神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

神戸市長田区で評判の回収業者「相場屋」です。不用品の回収ならいつでもご用命ください

リサイクルや粗大ゴミなら「相場屋」、おひとりで悩まず、まずは無料お見積りをお試しください。

神戸市長田区の不用品・片付け・ごみ処分について

神戸市長田区(こうべしながたく)は、兵庫県神戸市の9区のなかの1つです。神戸市の中南部となり、東に兵庫区、西には須磨区が位置します。

人口は約9万7000人で、面積は約11平方km。長田区の南西部は古くから「駒ヶ林」と呼ばれているそうです。その駒ヶ林から山側の街の拡大に伴い「新長田」と呼ばれるエリアが近代できてきました。

そんな神戸市長田区を紹介していきますね。

  1. 神戸市長田区ってどんなところ?
  2. 神戸市長田区の生活環境や制度は?
  3. 神戸市長田区のゴミ取組について
  4. まとめ

神戸市長田区ってどんなところ?

神戸市長田区は靴の生産が盛んです。神戸の「履きだおれの街」を象徴するケミカルシューズの産業です。また、大阪市生野区と並ぶ、全国有数のコリアタウンがあり、在日コリアンの多い街でもあります。

1995年阪神・淡路大震災では大規模な火災による被害が発生、新長田駅は倒壊、市内では921人が亡くなられました。その再開発にて2009年には「鉄人28号」の巨大モニュメントが「新長田駅」南側にたてられました。

JRは「新長田駅」、阪神・山陽は「西代」、神戸電鉄は「長田」~「丸山」、神戸市地下鉄は「長田」~「新長田」~「新長田」、と多くの鉄道の駅があります。

神戸市長田区の生活環境や制度は?

神戸市長田区は、震災後人口減少が続き、空家率が18%に達しているそうです。しかし、立地的には山と海に挟まれた都心にも近い生活しやすい街です。また、長年にわたって培われてきた良好なコミュニティがあり、長田神社などに見られる伝統文化を特徴としています。

地域の子育てを応援する長田区こども保健係からの情報として「ながたカンガルーブログ」を発信しています。イベントやセミナー、子育てサークル交流会、体験保育などをリアルタイムで公開しています。

神戸市で発行している「敬老パス」は高齢者の外出を支援し、社会参加の機会を持つことができるように交付されています。神戸市長田区でももちろん、満70才以上の方で「市バス、市営地下鉄、民営バス、神戸新交通」の乗車券の負担額がこども料金程度になっています。

高齢者の介護、福祉もさまざまデイサービスセンターがあり、高齢者みまもりマップが配布され、みまもり応援団としてお店や機関が協力しています。介護予防カフェ、認知症カフェ、などというサービス事業も始まっています。

神戸市長田区のゴミ取組について

長田区は神戸市の決まりどおりの分別区分が定められています。指定袋も「燃えないごみ」「燃えるごみ」「缶・びん・ペットボトル」「容器包装プラスチック」の4種類があります。

45リットル、30リットル、15リットルの3サイズがあります。平袋タイプとU型(取って付き)タイプがあり、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売されています。

他には「大型ごみ」が収集されます。これは大型家具、自転車、粗大ごみなど45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの。45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのものということです。「神戸市大型ごみ受付センター」まで電話、FAXによる事前申し込み制で、大型ゴミシール券を購入して貼り付けて出します。

神戸市には「リサイクル工房」という施設があります。「リサイクル工房あづま」「リサイクル工房みなとじま」「リサイクル工房ろっこう」「リサイクル工房ほくしん」の4つで、「こうべ環境未来館」とあわせて神戸市民が積極的にリサイクルに関われる施設となっています。

なかでも人気なのが、家具や自転車を再生し、展示しています。これは有料で抽選し提供されるそうです。また、リサイクル品として育児用品、古本、古着の無料提供と引取もしています。リサイクル教室の開催などでリサイクルに関しての啓発も行っています。

