サブイメージ

神戸市西区の回収業者「相場屋」不用品のことならおまかせください

ゴミ屋敷や遺品整理の問題は専門業者におまかせください。良心的な価格で対応しています。

神戸市西区の不用品・片付け・ごみ処分について

神戸市西区(こうべにしく)は、兵庫県神戸市の9区のなかの1つです。過去には明石郡に属していました。

人口は約24万4000人、面積は約138平方kmで神戸市の3割近い広さだそうです。須磨区、垂水区、北区、そして、明石市、三木市、稲美町と隣接しています。

そんな神戸市西区を紹介していきますね。

  1. 神戸市西区ってどんなところ?
  2. 神戸市西区の生活環境や制度は?
  3. 神戸市西区のゴミ取組について
  4. まとめ

神戸市西区ってどんなところ?

神戸市西区は、1970年ごろから神戸市中心部のベッドタウンとして開発が進み、西神と呼ばれるようになりました。具体的には西神ニュータウンや押部谷、玉津地域が田園地帯から様変わりしてきたのです。公共交通の開発も進み、一番人口が少ない地域から、現在神戸市の中でもっとも人口が多い区となっています。

1995年の阪神淡路大震災では被害が少なめで、ニュータウンの開発中であったため、中心部から移り住む人が急増しました。 けんせつちゅう

神戸市西区はこども(15歳未満の年齢層)が区でもっとも多いそうです。逆に65歳以上の高齢化率が区で最下位となっています。(農村地帯は高齢化率が25%以上)

神戸市西区の生活環境や制度は?

神戸市西区はニュータウン、工業団地、研究学園都市、そして自然環境に恵まれた緑豊かな地域とが混在しています。昭和62年に、神戸市営地下鉄西神山手線が全線開通し、アクセスが一段と便利になりました。

神戸市西区はメインテーマを「美しいまち西区 新しい田園都市をめざして」とし、2020年までのまちづくりの目標「西区計画」を策定しました。「みんながつくる安全で安心して暮らせるまち」「あらゆる人に支援がいきわたるまち」「くらしや地域活動を楽しむまち」「あらゆる人がともにいきいきと過ごせるまち」「自然とともにこころ豊かに暮らせるまち」を行動計画にあげています。

神戸市西区のゴミ取組について

西区は神戸市のきまりどおりの分別区分が定められています。指定袋も「燃えないごみ」「燃えるごみ」「缶・びん・ペットボトル」「容器包装プラスチック」の4種類があります。

45リットル、30リットル、15リットルの3サイズがあります。平袋タイプとU型(取って付き)タイプがあり、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売されています。

他には「大型ごみ」が収集されます。これは大型家具、自転車、粗大ごみなど45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの。45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのものということです。「神戸市大型ごみ受付センター」まで電話、FAXによる事前申し込み制で、大型ゴミシール券を購入して貼り付けて出します。

神戸市には「リサイクル工房」という施設があります。「リサイクル工房あづま」「リサイクル工房みなとじま」「リサイクル工房ろっこう」「リサイクル工房ほくしん」の4つで、「こうべ環境未来館」とあわせて神戸市民が積極的にリサイクルに関われる施設となっています。

なかでも人気なのが、家具や自転車を再生し、展示しています。これは有料で抽選し提供されるそうです。また、リサイクル品として育児用品、古本、古着の無料提供と引取もしています。リサイクル教室の開催などでリサイクルに関しての啓発も行っています。

まとめ

いかがでしょうか?神戸市西区は、ベッドタウンとして発展して人口が区の1位となっているんですね。こどもの数も多く、高専や大学も立地しています。高齢化はニュータウンでは低いのですが、農村部では高くなっています。

今後は災害や防犯の対策、高齢者への支援などの課題に取り組んでいき、安心・安全なまちづくりを進めていくということで、さまざまな整備が必要となっています。

人口が多いゆえ、ゴミ問題やリサイクルには配慮し、「住む」「働く」「学ぶ」「憩う」という要素がバランスよく備わった町です。これからも魅力いっぱいのまちづくりを推進してほしいですね。

神戸市西区のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

神戸市西区ではゴミ出しのルールは神戸市の規則にならっています。そんなルールのなかで、ゴミに関する悩みや困りごとはありませんか?粗大ゴミを処理しきれない、リサイクルの分別がまだ、不用品や廃棄物の処分をお願いしたいけどどうしたらいいか、などです。

