神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

神戸市北区の不用品・片付け・ごみ処分について

神戸市北区は市の北東部に位置します。六甲山の北側から西側になり、西宮市、芦屋市、宝塚市、三木市、三田市とも隣接しています。人口は21万7千人で西区の次に人口が多く、面積は240平方kmと神戸市の44%を占めるそうです。ただし、農村や山林が多く神戸市の区の中では一番人口密度が低くなっています。 JRは「道場」、神戸電鉄は「鈴蘭台」~「有馬温泉駅」、「有馬口」~「神鉄道場」、「鈴蘭台西口」~「藍那」、「横山」「フラワータウン」「神戸三田プレミアムアウトレット」となっています。 主な観光地は有馬温泉、神戸市立森林植物園(六甲山)、神戸市立フルーツフラワーパークなどがあります。神戸市北区と聞いてピンとこない方も、有馬温泉のあるところ、というとよくわかると思います。

そんな神戸市北区を紹介していきますね。

  1. 神戸市北区ってどんなところ?
  2. 神戸市北区の生活環境や制度は?
  3. 神戸市北区のゴミ取組について
  4. まとめ

神戸市北区ってどんなところ?

神戸市の中で一番広い区の北区。いくつかの村が兵庫区に編入され、昭和48年にその兵庫区から北区が誕生したそうです。ニュータウンなどの住宅地もあり、田園風景が広がる農村地区もあり、人口も増え続けています。1995年の阪神・淡路大震災では全半壊約3000戸、死者12人という被害でした。名所旧跡や文化財も多く、「かやぶき民家」や「農村歌舞伎」などが残されています。何よりも有馬温泉は日本最古の温泉で有名です。最近は海外からの観光客でもにぎわっているそうです。

神戸市北区の生活環境や制度は?

神戸市北区の中で、神戸電鉄の「鈴蘭台駅」は駅前再開発が進んでいます。地上7階建てのビル建設が平成30年ごろの完成予定となっています。この駅は有馬温泉へいく路線と、小野や三木にいく路線が乗り入れており、神戸中心部のベッドタウンとして利用客も多くいます。

また、神戸市北区の西南部の「山田地区」は豊かな里山を残し、六甲山や丹生山のふもとの町となっています。

区の北川の「長尾地区」は三田市と接していて、神戸三田国際公園都市の開発により、「鹿の子台」「赤松台」「上津台」などの住宅地が発展してきました。若い世代の人口が急増し、小学校の仮設校舎を増築しました。イオンモールや神戸三田プレミアムアウトレットもこの地区で、工場施設も立地しています。

保育所は定員を600人拡大し、平成27年、28年と待機児童数はゼロとなっているそうです。

その反面、唐櫃台、有野台など古くからあるニュータウンは少子高齢化が進んでいます。有野台ではワークショップや勉強会を開催し、団地のリノベーションをし、お年寄りのみまもりや地域まちづくりを進めています。

農村地域では過疎化が進み、2つの学年で1クラスを編成する複式学級となっているそうです。空き家や耕作放棄地が発生していることで、「農村定住促進コーディネーター」を配置しています。里山暮らしのすすめ、として、さまざまな活動をしています。

神戸市北区のゴミ取組について

神戸市北区は神戸市の決まりどおりの分別区分が定められています。指定袋も「燃えないごみ」「燃えるごみ」「缶・びん・ペットボトル」「容器包装プラスチック」の4種類があります。

45リットル、30リットル、15リットルの3サイズがあります。平袋タイプとU型(取って付き)タイプがあり、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売されています。

他には「大型ごみ」が収集されます。これは大型家具、自転車、粗大ごみなど45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの。45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのものということです。「神戸市大型ごみ受付センター」まで電話、FAXによる事前申し込み制で、大型ゴミシール券を購入して貼り付けて出します。

神戸市には「リサイクル工房」という施設があります。「リサイクル工房あづま」「リサイクル工房みなとじま」「リサイクル工房ろっこう」「リサイクル工房ほくしん」の4つで、「こうべ環境未来館」とあわせて神戸市民が積極的にリサイクルに関われる施設となっています。

なかでも人気なのが、家具や自転車を再生し、展示しています。これは有料で抽選し提供されるそうです。また、リサイクル品として育児用品、古本、古着の無料提供と引取もしています。リサイクル教室の開催などでリサイクルに関しての啓発も行っています。

まとめ

いかがでしょうか?神戸市北区は面積が広く新旧の街並みが混在していることで、その課題もさまざまです。豊かな緑と伝統文化、新しくできた住宅地や商業施設、そして有馬温泉と県外や海外からも注目されている施設がたくさんあります。

