神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

伊丹市の不用品・片付け・ごみ処分について

伊丹市(いたみし)は、兵庫県南東部に位置します。人口約19万人、面積約25平方kmの市です。通称「伊丹空港」といわれる、「大阪国際空港」の滑走路を擁します。西側は西宮市、南は尼崎市、そして東は大阪府の池田市・豊中市に属します。実際には大阪や神戸のベッドタウンの一つとされます。

そんな伊丹市を次のように紹介していきましょう。

  1. 伊丹市ってどんなところ?
  2. 伊丹市の生活環境や制度は?
  3. 伊丹市のゴミ取組について
  4. まとめ

伊丹市ってどんなところ?

伊丹市は1940年に誕生しました。ある意味空港の歴史とともに伊丹市はあったといえます。大阪第二飛行場から始まって、伊丹飛行場などと変遷し、1959年に「大阪国際空港」となり、国際線が就航を始めました。しかし、公害の問題を受け1973年には「大阪国際空港 撤去都市宣言」が採択されました。その後、関空ができたこと、大震災を経たことで2007年には「大阪国際空港と共生する都市宣言」を採択しました。

「伊丹スカイパーク」では空港の滑走路に隣接し、離着陸を間近で見られる名所となっています。

鉄道はJR・阪急ともに「伊丹駅」があり、市の中心となっています。空港には大阪モノレールも乗り入れています。空港を発着地として、各地までバスのアクセスも便利です。

清酒発祥の地ということで「白雪ブルワリー」など酒蔵の見学や体験ができるようになっています。

伊丹市の生活環境や制度は?

JR伊丹駅隣接の「イオンモール伊丹」や「イオンモール伊丹昆陽」などのショッピングモールを多くの市民が利用しています。

また、伊丹市では道路や公園に「安全・安心見守りカメラ」が1000台も整備されています。子供や徘徊する高齢者に受信機を整備し位置情報サービスを始めています。

伊丹市のゴミ取組について

伊丹市ではゴミの分別は「燃やすゴミ」「燃やさないゴミ」「プラスチック製容器包装」「びん・ペットボトル」「資源物(古紙・古布・空き缶)」となっています。30cm以上の粗大ゴミは有料です。粗大ゴミ受付センターに申し込みをし、立ち会いのもと収集されます。例えば「電子レンジ600円」「学習机金属製1200円」「マットレス1200円」「自転車600円」などと細分にわたり決まっています。

伊丹市ではゴミの減量とリサイクルを目的に、分別に力を入れています。リサイクルの具体的な結果として「資源化率」があり、それは平成23年度 17.9% 平成24年度 17.8% 平成25年度 18.7% 平成26年度 18.4% 平成27年度 16.6%と効果があがっています。

また、「容器包装リサイクル法」施行に基づくびん・ペットボトル・プラスチック製容器包装回収事業を実施しました。このリサイクル法の結果、27年度びんは1,002.93トン、ペットボトルは373.38トン、プラスチック製容器包装は1522.09トン回収されているそうで、リサイクルの効果が上がっています。

古紙のリサイクルに関しては市内全域で新聞雑誌の回収を実施しています。

また、伊丹市ではリサイクルを身近に実行できるよう、いくつかの拠点で廃食用油やカセットボンベやスプレー缶、刃物を個別に集める事業を実施しています。それは決まった日に行われ、同時にゴミ減量・リサイクルの相談をしているそうです。

まとめ

いかがでしょうか?伊丹市がどういうところなのか、わかっていただけましたか?

人口は増えており、空港との共生によって人の出入りもありにぎやかな市なんですね。過去のさまざまな教訓をもとに、カメラを使った子供たちの見守りに力をいれています。

ゴミの分別や収集も平成28年4月から新しいルールとなりました。より一層ゴミ減量やリサイクルへの取り組みの強化をしていく姿勢です。

将来の伊丹市はさらに空港がある利点を生かし、環境も、住民も守っていく施策が期待されます。

伊丹市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

伊丹市にお住まいの方で、身近に片付けやゴミ問題をお持ちの方はおられませんか?

どうしても個人で解決できない場合や、一気に片付けたい場合、片付けの専門業者に依頼してみませんか?

