神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

三木市の不用品・片付け・ごみ処分について

三木市(みきし)は、兵庫県の南部、東播磨地方で神戸市の北側、東経135度線の日本標準時子午線上に位置しています。旧美嚢郡で2005年には吉川町と合併しました。交通は神戸電鉄の駅が市内に「緑が丘」「広野ゴルフ場前」「志染」「恵比須」「上の丸」「三木」「大村」と7か所あります。高速道路が4路線(ジャンクションが2か所)、国道が2路線通っています。路線バスは神姫バスによって運行されています。人口は約7万6千人、面積約176平方kmの市です。そんな三木市を次のように紹介していきましょう。

  1. 三木市ってどんなところ?
  2. 三木市の生活環境や制度は?
  3. 三木市のゴミ取組について
  4. まとめ

三木市ってどんなところ?

かつては、三木城を中心に城下町がにぎわっていました。戦国時代には三木合戦の戦地となり、その後江戸時代からは金物の生産地となり、「金物のまち三木」と、主な産業として発展してきました。

また酒米である「山田錦」の一大産地となっており、ブドウやイチゴの栽培もさかんです。

1970年代以降は神戸のベッドタウンとして住宅地開発が始まり、神戸電鉄の北側に住宅街が建設されました。

また、西日本一ののゴルフ場数を誇り、森林公園、防災公園など公園都市でもあります。三木工場公園、ひょうご情報公園都市最近では旧グリーンピア三木からされた「ネスタリゾート神戸」というリゾート施設もオープンしています。

三木市の生活環境や制度は?

28年度からは、中学3年生までの医療費が無料、平成保育所、幼稚園の保育料の負担を50%軽減しています。幼稚園では給食費も50%軽減されています。

1990年代をピークに以降人口の増加が止まり、減少傾向が続いています。かつて都市部より移り住んできたニュータウン世代が高齢となり、緑が丘地域などが典型的な郊外都市となっています。

三木市のゴミ取組について

三木市ではゴミの分別は「可燃ゴミ」「あらごみ」「埋立ゴミ」「資源ゴミ(プラスチック・ペットボトル・飲料用 紙パック・古紙・空きびん・小型家電)」になっています。

また、市で収集できないゴミとして、「収集困難ゴミ(スプリング入りマットレス・大型家具・畳・物干し台・マッサージチェア)」「一時多量ゴミ(引越しなどによりまとまって出るゴミ・多量の庭木のせん定枝)」

そして、市でも収集・処理もできないゴミとしては「分別できていないごみ」「木くず(太さ30cm以上、アガサ1.8m以上)」「家電リサイクル法対象品」「処理困難ゴミ(自動車および自動車部品、タイヤ、バッテリー、オートバイ、消火器、農機具、ピアノ、塗料、電気温水器、シニアカー)」「危険・有害ごみ(廃油、プロパンボンベ、農薬、ボタン型電池、充電式電池)」「産業廃棄物」があります。

三木市では平成28年9月から、スマホでダウンロードして使える「三木市ごみ分別アプリ」を配信しています。

このアプリでは、ゴミの出し方やごみ分別辞典を見ることができます。さらに、自分の地域を設定しておけばゴミの出し忘れを防ぐ「アラート機能」も使えるそうです。これは例えばゴミの日の当日7時にアラーム音が鳴り、忘れないように教えてくれる、という機能です。前日や当日の好きな時間に設定できるようになっています。

また、高齢者・障がい者の方の過程を訪問してごみを収集する「ふれあい収集」を実施しています。対象者となれば、玄関前まで訪問し、収集してくれるそうです。それだけでなく、希望すれば、声掛けで安否確認をしてくれ、何かあれば緊急連絡先への確認もしてくれるとのこと、本人も周りにとっても助かる制度ですね。

まとめ

いかがでしょうか?三木市ってどういうところかがおわかりいただけたでしょうか?

過去には金物のまちとして栄えた三木の町も、高齢化や人口の減少の問題がじわじわとせまってきています。

そこで、移住を促進し、子育て家庭への負担を軽減するさまざまな制度が充実してきています。ゴミアプリなどの新しい取組、分別を徹底していくことで、リサイクルを推進しています。高齢者に対しても、いろいろな助け合いの仕組みを整備してきています。将来の三木市の発展に期待したいですね。

三木市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

三木市にお住まいの方、または実家が三木市にある、という方へぜひお知らせしたいことがあります。お宅の片付けやゴミの問題で悩んではおられませんか?または三木市において店舗や会社をお持ちである、という方も、片付けやゴミの処理、廃棄物の問題でお困りはありませんでしょうか?