かやぶき屋根など歴史ある文化財を保存していく活動も活発で、環境やリサイクルにも力をいれています。

今後も住みよい街や歴史を守るために、さまざまな施策に期待したいですね。

神戸市北区のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

神戸市北区ではゴミ出しのルールは神戸市の規則にならっています。そんなルールのなかで、ゴミに関する悩みや困りごとはありませんか?粗大ゴミがあるけど、個人で撤去、運び出しが不可能だという方。リサイクルの分別が複雑で理解できず溜まっていく、不用品や廃棄物の処分をまとめてお願いしたいけどどうしたらいいか、など。

たとえば、神戸市北区で、高齢者がおひとりで住まわれているとき、ゴミ出しのルールがわからない、分別が理解できない、ということもあります。不用品をリサイクルショップに持ち込みたい、買取をしてもらいたい、などという希望があっても、それをどうやってやればいいのかわかりません。不用品を放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

他にも神戸市北区で「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できないから助けてほしい、ということもあります。

神戸市北区から引っ越すことになった、店舗を閉めることになったという状況で、片づけを手伝ってほしいということもあるでしょう。

このように、神戸市北区にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。神戸市北区でも片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 神戸市北区で不用品の処分に困っている方へ
  2. 神戸市北区で生前整理、遺品整理についてのご提案
  3. 神戸市北区でリサイクルについて考える
  4. 神戸市北区でゴミ屋敷にお悩みの場合
  5. 神戸市北区で引越し、移転される方へ

神戸市北区で不用品の処分に困っている方へ

毎日暮らしていると、さまざまなゴミ、不用品が発生します。生活から発生する「燃えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクルゴミ」 などは収集日も決まっており、ガイドブックもあるので、若い世代の方々は捨てにくい、ということはないでしょう。

しかし、不用品の中でも捨てにくいのは「まだ使えるもの」「いつか使いそうなもの」ではないでしょうか。最近は使っていないし、しばらくは頻繁に使わないけど捨てられないというもの、不用品です。家の中にはそのような不用品が思いのほかたくさんあると言われています。

よく1年間使っていないのなら不用品は処分しましょう、などと片付けの本やメディアで紹介されます。とはいえ、ボロボロになっていなければ不用品とは思えずこれからまだ使うのではないか、不用品だからと処分して後悔するのではないかという思いが出てくるのも当然です。

それから、不用品の処分の方法もポイントです。誰かに譲る、フリーマーケットやリサイクルマーケットで販売する、リサイクルショップに売却するなどといくつか選択肢があります。いくつかの方法を気軽に選択でき、実行できれば不用品の捨てにくさも減るかもしれませんね。

しかし、神戸市北区でも、農村地帯では少子高齢化がすすんでいるとのこと、高齢者になってくると、積極的に不用品を処分するのが不便となりますよね。そこで不用品の処分方法として、おすすめしたいのが片付けの専門業者の利用です。

高齢者の方に片付けの専門業者をおすすめするのは「楽」だからです。運び出しや撤去もおまかせできます。不用品のご指示をいただければ回収、廃棄までしてもらえますし、希望により清掃も行います。

片付けの専門業者に依頼する、と決めてみてください。わざわざお願いするなら、不用品を思い切って処分、廃棄できるように思いませんか?今まで決断がつかなかったものの処分が一気に頼めるとなるとやる気もわいてきます。作業もすべておまかせなので、不用品がなくなり、空いた収納や部屋をどのように使っていくかを考えることができます。また、不用品の処分後、ある程度スペースが空いている状態の方が暮らしやすいとも言われています。大きなタンスや家電が粗大ゴミとしてなくなる、なくなったら意外にもないことに不便を感じないそうです。その体験により、さらに不用品の片付けが進むという良い循環が発生するのです。

片付けの専門業者「相場屋」は神戸市北区におきましても、不用品や粗大ゴミの処分、回収のお手伝いをさせていただいています。料金も「積み放題パック」では軽トラックパックが1.5万円~2万円からとなっています。部屋数にあわせた「お部屋プラン」は1Rで3万5千円からとなります。これらは不用品の分別、袋、箱詰め、積み込み、作業員人件費、処分、消費税まで込みの料金です。見積りをさせていたければ追加料金はかかりません。大型家電、小型家電、家具も単品での回収に応じます。