たとえば、神戸市西区で、高齢者がおひとりで住まわれているとき、ゴミ出しのルールがわからない、分別が理解できない、ということもあります。不用品をリサイクルショップに持ち込みたい、買取をしてもらいたい、などという希望があっても、それをどうやってやればいいのかわかりません。不用品を放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

他にも神戸市西区で「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できないから助けてほしい、ということもあります。

神戸市西区から引っ越すことになった、店舗を閉めることになったという状況で、片づけを手伝ってほしいということもあるでしょう。

このように、神戸市西区にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。神戸市西区でも片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 神戸市西区で神戸市西区で片付けのお悩みをお持ちの場合
  2. 神戸市西区でゴミ屋敷のお悩みについて
  3. 神戸市西区でリサイクルにお悩みの場合
  4. 神戸市西区で残置物・廃棄物の処理のご相談は「相場屋」へ
  5. 神戸市西区で遺品整理についてお考えの方
  6. 神戸市西区で不用品の処分についてお考えの方

神戸市西区で片付けのお悩みをお持ちの場合

一時期話題になった断捨離。ものへの執着を捨てて、家にある不用品を徹底的に処分し、必要最小限のもので暮らすという意味だそうです。

今までの「もったいない」「まだ使える」というような考え方ではなく、自分を主体にした片付け、ものの取捨選択をし処分するそうです。さまざまな効果があり、ものだけでなく、生活や人生観や体の調子まで改善するとか。片付けというものはそれだけ意味のあることなのでしょうか。

不用品や使わないもの、粗大ゴミがいつまでも家のスペースをとっているとすれば、それはやはりお金、空間、時間の無駄遣いだそうです。使わなくなってすぐ処分すればリサイクルでき、価値があれば売却できたかもしれません。空間があけば新しい趣味や生活の余裕を見つけ出せたかもしれません。また、使わない不用品があると、大掃除もしにくく、たとえ納屋のような場所でも、使うものを取り出すのに邪魔になり、もしかして必要なものが見つけられないことが起こるかもしれません。

このようにたかが不用品と言えども、処分しないことで多くの弊害をもつ可能性があります。断捨離とまではいかなくても、定期的に不用品を片付け、処分するという作業は必要と考えた方がいいでしょう。子どもが独立したら、大人数住める一軒家から住み替えや引越しすることで、家財の量を減らすということもあります。

断捨離だけでなく多種な片付け方法が雑誌や本ですすめられています。もちろん自分にあった片付け法が見つかればベストですし、それを継続させるとすっきり暮らすことができます。片付けてすっきり暮らすことの意味、価値は人それぞれ違いますが、大きなものをもたらす可能性があります。

しかし、実際の片付けの作業では迷って捨てられないことがあります。減らす意味はわかってはいるけど、今まで捨てられなかったものを処分するためゴミ袋に入れていく作業がはかどらないのも当然です。そこでひとつの提案です。片付けの専門業者に処分を依頼してはどうでしょうか?片付けの専門業者「相場屋」は神戸市西区での片付け作業を代行しております。

片付けの専門業者に依頼すると、自分ひとりで片づけをするよりはるかに効率よく作業がすすみ、また一気に終わらすことができます。片付けの専門業者「相場屋」では、神戸市西区におきまして、次のような片付け代行サービスを行っています。現状のままものの回収、運び出し、引取、廃棄が可能です。撤去、袋詰め、箱詰めはおまかせいただけます。ご依頼される方は不要なものを決定しておいて指示いただくだけでかまいません。

処分、廃棄の作業をプロの業者に代行させることで、不要なものの決定が冷静に行えた、というお客様のお声があります。どうせ片づけを業者に依頼するなら、この際、いろいろ処分しようという気持ちが出てくるようです。今までなかなか廃棄処分できなかった粗大ゴミ、迷っていた不用品の数々の処分を決断できるということです。一気に作業が進むので、迷いも少なくすぐ新しい空間ができるので、片付けるそばからまたものが増えていくというような事態もおこりにくいようです。

片付けの専門業者「相場屋」ではトラック積み放題パックプランを用意しています。トラックの大きさによって料金を決めております。断捨離を一度に済ませたい、不用品を一気に引取ってもらいたい、という方におすすめのプランです。

また片付けの専門業者「相場屋」は買取もいたしております。売却したいという品物がありましたらご相談ください。見積りや査定は無料です。「相場屋」はリサイクルにも力をいれており、回収した不用品は地球環境に配慮し処分しますので、安心しておまかせください。

