神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

神戸市須磨区の不用品・片付け・ごみ処分について

神戸市すまく(こうべしすまく)は、兵庫県神戸市の9区の中の1つです。神戸市の西部となり、東に長田区、西には垂水区が位置します。

人口は約16万1000人で、面積は約29平方km。南部の旧市街地、北部の振興市街地とさまざまな街の顔をもっています。古来より白砂青松の美しい海岸、須磨海岸が有名です。夏には京阪神各地から海水浴の客が訪れます。

そんな神戸市須磨区を紹介していきますね。

  1. 神戸市須磨区ってどんなところ?
  2. 神戸市須磨区の生活環境や制度は?
  3. 神戸市須磨区のゴミ取組について
  4. まとめ

神戸市須磨区ってどんなところ?

神戸市須磨区は古い歴史を持っています。南部の既成市街地は1995年の阪神・淡路大震災により大きな被害から復興してきました。

須磨海岸や須磨アルプス、妙法寺川など自然環境が隣接し、須磨海浜公園、須磨離宮公園、須磨水族館、神戸総合運動公園など、美しい公園も多数ある街です。源氏物語など歴史にも名を遺す名所が点在し住みやすい土地柄としても人気です。

JRは「鷹取駅」~「須磨駅」、山陽電鉄は「板宿」~「須磨浦公園駅」、神戸市地下鉄は「妙法寺駅長田」~「総合運動公園駅」、と多くの鉄道の駅があります。また須磨浦ロープウェイも「須磨浦公園駅」~「鉢伏山上駅」開通しており、観光客を運んでいます。

神戸市須磨区の生活環境や制度は?

須磨区では2020年を目標とする「須磨区計画“魅力あふれる須磨”みんなで創ろう2020」という計画に取り組んでいます。多くの人が住みたい・住み続けたい、そして若い世代にも選ばれるまちとなるよう、区民と行政の協働で取り組みを進めて行っています。これは、2040年の人口の推計を行った結果、20歳から39歳までの若年女性の減少率が2010年と比べ51%となり、「消滅可能性都市」の1つとされたことにもよります。

子育てに関しては、親子の集いや保育体験、電話相談などで支援をしています。「地域子育て応援プラザ須磨」にて子育て情報の発信や公園での遊び「青空ひろば」他を開催しています。

また神戸市の施策として須磨区でも、高齢者の方の介護、介助が必要な方に、さまざまなサービスを行っています。生活支援ショートステイ、訪問利用サービス、配色サービスなどの在宅サービス、特養やケアハウス(ケアハウス須磨浦の里、ケアハウス和光園)などの入所サービスなど状況に合わせて支援が受けられます。

神戸市須磨区のゴミ取組について

須磨区は神戸市のルールどおり、分別区分が定められています。指定袋も「燃えないごみ」「燃えるごみ」「缶・びん・ペットボトル」「容器包装プラスチック」の4種類があります。

45リットル、30リットル、15リットルの3サイズがあります。平袋タイプとU型(取って付き)タイプがあり、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売されています。

他には「大型ごみ」が収集されます。これは大型家具、自転車、粗大ごみなど45リットルの指定袋に入れて、口をしっかり結ぶことができない大きさのもの。45リットルの指定袋に入っても、単品で5kgを超える重さのものということです。「神戸市大型ごみ受付センター」まで電話、FAXによる事前申し込み制で、大型ゴミシール券を購入して貼り付けて出します。

神戸市には「リサイクル工房」という施設があります。「リサイクル工房あづま」「リサイクル工房みなとじま」「リサイクル工房ろっこう」「リサイクル工房ほくしん」の4つで、「こうべ環境未来館」とあわせて神戸市民が積極的にリサイクルに関われる施設となっています。

なかでも人気なのが、家具や自転車を再生し、展示しています。これは有料で抽選し提供されるそうです。また、リサイクル品として育児用品、古本、古着の無料提供と引取もしています。リサイクル教室の開催などでリサイクルに関しての啓発も行っています。

まとめ

いかがでしょうか?