片付けの専門業者である「相場屋」はそんな時に役に立つことができます。「相場屋」は伊丹市でも実績があり、プロとしての仕事に自信を持って取り組んできました。

毎日の生活の中で溜まっていく不用品、自分で片付けたいけど手に負えない量になってきた、という場合、また、また、伊丹市で親が亡くなったけど、遺品整理に頭を悩ませているという場合、まだ元気なうちに老前整理を始めたい、引越しや会社や店の閉店に伴う不用品の処理、リサイクルしたいけどお店に持っていけない、買取をしてほしい、など、多岐にわたるご要望におこたえしています。

片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 伊丹市でゴミ屋敷にお悩みの方へ
  2. 伊丹市で粗大ゴミの処理に悩んでいる、という場合
  3. 伊丹市で引越しの片付けを手伝ってほしいという場合
  4. 伊丹市でリサイクルをお考えの方
  5. 伊丹市で高齢者が施設に入り、空き家の片付けが必要になった場合
  6. 伊丹市で廃棄物のお悩みがある方

今後の暮らしやすさに備え、身の回りのものを整理しておきたい、ということはありませんか?

モノが多いと片付けに費やす時間が増え、不用品と本当に必要なものとの区別がつかなくなります。自分で掃除ができるうちはいいのですが、いつまでも現状のように毎日片付け、掃除をしたり、年末に大掃除をしてスッキリできるとはかぎりません。

断捨離という考え方が広まりました。あふれるものの中でくらしているとかえって大切なものを見失ったり、必要のないものを購入することがあるとのことです。ものを減らし、必要最小限のものにしぼって生活をすることを勧めています。片付け、不用品を処分し、リサイクルに協力して無駄を減らすことで、今あるものの中で本当に大切なものが見つかるのです。

自分の親の家の片付けで苦労したから、こどもには自分の遺品整理をさせたくない、という方も多いでしょう。ものを処分することは少しなら簡単です。でも、ある程度限界のようなものがあります。捨てるかどうか、少しでも迷い始めたらなかなか処分できないことになります。

また、気持ちはあるけど時間や労力をかけることができない、という場合もあります。片付けを実行にうつせないままさらにものがあふれていくのです。

そんな時は片付けの専門業者に相談してみてください。粗大ゴミや廃品の処理、回収を一気に解決できます。お客様はモノが必要か、不用かの判断をつけておくだけです。業者が来る日までにそれを決断することになるので、踏ん切りがつくのではないでしょうか。一気に片付け・回収・処分が終わることで、老前整理、生前整理がスムースに進み、清掃もしやすいおうちに代わります。

伊丹市でゴミ屋敷にお悩みの方へ

伊丹市に住んでおられる方で、一軒家がゴミ屋敷、汚屋敷となっている方はおられませんか。ゴミ屋敷、汚屋敷は時間をかけて徐々に変化した結果かもしれません。でもゴミ屋敷をを片付けるのには倍以上の時間がかかるのです。

ゴミ屋敷といっても事情はさまざまです。趣味のようによそから不用品を収集し、ゴミ屋敷にしてしまう人がおられます。また、単にゴミを捨てるのが面倒、ゴミを捨てる能力がなくなってきた、などという事情でゴミ屋敷となってしまうこともあります。

最初の原因はともかく、他から見て「ゴミ屋敷になっている!!」と驚くような状況であっても本人は気にしていないこともあります。決してゴミ屋敷ではなくすべて必要なもの、大事なものであるから片付けるな、という人もおられます。片付け以前に、ゴミ屋敷の住人を説得することが難しいという状況です。

また、ゴミ屋敷というほどではないけれど、一軒家のなかに片付けられない「汚部屋」があるのが悩みである方も意外におられます。家族で住んでいる中で子供がモノを捨てずに汚部屋にしてしまった、など。マンションやアパートにゴミだらけの「汚部屋」になっている部屋があるのも珍しくない時代です。ひとりぐらしだと注意する人もなく「汚部屋」の状態が続いていることもあります。

ゴミ屋敷、汚部屋をとにかく片付けることになった場合、個人や身内の力だけではどうしようもないことがあります。

そんな時は片付けの専門業者にまずはご相談ください。片付けの専門業者「相場屋」は伊丹市でもゴミ屋敷の片付け、清掃にうかがいます。

たとえゴミ屋敷で手が付けられない状況でもまずは一歩踏み出してみましょう。ゴミ屋敷の片付けはプロの力を借りるという方法が最適です。

専門業者は豊富な経験から、ゴミ屋敷状態を一気に解決できる術を持っています。片付けの専門業者「相場屋」はゴミ屋敷の片付けに関しても相談・見積もりは無料です。どんなゴミ屋敷・汚部屋であっても素早く片付け、不用品を処分します。ご希望ならゴミ屋敷の片づけ後、清掃までさせていただくことが可能です。ぜひゴミ屋敷を解決することをあきらめないでください。片付けの専門業者「相場屋」にまずはご相談くださいませ。

