神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

不用品の片付け、遺品整理でお悩みの方は相場屋にお任せ下さい!加古郡稲美町まですぐにお伺い致します。ゴミ屋敷の処分もお任せ下さい。

加古郡稲美町で不用品やゴミ屋敷の片付けのことなら相場屋。遺品整理士認定協会にも所属しております。

加古郡稲美町のゴミ処理・掃除・片付け・遺品整理について ◎加古郡稲美町ってどんなところ 加古郡稲美町は、兵庫県の中南部に位置します。加古郡は稲美町と播磨町の2つの町で成り立ち、明石の北、加古川市の東側といったところです。稲美町の人口は2016年で3万1千人で、面積は約35平方kmです。町の中には鉄道はありませんが、最寄駅はJRの土山駅か東加古川駅になります。道路では山陽自動車道の三木小野インターチェンジや第二神明道路の明石西インターチェンジが最短となります。阪神地区のベッドタウンとして人口が増え続け、1963年には神戸市の合併問題が起こりましたが、断念した経緯もあります。2005年には3万2千人でピークとなりました。「日の出みりん」を作っている「キング醸造株式会社」、「業務スーパー」で展開する「株式会社神戸物産」の本社があります! ◎加古郡稲美町のゴミ取組について 加古郡稲美町では、ゴミの減量やリサイクル型社会の構築、地球温暖化防止のため、マイバッグ持参の取り組みを推進しているそうです。平成28年には「稲美町におけるレジ袋削減に向けた取り組みに関する協定」を締結しました。締結した事業者はレジ袋の無料配布を中止し始めました。レジ袋をもらうのは、それを各家庭のゴミ箱にセットし、ゴミ回収の時にゴミ袋として使いたい、という理由がありますよね。それもリサイクルなのかもしれません。でも、どの家庭にも必要以上のレジ袋がストックされて不用品になっている、ということはないでしょうか。加古郡稲美町ではまだ、回収用のゴミ袋は指定のものではありません。だからといって、レジ袋を使いたいと大量にためこんで不用品になっていませんか。レジ袋を増やさない、これだけでも、個人がリサイクルを身近に実践できることです。マイバッグを持参する、これが不用品を増やさないリサイクル精神の第一歩になるといいですね。 ◎加古郡稲美町のゴミの分け方・出し方 川西市ではゴミの分別が次の9区分となっています。 1. 可燃ゴミ「週2回」 2. プラスティック容器類「週1回」 3. ペットボトル「週1回」 4. 空き缶「月1回」 5. 不燃ゴミ「月1回」 6. 空きびん・ペットボトル・スプレー缶「月1回」 7. 古紙・布類「月2回」 8. 粗大ゴミ「年3回」 粗大ごみは誰が出したかわかるようにして集積場所へ出すそうですが、年3回とのこと。引越しなどで大量に出た場合、ふとんや畳、瓦や石、多量の庭の枝木は「稲美町清掃センター(150kgを超えると有料)」「加古郡リサイクルプラザ」へ直接搬入すればいいとのことです。 ●加古郡稲美町で「リサイクルしたい」というご要望はありませんか 加古郡稲美町では「リサイクル運動奨励金」という制度があります。町内の各団体が実施する集団回収に、奨励金を交付しています。古紙・牛乳パック・布・金属缶・びんなどがリサイクルの対象で、奨励金額は1kgあたり5円です。ということは、対象品目以外のものは個人で処分するか、リサイクルするか、を決めることになりますよね。おうちにある不用品でも、まだリサイクルして使えそうなものがきっとあるはずです。自分にとっては「粗大ゴミ」「不用品」であっても、誰かがそれを手に入れたい、となるかもしれません。また、処分したくない、どうにかしてリサイクルしたい!というリサイクルへの思いが強くて処分できないこともあるでしょう。そうすると、不用品が捨てにくくなり、いざというときにリサイクルできない状態になっていることがあるかもしれません。リサイクルショップに持ち込むことができればいいのですが、不用品によっては、難しいこともあります。その理由は、手間がかかる、大きすぎる、ということです。また、稲美町にはリサイクルショップが見当たらなくて、不用品などは加古川まで持ち込まなければいけない、との話も。そんなお困りには、リサイクルの専門業者に相談することをおすすめします。加古郡稲美町にお住まいで、リサイクルしてほしいものをお持ちの方、リサイクルの専門業者「相場屋」へお知らせください。リサイクルの「相場屋」では、豊富な経験のスタッフが、買取可能なものを査定、買取し、そうでないものもすべて引取させていただきます。自宅にいながらリサイクルと回収が一度に済みます。そして、買取不能なものでもすべてゴミとして処分しておりません。