たかだか不用品の片付けといっても、これからの生活や生き方までも変える可能性があります。料金を支払っても十分価値のある作業をさせていただいております。片付けの「相場屋」はプロの作業でお客様によろこんでいただき、神戸市西区でも経験を積んでおります。まずはお電話、メールでご相談ください。

神戸市西区でゴミ屋敷のお悩みについて

神戸市西区でもゴミ屋敷がニュースとなったことがあります。平成28年2月、廃棄物処理法違反でゴミ屋敷の高齢女性が逮捕されたのです。

過去2回、ゴミ屋敷に対して行政代執行による撤去が行われました。それにもかかわらず、この女性によるゴミの堆積でゴミ屋敷状態が続いたそうです。神戸市では「神戸市住居等における廃棄物その他の物の堆積による地域の不良な生活環境の改善に関する条例(ゴミ屋敷対策条例)」を新たに制定しました。このゴミ屋敷対策条例、平成28年10月より全面施行されました。ゴミ屋敷対策条例では、ゴミ屋敷の定義として、「廃棄物その他の物の堆積により、悪臭の発生、ネズミ・ハエなどの衛生害虫の発生、火災発生の恐れがあるなど、地域の衛生または生活環境上支障が生じている建物」としています。

ゴミ屋敷の住人には「ゴミ屋敷」の予防と解消を義務付けます。ゴミ屋敷が解消しない場合には、必要な行政指導、措置(助言・指導、勧告、命令、代執行、氏名公表、過料など)を行うことにしています。また、「ゴミ屋敷」の住人は、地域からの孤立などの福祉的・医療的な課題を抱える場合も多いそうです。ゴミ屋敷は根が深い問題なんですね。それだけに、単なるゴミ屋敷のモノを処分する、という方法だけでは根本解決しないかもしれません。ゴミ屋敷の問題は関係機関が協力してさまざまな課題を解きほぐしながら解決していく必要かもしれません。

ゴミ屋敷は、安全上、衛生上、近所に迷惑をかける問題であるというのは誰もがわかっていることだと思います。でも、ゴミ屋敷の住人の心身の課題であることは知られていません。不用品でもゴミでも何でも外からモノを集めてくる、部屋をきれいにできない、モノを捨てることに不安を感じる、そして結果ゴミ屋敷となる、それは心の病気の可能性を示します。ゴミ屋敷になっていく最初のきっかけとしては、家族との死別や定年など大きなストレスや環境の変化があげられています。

部屋の清掃をすると気分がさっぱりしますよね。でも逆にいうと気分が落ち込んでいる時に清掃ができず、散らかったまま、ということもよくあります。一軒家まるまるのゴミ屋敷とは一線を画すかもしれませんが、想像しやすいところです。汚部屋やゴミ屋敷となっている人は心の病気があるかも、と想像することで、単に片付ければ解決するわけではないという理解ができます。

身近にそんな人はいない、ゴミ屋敷はない、と思っていても、いつ自分の身にふりかかってくるかはわかりません。高齢であることが原因でものが片付けられなくなり、ゴミ屋敷となることがあるそうです。自分の親の住む家が知らぬ間にモノであふれてはいないでしょうか。ゴミ屋敷というほどではなくても、なんとなく以前のように片付いていないというチェックは必要かもしれません。必要な家財や生活用品なのか、過剰なストックなのか、冷静に判断することで状況が見えてきます。認知症の初期症状でもゴミ屋敷状態になっていくような事例があるそうです。

ただし、どういう理由であれ、行政や条例にかかわる状況まで放置するわけにはいきません。ゴミ屋敷となった状態を改善するにはやはりモノを処分するしかないのです。ゴミ屋敷の住人が精神的な病気であれば医者のアドバイスは必要かもしれませんが、安全、快適な家に住むことでゴミ屋敷が改善することもあります。

ご家族や知り合いだけで、ゴミ屋敷を片付けるのは困難です。ゴミ屋敷の片付けは一気に済ませたほうがよく、片付けたそばからまたゴミを収集してくるという可能性もあるからです。また、片付けるだけでなく、膨大な不用品やゴミ、粗大ゴミの処分も個人では不可能といえます。分別やリサイクルもできず、廃棄するとなると罪悪感もあります。そこで片付けの専門業者にゴミ屋敷の片付けを依頼することを提案します。

