神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

赤穂市の不用品・片付け・ごみ処分について

兵庫県赤穂市(あこうし)は、兵庫県の南西の端、岡山県との境目に位置します。面積は126平方km、人口は4万8千人です。

赤穂市といえば赤穂浪士、忠臣蔵が有名ですよね。市の最大の催しとしても12月には「赤穂義士祭」が行われており、「大石神社」には多くの参拝客が訪れているそうです。

また、「赤穂の塩」もご存知の方が多いのではないでしょうか。1年と通して晴天の日が多く、古くから塩田が栄えてきました。

平成24年、赤穂市は「健康とスポーツを新機軸としたスポーツ先進都市」の実現を目指すため「スポーツ都市」とすることを宣言しています。 地形的にも珍しく、約8200万年前に火山が噴火してできた「赤穂カルデラ」の中に市がすっぽり入るくらいで、阿蘇山のカルデラにも匹敵するそうです。

そんな兵庫県の赤穂市を紹介していきますね。

  1. 赤穂市ってどんなところ?
  2. 赤穂市の生活環境や制度は?
  3. 赤穂市のゴミ取組について
  4. まとめ

赤穂市ってどんなところ?

赤穂市はカルデラの中にあるそうです。地形的にも珍しく、約8200万年前に火山が噴火してできた「赤穂カルデラ」の中に市がすっぽり入るくらいで、阿蘇山のカルデラにも匹敵するそうです。

市を流れる千種川は水量が豊かで、赤穂市は水道料金が日本一安いそうです。赤穂温泉もあり、赤穂市民病医院は「がん診療連携拠点病院」になっています。子育て環境も、全保育所で延長保育、障がい児保育を実施、一時預かりを行っているそうです。中学三年生までは医療費が無料、高校生の入院医療費も全額助成となっています。

平成24年、赤穂市は「スポーツ都市宣言」をしています。これは、「健康とスポーツを新機軸としたスポーツ先進都市」の実現を目指すための施策で、「活気あふれる忠臣蔵のふるさと播州赤穂」を広く市内外に発信していくということです。

JR「播州赤穂駅」を中心とし、新快速により、大阪駅からは約90分、三ノ宮駅からは70分と直通でアクセス可能です。

赤穂市の生活環境や制度は?

JR播州赤穂駅を中心とした市街地は、起伏が少なく自転車やベビーカー等の移動にも大変便利です。

病院、小学校、図書館、役所といった公共施設、そして日常のお買い物ができるスーパーにも気軽に通うことができます。 また、市街地周辺には、清流千種川が流れており、穏やかな瀬戸内海も眼前に広がっています。日常の生活の快適さと、自然の豊かさを同時に満喫できます。

「住むのにちょうどいいまち赤穂」として子育て世代、年配の方にPRをしています。「新婚世帯家賃助成事業」「若者世帯住宅取得支援事業」「赤穂市お試し暮らし住宅」などさまざまな事業で、定住者を増やす取り組みをおこなっています。

赤穂市のゴミ取組について

赤穂市のごみは8種分別としています。「燃やすごみ」「その他紙製容器包装」「その他プラスチック製容器包装」「ペットボトル」「ダンボール・紙パック」「燃やさないごみ」「粗大ゴミ」「缶・びん」です。

引越しや大掃除によって一時的に多量に発生したごみや、事業系のごみは、直接美化センターへ持ち込むか、市が許可した一般廃棄物収集運搬業者へ依頼し処理することになります。

「その他プラスチック製容器包装」「ペットボトル」については、「拠点回収ボックス」というものを利用できます。設置場所は市役所や公園、公民館や集会所など、複数ありいつでも身近な場所で処分できる体制もあります。

赤穂市の美化センターへゴミの持ち込みも可能ですが、10kgあたり70円の「ごみ処理場使用料」が必要です。なお、赤穂市美化センターで、受入れ、処理ができないごみは、家電4品目、パソコン、自動車・自動車部品、粗大ゴミのなかでも90ccを超えるバイク、廃タイヤ、バッテリー、ドラム缶、廃油消火器、ガスボンベ、薬品類、魚網、建設廃材、注射器・注射針、伐採木、農機具などとなります。処分したいときは、業者や販売店へ依頼するとのことです。