粗大ゴミや不用品が家の中に残ったままで、気になるけどずっと放置している、という方は案外多いようです。いつか片付けてリサイクルショップにでも持っていきたい、という気持ちはあるけど、そのいつかが保留のままであるわけです。そうするといつまでもゴミをかかえたままになるので家も心もすっきりしません。

また、実家が三木市にあるのだけど、空き家のままで手がつけられていない、ということもあるでしょう。また、ご両親が亡くなられ、遺品整理も片付けもしなければならない、という問題も出てくることでしょう。

三木市のように、ベッドタウンとしてかつて若い世代が移り住み、神戸まで通勤し、そして退職していくという典型的なパターンを持っている都市には、家の片付けや空き家の問題が必ずついてくるものです。

三木市のゴミのルールに従って不用品や粗大ゴミを処理したいけど、自分ひとりでは処理する力がない、という場合もあるかもしれません。

そういった様々な片付けやゴミの問題で困ったことがあるときは、ぜひ片付けの専門業者にご相談ください。専門業者なら、あらゆる事例を経験し、その豊富な経験をもとに迅速に処理を行うことができます。

三木市では片付けの専門業者は「相場屋」が便利です。

「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収、リサイクルなどを手際良く代行し、お悩みを解決いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは、どういう時に専門業者がお役にたてるか、具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 三木市で粗大ゴミにお悩みの方へ
  2. 三木市で遺品整理に悩んでいる、という場合
  3. 三木市でゴミ屋敷にお悩みの方
  4. 三木市で引越しがきまった場合
  5. 三木市でリサイクルについてお考えの方へ
  6. 三木市で買取のご希望がある方へ

三木市で粗大ゴミにお悩みの方へ

三木市に住んでいて、粗大ゴミの処理、片付けにお悩みの方はおられないでしょうか?たとえば、子供が生まれ、遊具や自転車、おもちゃや教材など成長に合わせて買ったり、買い替えたりしているものがあると思います。そして、大きくなるにつれ、使わなくなるものも増えてきます。それがたまってきて、粗大ゴミとなっている、ということです。

また、三木市では稲作、農業をしている方も多いのですが、その用具や機械も不要になっているが捨てられない、粗大ゴミになっている、ということもあるでしょう。片付けたいけど放置したままということがありがちです。

そのような「粗大ゴミが捨てられなくて置きっぱなし」「倉庫や納屋が粗大ゴミで占められている」という状態は長く続けると、スペースの無駄となるのではないでしょうか。

いつか使うかも、誰かが使うかも、どこかに売れるかも、、、、と思っていても実際はどうでしょうか?どれも、現実的ではないことに気が付くのではないでしょうか?

不用品となった場合は、すぐにほかの人に譲る、リサイクルショップに売る、などと行動しないことには、価値がなくなってしまうのです。

そこでたくさんたまった粗大ゴミの処分ですが、できれば一気に片づけをすませたいところです。自分でやるとなると、ゴミのルールを守る、ゴミ捨て場に置いていいのか、自分で持ち込むかなど、さまざまなことを調べて行かなければいけません。

そこで、片付けの専門業者に相談なさることをおすすめいたします。片付けの専門業者「相場屋」なら、まずお電話いただき、粗大ごみの内容、数、などから無料のお見積りを出させていただきます。概算になりますが、お忙しい方は電話でもお見積りはいたします。

相談は無料ですのでぜひ現状をお知らせいただければ、粗大ゴミのお悩みの解決につながるのではないでしょうか?ぜひ片付けの専門業者「相場屋」までご一報くださいませ

三木市で遺品整理に悩んでいる、という場合

ご両親や身内の方が亡くなり、三木市のお宅を片付けなければいけなくなった、という話をよく聞きます。また、家の中が住んでいた時のままなので、大事なものがあるのか、ないのか、どんなものがあるのか不明で困っている、ということもあります。

生前整理、断捨離などという考え方が広まってきたとはいえ、実際にすべてを整理して亡くなる、ということは、なかなかないでしょう。片付けには手間も労力も要するからです。