神戸市須磨区、関西の人間にとっては、須磨海岸や水族館にはなじみがある土地ですよね。歴史にちなんだ地名もあり、由緒ある土地ですが、基本的にはニュータウンも含め、住宅地としての要素が強いのです。

1995年の阪神淡路大震災では須磨区で401人の方が亡くなり、全壊建物は7600件、半壊は5600件となりました。復興をとげ、新たに若い世代を呼び込むためにさらにさまざまな施策を練っているという状況です。

神戸市須磨区のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

神戸市須磨区ではゴミ出しのルールは神戸市の規則にならっています。そんなルールのなかで、ゴミに関する悩みや困りごとはありませんか?粗大ゴミを処理しきれない、リサイクルの分別ができない、不用品や廃棄物の処分をお願いしたいけどどうしたらいいか、など。

たとえば、神戸市須磨区で、高齢者がおひとりで住まわれているとき、ゴミ出しのルールがわからない、分別が理解できない、ということもあります。不用品をリサイクルショップに持ち込みたい、買取をしてもらいたい、などという希望があっても、それをどうやってやればいいのかわかりません。不用品を放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

他にも神戸市須磨区で「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できないから助けてほしい、ということもあります。

神戸市須磨区から引っ越すことになった、店舗を閉めることになったという状況で、片づけを手伝ってほしいということもあるでしょう。

このように、神戸市須磨区にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。神戸市須磨区でも片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 神戸市須磨区で片付けに関してお困りの方
  2. 神戸市須磨区で遺品整理についてお悩みの場合
  3. 神戸市須磨区でリサイクルに関してお困りの方へ
  4. 神戸市須磨区でゴミ屋敷についての問題
  5. 神戸市須磨区で引越しする方へ

神戸市須磨区で片付けに関してお困りの方

神戸市須磨区で、片付けがうまくできないことでお困りはありませんか?

今、「片付けられない人」が増えているといいます。「汚部屋」というそうですが、部屋中にモノ、不用品があふれ、ゴミや埃だらけになっても特に気にすることもなく、片付けることもしないそうです。

そのゴミや不用品ばかりの状況で平気なのか、本当のところはどうなのでしょうか?ゴミや不用品がたまったら、片付けなければいけない、というのはたいていの人が持っている常識だと思われます。

でも、「汚部屋」をテレビやネットで公開して人に見てもらう、ということをする人も少なくないそうです。そこで住んでいる人が片付いていないほうがいいのなら、ゴミや不用品だらけのほうが落ち着く、というなら、それはそれでいいのかもしれないも思います。

ただ、結婚してからも、子供が生まれてからも、片付けられない、不用品やゴミをためてしまう、という奥さんがおられたとします。家の中は片付けされずごちゃごちゃ。そして、ケンカの末、離婚されてしまった、という話もあります。

また、若い女性が、彼氏が部屋に遊びに来たいと言っているけど、汚くて呼べず断っていたらフラれた、または、部屋に来たらゴミと不用品でひどい状態だったのでフラれてしまった、という話もあります。いくら本人は平気でも、不用品やゴミを片付けられないことで不幸を呼んでしますことがあるのです。

不用品やゴミのせいで、周りがその人を遠ざけるということもありますが、結局はいくら平気でも自分自身のためにならない、ということではないでしょうか。

不用品やゴミを片付けられないことを自慢のようにし、ネット上では関心をもたれ、多くの人が面白く見ているとします。でも、自分の家の中にその「汚部屋」があったら、現実的にはどうでしょうか。それは勘弁してくれ、と思う人が大多数です。他人事ならやりすごせても、家族のことであれば、大問題となってくるのです。

もし、片付けられない人、が周りにいたら、ぜひ専門業者に相談することをすすめてみてください。神戸市須磨区なら、片付けの専門業者「相場屋」が代行いたします。プロの仕事で一気に片付けることで迷いなく処分が終了します。大きな粗大ゴミの撤去、運び出し、回収を行います。汚部屋を片付けた後、必要なら清掃も行い、清潔な状態にすることも可能です。

自分一人ではなかなか決断できない、進まない状態の汚部屋でも、とりあえずご相談ください。お見積りは無料です。ゴミや不用品にかこまれた部屋や家の状態から解放されることで、きっと新しい生活が得られます。片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルに力をいれております。買取も可能です。リサイクルして得た利益はお客様に還元しております。他社と料金を比較してから決断していただいて結構です。メールでの相談も受け付けております。ぜひ片付けの専門業者「相場屋」までお知らせください。