まとめ

いかがでしょうか?神戸市長田区は震災で全壊が約15000棟、半壊が8000棟で、倒壊率も57%と甚大な被害をうけました。しかし、神戸市長田区の住民の方々は自らの生活を立て直し、支えあい、一歩一歩前へ進んでこられました。少子高齢化、不況にともなうケミカルシューズ産業の停滞など、問題はありますが、震災で得た教訓をつないでいく努力をされているのです。

神戸市長田区のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

神戸市長田区ではゴミ出しのルールは神戸市の規則にならっています。そんなルールのなかで、ゴミに関する悩みや困りごとはありませんか?粗大ゴミを処理しきれない、リサイクルの分別がでまだ、不用品や廃棄物の処分をお願いしたいけどどうしたらいいか、など。

たとえば、神戸市長田区で、高齢者がおひとりで住まわれているとき、ゴミ出しのルールがわからない、分別が理解できない、ということもあります。不用品をリサイクルショップに持ち込みたい、買取をしてもらいたい、などという希望があっても、それをどうやってやればいいのかわかりません。不用品を放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

他にも神戸市長田区で「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できないから助けてほしい、ということもあります。

神戸市長田区から引っ越すことになった、店舗を閉めることになったという状況で、片づけを手伝ってほしいということもあるでしょう。

このように、神戸市長田区にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。神戸市長田区でも片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 神戸市長田区で不用品の処分に困っている方へ
  2. 神戸市長田区で片付けについてのご提案
  3. 神戸市長田区で遺品整理について考えの方
  4. 神戸市長田区でリサイクルにお悩みの場合
  5. 神戸市長田区で空き家に困っている方へ

神戸市長田区で不用品の処分に困っている方へ

誰でも不用品を捨てるには抵抗があります。不用品を捨てる前には「何かに使えないかな、リサイクルできる工夫はないかな」と考えることがあるでしょう。不用品をただゴミにしてしまうのは気がとがめるのは誰でもあることです。

神戸市長田区にお住まいの方、「今は不用品でもいつか使うかもしれない」「不用品として捨てた後でまた必要になったら損するかもしれない」という気持ちがムクムクと出てくることはありませんか。しかし、不用品を捨てないために、かえって不用品を増やしてしまうことがないでしょうか?

たとえば、着なくなった不用品の服をほどいてマットを作るとしましょう。そのマットを縁取るテープを買います。でもテープが余ってもまた使う機会は来ないかもしれません。今度はテープが不用品になります。

このように不用品を「もったいない」として工夫したことが、逆に新しい不用品を増やす結果になっています。環境のためにゴミを増やしてはいけない、と不用品をリサイクルすることは必ずいい結果になるわけではありません。リサイクルして中途半端なものを作っても、満足できず飽きてしまったり、壊れやすかったりします。

つまり、もったいないとリサイクルしたものが、すぐ新しい不用品、ゴミになる可能性があります。リサイクル、廃物利用する前に「そのための時間、材料に無駄はないか」「それが完成した後、どれくらい利用価値があるか」などを想像するようにしたらいいでしょう。もちろん、リサイクルするのが趣味で楽しい方、できたものに愛着を感じ、大事にする方もあります。それならば不用品だ、無駄だとは言えないので、一概に否定はしません。でも、単純にリサイクルだけのため義務のようにするのであれば、やめた方がいいかもしれません。

では、本当にゴミや不用品を減らしたい、という考えならば、どうしたらよいのでしょうか。まずはゴミ・不用品になり得るものを買わない、求めないという「入り口」を意識してはいかがでしょうか。ペットボトル飲料は買わない、必要以上の服は買わない、ということです。

それでも、どうしても出てしまう不用品に関しては、思い切って廃棄・処分するという決断が必要でしょう。いつか使うかも、と不用品を取っておきたいタイプの人はどうしたらよいでしょうか?