まとめ

いかがでしょうか?赤穂市は豊かな自然と、住みやすい気候に恵まれているんですね。赤穂市は忠臣蔵のふるさと、赤穂義士の話は誰もが知るところなので、観光しても興味深いスポットが点在しています。都市の景観形成地区、海沿いの風景も素晴らしいものがあります。

定住を促進するにあたり、さまざまな事業や補助があるので、子供がいる家庭にも住みやすさを感じることができるはずです。

赤穂市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

赤穂市では「地球環境にやさしいまちをつくる」として「低酸素社会に向けた取組推進」「ごみリサイクルシステムの推進」「ごみ処理施設の整備」を展開しています。

ごみ排出量をおさえ、資源化率をアップ、温室効果ガス削減目標などを指標として出しています。

赤穂市の自治体としての努力目標がなされているなか、各家庭におけるゴミの問題や、企業における不用品の処理問題は依然として変化がないようです。

高齢化社会となり、ひとりぐらしの高齢者が増えています。ひとりではゴミの回収ルールがわからない、分別するのが困難だ、ということは当然あります。さまざまな要因から家がゴミ屋敷のような状態になっているのも珍しいケースではありません。ごみ屋敷は、ものを大切にする気持ちと、片付けることの困難さがあいまって、高齢者の方が陥りやすいともいわれています。

また、若い世代でも単身者で、部屋がゴミだらけで足の踏み場がない「汚部屋」状態の人もメディアでとりあげられています。「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」などと強烈なインパクトがあるだけに、その解決も一筋縄ではいかないことがあります。不動産業者の方は「残置物」に関するお悩みをお持ちかもしれません。

赤穂市において、会社やお店を経営されている場合、不用品や在庫品をどう処理しようかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

引越しすることになった場合も時間がなく、不用品の処分にお困りがあるかと思います。忙しくて粗大ゴミを処分する時間がないとの声も聞きます。

このように、赤穂市で、種々のゴミや不用品処理の問題があるときは、片付けの専門業者「相場屋」にご相談下さい。「相場屋」は赤穂市でも実績を積んで処分、回収を代行している業者でございます。粗大ゴミの処分、不用品、ゴミ屋敷の処理、清掃、おうちの大掃除、廃品の回収など、代行しております。不用品とはいえ、捨てて処分するのはもったいない、ということがあります。不用品のなかでリサイクルしたいもの、買取りしてほしいものがありましたら、「相場屋」にご連絡ください。見積り、査定、買取させていただきます。

それでは、具体的な事例をご紹介していきましょう。

目次

  1. 赤穂市で親の家の不用品を片付ける場合
  2. 赤穂市でリサイクルにお悩みの場合
  3. 赤穂市で遺品整理についてお考えの方
  4. 赤穂市でゴミ屋敷に関するお悩みがある方

赤穂市で親の家の不用品を片付ける場合

遺品整理、老前整理、生前整理というキーワードが話題になりました。親が亡くなって、家や部屋を片付けるのが遺品整理です。また、遺品整理を経験した子供の世代などが、自分は早めに整理して家族に負担をかけないように、考え「生前整理」をするケースも出ています。年をとって自由が利かなくなる前に住んでいる環境を整え新しい生活を送る、というのが「老前整理」のようです。

最近は、高齢の親が介護施設や老人病院に入ることになり、住んでいた家を処分、片付けなければいけなくなった、というケースも増えてまいりました。空き家になってしまう、空き家のまま放置している、というご心配もあるかと思います。

さまざまな整理のタイミングがあるとしても、現代のくらしのなかに、増えすぎたモノ、不用品をかかえ続けること、新しく購入する際によく吟味する、などについて考えることが必要となってきたのでしょうか。「片付け」に関することがこれほどテレビや雑誌にとりあげられることはなかったと思います。

片付けるといっても、毎日の生活についてくる片付けから、大掃除の時にするような片付けもあります。どちらにしろ、使ったものをもとに戻す、不用品なら処分する決断をすること、という作業となるのです。難しいとすれば、「不用品である」ことの決断と、その「不用品の処分方法」に悩む場合です。