神戸市須磨区で遺品整理についてお悩みの場合

突然の身内の方の不幸があり、悲しんでいる間もなく、ふりかかる恐れがあるのが「遺品整理」です。たとえば親が借家やアパートに住んでいた場合、いつまでも家賃を払い続けるわけにもいきませんよね。そこで、別に暮らしていた子供などが訪れると、整理されていない、モノにあふれた住まいに対面することになるパターンがあります。

遺品整理は大量のモノをどれだけ処分、廃棄できるか、ということになります。まず、廃棄するものは分別し、指定のゴミの日に収集してもらわねばなりません。毎週末、遺品整理で親の住まいを訪れ、不用品や粗大ゴミと格闘していくのはたいへんなことです。

遺品整理において、捨てきれなかったものは、引取ることになりますが、次に自分のうちがモノであふれてきます。

親との思い出や関係が深かった人ほど、遺品整理がスムーズに進まないということもあるそうです。他人なら不用品、と判断するものを思い出やうしろめたさで残してしまおうとする、という心理です。

遺品整理で体調をくずした、という話もあるくらいで、身体的にも精神的にもきつい作業のようです。ぜひ早い段階で、思い切って片付けの専門業者に依頼することをおすすめします。

片付けの専門業者「相場屋」には遺品整理士が在籍しております。遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法律の知識を、正しく身に付けています。。単に遺品を処理、片付けるということではなく、生前使われた故人の大切な品を供養する、という気持ちで向き合っております。

また、片付けの専門業者「相場屋」は買取も行っています。価値のあるものは査定し、買取価格を提示いたします。

神戸市須磨区において遺品整理について悩んでおられましたら、ぜひ遺品整理士在籍の「相場屋」までご依頼くださいませ。

神戸市須磨区でリサイクルに関してお困りの方へ

神戸市須磨区にお住まいの方で、不用品をリサイクルできないか、お考えの方はおられないでしょうか

リサイクルといえば、日々の生活からでるゴミや不用品でも実行されているはずです。ペットボトルや空き缶、古紙など、リサイクルすべきものは分別し、決まった収集日に出している方がほとんどだと思います。しかし、ペットボトルや缶だけがリサイクルできるもの、というわけではないですよね。

片付けや大掃除で出てくる使わないもの、その中で「もったいないもの」「リサイクルできるもの」があるはずです。まだまだ使えるだけでに廃棄処分できない、誰かに譲りたいけどなかなかその機会がないといった理由でリサイクルできず、持ち続けているということはないでしょうか。

もし、片付けるときに不用品を「リサイクルできる」という前提でものの処分を決定していけるとすれば、今よりもっと作業が進むのではないでしょうか。リサイクルのシステムがもっと進めば、断捨離したい、ものを減らしたい、という気持ちと「もったいない」という気持ちの葛藤で悩むことが減っていくと思われます。

リサイクルするためにはリサイクルショップへ持ち込んだり、フリーマーケットやガレージセールに参加したり、積極的な行動が必要な場合があります。神戸市須磨区でも不用品を持ってフリーマーケットに参加する若い世代がおられます。

また、不用品を知り合いに譲るのもリサイクルですが、必ずしも欲しい人に受け取ってもらえているかどうかは不明です。もしかして譲られた方は、とりあえずもらったけど、結局は不用品になり本当の意味のリサイクルになっていない、ということかもしれません。

そこでおすすめはリサイクルのために、片付けの専門業者を利用すること。大掃除の時、新年度が始まる時、連休で時間がある時、などリサイクルのために、定期的に専門業者に処分を依頼し回収してもらうのです。そうすることによって家に不用品や粗大ゴミがたまることもなく、また、運び出しや分別などに手を取られることもなくスッキリしたものの管理ができ、リサイクルにも貢献できるのです。

また、自分が捨てるときは迷いが出ることがあっても、リサイクルの専門業者に引取りに来てもらう、となると「せっかく来てもらうのだから」と、意外にも多くのものを処分する決断ができることがあります。