それは「いつか」をはっきりさせることです。おそらくその不用品に「いつか」は来ないであろうと思われ処分の対象とすべきです。が、それが決断できないのであればせめて「引越しして広い家に住んだときに使う」「子供が卒業したときに捨てる」などと時期を明確にするとよいでしょう。場所があればその不用品の処分の時期を書いてしまっておきましょう。

収納の場所がなく、外に出た状態ならばその不用品は処分したほうがいいのかもしれません。使わない不用品の為に、今現在の住みやすさ、快適さを邪魔されるならそれを置いておく意味はないと考えます。

神戸市長田区で片付けについてのご提案

不用品を片付けること、整理整頓することが苦手ですか?家の床いっぱいにモノが散らかり、使いっぱなし、出しっぱなしになっていて片付けられない、という方は珍しくありません。

必要なものを使う時はその片付けしていないところから探し出そうとするけど、どこにあるのかわからなくなったり。不用品やゴミなども一緒になっている場合もあります。片付けができていない、という嫌な思いばかりたまってストレスになることもあります。

片付かない原因はやはり住んでいるところの許容量を超えたモノがあることです。片付けが得意な人であっても、モノが多いとどうしようもありません。モノにあふれた家だとどことなくくつろげず、ついつい外へ出たくなる、気分転換に買い物をしてしまう、収納家具を増やしてしまう、ということもあるようです。片付けできていないことで、さらに片付けにくくなる原因を作る、という悪循環があることになります。

最近は断捨離、ミニマリストなどという考え方が紹介され、片付け、捨てること、持たないことがブームのようになっています。理想はスッキリ片付けされた部屋であること、友達がいつ来ても大丈夫という状態であること、と誰もが思います。片付けされた部屋で、のんびりと時間に追われることなく過ごすことができたら、と思います。

そのために「片付けて捨てる」ことは必要です。そして、片付けることのほんとうのメリットは何でしょうか?それは自分にとって価値のあることは何なのか、を知ることです。

片付けるため、捨てるかどうするか、決断をするわけですが、その時にその方の価値観がはっきりあらわれるのではないでしょうか?そこで思い切って処分していき、片付いた部屋に変えることで見えてくるといわれます。片付けは単に不用品を捨てる作業ではなく、自分を見つめるいい機会になる、ということですね。

捨てるという作業は楽ではありません。不用品だとはわかっていても決心がつきません。買ったときのことを思い出し、どれくらい使ったか、まだ使えるか、などとさまざまなことを考えて葛藤します。

不用品を捨て、モノの量を減らしたら、家を片付けて処分したらアレルギー症状が軽くなった、という例があるそうです。一概にはいえませんが、たとえばアレルギーの原因のホコリが少なくなったという理由です。

床にモノが置かれていると、時間とろう掃除がしにくくなります。収納スペースも一杯になっていると奥の方の掃除は難しいです。何年も掃除していない場所、というのが存在していてもおかしくありません。ホコリがたまると、カビやダニが発生します。台所や水回りには掃除をこまめにしていてもゴキブリが現れることがありますよね。そういった中で暮らしていれば、咳がひんぱんに出たり、皮膚の症状が悪くなることもあるでしょう。

不用品を処分して、さまざまなモノを床の上からなくし、押し入れや収納もスッキリさせれば、毎日の掃除が楽になります。楽なことは日々続けることができます。

もし、自分ひとりでの片付けが困難な場合、片付けの専門業者「相場屋」がお手伝いさせていただきます。片付けの専門業者「相場屋」は、神戸市長田区での不用品の撤去、処分、回収、引取を引き受けいたします。粗大ゴミでもかまいません。大きくて動かしにくいものでしたら、撤去もさせていただきます。買取も相談にのりますので、売却したい家財などございましたら、相談ください。無料の見積もり相談をいたします。

「相場屋」はリサイクルにも力を入れている会社でございます。安心して片付けの代行を任せていただけます。

神戸市長田区で遺品整理について考えの方

身内の方が亡くなり遺品整理をしなければならなくなった、という話を最近よく聞くようになりました。たとえば親が一人暮らししていた世帯が住んでいた時のまま放置されている、それを片付けなければいけない、ということです。普通の片付けと違い遺品整理はすんなり進みません。

