神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

加東市について

兵庫県 加東市(かとうし)は兵庫県の中部にあり、西脇市、三木市、小野市、三田市、加西市、篠山市の6都市と隣接しています。2006年に旧加東郡の社町、滝野町、東条町が合併して新しくできました。人口は40,546人、面積は約157平方kmです。 JRの加古川線の「社町駅」「滝野駅」「滝駅」があり、バス路線では京都、大阪、神戸いずれとも高速バスで結ばれています。 加東市のマスコットキャラクターは「加東伝の助」さんということで、釣り針を伝えた「小寺彦兵衛さん」の思いをついで生まれたそうです。 また、県下最大級の公園「播磨中央公園」、いくつかのキャンプ場、遊園地の「東条湖おもちゃ王国」があり、その東条湖では釣りが楽しめます。 加東市では市立の小中学校を整備して「小中一貫教育へ移行するよう推し進められています。

  1. 加東市おすすめの観光
  2. 加東市のゴミ事情
  3. 加東市の不用品についてのお悩み
  4. 専門業者に依頼するメリット
  5. 加東市では「相場屋」がおすすめの理由
  6. まとめ

上記の項目で紹介していきましょう。

加東市おすすめの観光

加東市には「道の駅とうじょう」があります。特産館、農産物直売所、コンビニ、レストランと充実しています。特産物もソフトクリームや巻きずし、山田錦の日本酒、そして「釣り針」「東条めだか」など、さまざまなものがあり、楽しめます。レストランもトンカツ専門店ということで、人気があります。

兵庫県立播磨中央公園は広大な敷地で、特におもしろ自転車に乗れる「サイクルランド」が家族連れに人気です。「兵庫県立やしろの森公園」は里山の自然文化が体験できます。

他にも、東条湖、闘竜灘、東条秋津富士など見所がたくさんあります。嬉野台生涯教育センターでは、高齢者大学やさまざまな講座が設定されています。宿泊棟もあるので、自然学校やスポーツ活動、研修に利用できます。

加東市のゴミ事情

加東市は、兵庫県の中で、4年連続「家庭ごみの排出が一番少ないまち」となりました。これは環境省による「一般廃棄物処理実態調査」で、兵庫県すべての市町(29市12町)の1人1日あたりの家庭ごみ排出量によるものです。

加東市では平成25年に「ごみ処理基本計画」を策定しました。「平成34年度」に1人1日あたりのごみ排出量を660グラムに減量することが目標です。 そのため、生ごみの水切りや、マイバッグ運動による3Rの取り組みを実践しています。

加東市のゴミは「滝野地域」の方は、西脇市、多可町と同じ「北播磨清掃事務組合 みどり園(西脇市)」にて処理されており、「社地域」「東条地域」の方は「小野クリーンセンター(小野市)」にて処理されています。したがって、地域によって処理方法が決まるということです。

主な分別については、次のようになっています。 可燃ごみは「生ごみ類」「紙くず類」「川、布類」「衣類」「木くず類」などとなっています。紙類でも、資源ごみとなるものは、リサイクルの観点から集団回収に出すことが進められています。対象は、新聞紙、ダンボール、紙パック、雑誌、雑がみ(紙はこ、紙袋、封筒、コピー用紙)です。アルミや金属、ビン、古着も集団回収を優先することを推進しています。回収日が定められており、各地域の子供会、PTAなどに出すことになります。

資源ごみとしては「容器包装プラスチック」「硬質プラスチック」「ペットボトル」「びん」「缶、金属」「乾電池」「蛍光灯、電球」と分別が定められています。不燃ごみは「陶器、鏡類、ガラスなど」となります。

加東市では小型家電はリサイクルボックスにて随時回収をしています。回収場所は社公民館、滝野公民館、東条公民館で休館日以外、リサイクルボックスの投入口に入るものであれば無料で受け付けているそうです。対象は、「デジカメ、携帯電話、小型ゲーム機、テープレコーダー、CDプレーヤー、電子辞書、デジタルオーディオプレーヤー、ETC車載ユニット、ACアダプタ、ケーブル、充電器など」となっています。 他に、廃食用油(天ぷら油)も拠点回収を行っています。小型家電と同様に、公民館で、密封した容器のまま回収箱に入れる仕組みです。

加東市で不用品についてのお悩み

加東市で不用品を処分したいけど、自分ではできなくてお悩みの方はおられませんか? 家の中の掃除や整理整頓がはかどらないのは、実はモノの多さによるものです。いつか使うだろう、まだ使えるからもったいない、という気持ちにより、どんどんモノをためこんでいませんか?