リサイクルに関しまして、片付けの専門業者の「相場屋」は力をいれているプロでございます。片付けの専門業者に処分を依頼しても、その先に不法投棄などに結びつくことがあればリサイクルとは反対の行動となりますよね。片付けの専門業者「相場屋」は複数のルートを確立し、リサイクルできる努力を重ねております。お客様から依頼されたものの処分は徹底して分別し、素材ごとにリサイクルしております。単に専門業者に引き取ってもらった、というよりリサイクルに貢献できた、と感じていただける作業内容でございます。

片付けの専門業者「相場屋」は買取もいたします。ご本人は不用品だから処分、と思っていても買取可能な場合があります。

リサイクルについて敏感な方はぜひ、リサイクルに力を入れております片付けの専門業者「相場屋」にご相談下さい。量の多少、大きさなどにかかわらず回収させていただけます。リサイクルに関して不安なことがありましたらまずはお電話いただき、相談くださいませ。お見積りは無料です、リサイクルについてお手伝いさせていただけることがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

神戸市須磨区でゴミ屋敷についての問題

全国の各地で問題となっていることのひとつが「ゴミ屋敷」です。神戸市須磨区においても、住人がいてものを捨てられないゴミ屋敷もあり、住んでいた時のままの状態で放置されている空き家のゴミ屋敷もあります。

近所にゴミ屋敷があれば大変な迷惑です。ゴミ屋敷から発生する悪臭や害虫などは毎日の生活を脅かします。ゴミ屋敷があることで火事や放火、防災、防犯、家屋の倒壊などの安全上の問題がじわじわと大きくなってきます。また、ゴミ屋敷の問題は自治体や法律などさまざまな関連により、解決が難しいとされます。

テレビで紹介されているゴミ屋敷を見ても他人事のような感覚になります。しかし、自分たちの親や親類の家をゴミ屋敷にしない、という意識は大切です。メディアで紹介されるほどではなく、外見は普通の家で、中が不用品だらけのゴミ屋敷状態、という方が多いのかもしれません。

物が少ない時代を生きてこられた世代にとってはどんなものも捨ててはもったいない、という気持ちがあるそうです。買い物に行きづらいのでストックを多めに持ちがちです。過去の品物をずっと押し入れにしまい続けて処分できずに家の中の収納場所にものがパンパンに詰められている、ということは珍しくありません。ゴミ屋敷というほどでなくても、だんだん生活の導線を不自由にするくらいの物量になることもあります。

親子が同居していれば、ゴミ屋敷になることはないでしょう。神戸市須磨区に親子が近居世帯として住んでいる場合、互いの様子はよく知ることができます。でも、子供がいなくなって、高齢化で片付けの能力や判断力も低下してきた親世代にとっては、ちょっとした整理や片付けが大変な重労働となっているかもしれません。ましてや粗大ゴミなどの回収は難しいことになってきます。大きなタンスは不要だとわかっていても撤去や運び出しが不可能となっているのです。ゴミ屋敷にしたいわけでなく、不自由さを積み重ねてきた習慣の結果です。

ゴミ屋敷に住んでいることで、体調が悪くなることもあるそうです。ゴミ屋敷の不用品・粗大ゴミを片付けて住みやすい環境に変えたとたん、元気が出てきた、ということもあるそうです。ゴミ屋敷を片付けるにあたって、親は捨ててほしくない、大事なものを処分するな、ともちろん反対することになるでしょう。ゴミ屋敷に住んでいる、という自覚はなく、単に大切なものを持ち続けているという当然の心理です。実際、ゴミ屋敷だから、と、一方的に要不要を判断し、許可を得ずに処分すればケンカになります。でも、不用心で危険であること、身体や安全のため、ということを強調し、親のために片付けるのだ、ゴミ屋敷から住みよい家に帰る手伝いをさせて、という気持ちを伝えていけば、ゴミ屋敷も少しずつ改善できるのではないでしょうか。

確かにゴミ屋敷となった親の家の片付けは大変かもしれません。でも、将来を考えた時、遺品整理としていつか誰かがそのゴミ屋敷の不用品・粗大ゴミを片付けなければいけないのです。亡くなってからだと、コミュニケーションをとることができません。そうすると遺されたゴミ屋敷を前にただ単に処分するしかなく、気持ち的にも後悔することがあるそうです。また、ゴミ屋敷となった家の処分はたいへんな労力を要します。たとえたとえ、ゴミ屋敷が綺麗に片付けられたとしても問題があるのです。ゴミ屋敷になり年月が経過し、ゴミや不用品を放置した結果、傷みがすすみ、家としての価値が下がっていることもあるかもしれません。一度、近隣でゴミ屋敷だという評判が経つとなかなか信頼してもらえないかもしれないのです。

