サブイメージ

兵庫県神崎郡市川町にて「相場屋」が片付け、不用品回収のお手伝いをします

大掃除、粗大ゴミ、リサイクル、不用品に関するお悩みを解決

  • 兵庫県神崎郡市川町(かんざきぐん いちかわちょう)について

    兵庫県の神崎郡は、人口が約4万2千人、面積は330平方kmです。神崎郡は市川町と福崎町、神河町で構成されています。

    明治の神崎郡発足当時は、姫路市の一部や朝来市の一部が、この神崎郡に含まれていました。合併などの変遷を経て平成18年に、香寺町が姫路市に編入し、現在に至ります。

    市川町は神崎郡の中央に位置し、人口は1万1千人、面積が82平方kmです。国産ゴルフアイアン製造の発祥の地です。昭和5年、刀鍛冶職人の「森田清太郎」という人が成型技術を確立し、品質については高い評価を得ています。

    交通はJR播但線の甘地駅、鶴居駅があります。また、中国縦貫自動車道と直結した播但連絡自動車道が整備されています。

    そんな神崎郡市川町を紹介していきますね。


    1. 神崎郡市川町ってどんなところ?
    2. 神崎郡市川町の生活環境や制度は?
    3. 神崎郡市川町のゴミ取組について
    4. まとめ

    神崎郡市川町ってどんなところ?

    神崎郡市川町は、兵庫県のほぼ中央に位置し南北に市川という川が流れているハート形をした町なんですよ。古くから播磨富士と知られた笹型山があり、ハイキングに訪れる人もあります。

    神崎郡市川町の生活環境や制度は?

    平成27年に「市川町まち・ひと・しごと創生本部」が立ち上がりました。人口ビジョンの展望などを踏まえて、平成27年から31年までの具体的な施策計画などがまとめられています。

    市川町では平成29年度より若者世帯の定住を促進するため、「市川町若者定住促進住宅取得奨励金」という制度があります。新築および増築の場合50万円が支給される他、中古住宅の購入や世帯数に応じた交付額などもあります。

    神崎郡市川町のゴミ取組について

    神崎郡市川町のゴミの分別は、燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、リサイクル品となります。

    処分は神崎郡神河町にある「中播北部クリーンセンター」でされています。粗大ゴミについては、ごみステーションでの収集はなく、このクリーンセンターへ直接搬入となります。

    月曜から金曜の13時から15時30分、偶数月の第3日曜日は朝も受け入れています。こちらに家庭のゴミを持ち込む時は、100kgまで500円、100kgを超える場合、10kg増すごとに50円加算となります。

    まとめ

    いかがでしょうか?

    交通も整備され、姫路市のベッドタウンとして利便性のある市川町。地価も安くさまざまな補助施策もあり、定住するには最適だという人もいます。

    今後、若者や子育て世帯が増えていくことで、町が活性化していくといいですね。

    神崎郡市川町のゴミ問題は相場屋にお任せ下さい

    神崎郡市川町では、少子高齢化がすすむなかで、身の回りの片付けなどでお困りのことはないでしょうか?ひとりで、家のゴミを出すのも面倒だ、負担だ、ということも高齢者には出てくる問題です。

    ふとんやたんすなど粗大ゴミがあるけど、クリーンセンターに持っていくことができない、ということもあるでしょう。

    もし、市川町で、粗大ゴミや不用品の処分でお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。処分を代行し、お役に立つことができます。

    それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

    目次

    1. 神崎郡市川町で片付けに関してお困りの方
    2. 神崎郡市川町で生前整理についてお悩みの場合
    3. 神崎郡市川町で不用品処分といえば「相場屋」

    神崎郡市川町で片付けに関してお困りの方

    神崎郡市川町にて片付けに関するお困りはありませんか?