価値のあるもの、財産や書類で重要な物がでてきたら自分ひとりの判断で処分などができません。遺品整理が親との思い出の品によって進まないこともあります。遺品整理をひとりで、一気に処理しようとすると途方もなく時間と労力が必要だと聞きます。神戸市長田区においても高齢化が進んだ地域があり、遺品整理の問題を抱えた方もおられることでしょう。神戸市長田区やその近隣に住んでいるならいいのですが、遠くに住んでいる場合、遺品整理をまかされ、一軒家を片付けるなどは難しい作業でしょう。

また、生前整理、老前整理、断捨離など、片付けに関することがテレビや雑誌で取り上げられています。雑誌を見ると、若い主婦の世代のものから、シルバー世代のものまで、毎月のように片付けや整理の特集が組まれています。

片付けは家の課題ともいえます。断捨離、生前整理、老前整理、そしてその行きつく末が、遺品整理といえるのかもしれません。遺品整理で苦労する方が増えてきて、その体験を教訓に自分はある程度整理しておこう、という気持ちになるのかもしれませんね。亡くなったあとで、遺品整理によって自分の子どもや近い人に負担をかけたくないというのが実感としてわいてくるにちがいありません。

また、生前整理、老前整理と言うと、極端な話「死ぬ準備」のようなイメージを抱かれるかもしれませんが、そうではないと思います。やってみますと、その逆の効果があるという方が多いのです。

片付けるには今まで使ってきたものや愛用していたものを不用品として処分し、手放さなければいけません。しかし、生前整理する!との決意で、過去のものを捨て、いつか使うだろうと何年も置いていたものや不用品を片付け、処分することによって、新しい空間がうまれます。

ごちゃごちゃした家より、片付いてスッキリし余裕のある家の方が、将来のことを前向きに考えられるようになるというのです。神戸市長田区にお住まいの方も、片付けて掃除がしやすい、生前整理、老前整理をしてみませんか?不用品を片付け、撤去し、粗大ゴミを回収してもらい、大掃除をしてピカピカの状態に戻ると、これからの時間をどう使うかを、いままで埋もれていた空間のおかげではっきりさせることができるそうです。

ただし、老前整理、生前整理というような家の中の不用品を片付けて、思い切って処分するにはエネルギーが必要ですし、時間もかかります。そういう場合は片付けの専門業者を頼ってみてはいかがでしょうか?プロの仕事ですので、運び出しも不要、リサイクルについてもおまかせなので、粗大ごみであろうと、分別していないものであろうとそのまま渡すだけです。利点は生前整理、老前整理が一気に終わる、ということです。これは重要なことだと思いませんか?

遺品整理にはさまざまな形があります。だれも遺品整理をする人がいない場合は、一軒家すべての家財の片付け、撤去、回収を「相場屋」が代行させていただきます。もし、ある程度まで自分で遺品整理をしたい、という場合は何回かに分けて「相場屋」がお伺いし、不用品を引取りにまいります。

神戸市長田区では遺品整理の経験のある、片付けの専門業者「相場屋」をおすすめします。専門業者「相場屋」ならば遺品整理の見積もりを無料でいたします。

「相場屋」には遺品整理士が在籍しています。これは遺品整理士認定協会にて認定された資格です。研修を受け法令を遵守する遺品整理士なら安心してまかせていただけることでしょう。

「相場屋」はリサイクルに力を入れております。お客様から回収した粗大ごみや不用品をそのまま廃棄するということはいたしません。素材ごとに分別し、原料としてリサイクルいたしております。

遺品整理でお困りのこと、老前整理、生前整理をしたいけどどのようにしていけばいいか、と考えておられる方、プロの専門業者である「相場屋」にご相談ください。 

神戸市長田区でリサイクルにお悩みの場合

家の中の不用品がたくさんある、という場合、処分はしたいけどゴミとして廃棄はしたくない、ということはありませんか?「もったいない」という気持ちと、昨今のリサイクルの推奨で捨てる決断ができないかもしれません。できれば誰かに譲るか神戸市長田区のリサイクルショップなどで、買取をしてもらえればいいですよね。