伊丹市で粗大ゴミの処理に悩んでいる、という場合

伊丹市では分別方法が変わり、大きさのある粗大ゴミが有料の収集となりました。30cm×30cm×30cmを超えるものと45Lのゴミ袋に入らないものは有料なんです。

そして有料粗大ごみの収集手順は、次の通りです。まず前々日までに電話をして粗大ゴミ収集を申し込みます。次に、当日に指定通り時間までに粗大ゴミを置き場まで運びます。そして立会いのもと収集してもらいます。粗大ゴミ回収料金はその際、現金で支払います。

このように大きさのある粗大ゴミの処分は、なかなか手間がかかります。粗大ゴミを収集する際に立会いが必要なことから、時間的にも無理がある場合があります。粗大ゴミ、1回に申し込みできるのは5点までだそうで、多量の場合、運び出しが困難な場合は用相談とのことです。

家の中の家財を片付け、処分したいけど、行政のルールには従わなければいけません。しかし、誰もがスムースに片付け、処分できる状況とは限りません。高齢者の方の場合、自分ではどうにもできず粗大ゴミは、誰かがどうにかするまで放置されたままかもしれません。

そこでプロの業者に依頼してみてはいかがでしょうか?片付けの専門業者「相場屋」ならおうちにある状態そのままで粗大ゴミを引取りさせていただきます。大きな粗大ゴミを運び出ししなくていい、廃棄物や廃品を回収して廃棄処分してもらえる、これはかなり助かるでしょう。

たとえ粗大ゴミが少なくても、多量であっても、「相場屋」なら運び出しから回収、処分までさせていただきます。お客様はただ指示いただくのみです。もし、粗大ゴミと思っていても、価値のあるものでしたら、査定の上、買取も可能でございます。片付けに関するあらゆることのお手伝いをさせていただきます。

粗大ゴミを片付けの業者に頼むなんて、料金が心配だ、と思われるかもしれません。でも伊丹市でも実績のある「相場屋」でしたら粗大ごみの処分、お見積りは無料です。まずはお伺いして、粗大ゴミを拝見いたします。料金を呈示致しますので、納得されてからご依頼くださいませ。

伊丹市で引越しの片付けを手伝ってほしいという場合

伊丹市に住んでいて、引越しや転勤がきまった、という場合、日頃からモノが少なく、不用品がなくきっちり掃除されている状態なら問題ありません。しかし、たいていの場合は、引越し云々より、まずは日々暮らしている部屋を片付けることから始めないといけない状態ではないでしょうか。

引越し先に、不用品や粗大ゴミ、廃品は持っていきたくはないですよね。引越しはただ生活の場を移動させるということではなく、心機一転、新生活のチャンスとなります。不用品は処分し、必要最小限のものを引越しさせ、あとは新生活で見極めながら揃えていく、というのが理想です。

そのためには、引越しする前に、不用品は片付け処分しておきたいものです。そこで、引越しの業者を選ぶように、片付けの業者を選んでみるがおすすめです。

片付けの専門業者に依頼すると、運び出し、引取、回収、廃棄まですべておまかせです。引越しまでにそれができていると、後の作業と新生活がとても楽になるはずです。

引越しを機会に、手がつけられない状態から抜け出すことができるのです。趣味で集めたもの、収集した品々がたまっているが、売却または処分したい、ということでもかまいません。伊丹市では片付けのプロ「相場屋」がお役に立てるでしょう。

片付けの「相場屋」はお見積りが無料です。

大事な収集品など価値のあるような品物は、売却したい旨を相談いただければ、査定をさせていただきます。可能であれば買取もいたします。そうすることで、引越しを機に収集品に見切りをつけ、新しい価値を求めることができるようになります。それは引越し先の新生活にとても大事なことかもしれませんね。

