神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

西脇市の不用品・片付け・ごみ処分について

西脇市(にしわきし)は兵庫県の中央に位置します。東経135°、北緯35°線が交差している位置にあるので、日本の中心地点と言われ、「日本のへそ」としてアピールしているまちです。

3つの河川(加古川、杉原川、野間川)を持つことから水資源には恵まれてきました。それにより、「播州織」で有名です。播州織は200年以上の歴史を持っていて、現在でも国内の先染織物では70%以上のシェアを持っています。

人口は約4万人、面積は132平方kmです。鉄道はJRで西脇市駅- 新西脇駅 – 比延駅 – 日本へそ公園駅 – 黒田庄駅 – 本黒田駅 – 船町口駅となっています。バスもあり、高速バスなら新大阪まで83分で行けるそうです。

そんな西脇市を紹介していきましょう。

  1. 西脇市ってどんなところ?
  2. 西脇市の生活環境や制度は?
  3. 西脇市のゴミ取組について
  4. まとめ

西脇市ってどんなところ?

西脇市は兵庫県の中央に位置します。人口は約4万人、面積は約132平方km。東経135度線と北緯35度線が交差していることにより日本列島の中心点になるといえます。そこで西脇市は「日本のへそ」というアピールをしています。JR加古川線にも「日本へそ公園駅」があります。河川に恵まれ、加古川、杉原川、野間川の3つにより、水の資源が豊富なことから「播州織」という織物でまちが栄えました。

西脇市出身の芸術家に横尾忠則氏がいます。西脇市は独自の地形から「Y字路」が多く、横尾氏にその作品を数多く生み出させています。

鉄道はJR加古川線、中心となる西脇市駅をはじめ、7つの駅があります。加古川からは50分。大阪や神戸とはバスで乗り換えなしで移動できます。

西脇市の生活環境や制度は?

西脇市では豊かな自然と便利さが共存しています。図書館、科学館や美術館、体験施設が充実しています。

西脇市ではこども(中学3年生まで)の医療費が無料です。平成29年度からは4歳、5歳児の幼稚園、こども園の保育料が無償化となりました。

高齢者の在宅生活を支援するサービスも充実しています。たとえば「あんしんコールセンターサービス事業」。これは疾病の不安をお持ちの方に「緊急通報装置」を貸し出すというもの。ボタンを押すとコールセンターにつながります。「にしわき安心ボトル」。これは家族が不在で救急車を呼んだときに、隊員に必要な情報を伝えることができる仕組みです。書類に医者や病気、投薬や連絡先の情報を記入して、専用ボトルに入れて冷蔵庫に保管するということです。 高齢者大学も3か所あり、元気な高齢者も一人暮らしなどで不安な高齢者もさまざまなサービスを受けることができます。

西脇市のゴミ取組について

西脇市のゴミ処理は西脇市富吉南町の「北播磨清掃事務組合みどり園」が行っています。みどり園は西脇市、加東市、多可町のゴミを処理しています。

西脇市ではゴミステーションに出せるごみは大きくわけて2通り。可燃ごみステーションには「燃えるごみ」「容器包装プラ」「ペットボトル」を。不燃ごみステーションには、「びん」とガラス食器や蛍光灯、せともの、乾電池などの「その他の不燃物類」を出します。

「みどり園」の施設内には「リサイクルプラザ」があります。リサイクルプラザにはリサイクルに関するさまざまな施設があります。「再生処理ルーム」(家具類をリサイクル修理し、抽選販売)・「Rショップ」(リサイクル衣服や古本の販売)・「体験ルーム」(使用済み廃食油や牛乳パックから石鹸や箸置きを作りリサイクルする体験)。ほかにも「研修ルーム」(ゴミ博士のリサイクル講座、研修会の開催)・「学習ルーム」(さわって楽しんで学ぶリサイクルゲームなど)・「映像ルーム」(ごみリサイクル関係のビデオ映画を放映)と、リサイクルについて楽しみながら学べる仕組みとなっています。

リサイクル運動が推進されてきた2017年となった今も、買い物でレジ袋を当然のようにもらう、という人がみられます。一人が一年に使うのは300枚ともいわれています。西脇市の人口は4万人です。換算するとドラム缶1043本の原油に相当するそうです。レジ袋をもらわないことでゴミを減らすことができます。西脇市でもリサイクルの推進とゴミの減量のため、マイバッグ持参運動に積極的に取り組んでいます。コープこうべと西脇市が平成19年に協定を結び、レジ袋を有料化身近なリサイクル活動が続いています。