たとえば、タンスやクローゼットにたくさんの服があり、また季節ごとに衣替えをするので、収納ボックスも数点あるのは、どこのおうちでもありがちのことです。 しかし、そのタンスは本当に必要なものでしょうか。プラスチックの引き出しの収納なども、増やせば増やすほど、逆に服や小物をため込む原因となっていることがあります。

家の中のスペースを有効に活かす為には、モノを減らすのが一番です。片付けるといっても、必要以上にモノが多い状態では同じことの繰り返しになりがちです。必要最小限にモノを処分し、空いた空間を保っておく、これが片付けしやすい家といえるかもしれません。

モノを処分するのは簡単なことではないかもしれません。思い出や執着があると手離せないですよね。また、自分のモノだけでなく、家族のモノを管理している主婦の方にとっては、思い通りに捨てて処分できないモノも多いかと思います。

業者に依頼するメリット

このように、不用品を処分するにはいくつものハードルがありますよね。そこで、片付けの専門業者に依頼するということも手段の一つです。処分を代行する、と決心すれば、意外と執着をたちきることができるものです。家族にも片付けを宣言し、業者が来るから、と処分を促すことが可能です。一人が始めると面れてどんどん片付けが連鎖することがあります。ギュウギュウにモノで詰まった状態より、すこしあいた空間ができると誰でも嬉しいものです。

粗大ゴミは年に2回の拠点回収か、クリーンセンターに直接持ち込むなどで処分しなければいけません。お家の中のモノを思い切って捨てるという決心をしても、さまざまな分別が定められているので、なかなか手間がかかり、一気に片付かない、ということになっていまいます。その点、片付けの会社に回収してもらうと一気にスッキリすることができますよね。業者を利用し、家族のイベント化することで、大きな家財や家電も手離すことができるかもしれません。

加東市では「相場屋」がおすすめの理由

もし、大掃除などで、たくさんの粗大ゴミや不用品が出たとき、どこに依頼したらどうしたらよいでしょうか。加東市では片付けの専門業者「相場屋」をおすすめいたします。確かな実績と、経験、安心して依頼できる業者として評判高く、リピーターの方も増えています。「相場屋」では量が多くても、少しであっても不用品の引取りを代行いたします。おうちの片付けでちょっと困った、という場合に遠慮なくご相談いただける業者としておつきあいください。

「相場屋」は不用品の回収を代行するだけではありません。ご要望により、買取もいたします。査定し、価値があるものでしたら、回収料金から差し引かせていただきます。残念ながら昨今、買取の業者といいながら悪質なやり方をする業者も存在します。「相場屋」はお見積りが無料です。買取も納得いただいてから売却してもらえますので、安心ください。

片付け作業自体が面倒だ、高齢や体調不良などの理由で自分ではできない、という場合も「相場屋」が代行いたします。不用品を指示いただくだけで、片付け、撤去、運び出し、掃除など状況にあわせ、作業をいたします。箱詰め、袋詰めも当社が代行可能です。遠慮なく、お見積り時に必要な片付け作業をお申し付けください。

また、回収いたしました不用品をそのまま廃棄処分することはいたしておりません。残置物や産業廃棄物でお悩みの方もおまかせください。素材ごとに分別し、原料としてリサイクルするというルートを確立しております。「相場屋」は地球環境に配慮した作業を回収したあとも徹底しております。そうすることで、「相場屋」とお客様との信頼を築いてまいりたいと日々作業しております。

まとめ

粗大ゴミや不用品は、どのうちにも潜在的にあるものだと思います。すっきり暮らすには、使わないことを認識して、思い切りよく処分する決断力が必要ですね。どんなに広いおうちでも、使わないものでデッドスペースができているのはもったいないことです。また、掃除も大変ですよね。

加東市は緑が豊かで住みやすい街です。大きな公園や湖があり、観光に訪れる人も少なくありません。きれいな街づくりを保つためにも、個々のおうちの片付けは大切です。

個人で手におえない、一度に作業を済ませたい、という場合は、不用品回収の専門業者「相場屋」におまかせください。

地域ブログ» MORE

対応地域