生前整理は時間や気持ちに余裕がある時にするものと言えます。でも、遺品整理はどうでしょうか。遺品整理は急なご不幸のあとであらゆる手続きに追われている時に、さらに同じ人にふりかかってくるかもしれません。時間をかけてゆっくり片付け、いう状況で行えないかもしれません。借家だと家の引き渡し期限があるかもしれません。そうでなくても、いつまでも放っておき片付けないと、相続の手続きや次の使い道などに影響が出るかもしれないのです。

どちらにしろ、遺品整理はひとりでするには荷が重い作業です。片付けるためにまず、必要なもの、不用なものに分けます。不用なものはゴミとなりますが、そのまま何でも処分するわけにはいかず、分別が必要です。粗大ゴミとして処分するものは三木市のルールに従います。

また、価値のあるものは勝手に片付けて処分できないので、鑑定してもらい相続人で話し合って処理しなければいけないかもしれません。買取をしてもらう鑑定士を探したりリサイクルショップへ行ったりするのも手間ですよね。

以上のようなところが、遺品整理は普通の片付けと違うところです。一人の意志では処分できないこともあり、また一人の能力では片付けきれないことが多々あるのです。

そんな時は片付けの専門業者にご相談ください。片付けの専門業者「相場屋」は、遺品整理にも経験が豊富です。

相場屋には公認の遺品整理士が在籍しております。大事な家財を安心してお任せいただいています。事前にお知らせいただいたもの、また重要な書類など、片付けの途中で見つかれば、必ずお渡しいたします。

「相場屋」は三木市でもさまざまな遺品整理のお手伝いをさせていただいてきました。まずはお見積りをさせていただきますので、お困りの内容や遺品整理の細かいご希望などをお聞かせいただきたいと思います。

三木市でゴミ屋敷にお悩みの方

ゴミ屋敷といえば、テレビなどで紹介されている衝撃的な映像を想像する人も多いと思います。生活から出たゴミを片付け、処分しないだけでなく、外から不用品や粗大ゴミを収集してくる、という事例も見たことがありますよね。

その家だけでなく、近所に大きな迷惑をかけて行政が介入する、ということも昨今はあるようです。

そこまでの大きな事例でなくても、ゴミ屋敷は存在します。故意にゴミを集めているわけではなく、「片付ける能力がない・力が落ちてきた」という場合です。片付けられない結果、ゴミ屋敷になってしまうのです。

一説によると、年をとるにつれ、「片付ける」能力は落ちてくるといいます。まず、不用品かどうかを判断する力が弱まり、なんでもとっておく、という状態です。それでなくても、高齢者は「もったいない」という気持ちが強く、若い世代の片付ける感覚と合わないことがあるようです。

たとえ、不用品だと判断できても、それをゴミ出しするまでの能力が弱まることもあるそうです。若い人にはなんということもない、分別や曜日に分かれたゴミ出し、高齢者にとっては面倒で手間のかかる複雑な作業と感じることもあります。

三木市では「ふれあい収集」の制度があり、高齢者から要望があれば、戸別に収集してくれます。でも、片付けて玄関先まで持っていく作業は自身でしなければいけません。

ですから、戸別収集の段階までたどり着かない場合は、ゴミや不用品がたまり、ゴミ屋敷といえる状況になる可能性があるのです

もし、三木市で身内の方がゴミをためてしまって、自分で片付けや処分しきれず「ゴミ屋敷」となっていたら、どうしたらよいのでしょうか?

一気に片付けないと新しいゴミがどんどんたまる一方かもしれません。そんな時はぜひ片付けの専門業者「相場屋」に依頼ください。三木市の「相場屋」ですと、ゴミ屋敷の片付けの経験が豊富なので安心しておまかせいただけます。

三木市で引越しが決まった場合

引越しが急に決まって、片付ける時間がとれない、ということはありませんか?

三木市で長年住んでいたけど、引越しすることになり、期日までのスケジュールが迫っている場合、困る方がとても多いようです。

引越しの業者は決まったとしても、必要なものと不用品を判断し、不用品は処分しておかなければなりません。引越しをきっかけにして、いろいろなものを新しく買い替える方も多いといいます。古い家電や収納など、大型ゴミ、粗大ゴミが出てくることもあります。

引越し先にそのような粗大ゴミ、不用品を持っていくわけにはいきません。引越し業者の見積もりをしてもらう時にはなるべく量が少ないほうが安価になる、ということもあります。