まとめ

いかがでしょうか?兵庫県の西脇市は、播州織で有名で、自然にも恵まれたまちですね。教育施設や福祉も充実しています。「ちょうどいい田舎」と称して移住者も募集しています。茜が丘分譲宅地という新しいまちはスーパーや施設が近く人気のようです。ゴミ処理施設にもリサイクルプラザがあり、リサイクルの啓発、環境教育の一環を担っています。

「西脇プライド」と定義し、住民に愛着や誇りを持ってもらうよう、元気なまちづくりをおこなっています。これからの西脇市のまちづくり施策に期待したいですね。

西脇市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

西脇市ではリサイクルプラザがあり、リサイクルについて関心が高まるような仕組みができています。不用品をどう活かすか、リサイクル品の販売をすることで実感し、学べるのは素晴らしいことです。

しかし、日常生活の中で出てくるさまざまな困りごと、ゴミや不用品に関するお悩みはあるのではないでしょうか。粗大ゴミがなかなか処分できない、リサイクルしたい、リサイクルしなければいけないのはわかっているが、なかなかできない、などです。また、不用品ではあるが、価値があると思われるので、単に廃棄処分はしたくない、できれば買取してほしい、ということ。

西脇市に実家があり、高齢の親が住んでいる、という場合、ご心配事があるかもしれません。西脇市のゴミ出しのルールがわからず、また分別もしづらいなどの理由で、家にゴミがたまってきているかもしれません。年齢とともに片付けがうまくできず、また、モノが捨てられないので、安全や衛生上のことも心配される子どもの方からのお悩み

また、店舗の引っ越しや会社や事務所の移転に伴うゴミの廃棄、産業廃棄物の処理について困っている、改善したい、という声もあります。

不動産を管理していおられる方からは残置物にお困りだという話があります。身内のゴミ屋敷、汚屋敷、汚部屋が解決せず困っているということ。

以上のようなお困りごとに対応する、さまざまなサービス、業者の情報は西脇市にもあります。しかし、本当に安心してゴミの処理や片付けを依頼できるところはどこだろうか、と不安になり決めかねておられる場合も多くあるでしょう。片付けの専門業者「相場屋」は、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収、産廃、などを代行してお悩みの解決をさせていただいています。兵庫県を中心として片付けの専門会社として実績を積んでおり、お客様にもご好評をいただいております。

不用品、ゴミ、産業廃棄物にお困りがありましたらぜひお任せいただきたいと思います。それでは具体的にさまざまな事例を紹介していきましょう。

目次

  1. 西脇市で不用品の片付け、処分に困っている方へ
  2. 西脇市で遺品整理を代行してほしいという方
  3. 西脇市でリサイクル法について知る
  4. 西脇市で引越しの片付けにお困りの方
  5. 西脇市でゴミ屋敷にお悩みの方

西脇市で不用品の片付け、処分に困っている方へ

西脇市にお住いの方で、不用品の処分についてお悩みを持っている方はおられないですか?不用品といっても、どこまでが「要らないもの」と判断できるのでしょう。捨てていない、捨てられないという状況であるとするとその本当の理由はどのようなものなのでしょうか。いつか使うだろう、だから捨てないでおいておく、という理由が意外と多いと思われます。また、不用品なのはわかっているけど、思い出や価値があるものなので捨てられない、ということです。そのような品物はどこの家に必ずあるはずです。

断捨離、ミニマリストなどという、不用品を処分して最小限のモノで生活する、という考え方も広がってきました。女性向けの雑誌には多くの割合で片付けに関する記事が掲載されています。

不用品は必ず廃棄処分しなければいけない、ということはないはずです。モノや思い出を大切にすることは大事なことです。無理をして不用品だと切り捨てる必要もないはずです。