おうちの中の不用品や粗大ゴミ、まとめて処分したい、ということでしたら、片付けの専門業者「相場屋」へぜひ見積りの相談をしてください。電話でもメールでも結構です。神戸市北区でしたらどの地域でもお伺いさせていただき、料金を査定しますが、見積りは無料です。売却したいものがありましたらお申し出ください。買取可能なものがございましたら、作業料金から相殺いたします。

神戸市北区で生前整理、遺品整理についてのご提案

最近話題の「遺品整理」「生前整理」について考えてみませんか?まずは、高齢の親の住む家が神戸市北区にあったとしたら、先々どのような事態が予測されるでしょうか。以下の例をみてみましょう。

 ●親が神戸市北区の介護施設や老人ホームへ入居することになり、家を処分するので片付ける

 ●親が神戸市北区の一軒家を引き払ってマンションに住むことになった

 ●両親のどちらかが亡くなり一人暮らしに。高齢で心配なので同居することになったが、不用品を片付けて一緒に暮らす

 ●親を自分の家に呼んで同居することになった。神戸市北区の家が空き家になると不用心なので片付けたい

 ●両親ともに亡くなり、実家をたたむことになった

普通の引越しは新しい住まいで新しい生活を始める、という前向きの片付けが発生します。でも、高齢の親の家は「生前整理」「遺品整理」という側面が見えます。遺品整理に伴う片付けに際しては、親に対してはもちろん、家族や親せき、近所の方などへの様々な配慮が必要となります。

親が高齢者であるということは、遺品整理や片付けをする子供も若い世代とはいきません。50、60代の方が大半です。「体力的にもつらくて心が折れそうだった」「遺品整理をしたけど、本当に大変だった」「片付け・整理のなかで、親との関係が悪くなった」などという方もいるそうです。一軒家丸ごとの遺品整理となると、いくら片付け、整理をしても先が見えなくて片付けの終わりが見えないと感じます。平日は仕事で週末に遺品整理の片付けが待っている、などと時間的にも精神的にもプレッシャーがかかりがちです。

生前整理、遺品整理の片付けとひとことでいっても、段階がありますよね。まず、不用品と必要なものを分別する片付け。そして、同じものは分類する整理。最後にしまう場所や持っていく先を考える収納と廃棄処分。生前整理ならまだ使用するものを見極めていきますし、遺品整理は貴重品の分別や形見分けをどうするかを考慮します。

生前整理として片付けて同居することになる場合、親のスペースはどうしても狭くなります。高齢になってくると、生活に大きな変化を好まないようになるそうです。思い出や執着のあるものを片付けるというのは、親にとっても簡単なことではありません。自ら思い立った生前整理ならまだしも、やむを得なく生活を変えることになればなおさらです。ただし、親が思い出を誰かに話して聞いてもらうことで、不用品を処分する心の整理がつくことがあるそうです。そのような話を聞く余裕が、結果的にスムースな片付けに結びつくのかもしれません。心のこりなく生前整理を行い、快適に過ごせるスペースをつくり、以前の部屋の雰囲気を残すこともポイントといわれます。

遺品整理に関しても残された子供にとって思い出のあるものを処分することはつらい作業です。不用品と必要なものを分別するのにじっくり時間がかけられると心の整理もつきますよね。

いずれにせよ、生前整理を手伝う、遺品整理を担うことは、とても大変なことです。もしお困りのことがありましたら、プロの片付けの業者「相場屋」がお手伝いいたします。神戸市北区でも生前整理、遺品整理の実績が豊富で経験がございます。まずはお電話いただければ、相談させていただきます。お伺いし見積もりをいたします、無料ですのでご安心ください。プロの片付け業者に片付けや回収・廃棄はおまかせいただき、あとは自分たちの今後の新しい生活に向けて前向きに取り組む、という選択肢もとることができます。

神戸市北区でリサイクルについて考える

神戸市北区でも神戸市のゴミ出しルールにしたがって、リサイクルが推進されています。神戸市北区では小学生の時からリサイクルに関して教育をうけます。「3Rをこころがけましょう」とリデュース(ごみを減らす)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(資源として活用)の実践がすすめられています。もう一度資源として活用するリサイクルは次のようなことをいいます。「缶やびん、ペットボトルや容器プラスチックなどを分別し出すこと」「古紙など地域の集団回収に出す」「スーパーなどの店頭回収に出す」ということです。

缶やびんをそのまま廃棄しない、というリサイクルのルールはほぼ定着しているのではないでしょうか。ただ、実際にゴミ収集場所で見ると、燃えるごみの袋にペットボトルや食品容器などが混ざっているのを見ることがあります。リサイクルの意識が薄いのか、ただ知らないのか、わかりません。