親がまだ元気なうちにゴミ屋敷にならないよう、コミュニケーションをとることが重要といいます。このままではゴミ屋敷になる、片付けが苦手になってきたな、と気が付いた時点で、一緒に整理をして互いに安心できる環境を作るのがよいでしょう。

ゴミ屋敷は、はじめはちょっとしたきっかけ、少量の不要品がたまることから始まっているのかもしれません。しかし、ゴミ屋敷の中のたくさんたまってしまったゴミや不用品は多くの時間と手間をかけないと処分できないのです。

もし、個人の手に負えない、どうやってゴミ屋敷の解決をしたらいいかわからない、ということがありましたら、「相場屋」にご相談ください。「相場屋」は片付けの専門業者、ゴミ屋敷のプロです。ゴミ屋敷の片付けにも多くの実績があります。今まで何軒ものゴミ屋敷の処理を行ってまいりました。粗大ゴミ・不用品の撤去や運び出しもすべておまかせいただけます。ご要望により、片付け後の清掃も行います。どんなにひどい状態のゴミ屋敷でも、ゴミ屋敷というほどではないが、手伝いをしてほしい、という方のご相談にものることができます。

プロの片付け業者「相場屋」は買取もいたしております。価値のあるものは査定し、買取いたします。料金から買取金額は差し引くことができるので、お客様には片付けと売却が同時にできたと、ご好評をいただいています。ちょっとした片付けから、一軒家まるごとのゴミ屋敷に関しましてもお見積りは無料です。神戸市須磨区でゴミ屋敷や親の家の片付けで気になることがありましたら、片付けの専門業者「相場屋」にご一報ください。

神戸市須磨区で引越しする方へ

神戸市須磨区から引越しすることが決まった、または、須磨区に引越してくる、という方、何かお困りはありませんか?個人の住宅の引越しだけでなく、店舗や会社、事務所の引越し移転など、さまざまなパターンがあります。

引越しには引越し業者を利用される方が多いですよね。でも、引越しに際して、大変なのは荷物を詰めるまでと、引越し先で詰めた荷物を出して配置させていくこと、です。引越しまでに時間がないのでついつい不用品も荷詰めしてしまったり、引越し先でも不用品が段ボールに入ったまま、長期間置かれている、ということになります。

どんな場合の引越しでもまったく同じ家や店、会社の状態に引越しするということはないと思います。一軒家からマンションへの引越し、またはマンションから一軒家への引越し、などと異なることもあります。同じような住宅や店舗でも、間取りや収納が違ってくるでしょうし、もしかして引越しの際に家族が増減する状況かもしれません。すると、ある程度の不用品、家財の整理、処分はどうしても発生します。

たとえ、引越し先が現況より広い場合であっても、今のおうちやお店で使っていたものを処分して新しくする、ということもあるでしょう。

そういった理由で、引越しには不用品、粗大ゴミ、残置物、廃棄物が発生することは当然です。家財は引越しをきっかけに買い替えることが多いのです。また、かかえていた不用品、粗大ゴミも引越しをきっかけに廃棄処分することが適切です。

粗大ゴミや不用品などは神戸市須磨区のゴミ出しのルールに従う必要があります。ただし、忙しい引越しまでの期間、なかなか思うように粗大ゴミや不用品の回収日に合わせられないかもしれません。

神戸市須磨区にある店舗や会社、オフィスの引越しも業務に追われ、不用品やゴミの片付けまで手が回らないかもしれません。産業廃棄物や残置物の処分、回収に関して、どうしたらいいか頭を悩ます場合もあるかと思います。

引越しや移転のお手伝いには「相場屋」をご利用ください。時間のない引越しで出た家庭の不用品も回収できます。お急ぎであれば当日の回収も可能です。また、片付けの専門業者「相場屋」は会社や店舗などの産業廃棄物や残置物の撤去、回収、処分を安心しておまかせいただけます。神戸市須磨区のお引越しは、プロの片付け業者「相場屋」にぜひご相談くださいませ。

地域ブログ» MORE

対応地域