神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

神戸市須磨区の片付け業者「相場屋」ゴミ屋敷、空き家、遺品整理など片付けのお悩みを一気に解決します。

相談、お見積りは無料です。ゴミや不用品に関するお困り、ひとりでかかえこまずに相談ください

篠山市の不用品・片付け・ごみ処分について

兵庫県 篠山市(ささやまし)は兵庫県中東部に位置します。旧丹波国として栄えてきました。JR福知山線や舞鶴若狭自動車道によって、大阪や阪神間へのアクセスがよくなり、大阪、神戸へは1時間くらいで行けるそうです。位置的にも大阪府能勢町や京都府の福知山市などとと接しており、交通の要となってきました。人口は約4万1千人、面積は377平方kmです。

そんな兵庫県篠山市を紹介していきますね。

  1. 篠山市ってどんなところ?
  2. 篠山市の生活環境や制度は?
  3. 篠山市のゴミ取組について
  4. まとめ

篠山市ってどんなところ?

篠山市は、篠山城の城下町として発展しました。農業や観光業が中心ですが、少子高齢化が進んでいます。2040年人口推計結果で、若年女性の減少率が2010年比で58.7%となる予想が出ました。「消滅可能性都市」の1つとされています。

しかし、有名な「丹波黒大豆」「丹波大納言」「丹波栗」「丹波松茸」「丹波山の芋」の生産地となっています。丹波焼の里は日本遺産に認定され、窯元に訪れる人も多いそうです。これらのことから特産物の生産、観光農業などの道を探っています。

篠山市の生活環境や制度は?

篠山市は自然災害も比較的少なく、安心してゆったりと住めると言われています。

篠山市では定住の促進のため、「ふるさと篠山に住もう帰ろう運動」とし、さまざまな活動や補助を行っています。「三世代ファミリー定住支援住宅補助金」「若者定住住宅補助金」「定住促進重点地区若者定住住宅補助」「保育・幼稚園保育料補助金」「子育て世帯定住支援補助金」「定住アドバイザーー制度」「丹波路自由席回数特急券購入補助」などです。

例えば、篠山市の「畑、日置、雲部、後川、福住、村雲、大芋、西紀北」の8地区については、定住促進重点地区として若者定住のための住宅新・改築、子育て支援などの補助を行っているそうです。定住をする40歳以下の家族には新築で50万円の補助が出るそうです。

篠山市のゴミ取組について

篠山市のゴミ回収は次の通りとなります。ゴミステーションに出せるものは「燃えるゴミ」「プラスチック容器包装」「ペットボトル」「金属類」「缶・びん」「埋め立てゴミ」と分別されています。それぞれ色分けされた指定袋を使うそうです。

粗大ゴミは月1回です。事前に市役所まで申込、1点1100円のシールを購入し、貼って自宅前に出すとのこと。対象は電子レンジなど一部の家電製品やソファーやタンスなどとなります。粗大ゴミは、篠山市清掃センターへ直接搬入することもできます。

清掃センターで処理できないものは「家電リサイクル法対象商品」「パソコン」「ガスボンベや消火器、大きい木材や医療ゴミなどとなっています。

事業用ごみは収集してもらえません。直接清掃センターまで搬入してください。

篠山市の回収とは別で、リサイクル協力のため、PTAなどの資源回収もあります。加えて、リサイクルごみの「拠点回収」もあり、市役所などで新聞紙、ダンボールびん、乾電池、廃食用油などを無料で回収しています。

篠山市の清掃センターにはリサイクルプラザがあり、篠山市民がリサイクルについて学習できる展示室があります。体験工房や展示室があります。

篠山市の清掃センターの展示室では持ち込まれた廃棄物のなかから再利用できるものを展示し、市民に無料で提供しています。リサイクル品がうまく活用されていますね。

まとめ

いかがでしょうか?