しかし、家族の人数が増減するというような生活の変化があったときはモノもある程度整理する必要があるのではないでしょうか。結婚した、子供が増えた、子供が独立して部屋が空いた、親の介護が始まり、家で世話をする、または施設でくらすことになった、などの節目です。さらに遺品整理をする立場に突然立たされることもあり得ます。また、自分自身も、高齢になるにつれ、片付けが億劫になり、不用品をどうにかしたい、と感じる節目がくるかもしれません。老前整理、生前整理などがキーワードとして取り上げられているのも、不用品に困っている、家の片付けをしたい、という人が多くいることの表れかもしれません。

要らないものと判断し、その不用品を処分する決断には時間がかかる方もおられます。不用品や粗大ゴミ、リサイクルごみを処分し、片付けをしてすっきりした家で暮らしたい、とは思うものの、その作業はなかなか進まないものです。

このように、片付けや不用品に関してのお困りの場合は、ぜひ専門業者にご相談ください。不用品くらいのことで、業者に依頼するのはちょっと不安、というお気持ちがあるかもしれません。残念ながら、最近は悪徳な業者が存在するのも事実です。片付けをしたあと、法外な料金を請求する、引き取った不用品を不法投棄する、などという事例もあります。しかし、そのような会社ばかりではございません。片付けの相場屋は、お見積りを無料でさせていただき、そこからは回収する荷物の追加がない限り、いただく料金が増えることは決してございません。お見積りに伺って、売却したいものがありましたら、買取もいたします。なかなか手放せなかった不用品であっても、買取してもらえる、となると、納得して処分するというお気持ちになることもあるようです。また、業者に不用品処分の見積もりをしてもらう、ということで、この際だからと不用品をまとめて処分する決心をつけることができる方もおられます。

片付けの専門業者「相場屋」は不用品や粗大ゴミに関するお悩みを解決いたします。料金につきましても、まずはお電話いただきご相談いただければお客様に合ったプランを提案いたします。お見積りに伺い、さらに納得のいくご説明もいたします。それでもお悩みでしたら、他社で不用品片付けの見積もりをとっていただき、比較していただいてかまいません。納得いただきましたら、不用品や粗大ゴミの片付け作業の日程をご相談させていただきます。不用品の片付けにお困りでしたら、西脇市でも実績のある相場屋までご依頼ください。

西脇市で遺品整理を代行してほしいという方

西脇市にお住いの方、遺品整理が進まないということはありませんか?遺品整理は突然にふりかかってくるものです。準備してある程度整理して暮らしている方もおられますが、高齢者にとってモノを減らして整理する、ということは簡単なことではないようです。

住んでいた方が生活していたそのままの状態で亡くなられた、というようなケースは、遺品整理が困難になりがちです。年配の方の中には日用品を過剰にストックしているということがよくみられます。自分の子供や身内が遺品整理で苦労する、などとは想像していおられないでしょう。モノがない時代を生きてこられ、どんなものでも捨てずに置いておく、という方も少なくありません。不用品となった家族の家財やポケットティッシュ、景品やギフト商品など、いつか使うはずだからと長年ためていることがあります。

遺品整理をする際になり、初めて実家がそのような状態であることを知った、ということも珍しくありません。できれば、生前に家の中の片付けを手伝い、すっきりした環境で生活してもらいたかった、と後悔されることもあるようです。反面、生前に一緒に整理、片付け、処分をしようとすると、意見があわずケンカになった、ということもあるようです。しかし、それも含めて対話する、ということはマイナスではありません。遺品整理になってからは対話はできず、親の遺志は確認できていないことがあります。遺品整理をすることになるかも、と多少でも感じられるようになったら、片付けをしながら、思い出を話し合うことをしてみましょう。価値のあるものや絶対に残したいものなども知ることができ、遺品整理になったときに、役に立つかもしれません。

高齢者の方の家の中がモノであふれていると、生活しにくいだけでなく、安全上の不安も生じます。また、現代では詐欺まがいの業者や、電話がかかって被害にある、というケースも増えています。金銭の管理はもちろん、片付けができているか、日用品の管理ができているかということは重要なことでありながら、親となかなか話せない、という現実があるかもしれません。しかし、高齢でなくても、突然のケガや病気に襲われることはあり得ます。実家が気になる、という方は遺品整理とは関係なく、モノの管理や整理ができているかもチェックしておくべきかもしれませんね。

遺品整理になってからでは遅い、自分の時は遺品整理の負担を負わせたくない、という方もあります。できればモノは減らしてすっきり暮らし、自分の子供が遺品整理に追われないようにしたいものです。それゆえに老前整理、生前整理、という考え方も共感を呼んでいるのでしょう。

