神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

兵庫県川辺郡猪名川町にて、遺品整理、実家の片付けを「相場屋」がお手伝いします。

まずは無料見積もりをお試しください。迅速な対応で片付けいたします。

川辺郡猪名川町について

兵庫県河辺郡猪名川町は、兵庫県と大阪府の境目にあります。川辺郡には1つの町、猪名川町だけあります。位置的には近畿地方のほぼ中央となります。都市の近郊ですが、自然も豊かです。また、大規模な住宅地としても開発が進んできました。中心となる駅は能勢電鉄の日生線の終着駅「日生中央駅」です。平成9年からは阪急電鉄の梅田駅に直通する日生エクスプレスが運行されています。最速列車で40分で大阪梅田まで行くことが可能です。他には阪急バスが川西能勢口まで運行しています。深夜1時に梅田を出て日生中央まで行く阪急バスもあるそうです。

人口は約3万人、面積は90平方kmとなっています。


では、そんな猪名川町を次のように紹介していきますね。


  1. 川辺郡猪名川町ってどんなところ?
  2. 川辺郡猪名川町の生活環境や制度は?
  3. 川辺郡猪名川町のゴミ取組について
  4. まとめ

川辺郡猪名川町ってどんなところ?

猪名川町は町の約8割が山林です。うつくしい満点の星空、里山の木々、日常に自然があふれています。それと同時に街並みが整った景観の居住地開発が行われています。大型ショッピングモールや道路も整備されていて、生活は快適さを実感できます。

川辺郡猪名川町の生活環境や制度は?

猪名川町では妊婦さんへの健康診査の費用が、14回11万2千円と、県内トップクラスといわれています。こどもの医療費は中学3年生まで完全無料です。少子化対策のひとつとして「猪名川町多子誕生祝金制度」に併せ「猪名川町エンゼルつみたて定期預金」を始めています。

また、保育園の待機児童は0人です。幼稚園から中学校までは完全給食なので、お母さんにはとても助かる制度ですね。

川辺郡猪名川町のゴミ取組について

平成21年より猪名川町のごみは、川西市にある「国崎クリーンセンター」にて処分されています。これは猪名川町、川西市、豊能町、能勢町の1市3町の共同ごみ処理施設ということです。それまでの猪名川町クリーンセンターへは古紙類、せん定枝について搬入が可能だそうです。

大型ゴミについては、大型家具や電化製品など、40センチメートルを超える大きさのごみ(45リットルのごみ袋に入らない大きさのごみ)が対象となっています。

大型ゴミの収集方法は2通りあります。

戸建住宅に住んでいる方は、自宅前で収集となります。地域ごとに曜日が定まっていて、事前に予約をするしくみとなっています。

集合住宅に住んでいる方は、シールの金券を事前に買って、大型ゴミに張り付けてゴミ集積場に出します。収集は月1回の資源ごみの日となりますが、予約や立会いは不要だそうです。事前の予約や金券は役場や住民センターなどで販売しています。

まとめ

いかがでしょうか?川辺郡猪名川町はゆたかな自然と、大阪や神戸などの都市へのアクセスの良さ、この2つをあわせもっています。猪名川町の「移住促進プロモーションには「一度しかない人生だから、好きなことをして自然と生きる」というキャッチコピーがかかげられています。

助成制度も高レベルで、暮らしと子育てをバックアップしてくれるのが魅力的ですね。


川辺郡猪名川町にお住まいの方で、片付けに関するお悩みをお持ちの方がおられると思います。

どうしても自分一人ではうまくできない、時間がない、という場合は専門業者に依頼してみてはどうでしょうか?

片付けの専門業者「相場屋」は兵庫県を中心とした地域で、片付けやリサイクルの作業の実績を積んでまいりました。迅速丁寧な対応、作業の確実さと良心的な価格で好評をいただいています。

もし、不用品やゴミ、片付けについてお悩みでしたら、まずは電話、メールにてご相談くださいませ。


それでは、事例を紹介していきましょう。

目次

  1. 川辺郡猪名川町で親の家の片付けにお悩みの方
  2. 川辺郡猪名川町で遺品整理にお困りの方

川辺郡猪名川町で親の家の片付けにお悩みの方

猪名川町に実家があり、親の生活に気がかりな点が出てきた、ということはないでしょうか。今まではきれいに整理整頓されていたはずなのに、気が付くとものが多くなっていて、押し入れなどにも不用品がたくさんある、などといったことです。