粗大ゴミなどは分別し、金属やプラスチック、紙、衣類など、原料としてリサイクル作業を行います。ゴミとして処分する費用を抑えることで、お客様に還元する気持ちで仕事をしております。ぜひ加古郡稲美町にてリサイクルしたいものがあれば、リサイクル専門業者「相場屋」にご連絡ください。 ●加古郡稲美町で「ゴミ屋敷」のお悩みかかえているかたへ 「ゴミ屋敷」というと、テレビで取り上げられることもたびたびで、凄まじい様子に驚いたこともおありだと思います。一軒家がまるまるゴミにあふれ、家財との区別がつかないくらいです。ゴミ屋敷が問題となるところは悪臭やネズミ、虫などが大量発生することがあることです。また、ボヤや放火などが起こりうるというところもゴミ屋敷の社会問題となっている所以です。 また、汚部屋と呼ばれる部屋も最近話題です。片付けられない、こととゴミを捨てない、捨てられないことで起こるようです。汚部屋では、床や壁が見えないほどもので溢れているのです。もし、これら「ゴミ屋敷」「汚部屋」の住人が自分の身内だったらどうでしょうか?ゴミ屋敷に住んでいる方は体調をくずすことが多いそうです。そうなってくると、ますますゴミ屋敷を自分で片付け、廃棄することなど、無理でしょう。もともと、ゴミである認識がない、ということもゴミ屋敷の原因の一つなので、どんどん悪循環におちいることになります。でも、周りに迷惑をかけるわけにもいかず、粗大ゴミに埋もれている本人のためにもなんとかして普通の生活に戻ってほしいですよね。かといって身内でできる人が片付けようとしても、ゴミ屋敷となると、その作業は想像をこえたものになるでしょう。ものを分別し、処分して廃棄しなければいけません。同じ加古郡稲美町に住んでいればいいのですが、そうでない場合、ゴミ出しのタイミングがうまく合わないこともあります。大量のゴミの場合、通常の回収には出せません。処分する際にどれくらいトラックが必要なんでしょうか。ゴミ屋敷、汚部屋を前にあれこれ考えている間に、住人がまたゴミを増やすこともあるかもしれません。そういう時は片付けの専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。見積りは無料です。いきなりおうちに来てもらうのはためらわれる、という方、お電話・メールでも相談させてもらいます。概算ではありますが、電話やメールでお話をうかがっての見積りが可能です。ゴミ屋敷・汚部屋のお悩みは深く大きいかと存じますが、業者に見積りをするところから、解決の一端が見えてくるかもしれません。実際に、片付け、ゴミ屋敷の専門業者なら、プロのスタッフが在籍しています。マンションの汚部屋からゴミ屋敷の一軒家まで、迅速、丁寧に処理させていただきます。ゴミ屋敷の住人にとっては、一気に片付けと回収、掃除まで終わることが、新しい生活への足掛かりかもしれません。片付けの専門業者「相場屋」ならゴミ屋敷の処理も経験が豊富なのでおまかせください。買取やリサイクルのご相談もさせていただきます。加古郡稲美町でゴミ屋敷にお困りの場合は「相場屋」までご連絡ください。 ●加古郡稲美町で「空き家」をどうにかしたいと思っていませんか 加古郡稲美町に実家があるけど、空き家になっている、またはいずれかは空き家になる可能性がある、という心配はありませんか?空き家を管理するのは所有者の責任ですよね。でも、加古郡稲美町からは離れて住んでいる、ということなら空き家を片付けるなどの管理も行き届かないし、空き家に通って掃除するなどとなると時間も手間もかかります。いつか帰ってきて実家に住む予定があるのなら、今は空き家でもいいでしょう。でも、誰も住む予定もなく、空き家のまま放置されることがわかっている場合はどうでしょうか。どうせ処分する予定の家だから空き家でもかまわない、片付けや掃除などに余分な手間やお金をかけたくない気持ちになるでしょう。そこが全国に空き家が増えている原因のひとつともいえます。空き家として放置しておけば、どんどん劣化し、崩壊していくことになるでしょう。ゴミ屋敷というわけでもないですが、昨今いわれている汚屋敷と変化することになるかもしれません。知らずして近隣に迷惑をかけることにはならないでしょうか。放置し、何の片付けもしない状態ならば、いずれなんらかの責任をとらないといけないでしょう。ただ、片付け、処分したほうがいいのはわかってはいるけれど、空き家のまま放置せざるを得ないんだ、という事情があります。先祖代々の土地、両親が長年守ってきたんだ、という思い入れもあります。しかも加古郡稲美町から遠くに住んでいる場合は、その空き家が老朽化していくことなどを実感しないですよね。でも家の状態が良いうちに次の持ち主に引き渡していくことを考えたほうがよいのではないでしょうか。