不用品かどうかの判断を迷うのは当然です。まだ使える、いつか使うかも、使わないけど処分せずとっておきたい、という思いは誰しもあるものです。不用品だと決断し処分してから必要になったらどうしよう、という感情はよくおこるものです。粗大ゴミなら、撤去しにくい、すぐ処分できない、とのことで家に置いたままになっている方もおられるでしょう。

自分のものなら判断もしやすいのですが、親の家の片付けをする場合、勝手に処分していいのか、または価値のあるものではないか、などという理由もあり、不用品と判断しにくくなります。遺品整理の場合は、形見分けとなる可能性もあります。不用品といっても思い出がこもったお品はすぐ処分しにくいということですね、

片付けされていないと、ついつい似たような服を買ってしまいがちです。引出しがぎゅうぎゅうで、服がはみ出した状態ですと、いざという時に、目的の服が見つからないということもあります。部屋に洋服やものが散らばっていると掃除も行き届きません。不用な服を処分すると、当然ながらものの量が減ります。不用品や粗大ゴミを処分したらどうなるでしょうか。例えば、衣服のタンスのなかでお気に入りの服だけを数着残し、あとは処分してしまったと想像してください。余裕のある引出し、クローゼットのハンガーにも空きがあることで、ワードローブを把握することができます。

親が高齢になって、掃除の行き届かない、ものが雑然とちらばっている家、部屋に住んでいるのは適切ではありませんよね。転倒や怪我の原因にも成り得ます。ゴミ屋敷や汚部屋といわれるほどではなくても、ものを減らし、処分し、粗大ゴミは撤去したいものです。

そこで不用品の片付けのプロに相談してみてはいかがでしょうか。プロの専門業者「相場屋」は赤穂市にもお伺いし、お見積りをさせていただいております。見積りは無料です。不用品を回収、処分します。ご希望により査定の上、買取もいたします。処分せず、売却したい、というものがありましたら教えて下さい。粗大ゴミにつきましてはご要望により撤去、運び出し、回収をいたします。赤穂市の親の家からは離れて住んでいるが、不用品の片付けをまかせられるところをお探しの方、プロの片付け会社「相場屋」にご一報ください。赤穂市の家財一式の片付けや回収後の清掃までおまかせいただけます。買取もいたしますので料金につきましてもご相談ください。

赤穂市でリサイクルにお悩みの場合

赤穂市における資源のリサイクルへの取り組みは前述の通りです。通常の回収のほかに、拠点回収ボックスというものがあり、リサイクルできるペットボトル、プラスチック製容器包装は公民館などに持っていくことができます。ペットボトルはたまるとかさばるので、月1回の回収よりほかにリサイクルしやすい仕組みがあるので便利ですよね。

しかし、リサイクルのごみとして収集、持ち込みできないものもあります。農機具やピアノなど「処理困難物」は「業者へ依頼してください」と赤穂市のホームページには記載されています。

家の中の不用品を一気に片付けた時、さまざまな種類のものを処分しなければいけません。回収してもらえるもの、そうでないもの、リサイクルできるもの、リサイクルできるかどうかわからないもの、などが混在するはずです。例え、回収してもらえるものが多いとしても、回収日までは家に置いておかねばなりません。リサイクルできるかどうかわからないものは、いちいち調べ、美化センターに持ち込めるものも、日時が限定されており、便利とはいえません。

リサイクルできないのは、もったいない、廃棄することで環境に影響するのではないか、というご心配もありますよね。もったいない、というお気持ちからものを捨てにくい、という考えの方がほとんどだと思われます。もし、資源としてリサイクルできるということならば、、もっと家の中の不用品を積極的に処分しやすくなるのかもしれません。

ご高齢の方など、片付ける作業自体が大変だという場合がありますよね。昔はリサイクルすることなく、すべて「燃えないゴミ」として家電や粗大ゴミを出すことが可能でした。しかし、平成25年からは家電リサイクル法が施行されました。昔のように家電をゴミステーションに捨てると、不法投棄とみなされることもあり得ます。ご当人としても、リサイクルは良いことだとわかっていても、調べる手間も面倒です。今まで通り廃棄できなくなったことで、高齢者の方の中にはリサイクルの手間が理解できない故、不用品や粗大ゴミを家においたままという方もおられるそうです。