日用品などのストックを遺品整理において廃棄することは難しくないかもしれません。引取る人がいればベストですし、不用品ならゴミとしても処分しやすいものです。

しかし、遺品整理はそのような日用品のほかに、価値のある貴重品や思い出の品があります。これらをよりわける作業が発生することで遺品整理は複雑となってしまいます。遺品整理の作業の中でも、思い出があり捨てられない、他の遺族とのすりあわせが必要となる、という事態が起こります。遺品整理で見つかった貴重品が価値あるものなら、査定してもらってから処分を決めることになります。遺品整理の中でも捨てるに捨てられないもの、これが作業を長引かせるのです。

遺品整理をする方が、西脇市の実家の近郊に住んでいたとしても大変な作業となります。ましてや遠方から週末に西脇市に通っておこなう、となるとその遺品整理の負担は、想像をこえたものとなるでしょう。遺品整理をすることで体調を崩してしまった、という方がおられます。遺品整理における処分の仕方でモメ事となってしまった、という方もおられるくらいです。遺品整理をひとりで担っている場合は、長々と続いてしまい、精神的にも負担となるようです。遺品整理をするという場合は本当に一人でできるのか、時間をどれくらいとることができるかは考慮しておくべきです。

遺品整理は多くの労力と時間、そして精神的な負担がかかります。借家の場合は、引き渡しの期日があることもあり、期限が迫る中での作業となります。それに対して、持ち家であった場合、その後空き家になるようならばついつい遺品整理を後回しにしがちです。しかし、長い間空き家として放置することでさまざまな弊害が出てしまいます。遺品整理と同時に家の処分を決め、一気に財産の問題を片付けておくべきだといわれています。遺品整理の流れの中で、どうしても売却できないような場合でも家財は片付け、清潔で安全な状態にしておきましょう。遺品整理を早く済ますことで、不動産としての価値もキープできるのではないでしょうか。

負担の大きい遺品整理、これは専門業者の力を借りることも考慮すべきではないでしょうか。西脇市において実績のある片付けの専門業者「相場屋」なら遺品整理のお手伝いをいたします。まずはお見積りを依頼ください。無料で料金を査定します。価値のあるものは買取をいたします。

遺品整理は「相場屋」にすべておまかせいただける、という場合はあらゆる作業を代行させていただきます。「相場屋」には遺品整理士が在籍しております。心をこめて片付け作業を代行いたします。遺品整理だけでなく、お仏壇の処分や清掃もご希望によりお受けしています。

もちろん、大事なものはご遺族だけで片付け、遺品整理をしたい、ということならば、ご希望に沿わせていただきます。撤去と運び出しをお願いしたい、不用品や粗大ゴミだけ引き取ってほしい、ほとんど使っていない家電製品w買取してほしい、など遺品整理といっても様々なご要望があります。どうぞ、お電話いただき、ご相談させていただき、納得の上、遺品整理を依頼してくださいませ。

西脇市でリサイクル法について知る

リサイクル活動といえば、誰もがいちばん身近に実行しているのがゴミの分別ではないでしょうか。西脇市ではリサイクルプラザがあり、市民により理解を得られるような活動をしています。西脇市のリサイクルゴミの分別ルールのように、全国でもリサイクルゴミは分別、回収が行われています。

廃棄物・リサイクルの対策を行うことは、生活環境を守ることにつながります。また、資源を有効利用するという観点もあります。まずはリサイクルごみが出ないようにすること、そして、リユース・リサイクルするために使い終わったリサイクルごみが正しく処分されるように推進されてきました。

各種リサイクルに関する法律も整備されてきました。「容器包装リサイクル法」は平成7年に。瓶・缶・包装紙・ペットボトルなどの分別回収やリサイクルを促進。容器包装廃棄物の排出抑制、分別収集、リサイクル等に関する法律です。

「家電リサイクル法」は平成10年に。エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビなどの家庭用の電気製品(使用済)について製造業者・輸入業者に回収とリサイクルを義務化するものです。

「小型家電リサイクル法」は平成24年に。使用済みの携帯電話・デジタルカメラ、ゲーム機などの小型家電製品からレアメタルなどを取り出してリサイクルすることを促進する法律です。