また、引越しというイベントでもなければ、なかなか使わない不用品を処分する、という行動に出られないというのもよくあることです。

そこで時間のない、人手をかけられない、という方におすすめなのが片付けの専門業者に依頼するということです。専門業者にまかせれば不用品やゴミの分別はしなくていいですし、収集可能なのか、そして収集日はいつなのか、などという手間がはぶけます。

また、指示していただければおうちから運び出すところから作業します。必要なものと不要なものを判断しておいていただければ、あとの運び出しや回収、処分はおまかせできます。すっきり片付いて、引越し先に持っていくものだけ残る、ということです。

そんな片付けの専門業者、いったいどこに依頼すればよいのでしょうか?三木市で片付けの専門業者といえば「相場屋」がおすすめです

片付けの専門業者「相場屋」ですと、引越しで出た不用品をそのまま処分するということはありません。環境に配慮し、粗大ゴミや使えない家電製品でも素材ごとに分別し、原料としてリサイクルしております。そうすることで、処分費用をおさえております。お客様への料金に還元していくために努力している業者なんです。

また、引越し先には持っていかないけど、まだ使える、価値のあるものがあれば、相談ください。「相場屋」ですと、価値があると判断すれば、買取もいたしております。

三木市の片付け専門業者「相場屋」。引越しが決まりましたら、まずは無料のお見積りから依頼ください。

三木市でリサイクルについてお考えの方へ

リサイクルといえば、身近なのがゴミにおける「資源ゴミ」です。ペットボトルや空き缶、新聞紙などの古紙類を燃やすゴミにしている人は今や減って来ていて、リサイクルの意識は高まってきているはずです。

それは子供のころからあたりまえの習慣になっています。たとえば、三木市では幼稚園で給食の牛乳パックを洗い、折りたたむという作業を自分でしています。リサイクルは学校教育の一環として取り入れられています。どのように回収されてきて、リサイクルするものはどうなるか、三木市の清掃センターに見学に行く、などという授業もあるようです。

小さいころからリサイクルすることが当たり前という意識が植えつけられると、どのようなことが起こるでしょうか。将来、三木市から引越して他のまちで暮らしても「分別して当たり前」という精神、リサイクル精神がしみこんでいるはずです。すこし分別のルールが違ったとしても、とまどうことはないでしょう。

また、三木市では平成25年度から「小型家電リサイクル」実証事業に取り組んでいるそうです。自宅で使っていたパソコンは三木市清掃センターに搬入すれば、小型家電として回収してくれます。また市役所、各公民館にも小型家電の回収ボックスを設置しているそうです。このようなリサイクルへの取り組みは助かりますね。

同様に小型家電として回収ボックスに入れられるものとしては「携帯電話」「デジタルカメラ」「ビデオカメラ」「CDプレーヤー」「携帯ラジオ」「ICレコーダー」「電子辞書」「電卓」「携帯ゲーム」「ゲーム機」などがあります。

ただし、会社等で使っていたパソコンは産業廃棄物になります。清掃センターへの持ち込みや小型家電回収ボックスは利用できません。

それでも、三木市においてリサイクルにお困りのことがありましたら、専門業者にご相談ください。三木市の片付けの専門業者「相場屋」でしたら、個人では解決できないリサイクルに関するお悩みにおこたえしていきます。

三木市で買取のご希望がある方へ

三木市で古いおうち、旧家にお住まいの方、先祖から伝わる価値があると思われる家財や道具などをお持ちかもしれません。

そういう品物は、買取してもらって、換金した場合、どれくらいの価値があるものなのでしょうか?また、どういうところへ買取の依頼をしたらいいかわからないものですよね。

信頼できるところでないと、損をしてしまう心配があります。また、買取してほしいと考えていても、意外に価値がない場合、不用品として処分することになるかもしれません。

そういった買取のご希望、査定のご依頼はぜひ、片付けの専門業者「相場屋」にご相談ください。三木市でも買取のご希望があれば、伺って見積もりをさせていただきます。買取のお見積りは無料です。

結果、買取不能であっても、不用品として有料回収させていただきます。お金を支払うことになっても、いつまでも価値の少ないものをかかえて暮らすことより片付くことが良いことだ、と考えてはいかがでしょうか。不用品を処分して、新しいスペースを作ることができるので、家のなかの不用品を一気に片付けたい、という方はまとめて見積もりのご依頼いただくとよろしいかと思います。ぜひ三木市で買取してほしいものがありましたら、片付けの専門業者「相場屋」までお知らせください。

地域ブログ» MORE

対応地域