神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

朝来市で不用品のお片付けや不用品回収で業者をお探しの方は、相場屋にまずはお電話下さい。

不用品回収のことなら朝来市で地域ナンバーワンのサービスを目指しております相場屋へ

朝来市の不用品回収は、片付けの専門業者「相場屋」におまかせください

朝来市で片付けに関することでお困りはありませんか?不用品を回収してほしい、業者に依頼したいけど、どういうところを選べばいいか、わからないですよね。業者に片づけを代行してもらうのが初めてだという方、不安ですよね。また、以前に回収業者に依頼したけれど、料金や作業内容に不満があった、という方もおられるかもしれません。良心的であること、作業が確実であることは作業を代行してもらうにあたり、チェックしたい点です。

不用品の回収業者に関して不安な点がある方は、まずは見積りをとられることをおすすめします。

片付けの専門業者「相場屋」は朝来市で経験と実績を積んでまいりました。ぜひお気軽にご相談ください。不用品の回収のご依頼は、お電話でも結構ですし、メールでも対応いたしております。「相場屋」は、ご連絡をいただければ、すぐに見積りにお伺いいたします。見積りは無料ですので、お気軽に不用品のご相談をしてください。不用品の回収作業につきましても迅速な対応をこころがけております。日程などもなるべくお客様のご要望にお応えすべく努力をしております。「相場屋」は兵庫県一帯、もちろん朝来市におきましても安心して依頼していただける業者でございます。

たとえば、断捨離をしたいと思っていても片付けが苦手でなかなか手をつけることができない、ということはありませんか?収納方法を工夫しても、整理整頓をこころがけても、きれいにならない、ということは珍しくありません。

片付けがすすまない理由は、家の中にモノが多すぎるということです。日用品、洋服などにとどまらず、使わなくなった家電や子供の遊び道具も捨てずに置いている家庭が多いと思います。捨てるにはもったいない、という思いは誰にでもあるでしょう。

まずは、モノを減らすという作業を第一段階として取り組む必要があります。減らす、処分する、という決心をするのは思ったより大変ですが、それをすることで、断捨離がかなりすすむのではないでしょうか。

そして、その次の段階です。ものを捨てる決心がついても、それらの処分方法が手間で断念している、ということもあるのではないでしょうか。

普通ゴミ、リサイクルゴミ、粗大ゴミなど、朝来市のゴミ処分のルールに従い、分別をして廃棄しなければなりません。不用品とはいえ、気軽にすべてゴミステーションに出せるというわけではないですよね。そうすると、せっかく捨てると決めたものが、回収日まで家におかなければなりません。

せっかくモノの要、不用を判断し、思い切って廃棄する、家の中をすっきりさせたい、と始めた作業が途中でとまると、余計にストレスがたまりますよね。

このように一気にまとめて片づけをしたような場合は、それを廃棄する際も一気に行うほうがすっきりし、やりがいがあります。モチベーションも上がりますので、習慣づいていいサイクルができるのではないでしょうか。断捨離をした、大掃除をした、などで一気に引取りを依頼したい場合は、ぜひ片付けの専門業者「相場屋」にご依頼ください。

他に、実家が空き家になってしまった、という方、将来的に空き家になるかもしれない、という方の場合。朝来市におきましても「空き家バンク制度」があります。田舎暮らしが注目を集めていることで、都会からの移住者に利用してもらう制度です。良質な住宅を供給することで、定住を促進しています。賃貸とされる場合、市の予算範囲内で、空き家改修にかかる費用の補助制度があるとのこと。また、賃貸で成約した場合、奨励金を交付する制度もあるそうです。

朝来市では移住者、移住を検討している人が増えているそうです。移住者の年齢層は20代から30代の若者世代が75%を占めています。移住元も近畿地方からの割合が高くなっており、豊岡などの近隣自治体からの割合も高いとのことです。このように、利用価値が広がる可能性があり、実家の行く末に悩んでおられる方もさまざまな情報を入手しておくとよいでしょう。

空き家バンクの登録にあたり、市の担当者がその空き家に確認に来るそうです。それら手続きを経て登録の可否が決まります。空き家バンクに登録すると、朝来市のホームページなどで紹介してもらえます。

そういうことで、家の中にモノがない状態でなければいけませんよね。また、そうでなくても、家財がそのままの状態でいると、劣化がすすみ、家の傷みが早まることになり、商品価値も下がる可能性があります。

何も手を付けず、親が住んでいた状態のままであったりすると多くのモノに溢れていることが多々あります。家財道具や家電製品、洋服など、長年住んでいただけ大量のものが残されることになります。昨今は老前整理や生前整理と言って、元気なうちに不用品を片付ける、という考え方もメジャーになってきました。しかし、高齢者の方の多くは、ものの少ない時代に育ったという背景により、日用品のストックを多めにしていたり、家族のものを大切にしまっていたりすることがあるようです。もちろん、そのこと自体は悪いことではないと思います。しかし、高齢の方にとって生活しにくい、安全が脅かされるほどの量になっているのでしたら、ある程度モノの量を減らすことは必要でしょう。一人暮らしの方が亡くなった場合、突然に空き家の処分や遺品整理がふりかかってきます。それを処分するのはご遺族となってくるのです。

のこされたものにとっては、一人で空き家の処分をするのは大変な労力、時間がかかることでしょう。いわゆる遺品整理、生前整理といわれる作業は、単にモノを片付け、処分するのとは違います。大切な貴重品や思い出の品がまぎれこんでいることがあり、精神的にも負担となるといわれています。それらのことを鑑みると、空き家の処分は早めに決断し、長く放置しないにこしたことはありません。

そのような場合は、ぜひ「相場屋」におまかせください。一軒家まるごとの片付け作業でもかまいません。もちろん、ある程度まで自分で処分したいということでしたら、その旨ご相談ください。

朝来市にて、不用品回収については、信頼おける業者「相場屋」までご相談ください。不用品の回収、粗大ゴミの処分など、ご連絡いただきましたらお見積りにまいります。見積りは無料ですので、お気軽にご依頼ください。

地域ブログ» MORE

対応地域