神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

片付けの「相場屋」加古川市東神吉町のゴミ処分・不用品回収の専門業者です

リサイクルや遺品整理のご相談もお気軽にお寄せください

加古川市東神吉町(ひがしかんきちょう)について

加古川市東神吉町(ひがしかんきちょう)は加古川市の西に位置しています。

1889年に「印南郡 東神吉村」ができました。1956年、その東神吉村は、「西神吉村、米田町」とともに加古川市へ編入しました。人口は1万3千人、世帯数は5千1百世帯です。

小学校は「加古川市立東神吉町学校」「加古川市立東神吉南小学校」があります。

史跡として「神吉城」があります。これは別名「真名井城(まないじょう)」とも呼ばれています。豊臣秀吉の播磨攻めの際、神吉合戦があり、1578年7月16日、神吉城は落城したとのこと。現在は遺構として土塁と空堀が残っているそうです。

東神吉町には「加古川市立ウェルネスパーク」があります。「アラベスクホール(音楽ホール)」「ウェルネスセンター(プール、マシンジムやフィットネス関係の教室を実施)」「ウェルネスパーク図書館」「公園」「セミナールーム、クッキングスタジオ」「地産地消のレストラン」とさまざまな施設が集結しています。イベントも定期的に開催され、東神吉町の地域活性化に一役かっています。

加古川市東神吉町(ひがしかんきちょう)での不用品回収・ゴミ処分・遺品整理

加古川市東神吉町で、おうちの不用品やごみの処分、片付けで悩んでおられる方はいませんか?

片付けされていない状態というのは、ものが散らかっている状態ですよね。タンスや収納に収まっていない、入れようとしてうまく収まらずはみ出している、イスやソファや棚にいつもモノが置かれている状態でスッキリしないとなると、生活感丸出し、という印象を受けます。

本来の収納場所ではないところに置いてある、収納場所がない、このような状態が片付けされていない状態です。 おうちがきちんと片付けされていないと、いろいろ困ることが派生してきます。「ほこりがたまりやすい」「掃除がしにくい」「探し物がみつからない、ものがなくなりやすい」「不用品と必要な物の区別がつかない」「生活導線が悪い」「お客様を呼びづらい」「片付ける気力がわかない」などです。どこの家でもあるかもしれませんが、程度を超えるとストレスが増え、無駄な動きをしなければいけません。

逆に言うと片付けることによって上記のような状態が解消されるので、家での暮らしが快適になるということです。 片付けがうまくいかないのは、モノが多いことが主な原因だといわれています。片付け、掃除が苦手だという方も結構おられますが、実はモノが多いだけのことなのかもしれません。

いくら散らかっていても、モノの絶対数が少なければ、もとの収納場所にスムースに戻すことができます。するとストレスはかなり減るのではないでしょうか。

この「スムースに」戻す、ということが重要です。ぎゅうぎゅう詰めの洋服ダンスに無理に詰める、すきま収納にパズルのようにおさめる、というのは日々の動きとして続けることが難しいのです。

必要最小限のモノに絞り込んで、空いている場所にすっとしまえる、ということを想像し、比較するとわかりやすいですよね。片付けの壁を取り払うのはモノの量がポイントです。

つまり、片付けの第一手順は、ものを必要最小限に絞り込んでいくこととなるわけです。必要だと思っていておいていたものを不用品だと決断する、いつか使うかも、誰か使うかも、という執着を捨てるということです。

この分別して不用品とする、ということは自分自身にしかできないですよね。他人にとってはゴミ同然のものでも、自分にとっては宝物ということがあるのです。

思い出や思い入れなどと決別することは自分と向き合うことでもあります。

断捨離という片付け方法が話題になったことがあります。持っているモノは自分への投影だそうです。モノを処分、捨てることで、自分の考え方のクセやしこり、コンプレックスに気づくことができるとか。断捨離は自分のそういう固まった部分を解放させるトレーニングとなっているそうです。

こだわりやクセがすべて悪いというわけではないでしょうが、どうしても部屋が片付かない、と悩んでいる方はやはり、今あるもの、必要だと思っているモノを見直すし、処分することは必要かもしれません。

ためていた書類や本、雑誌。過去の写真やアルバム、手紙。お店でもらった紙袋や試供品。季節ごとの洋服。使い終わったようなモノもあれば、未使用のままおいてあるものもあるわけです。もったいない、というのは実は自分の意志でなくモノに意志をおいているということになるようです。たくさんの服を持っているけど、次もまた似たような服を買いがちだ、という方は、自分を枠にはめている、ということになるそうです。

何だか占いのような感じですね。しかし、不用品に囲まれて片付かない!!というストレスがたまるより、断捨離を実践して、すっきりとした生活を手に入れられるなら、信じるのもよいかと思います。どうしても自分でできなければ、決断力のある人に協力してもらい、モノを分別していくのもよいでしょう。

実際、断捨離を実践した方の中には「思い出の品物を中心に持ち物の8割を処分したら新しい出会いがあった」「何回も断捨離の考え方を実践するうちに、モノを選ぶ力がついてきた」というようなケースもあります。最初はできなくてもあきらめずに不用品の分別を続けることで、新しい生活、少ないことの快適さ、が出てくるそうです。最終的に断捨離が終わると、部屋を片付ける必要がなくなる、というのですからやってみたいですよね。

片付けの第一歩として、不用品の分別から、ということでした。それができたら、あとはそれを処分するわけですが、ここで一つの提案があります。

それは回収、処分の作業は片付けの専門業者に依頼するということです。業者に頼むとあっという間にモノの処分が終わります。廃棄処分するにあたって、自治体のゴミの分別や回収日などを気にする必要がありません。

不用品回収・ゴミ処分・片付けの専門業者

加古川市東神吉町でも片付け、処分の実績が豊富なのが、専門業者「相場屋」です。「相場屋」は豊富な経験でもってお客様の要望におこたえしてまいりました。

回収の代行に関しまして信頼頂ける作業をしております。

さまざまな業者があり、残念ながら良心的でない業者もいるようです。「相場屋」は加古川市にて多くの実績をつみ、その作業内容に高評価をいただいています。

もし不安な点がありましたら、電話やメールでまずはご相談ください。お見積りは無料です。お伺いして、一点一点確認して金額を提示いたします。回収作業の依頼はお見積りに納得してからでもちろん結構です。他の業者と比較し、検討ください。他の業者と比較し、お見積り金額について何かご不明な点がありましたら、遠慮なくお申し付けくだされば、可能な限り対応いたします。

不用品回収・片付け・遺品整理サービス

「相場屋」では不用品の回収作業につきまして、箱詰めや袋詰めは代行しております。重いものも軽いものでもそのままでよいのです。高齢のため、重いものが持てない、運び出せない、分別が面倒でわかりづらい、ということでしたら、不用品もごみもすべて回収いたします。

また、「相場屋」はリサイクルにも力を入れている業者でございます。回収しました不用品はそのまま廃棄をしません。分別し、再生可能な素材としてリサイクル利用しております。

不用品の回収について相談にのってほしい、という場合は電話やメールにてご連絡ください。まずは無料のお見積りをいたします。お宅にお伺いし、回収作業の料金につきましてひとつひとつ確認しながら、丁寧な見積もりをさせていただいております。

また、片付けの専門業者「相場屋」は、作業が追加にならないかぎりは、見積り金額から追加料金をいただくことは一切ございません。安心してご依頼くださいませ。

加古川市東神吉町にて、不用品の処分のお悩みは「相場屋」が解決させていただきます。

地域ブログ» MORE

対応地域