買い置きの雑貨や食品が必要以上に多くあり、同じものを重ねて買っている様子である、冷蔵庫に賞味期限切れの食品がずっとおいてある、というようなこともあるかもしれません。ある程度はどこの家にもあることですが、以前と違う、あきらかにものが多くてゴミが捨てられていないようだ、という状況であれば注意したほうがよいでしょう。

高齢者の家の中にものが溢れている、というのは最近増えてきている事例だそうです。昔に比べて、ゴミの分別が細分化されていることや、その収集日に合わせて出せない、ということがあるのです。また、ゴミステーションに持っていくのも、高齢者にとって負担となることもあります。

いくつかの要因が積み重なり、家にものやゴミがたまってきて片付かなくなってしまい、それが改善されるどころか、どんどん増えていくことになるそうです。

親の家がそのような状態になっても、責めたり勝手に処分したりすることは逆効果だそうです。親子だからこそ、ケンカになってしまうことがあります。しかし、ものに執着して、捨てられないのは身体の衰えだけでなく、さびしいから、という理由もあるそうです。

では、どのように解決をしていけばよいのでしょうか。ひとつの方法としては「ちょっと掃除しておくわ」という程度で、トイレや洗面所などを片付け、掃除するとよいそうです。なるべく執着のなさそうな箇所で、きれいになることで、安全で過ごしやすくなるのがよいそうです。

子どもの世代は効率的に掃除や片付けをしたい、ということで親の価値観を気にせず思い入れのあるものも処分してしまいがちです。しかし、ゆっくり親が納得するように進めていくことが片付けを成功させる秘訣です。自分の家はスッキリ片付いた状態がベストだと思っている方も、親の家は別物だととらえる意識が必要です。安全で安心、清潔な場所にするのを最終目標として、ものは多少あってもよい、と考えてみましょう。

少しずつであっても「片付けてくれて、使いやすくなった。掃除してくれて過ごしやすい。」という気持ちに親がなってくれれば、自分のためにしてくれたんだ、と警戒心もなくなります。最初はゆっくりでも、だんだん片付けがスピードアップでき、目標が達成できるということです。

川辺郡猪名川町で遺品整理にお困りの方

川辺郡猪名川町で、親が亡くなり、家を処分することになったという方はおられませんか?

高齢化がすすみ、また核家族も多くなっており、お葬式などが済んで、のこされた家や家財を整理しなければならなくなった、ということは誰にでも起こり得る事態です。

家を処分するので、急いで遺品整理をしなければならない場合もあり、そうではない場合もあるでしょう。

急いでいない場合は、また、そのうちに、と先延ばしにすることが多いものです。しかし、ずるずると数年間も放置してしまった、そういうこともよくあるのです。

遺品整理は簡単にいうと、保存するもの、処分するもの、遺族で分けるもの、と分類されます。預金通帳や印鑑、借用書、年金手帳や各種証書、など財産に関するものは必ず保存しておきましょう。日記や住所録、手紙類は相続に必要になるかもしれないので、1から2年は保管しておいた方がよいそうです。

遺品整理の中で、処分するものが少なければ問題ないでしょう。しかし、膨大なものを処分しなければならないケースが多く、そこがいちばん大変なところです。

そのような場合は、費用がかかってしまいますが、専門業者にまかせると楽です。それだけでなく、迷いもなく時間が有効に使えます。親の遺品整理は、やはり迷いやためらいがあるので業者に依頼することを躊躇する方もおられます。

しかし、早めに処分を決断し、作業してもらうことで、不用品を買取してもらえることもあり、家の状態も劣化しなくてすむわけです。迷うようでしたら専門業者に見積りを出してもらって冷静に比較してもよいでしょう。

不用品回収・片付け・買取なら「相場屋」へ

実家の片付け、遺品整理について紹介してまいりました。家族の問題なども含んでいることもあり、なかなか割り切ってすすめることが難しいこともありますよね。

「相場屋」は安心してまかせていただける業者です。ご相談いただきましたら、見積りは無料で出張いたします。

地域ブログ» MORE

対応地域