神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

加古川市西神吉町(にしかんきちょう)について

加古川市 西神吉町(にしかんきちょう)は加古川市の西に位置しています。

1889年に印南郡「西神吉村」ができ、1956年には加古川市へ編入となりました。人口は約8千6百人、世帯数は3千3百世帯です。

「かんき出版」の創業者、神吉晴夫氏は加古川市西神吉町の出身だそうです。神吉氏はカッパブックスの創始者であり、光文社の社長でもありました。他にも、三島由紀夫の曽祖父、平岡太吉氏もこの加古川市西神吉町の出身です。

小学校は「加古川市立西神吉小学校」があり、加古川市立総合体育館、加古川運動公園陸上競技場があります。

加古川市西神吉町にある、加古川市立総合体育館は2006年の「のじぎく兵庫国体」では、バレーボールやハンドボールの会場となりました。通常、バレーボールのVプレミアリーグの女子チーム「久光製薬スプリングス」がホームゲームをすることがあるそうです。また日本バスケットボールリーグの男子チーム「パナソニックトライアンズ」も同様でゲームを行うことがあります。

神鋼不動産が管理しており、2009年度の利用者は12万人を超えているそうです。JRですと、加古川駅または宝殿駅からバスとなります。

加古川市西神吉町(にしかんきちょう)での不用品回収・ゴミ処分・遺品整理

加古川市西神吉町で、家の掃除や片付けでお悩みはありませんか?

季節の変わり目や年末だけでなく、家の中の掃除がはかどらない、いつまでも終わった季節の衣服や家電製品が出しっぱなし、ということはありませんか。コツコツ作業ができる方はいいとして、たいていの方は忙しい、体調が悪い、片付けが苦手、などという理由で後回しにしてしまいがちではないでしょうか。

特に家事、家族の管理をしている主婦の方は、時間がないということとものが多いということで、常に掃除や片付けに追われている、ということが少なくないと聞きます。

家の中がゴチャゴチャしている理由として、単に片付けが苦手、という方もいます。掃除や洗濯が好きでなくついついまとめてしてしまうという理由もありますが、それだけではありません。やはり、ものの量が多くなりすぎているのではないでしょうか。

ひとりで管理できる量には限界があると思います。収納がいくつあっても足りない気がするのは、物量が多いことが理由です。

タンスや収納ケースがパンパンでギッチリ衣服がつまっていると、収納がおっくうになりませんか?せっかく洗濯してきれいに畳んでも、入れるところがないくらいの状態ならどうでしょうか。とりこんだカゴにいれた状態のまま、棚や椅子の上、などにあることになります。そして、また切る時はカゴから取り出す、ということになってしまいます。

こういうことが良くない習慣としてやり過ごすと、どんな人も片付けが苦手、と思うに違いありません。

片付けは頭も使いますし、あちこちに収納場所があると、無駄な動きが出て、余計なエネルギーも使うことになるそうです。

限られた時間で家事をこなす主婦の方にとってはそのように、収納ができないくらいものの量が多いことと、家事をする動線が良くないことは大変な負担となってくるかと思います。

衣服や雑貨、台所用品など、あらゆるものを使用し、管理している主婦の方にとって、その管理や片付け、負担をへらすためにどうしたらよいでしょうか。「処分する、捨てることのもったいなさ」を見つめなおす必要があるかもしれません。本当に必要なものなのかどうか、不用品となっているのに、もったいないという理由だけで持ち続けていないか、という視点を持つことです。

すっきり片付いて、片付けや掃除が楽になることを目標にするならば、やはりものを処分し、減らすことから始めたほうがよいと思います。

主婦向けの雑誌には、いろいろな収納テクニックや、収納グッズが紹介されています。しかし、それらを使って綺麗に収納すること、隙間を利用し無駄なく詰めること、が一番重要なのでしょうか。

やはり、大事なのは適量を持っているか、使いやすい場所に置いてあるか、定位置を決めているか、ということなのかもしれません。そうすれば、家族の誰が片付けてもまちがいなくおさまるはずです。

例えば文房具や雑貨について、同じようなものは2つ持たないと決めれば、それ以上は不用品です。ルール作りによって処分がしやすくなります。

台所の鍋やフライパンも年に数回しか使わない、というものがあるはずです。処分したとして、何で代用できるか想像すると、意外となくても他に方法が見つかるものです。年に数回の不便より、日々の快適さ、片付けのしやすさを優先する、という考えに切り替えてみましょう。

もったいない、まだ使う、という気持ちに引きずられると、ものは増えていくばかりです。今までそうだったように、将来的にも、ものが増えていくことが予想されます。バーゲンでお得だった、もらったから、ということもよくあります。しかし、そういう時にも先々不用品になる可能性を考え、使わないと予想できれば、もらわない、買わない、という習慣もつくのではないでしょうか。最初から不用品であることはないにしても、まずは本当に自分に必要なものを選んで処分してくことから初めてみましょう。

ルールに従って不用品を判別していたら、どんどん持ち物がシンプルになってきます。しかし、不用品がたまってきたら、それを廃棄しなければいけないわけです。そこからもなかなか手間取ることがありますよね。

不用品回収・ゴミ処分・片付けの専門業者

片付けの専門業者「相場屋」はこのような場合、お役にたつことができます。

専門業者はさまざまな経験とノウハウをもって、素早く、信頼のおける回収作業をすることが可能です。

「相場屋」は加古川市西神吉町におきましても、不用品の回収実績がございます。

何か処分にお困りであれば、まずは電話、メールでご相談ください。

不用品回収・片付け・遺品整理サービス

たとえば、時間がなくて、不用品の選別はしたけど処分する時間がない、自治体の回収でなく、一気に処分したい、運び出しに手間取りそう、一人ではできない、などのケースに応じ、お手伝いさせていただきます。

おうちの中の不用品を処分したい場合に回収にうかがいます。「相場屋」は価値のあるものは査定をして買取もいたしております。査定料金に納得いただきましたら、買取の価格は、回収料金から差し引かせていただきます。

残念ながら、昨今悪徳業者も存在しています。強引に貴金属の買取をし、法外な料金を請求し、作業内容がずさんであるという業者もあるそうで、苦情も増えているそうです。

そのような状況の中、片付けの専門業者「相場屋」は加古川市でも実績があり、信頼していただける業者でございます。不用品の回収、処分など、無料でお見積りに伺います。お見積りの際は、荷物の詳細を一点一点確認いたします。見積り料金から追加料金が発生することはありません(追加作業、追加引取りがない場合)。安心してまかせられる業者だと評判をいただいています。

プロの回収業者「相場屋」は遺品整理もうけたまわります。遺品整理士が在籍していますので責任を持って作業いたしております。遺品整理士は研修を積み、法令を遵守し、心をこめて作業をいたします。そういう観点からも安心して任せて頂ける業者として「相場屋」に信頼をおいていただければ、と思います。

回収の料金は主に3つのプランがございます。「積み放題パックプラン」「お部屋料金プラン」「単品料金プラン」。お客様の家の状態や不用品やゴミの回収量、状況にあわせてご相談させていただきます。

地域ブログ» MORE

対応地域