専門業者はプロとしてゴミ屋敷の作業を行います。ゴミ屋敷処理の経験やノウハウを持って処理できます。撤去や運び出し、片付けの後、ゴミ屋敷から出たゴミの回収、処分も任せることができます。ゴミ屋敷の片付け作業をすべて代行してもらうことで、ゴミ屋敷の住人の方の「心理的なフォローに集中できる」メリットがあります。

ストレスや病気、高齢が原因でゴミ屋敷になったとしたら、身近な人がかかわってくれることで改善することもあります。

ゴミ屋敷にお悩みがありましたら、神戸市西区でも実績がある片付けの専門業者「相場屋」までご連絡ください。どんなゴミ屋敷でもかまいません。回収した廃棄物は分別しリサイクルしております。お見積りは無料ですので、まずはご相談ください。

神戸市西区でリサイクルにお悩みの場合

神戸市西区にお住まいの方はリサイクルについてどれくらい意識されているでしょうか。もちろん、ゴミの回収で、びんや缶、ペットボトル、古紙、古着などのリサイクルに協力していることでしょう。また、買い物の際は、トイレットペーパーなど、リサイクル品のマークを目印に積極的に選択することもおすすめします。

それだけでなく、ものを繰り返しリサイクルして使うことは世代を問わず生活に取り入れてほしいものです。例えば広告の裏面をメモにつかう、リサイクルショップを活用する、フリーマーケットを活用する神戸市のリサイクル工房の利用など。スーパーなどでも食品トレイなどの回収を行い、レジ袋の持参を推奨しリサイクルに気軽に貢献できます。

神戸市西区には「神戸市資源リサイクルセンター/こうべ環境未来館」という施設があります。缶・びん・ペットボトルの選別の様子を見学でき、地球温暖化防止やリサイクルに関する学習が子供にもわかりやすく展示、体験できます。

家の中の不用品がたまってきた場合、上記のようにリサイクルショップなどが利用できない事情もありますよね。 ただゴミとして廃棄されるにはもったいないけど、リサイクルの術がない、という場合はどうしたらよいのでしょうか。

その場合におすすめしたいのが片付けの専門業者「相場屋」です。片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルに力を入れております。ご要望があれば買取をいたします。買取不能なものはお見積り確認後、引取、回収いたします。お客様から回収しました不用品をリサイクルできるものと粗大ゴミとして処分するものに分別します。また、ゴミとして処分する際も資源としてリサイクルできるものは更に分別します。

最近は、片付け、不用品回収、リサイクルの業者が増え、競争となっています。残念ながら、中には悪質な会社、業者もおり、不法投棄や不当に高額な料金を請求する被害もあります。片付けの専門業者「相場屋」はお客様に信用していただくため、リサイクルに力を入れ、回収料金に反映できるよう努力しています。また「遺品整理士」の認定を受けておりますので、法令を順守し作業をいたしております。

家の中の不用品でリサイクルしたいけどどうしたら?というお悩みの場合、お手伝いさせていただきます。はぜひ片付けの専門業者「相場屋」までご一報ください。

神戸市西区で残置物・廃棄物の処理のご相談は「相場屋」へ

片付けの専門業者「相場屋」はさまざまな廃棄物の処理を代行いたしております。ここでいくつか紹介させて頂きます。

まず、残置物です。残置物というのは、退去したあとに居住していた人が残して行った私物です。残置物は賃料未払いの賃貸住宅や競売物件などで発生します。所有者や家主などで所有権の問題が発生し、解決したとしてもその処理に困ることがあります。「相場屋」では残置物に関しても相談にのらせていただき、処理もおまかせいただけます。

また、産業廃棄物、産廃のことでお悩みの方がおられると思います。「相場屋」では産業廃棄物収集運搬許可を取得しております。廃棄物でお悩みのご担当者さまのお手伝いをさせていただけます。

神戸市西区で遺品整理についてお考えの方

遺品整理という言葉をよく聞きます。亡くなった方の家や部屋の片付けをするのが遺品整理です。遺された身内のために、ある程度片付けており、遺書やエンディングノートなども用意されているという方もおられます。生前整理、老前整理という考え方も出てきたからです。

ただし、急なご不幸や、病気や老化などの要因で「暮らしていた時のまま」の家がのこされることもあります。孤独死などでなくなる方もおられます。そういう場合の遺品整理が遺族にとって負担となるといわれます。ただゴミや廃棄物として処理していけばいいというものではありませんよね。遺書などがなければ貴重品や大事な書類がどこにあるか探さないといけません。遺品整理をする人は家族が多いので、多くの思い出の品も整理しなければいけません。