リサイクルの意識を高めるために神戸市でもイベントや各種取り組みを行っています。たとえば「リユース食器」。これは繰り返し洗って使えリサイクルできる容器のことです。学園祭などのイベントでリユース食器を利用することでリサイクル、リユースの意識を高めることが目的だそうです。「神戸市リユース食器利用助成金」の制度により費用の一部を助成してくれます。学生など若者世代にリサイクルについて考えてもらうきっかけになるといいですね。

若い世代にはすんなり受け入れられるリサイクルでも、高齢者となるとさまざまな事情により難しくなります。まず、リサイクルの分別が面倒くさい、わかりにくいという理由。分別はできても、それを指定のリサイクルの収集日に収集場所に持っていくことが困難な方もおられます。昔はそういう分別はなかっただけに手間がかかると感じるのかもしれません。ちなみに燃えるごみの日に新聞などの資源が出されたら、回収された後、焼却されてしまうそうです。リサイクルされない、ということです。

また、リサイクルのゴミとして古紙がありますよね。古紙の出し方は意外にも細かくて「新聞」「雑がみ(雑誌や古本、包装紙など)」「段ボール」「牛乳パック」と分かれています。リサイクルの方法が異なるため、雑がみはひもで十字にくくるという統一ルールがあります。段ボールのリサイクルはつぶして平らにたたんでひもでくくる、牛乳パックのリサイクルは洗って開いて乾かして束ねてひもでくくるとなっています。

神戸市、関西ではリサイクル工場が見学できるところがあります。神戸市内の古紙問屋や製紙会社の工場、神戸市資源リサイクルセンターなどです。地域、自治体の団体で見学ツアーなどをしてみても、リサイクルに関しての啓発活動となるでしょう。リサイクルに関して興味をもち、リサイクルしないと将来どのような事態になるか、という学びはとても大切です。

ただし、誰もが同様にリサイクルに取り組めるわけではないですよね。リサイクルに関して、自分の手に負えない、または身近にリサイクルがうまくできず困っている、ということがありましたら、ぜひ片付けの専門業者、リサイクルの「相場屋」にご一報ください。

片付けの専門業者、リサイクルの「相場屋」はリサイクルに力を入れております。さまざまなリサイクル業者様とのルートにより、できる限りゴミをなくす取り組みをしております。お客様からは不用品として回収しました粗大ゴミや廃棄物、残置物を極限までリサイクルしております。金属類、プラスチック、紙類、衣類、布団など、細分化しリサイクルできる仕組みを確立しております。リサイクルできる海外貿易のルートも持っております。リサイクルのための努力の結果、コスト削減につなげてまいりました。

片付けの専門業者、リサイクルの「相場屋」はただ単にお客様の不用品や廃棄物を回収するだけで終わらす作業はしておりません。回収の際は最高のサービスをご提供いたします。未来のため、リサイクルをさらに推進し、環境に優しい街づくりをすすめていく所存です。

神戸市北区でゴミ屋敷にお悩みの場合

自宅などの敷地内に大量のものをため込んだ「ゴミ屋敷」。神戸市では行政代執行により強制退去ができる条例を制定しました。このゴミ屋敷の条例、政令都市では「京都市」 「大阪市」に続いて3例目だそうです。ゴミ屋敷は敷地内に廃棄物などをため込み、悪臭や火災発生の恐れなど周囲に悪影響がありますよね。まずゴミ屋敷として判断するところから始まるそうです。所有者にゴミ屋敷の解消を義務付けます。それが改善しない場合、ゴミ屋敷の所有者に、段階的に「助言・指導」「勧告」「命令」できるように段階的になっています。ゴミ屋敷の住人は氏名公表や過料なども規定にあるそうです。

アメリカでもゴミ屋敷は問題となっています。ゴミ屋敷の住人を「ホーダー」というそうです。ものを集める人、ため込む人という意味です。捨てられない、片付けられないとゴミ屋敷にしてしまう人は日本人だけではないのですね。他人から見ればそのゴミ屋敷のモノ、粗大ゴミ、不用品であっても本人にとっては大切なものと主張します。「ホーダー」の原因は病であるという認識で「強迫性貯蔵症」と診断され、ゴミ屋敷の問題を抱える人は全米で600万人もいるそうです。ゴミ屋敷の住人「ホーダー」の根本的な原因として、家族との別れや確執などもあるそうです。アメリカや海外は大きな一軒家に住んでいることも多く、ゴミ屋敷のゴミの量もスケールが大きくなるようです。