このような場合は、ぜひ片付けの専門業者「相場屋」へご相談ください。あらゆる不用品、廃棄物、リサイクルなどの片付けのご相談に乗ります。何よりも大掃除や片付けで出てきたあらゆる不用品を一度に回収、リサイクルいたしますので、時間と手間をはぶくことができます。リサイクルショップへ行ったり、フリーマーケットに出すのは意外と大変なものです。

回収してもらいたいけど、不用品を納屋から運び出したり、リサイクルできるものと分別しておくなどという作業が困難だ、ということもあるでしょう。そういう方は、不用品で処分したい、リサイクルしたいものを指示、教えていただくだけで結構です。お見積りに納得いただきましたら、当日は廃品の運び出し、撤去も代行し、引取いたします。箱詰めや袋詰めもしておく必要はありません。ご指示いただくだけで廃品の回収、リサイクルが終わります。また、必要であれば片付け後のお掃除も代行いたしますので、お見積り時にご相談ください。

片付けの専門業者「相場屋」は、不用品を回収するだけの業者ではございません。リサイクルに力をいれております。たとえお客様にとって使わない、ゴミ同然というものであっても、リサイクルできるかどうかを判別し、リサイクルするものとゴミとして処分するものとをさらに分けていきます。リサイクルできなくても、分解し、資源として使える物はリサイクルしていきます。片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルのために、海外を含むさまざまなルートを築き、不用品から資源を分別し、活かしております。捨てるのはもったいない、というお気持ちがある方は、資源としてリサイクルされる、ということを考えれば、こころおきなく処分する決断ができるかもしれません。片付けの基本は使わないものを処分する決断をするところからといいますよね。

「相場屋」としても、リサイクルすることで結果、コストを削減し、お客様にいただく回収料金に反映してまいりました。地球環境を保護するためのリサイクルを行い、また、お客様にも還元する企業努力をいたしております。ですので、ぜひリサイクルしたいもの、引取を依頼したいものは、見積りを依頼してください。見積りは無料です。他社と料金を比較して決定していただきたいと思います。

「相場屋」では不用品の回収、遺品整理、空き家の片付け、リサイクル、断捨離のお手伝いをさせていただいてまいりました。買取りのサービスも行っております。片付けをして、「不用品は回収してもらい、価値のあるものは売却したい」という場合、すべてが一つの業者で済みますので大変便利です。査定をいたしまして、価値があるものは金額を提示いたします。売却したいということでしたら、不用品の回収料金と差し引きいたします。価値がないものは了承いただいたうえで、回収し、リサイクルするか廃棄処分となります。

昨今は残念ながら、悪意のある片付けの業者も存在しております。産業廃棄物を不法に処分するというケース。リサイクルする、回収するといいながら作業後に追加料金を請求するというケースもあるようです。不用品を回収してリサイクルどころか、不法投棄するという業者も問題になっています。片付けの専門業者「相場屋」は見積り時に必要な作業をお話しし、金額に納得していただきましたら、追加料金がかかることはございません。

また、片付けの専門業者「相場屋」には「遺品整理士」が在籍しております。一般社団法人遺品整理士認定協会にて認定された遺品整理士により、法令順守のもと、片づけをいたしております。そういった形で、片付けやリサイクルにつきましての作業に対する、信頼と安心をお届けしたいと思います。

リサイクルの「相場屋」は、以上のような業務内容をいたしております。ご高齢でなくても、リサイクルショップへ持っていくのが面倒くさい、困難であるという方にもぜひおすすめです。片付けと買取、リサイクルが一度にできて、気持ちも家の中もスッキリした、と好評をいただいております。「相場屋」ではリサイクル、片付け、買取などのご相談は無料です。まずは、メールか電話をいただければ、お見積りに伺います。お見積りも無料です。お悩みの方は、お見積りをとってから決定いただいてかまいませんので、ぜひご相談ください。