    自分で片付けることができるなら問題はありませんが、粗大ゴミや電化製品など、市川町の収集がおよばないものは、自分で手配するしかありません。

    時間や労力もなく、頼む人もいなければ、ゴミや不用品がどんどん家の中にたまっていくということもあります。

    高齢者のお宅では、このように期せずしてゴミ屋敷のような状態になってしまうことがあります。高齢により、片付け能力が落ちてくることがあります。また、買い物に行きづらくなってくると、なくなることの不安により、日用品などたくさんの在庫を買いすぎてしまうこともありがちです。

    久々に市川町の実家に帰ったら、今までと様子が違う、ということがないかチェックしてください。ものが増えている、ゴミが捨てられずに置いてあるということはないでしょうか。

    若い時はきれい好きで、いつも整理整頓していたような親であっても、加齢によって変わることもあります。かといっていきなり指摘して勝手に片付けようとすると抵抗があることもあります。

    ごぞんじでしょうか。強引にものを処分してしまうのではなく、最初はトイレや洗面台の掃除、玄関先をキレイに片付ける、そのようなことから始めるといいと言われています。

    少しキレイになって快適になる、家の玄関がすっきりする、そういう体験、実感を持ってもらうことが重要です。最初は手間かもしれませんが、快適さやありがたい気持ちを持ってもらって、段階的にすすめていくことで、結果的には家全体の片付けがスムーズにすすむそうです。

    神崎郡市川町で生前整理でお悩みの方

    生前整理という考え方が広まってきて、実行する人の話も聞くようになりました。元気でいる間に自分の持ち物や家の不用品を処分することで、今後の生活もすっきり過ごしやすくなる、ということです。

    生前整理をする人の中に多いのは「自分が親の遺品整理で苦労した」という経験を持っている人です。亡くなってからものを整理し、不用品を処分することの大変さを実感すれば、自分の身におきかえてしまうことは当然です。子供の世代に負担をかけたくない、という思いから断捨離や生前整理を始める、ということです。

    また、自分の親の家の様子を心配して生前整理を一緒にしようというケースもあります。

    親にすすめると、乗り気でない場合も多いようです。しかし、体力に加え、頭がまだ柔軟なうちに話し合うことで整理や不用品の処分に納得してくれる可能性は高いのです。

    ここで、生前整理に成功するコツを紹介しましょう。

       
    • 普段から会話があること
    • 親と子の世帯が比較的近い距離に暮らし、よくコミュニケーションが取れていること。また、片付けるために念入りに話し合うことも重要です。

       
    • ものへの執着がないこと
    • 先代から受け継いだものや、高価だった着物や貴金属などに対する執着心があります。それがどれだけ離れるかによって決断するスピードが違ってきます。

       
    • 明確な目的があること
    • たとえば、孫が成長し帰省の際に広い空間が必要だということなら、親も片付けに対し積極的になりますよね。目的があればはかどりやすいといえましょう。

       
    • 法事を機に、気持ちの整理がついた
    • 片方の親が亡くなって、その法事が済んだというようなタイミングは話がしやすいことも。現在は心情的にできなくても、次の法事を区切りにすることを目標に話し合いを続けていく形でもよい。

       
    • 親子ともに若かった
    • 親が健康や体力の衰えを口にするようになったら、片付けするチャンスだととらえましょう。協力して遺品整理するためには、子供の世代も体力気力ともに残っていることが必要です。

      以上のように、生前整理を効率よくすすめるには、ある程度、普段からの関わりやタイミングが重要となります。親が納得していないと、失敗してかえって状況が後退する、ということもありますので、気持ちが決まらない場合、少しずつすすめていきましょう。

    神崎郡市川町で不用品処分といえば「相場屋」

    神崎郡市川町にて、不用品がたくさんある、ひとりでは処分できない、そのようなことがありましたら「相場屋」までご相談ください。

    片付けの専門業者「相場屋」は兵庫県を中心に市川町でも実績を重ねてまいりました。

    「相場屋」はお見積りが無料となっています。まずは電話かメールでご依頼ください。出張し作業料金を見積りいたしますが、そこまでは無料ですので、比較検討していただいてかまいません。

    不用品回収、リサイクル品など、片付けに関してのご相談は専門業者「相場屋」までお申し付けください。

  • 地域ブログ» MORE

    対応地域