役所に相談すれば「空き家バンク」制度などの支援を受けることができるかもしれません。そういう意味で、相続などまだ先、というように考えず、実家のご両親が元気で、冷静な判断ができる場合は話し合いをしておくといいかもしれません。そして、決断をして、空き家の処分に取り掛かるという場合、ぜひ専門業者に相談してみてください。片付けの専門業者「相場屋」では片付け、回収作業の日、一日中立ち会っていなければならない、ということはございません。電話やメールでのお見積りも可能(概算になります)です。空き家の処分の第一ステップとして、片付けの専門業者「相場屋」の無料お見積りを利用してください。 ●加古郡稲美町で「遺品整理」でお悩みの方へ 加古郡稲美町において年齢別人口を見ると、いちばん多い層は「65から69歳」で約3000人だそうです。高年齢の方が増えてきた加古郡稲美町に実家がある、という方もたくさんおられることでしょう。そして、残念ながらご両親が亡くなられた場合に、ご遺族が直面する問題のひとつが「遺品整理」です。昔から形見分けという言葉がありますが、ものが少なかった時代とは違ってきています。ものの少ない時代を生きてこられたからこそ、捨てられない、もったいない、の気持ちが強くなるということでしょうか。多くの家財やものに囲まれて暮らしておられ高齢者の方も少なくないのです。ただ、亡くなられてしまってから片付けたり、処分したりするのに、「もったいない」、とは言っておられない状況がありますよね。遺族の方で主なものを形見分けしていただいた後などに、たくさんの家財が残り、処分に困るのですが、加古郡稲美町まで頻繁に来ることができない、というわけです。そこで片付けの専門業者にご一報いただければ問題の解決が素早くなります。趣味で価値のありそうなものを遺されていた、という場合も片付けの専門業者「相場屋」におまかせいただきたいと思います。片付けの専門業者「相場屋」では骨董品などのリサイクル買取に自信を持っています。他の買取業者、リサイクルショップの中には、価値のわかっていない人が買取価格を決定することがあり、どんな高価なものも二束三文で値段をつけられる、ということもあります。亡くなった方がコツコツと収集したものであれば、良心的な片付けの専門業者に依頼したいところです。「相場屋」では「遺品整理士」が在籍し、責任をもって大切な遺品を処理いたします。遺品整理でも、お見積りは無料です。まずはご連絡いただき、検討していただいても結構です。加古郡稲美町で信頼のおける買取をいたします。 ●加古郡稲美町で「不用品」の処分にお困りの方へ 加古郡稲美町では持ち家率が約9割と、非常に多いとのことです。これは兵庫県、周辺都市が6から7割であることを考えると大きな数字ですよね。一軒家で長く住んでいると、さまざまな家財・ものが増えていきますよね。でも子供が成長していくにつれ、ベビーカーや三輪車、自転車など、使わなくなり次第に不用品になっていきます。また、衣料品や本などは完全に、年代に合わせて買い揃えては不用品となる、というくりかえしです。不用品になったその時にリサイクルショップなどで処分できればいいのですが、「いつか何かで使うだろう」と納屋などに置いていたりはしませんか?でも、その「いつか」はなかなか来なかったりします。誰かに譲ろうとしても長く保管していたせいで、壊れて廃品になってたり、シミや劣化があることもよくあります。リサイクル不可能となるかもしれません。もったいない、という気持ちは大事なものですが、最近は、不用品をためておくことのマイナス面も考えるべきだといわれています。不用品がおいてある空間のロス、掃除の手間などがマイナスと言われているのです。「もう使わない」と判断した不用品は、すぐ処分してはいかがでしょうか。片付けの専門業者「相場屋」では、不用品の回収を今すぐしてほしい、という場合でも出来る限り対応します。場合によっては、当日でも回収可能です。量が多くても、少なくてもかまいません。撤去するのが大変なものでも、解体して搬出します。捨てることの罪悪感がある方、片付けの専門業者「相場屋」では回収させていただいた不用品は可能な限りリサイクルし、原料として使えるものは分別、分解して最終的にリサイクルしておりますのでご安心ください。ゴミや廃品を減らし、地球環境に優しい仕事をさせていただいています。不用品のお困りはぜひいちど無料でお見積りします「相場屋」におまかせください。 ●加古郡稲美町で「引越し」が決まった方へ 加古郡稲美町で引越しが決まった、という場合、どういうお悩みが出てくるのでしょうか?あらゆる生活の手続きに加え、家財を片付け、どう処分するか、ということも簡単なことではないでしょう。