日本はある面とても豊かで、リサイクルできる、つまり、まだ使える服や雑貨、家具、電化製品など、ほとんどの家にあるのではないでしょうか。でもそれを置いたまま、しまったままになっていてリサイクルできていない家も多いかと思います。

神戸市長田区のゴミ回収にてペットボトルやガラス瓶、缶、プラスチックなどのリサイクルは昔に比べて進んできましたよね。リサイクルするため、素材ごとに収集日が決められています。神戸市ではゴミ袋は有料ですが、その価格にゴミの処分量は含まれておらず、リサイクルのためであり、ゴミの有料化というわけではないようです。

それでも、全ての方が、リサイクルのためとはいえ、あらかじめ片付け、決まった日に分別をしてゴミ出しできるとは限りません。神戸市長田区に多い、高齢者の方などはリサイクルのゴミ出しがままならないこともあるからです。そういった場合も含めて、家の中の不用品をリサイクルする仕組みはまだまだだといえます。

不用品だけど使える、価値がありそうだけど使わない、そういったものを手軽にリサイクル、売却するにはどうしたらいいでしょうか。リサイクルショップは不用品を運ばなければいけませんので、量が多い、大きさや重量がある、と言う場合に困ります。フリーマーケットやガレージセールも参加、開催できればリサイクルもできるのですが、意外に時間と労力が必要です。人に譲るという選択もありますが、もし買取してくれるところがあればベストですよね。

そこで、片付けの専門業者「相場屋」にご相談いただきたいのです。専門業者「相場屋」は神戸市長田区にてお手伝いいただけるプロの片付け業者です。買取にも実績があり、おうちの不用品のリサイクルをお手伝いできます。価値のあるモノかどうか査定し、買取させていただきます。買取の料金について、他社と比較していただいても結構です。

価値のないものは料金に納得していただいた上で、回収、処分いたします。片付けの専門業者「相場屋」において引取り、回収したものは、そのまま廃棄せず、素材ごとにリサイクルしております。そのまま廃棄すれば環境破壊につながる可能性がありますので、リサイクルに力をいれております。片付けの専門業者「相場屋」は、リサイクルすることで地球環境を保全する一助になりたいと考えます。

神戸市長田区で空き家に困っている方へ

神戸市長田区で空き家を抱えて困っている方はおられないでしょうか?

神戸市長田区は空き家率が18.0%だそうです。この空き家の状況は神戸市内9区の中で最も高い数字だそうです。長田区のなかでも中央部でなく、山麓線以北、2号線以南の町が空き家率が高いとなっています。また、築40年を超える空き家が全体の6割以上をしめているそうです。

一軒家を空き家のままにしておくと、さまざまな問題が生じます。もし、家の中のものを撤去せず、住んでいたときのままの状態だと劣化の速度がはやいといいます。また定期的に点検をすることがない場合、近隣ではゴミ屋敷、汚屋敷などと言われ、安全を脅かす存在になるかもしれません。

空き家であっても早めに家の中を片付け、ものを処分、撤去した状態ならあとは建物のメンテナンスだけとなるはずです。ものを処分するにしても、使わなくなってすぐであれば、売却することができたかもしれません。価値のあるものなら買取可能となるはずですが、時間がたつとその価値もどんどん下がり、粗大ゴミとなってしまうことになります。

空き家の処分で迷いがありながらも、放置されている方、ぜひ片付けの専門業者「相場屋」に相談ください。価値のあるものなら買取させていただきます。

また、神戸市長田区で、閉店・廃業したお店、会社の事務所などはありませんか。片付けの専門業者「相場屋」なら、残置物、廃棄物、産業廃棄物などの回収もおまかせください。すべて代行いたします。片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルに力を入れております。回収しました廃棄物も、すべて焼却、埋め立て処理などはいたしません。素材ごとに分別し、それぞれリサイクルできるルートを築いております。安心してお任せいただける会社として、「相場屋」を選んでいただきたいと思います。

地域ブログ» MORE

対応地域