赤穂市で遺品整理についてお考えの方

片付けの専門業者「相場屋」は遺品整理士が在籍しております。遺品整理士が作業させていただくこと、ご遺族、故人様の立場に立って作業すること、法規制を学んだものとして心構えを持っていることの証明でもあります。大切なものが含まれており、思い出の品が残されていることで、遺品整理はただの片付け作業とは一線を画す作業だと考えます。

ご家族がなくなって、家の整理や片付けをする時に、昔と違って、身内の方がすべて処理できるとは限らなくなっていまいりました。遺品整理を専門の業者に依頼する、というケースは増加しています。高齢化社会でさまざまな問題がありますが、このような亡くなられた後の片付けである「遺品整理」も大きな課題のひとつではないでしょうか。

できれば、遺品整理が負担にならないほうがいいですよね。ある程度のお年になってこられたら、財産や貴重品の詳細、その処理方法などは明確にしておくほうがよいかもしれません。しかし、遺品整理が話題になるということは、ご遺族の方の負担になる場合が多くなっているという意味でもあります。同居していない、核家族だった、ということも遺品整理の負担を増やします。残されたご遺族がお忙しい世代で手がまわらない、ということや兄弟が皆そのような状況とうこともあります。

また、親のくらしとしても、現代はものが豊富にあり、家の中に多くのものがあふれている、そういう高齢者の方も珍しくありません。もののない時代に育ったということも理由のひとつです。片付ける能力が低下していた、というのも遺品整理を大変にしてしまう理由の一つです。遺品整理しようとすると、まず家の中の不用品から整理していかないと、貴重品がどこにあるのかがわからない、という状況なのも珍しくありません。

「相場屋」に在籍しております、遺品整理士はご遺品を適切かつ丁重に取扱い、整理することができます。遺品整理にかかわるトラブルを未然に防ぐため、安心して片付けの業者を選択できるよう、この遺品整理士という資格は存在しております。

片付けの専門業者「相場屋」としましては、遺品整理士が在籍している、ということで信頼をしていただき、納得のいく遺品整理の作業をさせていただきたいと思います。

片付けの専門業者「相場屋」は遺品整理の経験も豊富です。親が亡くなって空き家となっている実家の処分したいので、遺品整理とともにすべて処分してほしい、というご依頼もあります。また、最近増えておりますのは、遺品整理ではありませんが、介護施設や病院へ入られる前に、残ったものを片付けをしてほしいご依頼です。施設には限られたものしか持ち込めない場合があるからです。または、施設で亡くなられたのでその施設からものを回収してほしい、など、直接身内の方が片付けできない、という場合でも作業を代行いたします。家財一式、一軒家まるごとでもかまいません。まったく手がつけられていない、生活していた状態のままの一軒家などの遺品整理でも対応いたしております。遠方やご事情により、立ち会うことができない、というご依頼でも相談に乗ります。また、反対に、ある程度まではご遺族でこころおきなく遺品整理し、貴重品や思い出の品などを確認し分けた上で、不用品を手伝い、引取ってほしい、という場合でももちろん作業可能です。遺品整理に時間がかかりそうという場合は、何回に分けて作業するご希望もあることでしょう。遺品整理は引越しや普通のお片付けとは違いますので、残された方々のご事情や思いを知り、こころを込めて作業させていただいております。

遺品整理の中で貴重品や書類など、大切なものがあるはずなのに、見つかっていない、というケースもあることでしょう。片付けの専門業者「相場屋」では、探し出してほしいものがありましたら、作業のなかで可能な限り対応いたします。ぜひお見積りの際にご相談ください。プロの片付け会社「相場屋」では買取のサービスをいたしております。貴金属や骨董品などが見つかり、売却したい、ということでしたら、査定の上、買取りさせていただきます。遺品整理の後、形見分けとなる場合に特に問題ないようでしたら、遺品を売却した金額を片付けの料金に差し引く、ということが可能です。買取りに関しまして、当社では専門的な知識を持ったものにより、査定をいたします。遺品整理どころか、モノがたくさんあり、不用品か価値のあるものかどうか、判断つかない!という場合も、事前に相談いただくことができます。買取りに関しましてはプロの目で査定をいたします。お見積りは無料です。遺品整理の後もなるべくご遺族間でトラブルやご負担のないようにしたいものです。そういった面からも、遺品整理の作業経験をふまえ、事前に相談させていただきます。