ゴミ屋敷は短期間でできるものではありません。最初のきっかけはたいしたことがなくても、毎日毎日の積み重ねで手におえないゴミ屋敷になることがあります。高齢者のお宅がゴミ屋敷化するのも同じことです。最初はゴミ捨てが面倒だ、捨てるのがもったいない、などの理由で部屋にゴミや不用品を置いていただけ、ゴミ屋敷になるなどと思っていません。

高齢のため、買い物にしょっちゅう行くわけにはいかないので、トイレットペーパーなどの生活雑貨を買いだめするところから始まったのかもしれません。ゴミを捨てないといけない時に体調が悪く、それが重なってゴミ屋敷になっていたということもあります。ゴミ屋敷にしようと思ってしたわけではないでしょう。

短期間でゴミ屋敷になったのではないだけに、ゴミ屋敷を片付け、解消するのも容易ではありません。個人でゴミ屋敷を解消するには、まず作業の領域、足場を確保しなければいけません。足の踏み場もないゴミ屋敷の片付けで怪我をする事例も多いのです。ゴミ屋敷の中で、作業ができるようになったら、コツコツゴミを分別し、素材ごとにゴミ出しをしなければいけません。ゴミや不用品が大量の場合は一度に収集場所に出すことはできません。粗大ゴミや家電製品はどうしたらいいのでしょうか。ゴミ屋敷のごみの分別が終わってもそれを回収してもらうまでの作業はさらに大変なものになります。

神戸市北区ゴミ屋敷の片付け、個人でどうしようもない、というお悩みをお持ちでしたら「相場屋」へご相談ください。「相場屋」は片付けの専門業者です。プロの仕事でゴミ屋敷の解消の代行をしてまいりました。汚部屋、汚屋敷、ゴミ屋敷、納屋といった大量のゴミや不用品、粗大ゴミが発生する案件を丁寧に片付けさせていただいております。一軒家まるごとのゴミ屋敷、マンションの一室、どのような広さや規模でもかまいません。

片付けの専門業者「相場屋」におまかせいただきましたら、ゴミ屋敷そのままの状態から作業をいたしますのでお客様の作業は不要です。ゴミ屋敷、汚部屋の規模に応じまして、お得なパック料金をご用意しております。他社に見積もりされました後でも、かまいません。ゴミ屋敷の片付けに関しましてのご要望や予算にできるかぎりお答えいたします。

ゴミ屋敷といってもご本人様には重要なものがある場合があります。もし売却したいということでしたら、買取もいたします。価値のあるものでしたら査定しゴミ屋敷の片付けの料金から相殺いたします。

ゴミ屋敷には悪臭や害虫が発生している場合があります。除菌・消臭作業も別途料金にて対応しております。ゴミ屋敷の場合、すでに近隣に影響をおよぼしている可能性もございます。作業の際、片付けの専門業者「相場屋」は、お客様のご意向に沿いつつ、近隣の方のご迷惑にならないよう配慮して片付け、回収を行います。

ゴミ屋敷の問題はぜひ神戸市北区でも経験豊富な片付けの専門業者「相場屋」にご相談くださいませ。見積り、相談は無料となっております。

神戸市北区で引越し、移転される方へ

神戸市北区でおうちの引越し、店舗や会社、事務所の移転を考えておられる方、お困りはありませんか。

引越しのときに、不用品はもっていかない、すべて処分したいから回収してほしい、という場合もあります。そういう場合は不用品、粗大ゴミの撤去、ゴミ捨てを代行してくれて、回収も代行してくれるととても助かりますよね。家主さんには残置物の処分という問題に直面することがあるかもしれません。

また、お店や会社の場合、産業廃棄物の処理に頭を悩ますことがあります。担当の方は営業を続けながら移転や引越しを遂行しなければいけないので、廃棄物の処理まで手が回りません。撤去や回収、廃棄まで代行してほしいところです。

片付けの専門業者「相場屋」なら、引越しや移転に関するお困りの相談にのらせていただきます。神戸市北区におきます、産廃、残置物などの廃棄物の処分もすべておまかせください。法に従い処理させていただきます。リサイクルや買取にも力をいれております。ご相談いただきましたら無料で見積もり、査定をいたしております。引越しに関する片付け、他社のお見積りと比較していただいてかまいません。納得いかない場合はお客様の立場にたって、対応いたしておりますので、何なりとご相談くださいませ。

神戸市北区におきまして、引越し、店舗の移転、会社の移転がございましたら、「相場屋」まてお知らせください。

地域ブログ» MORE

対応地域