遺品整理でたいへんなのは作業が膨大になることと、遺品に思い入れがあることにより心理的にも負担がかかることです。遺品整理すべき家が神戸市西区近くにあるのならいいのですが、遠方であったり不便であったりする例もよくあります。週末を遺品整理にあてなければいけなくなるかもしれません。

しかし遺品整理しきれず放っておくと空き家になり管理がさらに大変になります。借家であれば退去しなければならず、遺品整理の作業に期限が生じます。

そのように遺品整理を背負いきれない、という場合はプロの片付け業者におまかせいただくとよいでしょう。片付けの専門業者「相場屋」は遺品整理に豊富な経験を持っています。神戸市西区でもさまざまな遺品整理にかかわる作業をいたしております。「遺品整理士」が在籍しております。あらかじめお聞きしていれば、作業中に見つかった貴重品はお渡しいたします。必要なものと不用品を整理し、確認して処分させていただいております。廃棄することにためらいがあるかもしれませんが、遺品整理で回収しました不用品はリサイクルできるよう徹底的に分別し、処分いたします。遺品整理の中で出てきたものが価値があるので売却したいというご希望がありましたら、買取もいたします。また、ご要望がありましたら遺品整理後、お部屋の清掃や掃除業務も行います。

例えば、仏壇があって処分したい、という場合。「相場屋」では仏壇の処分もおまかせいただけるのです。僧侶の手配、お魂抜きの儀式も代行いたします。お位牌もお焚き上げの儀式をいたします。詳しくは電話やメールにて問い合わせていただけます。

片付けの専門業者「相場屋」では遺品整理にかかわる様々な不安や心配事を解決するため、取り組んでまいりました。「

神戸市西区で不用品の処分についてお考えの方

家の中にはたくさんのものがあふれているという方はおられませんか?それは本当に必要なものか不用品か、どちらなのでしょうか。不用品は処分したいと思っていても、どこから手を付けたらいいかわからないですよね。

モノが捨てられず、不用品をため込んでしまう方は珍しくありません。家について「こうしたい」という気持ちがあるのにできないことで自信をなくしている場合もあります。不用品を片付けたいけど「忙しくて時間がない」「家族が散らかすので」という理由でさらに片付けが苦手となります。

不用品を捨てるのに「もったいない」「まだ使うかも」ということで挫折します。でもモノが多いと何が不用品なのかわからなくなりませんか?掃除、清掃もしにくくなります。大掃除の時はもっと大変で負担感が増します。

思い切って不用品を処分するなら、探し物や掃除の手間も減り、時間が有効に使えます。衝動買いが減り、買う時はいいものを選び、慎重に買うのでモノが大切にできます。いいものを購入して大事に使っていると、不用品となってリサイクルする時にも、高額で売却できるかもしれません。

不用品かそうでないかの判断基準は人それぞれです。今捨てられなくても、大掃除や引越し、子供の進学や就職で処分できるかもしれません。でも、毎日の生活が掃除や片付けに追われる負担で窮屈になるならば、今捨てて処分するのがベストではないでしょうか。今はリサイクルする仕組みもいろいろあり、捨てる、廃棄処分するといっても誰か必要な人が使うという気持ちの落としどころがあります。実際使わない不用品を長年持ち続けるより、状態のいいうちに使える人にリサイクルしてもらうか、寄付するのもよいでしょう。

また、どうしてもだらだらと片付けてしまい処理ができないという方は、プロの片付け業者に依頼してはどうでしょうか。神戸市西区で実績のある「相場屋」ではお見積りは無料です。「相場屋」は廃品を回収するだけの会社ではありません。売却したいものがありましたら買取もいたします。大きなものは撤去、運び出しもし、回収引取いたします。回収したものは素材ごとにリサイクルしておりますので、安心して処分をおまかせいただけます。

自分でするのは不用品として処分するかの判断だけです。片付け業者に依頼することで、不用品を廃棄する決断がつけられたということもあります。袋詰めは不要ですので、負担もなく家の中の不用品を一気に片付けることが可能です。要望により清掃もいたします。引越しの際に出る不用品に関しても同様です。

お忙しい方、ひとりでは解決できない方、不用品でお悩みの場合、片付けの専門業者「相場屋」までご相談ください。

地域ブログ» MORE

対応地域