伊丹市でリサイクルをお考えの方

伊丹市はリサイクルショップも複数あります。不用品を処分したい場合の選択肢としてリサイクルショップを気軽に利用することが可能です。

ただし、リサイクルショップに運んで売るというのは若い世代か車で持ち込みが可能な方など、一部の方の選択肢なのかもしれません。高齢の方はリサイクルショップなど利用したことがない、という場合もあります。

高齢者は不用品だとわかっていても、リサイクルって手間がかかり面倒だ、という方が多いと聞きます。昔はゴミ出しの時にもリサイクルなどという意識はなかったですよね。また、昨今はリサイクルショップの名をかたった犯罪を耳にします。リサイクルショップと名乗って訪問し、実際は店舗を持たず、貴金属を強引に安く買い取ろうとするらしいです。必要以上にリサイクルショップに警戒することはありません。でも、依頼するなら実績や経験のある、信用おける業者を選びたいところです。リサイクルするといっても、査定された額で妥当なのか、安心できるところなのか、など不安がつきません。

高齢が理由で、リサイクルするきっかけを失ってしまってはもったいことです。実際はリサイクルできるものが不用品となりたまっていくことによって生活空間が狭くなり暮らしづらくなります。

モノはサイクルすることで次に誰かに使ってもらえるかもしれません。また、リサイクル資源としてのゴミの場合、素材ごとに分別することでリサイクルへの意識を高めることができます。

片付けの専門業者「相場屋」でしたら、リサイクルに力をいれております。兵庫県を中心に近畿での実績があります。遺品整理士の資格をもったスタッフもおり、安心しておまかせいただくことができます。

伊丹市で高齢者が施設に入り、空き家の片付けが必要になった場合

高齢者の方が病気や介護のため、長年住んだ部屋、自宅をひきはらわなければなくなった場合どのようなことになるでしょうか?

例えばホームに入るとなった場合、現在、誰かと同居しているならばその方が徐々に片づけをおこなうことでしょう。

高齢者の方がずっと住んでいると「もったいない」気持ちからか、捨てずにとっておいているもので溢れていることがあります。

ゴミ屋敷とまでは言わなくても、購入してから年月がたった日用品はたとえ未使用でも劣化し、見苦しいものと変化します。ペットボトルや缶などもリサイクルのため、指定のゴミの日に出すのですが、それができずためたままの場合もあります。

また、もらったポケットティッシュや頂きもののタオルなどをたくさんためてあるのを高齢者のおひとりぐらしで見かけたことがあります。あまりに時間がたつと劣化したりリサイクルできなくなったりすることもあります。洗剤やトイレットペーパーも、必要以上に買い置きしていることも。予備に購入しておかないと不安だ、という気持ちからのこともあります。

そういう状況で、片付けが必要になるかもしれません。身内が近くにいないという場合、施設への手続きや家の片付けは誰かが通ってしなければいけません。でもそれが不可能である場合、専門業者に依頼するのが解決への近道です。

どこかに依頼するとなったとき、やはり気になるのが料金であり、その業者の信頼性であります。料金は適正化、大事なものが間違って処分されないか、など不安があるかと思います。

そんな場合は片付けの専門業者「相場屋」にご相談ください。「相場屋」は見積もりが無料です。料金体系も明確で、「積み放題パックプラン」「お部屋料金プラン」「単品料金プラン」などお客様の不利益になるようなことはございません。空き家の片付けのお手伝いをさせていただきます。

高齢者施設には多くのものを持っていくことができないといいます。業者が身内の方に代わって、プロの仕事でもって片付けすることで良い結果を生むことがあります。迅速に、冷静に処分を行うことで、本当に重要なものが出てくることあります。身内の方にとって負担が少なくなるよう、見積りの段階でよく相談してお仕事させていただきたいと思います。

伊丹市で廃棄物のお悩みがある方

会社やお店などから出る廃棄物の処理でお悩みはありませんか。

自治体で処分されない産業廃棄物、委託して業者に運搬、処分を依頼することになります。

でもどのように産業廃棄物を処分してくれる業者を選択したらよいのでしょうか。たくさんある産廃業者のなかから、安心して任せられる業者を選びたいものです。

伊丹市でも実績のある業者といえば「相場屋」です。もちろん産業廃棄物収集運搬許可を取得しております。

お店の引越し、飲食店のリニューアル、会社の移転など、さまざまな片付けのニーズにおこたえいたします。専門業者「相場屋」までまずはご相談いただきたいと思います。

地域ブログ» MORE

対応地域