また、遺品整理の中でも悩まれるところなのが、お仏壇です。お仏壇の供養やお焚き上げも承っています。ご希望により僧侶を手配いたしましての対応もいたします。遺品整理につきましては、知識がある方はよろしいのですが、忙しいご遺族にとっては思わぬ対応を迫られることがあります。遺品整理のお悩みやご相談は、ぜひ専門知識の豊富な「相場屋」までご一報いただきたいと思います。

赤穂市でゴミ屋敷に関するお悩みがある方

ゴミ屋敷でお悩みの方はおられないでしょうか。

ゴミ屋敷といえば、ゴミなのか、必要なものなのか、区別なく家に溢れている様子をテレビや雑誌で見た、という方もおられるでしょう。 ゴミ屋敷というくらいですので、家の中だけでなく、敷地、庭、家の周囲までもゴミや不用品があふれています。ゴミ屋敷の存在が近所に大きな迷惑を与えている状態だと、問題の解決は単純ではなくなってきます。 昨今は、ゴミ屋敷に対して、条例を作る、行政代執行の対象になるなど、自治体も対策に取り組んできています。

近隣に迷惑をかけ、ゴミ屋敷と呼ばれるほどになってくると、その片付けは大変困難になります。 ゴミ屋敷のゴミは色々な種類のものがあります。ゴミ屋敷の中のゴミの山には、生ごみが捨てられず放置されている可能性があります。 ゴミ屋敷の中、長期間生ゴミが放置されると、虫やネズミなどが発生します。ゴミ屋敷には、ゴキブリが数千匹単位でいる可能性がある、とも言われます。ゴミ屋敷の外観もさることながら、家の中の状態は想像を超えた不衛生さといえます。

ゴミ屋敷の住人の中には台所など水回りを使っていない、使えなくなっている、という方もおられるそうです。そうすると、さらに衛生状態が危険な場合もあります。 もちろん、そういった影響はゴミ屋敷だけにとどまりません。 一軒家のゴミ屋敷だけでなく、たとえばアパートマンションの一室が、ゴミだらけの「汚部屋」といわれるケースも増えています。共同住宅のなかで「汚部屋」があると、深刻な衛生上の被害が出ることもあります。

ゴミ屋敷は、景観を損ね、近隣に悪臭、害虫やネズミの被害がおよびます。また、ゴミ屋敷には安全上の問題も発生します。 長年ゴミ屋敷として経過していると、家そのものの被害も出てきます。床が湿気により腐り、畳もダメになります。 ゴミ屋敷、汚部屋が賃貸の場合は、ゴミの片付けと撤去が求められ、退去を迫られるかもしれません。 その際にゴミ屋敷からにしたことで、多額の修繕費を請求される可能性もあります。

ゴミ屋敷の原因はさまざまです。 よくある、捨てられない、収集癖がある、というゴミ屋敷の住人は一部だといえます。

病気で、片付ける能力が低下した、気力がなくなった、精神的に何らかのショックを受けたことで、生活する気力がなくなった、などということがあるそうです。 また、高齢者の中には片付けや掃除の能力が落ちてくる方もおられ、ゴミ屋敷になってしまった、ということもあるようです。 何とか解決したいけど、自分ではどうしたらいいかわからず、さらに状態が悪化することもあります。ゴミ屋敷になっていたことで認知症の初期症状に気づいた、という例もあるそうです。

ゴミ屋敷の解決はプロの会社に任せることをおすすめします。汚屋敷、汚部屋に関しましても同様です。粗大ゴミや不用品、廃品を片付け処分して、新しい生活をしていくときのフォローが必要な場合、身内の方にはそちらに専念していただけるからです。赤穂市で片付けに関することをすべて代行します。ゴミ屋敷でお悩みのかたはプロの片付け専門業者「相場屋」までご相談ください。お見積りは無料です。

地域ブログ» MORE

対応地域