行う、片付け専門業者「相場屋」にご連絡ください。
スムーズで迅速な行動を心がけています。

⒍ 明石市の場所を選ばず不用品の片付けや清掃業務を致します。

明石市に住んでいる方の中で、お掃除やお片付けが好きな方いらっしゃいますか?
どうでしょうか?おそらく半分ぐらいの意見の割れ方だと思います。

掃除、お部屋のお片付けは日常的に行わなければなりません。
その反面大掃除は、年末や、引越しの時など、節目の時に行う方が多いと思います。

片付け、清掃は居住スペースや日頃生活していて、よく使う場所などを中心に行う事が多いと思います。

引越しに関しては、入るにしても掃除、出るにつけては、不用品の片付けや大掃除をしなければなりません。
そんな時は、引越し時の大掃除も行う不用品回収業者「相場屋」にご相談ください。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けまで全てお任せ下さいませ。

それに対して、大掃除は、普段掃除、清掃を行わない場所をすると思います。
普段片付けをしない場所の掃除を行うので、なかなかはかどらない事も多いですね。

大掃除のコツは、前もって範囲を決めて行う事で、荷物も片付けて大掃除を予定どおりに終わらす事ができます。

また、時間があまりない方などは、不用品回収、片付け業者に一度連絡をしてみてください。
そんな時は、大掃除をスムーズに行う不用品片付け業者「相場屋」にご連絡ください。

⒎ 明石市の粗大ゴミや、不用品どうしていますか?一括してみたら?

明石市の粗大ゴミや大きな不用品は、ゴミのパーセンテージから見ると少ないとは思いますが、必ず出るものです。
大きなものに関して業者にすべて任せてしまうというのもアリだと思います。

不用品や粗大ゴミが多くなってきたら、迷わず片付け業者の「相場屋」にご連絡ください。

⒏ 明石市の会社、事業系のゴミは?

会社のゴミといえば、いらなくなってしまった、スチールラックや、スチールデスクなど、事務用品が思いつきます。
その他にも様々な不用品やゴミがあると思います。

会社や、事業系のゴミは特殊なものが含まれているものもあります。
特殊だなと思っても、不用品回収業者、相場屋にご連絡ください。お客様と話し合い、リサイクル品で回収、買取できるものなのか、それとも、不用品、粗大ゴミとして、処理、処分しなければならないものなのか判断させて頂きます。

回収、引取対象が広いので、一度確認も含めた上でお電話下さいませ。

⒐ 最後に

ここまで、読んでくださり誠にありがとうございます。
相場屋は、不用品処理、粗大ゴミ処分、ゴミ屋敷清掃、遺品整理などや、掃除大掃除などを真剣に考え取り組んで参りました。

その中で、回収、引取、リサイクル品の買取にも力を入れています。
みなさんが少しでも、粗大ゴミなどに困ったと思ったら、ご連絡頂ければと思っております。明石市の皆様の御参考になれば幸いです。

地域ブログ» MORE

対応地域