「建設リサイクル法」は平成12年に。コンクリートや木材などの建設資材のリサイクルを促進する法律です。

「食品リサイクル法」は平成12年に。食品に関する製造業者・加工業者・販売業者に食品のゴミのリサイクルを促進するもの。

「自動車リサイクル法」平成14年に。使用済自動車にはリサイクルできる部品が多くあります。それについて製造業者・輸入業者に回収処理を義務化する法律です。施行前に新車登録された車は、車検の際にリサイクル用金を納めなければいけません。

「パソコンリサイクル法」家庭用パソコンは平成13年に回収とリサイクルがメーカーに義務化されました。

このように、リサイクル法は、リサイクル可能な資源や廃棄物などの分別回収、再資源化、再利用について定めた法律です。リサイクル法は平成になってからの新しい法律で、これからも増えていく可能性があります。

今やリサイクルに協力せずに生活するわけにはいきません。大量消費が当たり前となったのもあり、将来の世代のために、地球環境を守るために、リサイクルは欠かせないものです。 今の子ども達は、生まれた時からリサイクルゴミの分別が確立しています。リサイクルすることはあたりまえのことです。幼稚園の給食時からゴミは分別しリサイクルしましょうと教育されています。学校のゴミ処理も資源ごとにリサイクルされています。プルトップやエコキャップ等を回収しリサイクルする箱も設置されています。リサイクル活動の啓発によりリサイクル精神が根付いています。

しかし、年配の方にとってはまだ、リサイクル法が受け入れにくいところもあるかもしれません。リサイクルはいいことだとわかるが、面倒、手間がかかると感じます。ペットボトルや缶、食品容器は日々使います。使い捨てではもったいないのだが、リサイクルゴミとして分けたり持って行くのが手間だと感じる方もおられることでしょう。

そのように、リサイクルについてお困りのことがありましたら、専門業者にご相談ください。片付けの専門業者「相場屋」はリサイクルに力を入れております。お客様から回収しました不用品は素材ごとに分別をします。そのまま廃棄処分することはございません。リサイクルできるようさまざまなルートを確立しております。

リサイクルの相場屋は、もちろん、お見積り無料でございます。高価なもの、価値があると思われるものは見積り時に「売却希望」とお知らせください。査定をし、納得いただきましたら買取いたします。業者に依頼するならぜひ、リサイクルに力を入れております「相場屋」へお願いします。

西脇市で引越しの片付けにお困りの方

西脇市から引越しすることになった、という場合でお困りはありませんか?家の引越し、単身赴任が決まった、会社の引越し、店舗の移転など、さまざまな「引越し」があるわけです。

ご経験がある方はわかると思いますが、引越しするとなると、煩雑な手続きや片付けの作業をつぎつぎとこなすことになります。引越しは単なる荷物の移動だけではないですよね。新しい住居、事務所、店舗に合わせて古いものや不用品は廃棄処分する必要が出てきます。普段の生活をしながら、また、日々の会社業務を続けながら引越しの準備をしなければいけません。

ほとんどの引越しは期日が決まっているので、手続き、片付け、ゴミや不用品、廃品の処分は大きな負担となります。

そこで、プロの片付け業者、「相場屋」にご相談ください。相場屋住宅やマンションだけでなく、会社のオフィス、店舗の引越しに伴う不用品の片付けを代行いたします。産業廃棄物汚処理もご相談ください。オフィス家具など撤去、大型の家具の運び出しも代行いたします。もちろん、回収、引取り、廃品処分までいたします。お客様には不用品の分別だけの負担で済むわけです。必要なモノ、不用品と分別して、不用品は片付けの専門業者「相場屋」へ、残った必要なモノは引越し先へ運ぶだけです。

片付けの専門業者「相場屋」には、粗大ゴミ、家電製品、リサイクルゴミなど西脇市のルールに沿って処分するのが難しい、というものもすべてお任せください。ゴミ、不用品の袋詰めや箱詰めも不要です。衣類や紙類、生活雑貨の処分の代行もいたします。家電など価値のあるものは買取いたします。売却したい、という方はお見積り時にご相談ください。オフィスや店舗で処分にお困りの在庫品も買取可能です。