前述のとおり、加古郡稲美町では粗大ゴミが年3回ということです。これは、引越しに限らず、大掃除のときなど、困ることがありそうですよね。そして、引越しの際に、多量の家庭ゴミが出て処分したいとき加古郡稲美町では、直接町の処理施設へ搬入するように、となっています。受け入れてくれるのは稲美町清掃センターでは「可燃ゴミ」「資源ゴミ」「粗大ゴミ」「不燃ゴミ」の4種類です。家庭のゴミは150kgを超えると10kgあたり80円、事業ゴミは10kgあたり130円と有料になる場合もあります。加古郡リサイクルプラザでは「粗大ゴミ」「不燃ゴミ」「資源ごみ(ペットボトル・プラスチック容器類)の3種類です。また、ごみステーションで収集してもらえないもの、というのもあり、「ふとん類」「畳」、「枝木などの剪定ごみ」も自分で搬入しなければならないようです。また、加古郡稲美町ではオートバイ(125㏄を超えるもの)、タイヤ、バッテリー、消火器、ガスボンベ、農薬、オイル等の廃油類、火薬類、塗料、これらも、ごみステーションに出すことはできないそうです。片付けるのに最も困るところですが、これらはどうするかというと、購入された店舗、または製造者に相談するようにということです。引越しの忙しい中、さまざまなものを片付け、処分することになって、個別に搬入したり、問い合わせたり、という時間は取れないのが現実です。家財道具をすべて新しい移住地にそっくり移動するのならともかく、ある程度片付けて処分していきたいところです。できればリサイクルしてゴミを増やしたくない、こんな時は、自分であれこれ考えるよりも、片付けの専門業者に見積もりをとってみてはいかがでしょうか。片付けの専門業者「相場屋」では、お見積もりは無料です。片付けの相場屋では、引越しのお悩みに直接のらせていただきます。ご希望に応じて、片付け、回収、処分、掃除までさせていただきます。また、明確な料金体系で、最終お見積りの後の追加料金は頂きません。お客様が処分する家財なども、そのままゴミ処分するのでなく、細部まで分別し、原料としてリサイクルさせていただいています。加古郡稲美町にて引越しが決まったら、ぜひ片付けの専門業者「相場屋」にご相談ください。 ●加古郡稲美町で掃除のお困りは? 一軒家が多いという加古郡稲美町。大きな納屋や倉庫や使わない古い家屋などを所有している方も多いかと思います。掃除が行き届いていないのだけど、ふだんは困らない、ということで放置してるということもあるでしょう。でも、結婚や転勤など何かの機会ですべて片付けたい、という場合、どうすればよいでしょう。公共のゴミ処分場、加古郡稲美町では稲美町清掃センターや加古郡リサイクルプラザへ持っていけばいいのですが、ひとりではできないこともあります。片付けの専門業者「相場屋」なら、不用品回収と掃除をおまかせいただけます。タンスや食器棚等の大きい物、食器や生活用品などの小さな物、持込・搬入しないといけない粗大ゴミ、三輪車や自転車、農機具やオートバイの不用品は何でも回収・処分・お片付けいたします。片付けに伴う不用品の大小は問いません。粗大ゴミもすべて廃品回収いたします。大掃除のタイミングなどでもかまいませんし、日常の掃除の延長として利用していただいても大丈夫です。 ●加古郡稲美町の会社やお店の方へ 加古郡稲美町で会社を経営されている方、お店の方で片付け・リサイクル・産廃に関するお悩みをお持ちではありませんか?移転や移動、閉鎖などがあると、粗大ゴミが多量に発生することになります。ところが、引越しの業者では回収までしてくれない場合もあります。社内でリサイクルの規約があるという場合もあります。何でも粗大ゴミとするわけにはいかないかもしれません。また、日常的に使用済み、買い替えなどでゴミや不用品はどんどん発生するかと思います。そんな時は片付け・リサイクルの専門業者「相場屋」にご相談ください。オフィスの机、OA機器など大きなものの片付けでも引き受けさせていただきます。「相場屋」では徹底したリサイクル作業によって、地球環境に優しい不用品処分を行ってまいりました。また、店舗の商品在庫を抱えてるが売却したい、など、その処分にお悩みではないですか?量の多少にかかわらず、片付け、回収、買取、処分もご相談にのります。そうして回収した粗大ゴミ、廃品、不用品につきまして、片付けの専門業者「相場屋」では弊社のネットワークを生かし、可能な限りのリサイクルを行います。また産業廃棄物についてもご相談させていただきます。加古郡稲美町にて会社の大掃除をお考えの方、ぜひ「相場屋」にお知らせください。回収、買取、リサイクルなど、お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

地域ブログ» MORE

対応地域