ご希望により、清掃も代行していますので、お忙しい方に好評をいただいております。ゴミや不用品が不法投棄されるのでは、というご心配があるかもしれません。業者の中には環境に配慮せず産廃などもそのまま廃棄処分するところもあると聞きます。「相場屋」は引取りをしました不用品をそのまま廃棄することはございません。「相場屋」では素材ごとに分別し、それぞれリサイクルするシステムを確立しております。処分の最後までリサイクルすることを念頭に、プロの業者として地球の資源や環境に配慮した作業を行っています。西脇市で引越しの際は片付けの専門業者「相場屋」が撤去、回収、廃棄処分など手間がかかる処理を代行いたします。

西脇市でゴミ屋敷にお悩みの方

ゴミ屋敷というとメディアでしばしば取り上げられているので、その印象が強く残っていることでしょう。ゴミや不用品が家の中にあふれ、家の周囲にも粗大ゴミなどが散乱している、という映像を見たことがある人も多いでしょう。ゴミ屋敷の被害は近隣の住民におよび、苦情となります。ゴミ屋敷の住人はそのような周りの苦情にも耳を貸さず、ますます悪化させていくこともあります。ゴミ屋敷から不審火が出たり、においや不衛生な状態から、実質的な被害が出ることもあります。ひどい場合は自治体が撤去することになります。自治体によってはゴミ屋敷条例を作っているところもあるくらいです。

しかし、もしゴミ屋敷の住人が自分の身内であった場合はどうしたらよいでしょうか。単に片付けをして解決、という状況ならまだよいですが、ゴミ屋敷となるくらいです。ゴミ屋敷はあくまでも結果で、その根本には、精神的な問題など、何か深刻な原因があるかもしれません。ゴミ屋敷となって、近隣に迷惑をかけているほどだと、単純に解決しない場合が多いようです。

そうは言っても、放っておくとゴミ屋敷の住人の問題も改善せず、近隣への被害が大きなものとなる可能性があります。まずは、ゴミ屋敷状態、不衛生、危険な状態をとりのぞかなければいけません。それには片付けの専門業者に依頼することがおすすめです。ゴミ屋敷に慣れたプロの業者なら短時間で一気に片付け、処分することができます。あらゆる種類のゴミや不用品をまとめて回収、廃棄処分できます。ゴミ屋敷の経験が豊富な「相場屋」はプロの業者です。お客様のご要望にあわせてゴミ屋敷の解決をいたします。お見積りは無料です。ご希望により、清掃、消毒も代行します。どんなにひどいゴミ屋敷でもおまかせください。不用品や粗大ゴミを片付け、回収し、清潔な状態の生活環境を取り戻すことが可能です。ゴミ屋敷の豊富な経験からご近所の方の配慮もいたしますので、安心しておまかせください。

また、最近話題なのが「汚部屋」という状態です。一人暮らしのワンルームマンションがゴミや不用品であふれている状態です。汚部屋の住人は普通の若い人、女性である場合も多いようです。社会的には普通に適応しており、服装やメイクも普通だそうです。しかし、家に帰るとゴミを分別するのが面倒、ゴミステーションまで廃棄に行くのが手間、といってすべてそのまま放置している状態です。その汚部屋状態にそれほど違和感もないといいます。ゴミ屋敷ほどではないですが、汚部屋状態が続くと、においや不衛生な状態がやがて近所の迷惑となることになります。いよいよ一人ではどうしようもなくなり、片付けの依頼が来ることもございます。汚部屋といっても、さほど広くない部屋からこんなにゴミが出るのか、という量に驚かされます。ゴミ屋敷と同様、片付けられないという状況の中に精神的な問題が潜むこともあり、解決は早めにすべきでしょう。

西脇市でも経験がございます専門業者「相場屋」、お見積りは無料です。料金、サービス内容を他社と比べていただいてもかまいません。ゴミ屋敷の問題は片付けだけではないかもしれません。しかし、片付けているそばからまた、ゴミ屋敷の住人がゴミを持ち込んでしまう、というケースもあります。まずはゴミ屋敷状態を専門業者に依頼し片付けることからはじめてみませんか。普通の環境をとりもどすことで、ご家族の方には精神的なフォローにあたっていただく余裕ができます。プロの力を借りるなら、ゴミ屋敷にも対応可能な「相場屋」におまかせください。

地域ブログ» MORE

対応地域