兵庫県 篠山市は豊富な農産物と、自然と歴史を感じる土地柄で、観光に訪れたことがある人も多いことでしょう。しかし、大阪、神戸まで1時間圏内ということで、定住を促進する事業も盛んとなっています。

さまざまな補助や制度を利用すれば、とても住みやすいふるさととして若い家族が定住しやすいまちですね。

また、ゴミの回収も篠山市の清掃センターのホームページなどでわかりやすく告知されています。清掃センターのリサイクルプラザは市民にとっても便利でリサイクルの啓発となる拠点となっています。

篠山城の城下町として発展した篠山市。丹波の自然の恵みとともに築かれてきた生活文化を受け継ぎ、新しい世代を呼び込む活動をしています。

篠山市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

篠山市ではゴミ回収のルールが定められ、燃えるごみは週2回、プラスチックは週1回、その他は月に1回となっています。そのような中で、ゴミや不用品に関するお悩みはありませんか?粗大ゴミがあるけど処分できない、リサイクルの分別が手間だ、不用品や廃棄物の処分に困っているなどということです。

たとえば、高齢者の方のおひとり住まいの場合は生活のなかで困りごとがあっても具体的にどうしたらよいかわからないことがあるかと思います。若い人ならなんということもないゴミの分別やゴミ出しがうまくできないことがあるかもしれません。

片付けをしたいけど、忙しいからなかなか手がつけられない、という場合。引越しや店舗の移転でモノを処分したいという場合。それらのモノのなかで、価値がある、リサイクルできそう、という商品で、リサイクルショップに行って売却したいけど時間や手間をかけられないという場合。そのようなモノや不用品がたまり、が年月とともに、家の中のスペースを占めて暮らしにくくなっている、ということはないでしょうか。もし価値のあるものなら、買取をしてもらえれば無駄にせず助かりますよね。

篠山市に実家があり、モノが捨てられずごちゃごちゃしているのはわかっているけど、手伝いに行く時間がない、親が安全に暮らせるように家をすっきりさせたい、というお声もあります。

また、篠山市でも「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に困っている、という方がおられます。自分自身も、家族でもどうにもならないから、業者に助けてほしい、というケースも増えています。

このように、篠山市にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。篠山市では、片付けの専門業者「相場屋」にご依頼ください。「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 篠山市でリサイクルについての問題
  2. 篠山市で片付けについて考える
  3. 神戸市須磨区で遺品整理リサイクルに関してお困りの方へ
  4. 神戸市須磨区でゴミ屋敷についての問題
  5. 神戸市須磨区で引越しする方へ

篠山市でリサイクルについての問題

リサイクルといえば、篠山市における自治体の回収は「ペットボトル、金属、缶・びん」が月2回、「プラスチック容器包装」のリサイクル回収が週1回となっています。これらは清掃センターでリサイクルされています。

篠山市では、PTAや子ども会が実施する古紙や古着などのリサイクル回収も利用できます。他にも牛乳パックやトレーは、スーパーなどでリサイクル回収箱が設置されています。購入したお店のリサイクル回収箱に、次の買い物の時、戻す習慣をつければ、リサイクルに協力しやすいでしょう。

しかし、ちょうどいいタイミングでリサイクル回収日に出せないこともあります。分別ができなくて、捨てるに捨てられず、リサイクルごみが家にたまってきてしまった、という方もおられるでしょう。

篠山市で片付けについて考える

最近は「断捨離」や「ミニマリスト」などという言葉が話題になることが増えてきました。それだけに、片付けたいけど、うまく片付けられない、という思いを持っている人は少なくありません。片付けは簡単なことという人もいるかもしれませんが、「片付けられない」「不用品が家にあふれている」という声をよく聞くのですから、実は違うのかもしれません。片付けは決して簡単な作業とはいえないのです。

収納のワザや整理整頓する部屋づくりなど、雑誌を見れば、片付けに関する記事がたいてい掲載されています。モノを収納し、整理整頓する、掃除する、といった作業自体はそれほど難しくありません。では、どうして片付けが難しくなるのでしょうか。

それはモノが多いからです。モノが多すぎるから収納しにくいのです。不用品が家にたまっているので整理整頓に時間がかかるのです。掃除も「モノが散らかった部屋」と「何もない部屋」とは時間や手間に歴然と差が出ます。まず、モノが少ないとホコリや汚れもたまりにくいはずです。モノが多くて片付けられないのです。

片付けられない、と悩んでいる方が本当にすべきことはなんでしょうか。それは「モノ、不用品や粗大ゴミを減らす、絞り込む」というスキルを身に着けることなのかもしれません。いつか使うだろうと思って置いてある雑貨や洋服、もったいないからといってためている紙袋や試供品、リサイクルできそうと思っている箱や容器などは、本当は不用品ではないでしょうか。片付けできないのはそのような品々が多すぎるということです。不用品をためこんでしまったら、片付けは複雑な作業となります。粗大ゴミとなってる家電や家具を置いたままなら、片付けできないのは当然、家は物置化してしまいます。

片付けはものが「必要なものか」「不用品か」を判断する作業です。簡単とはいえず、頭を使う高度なスキルを必要とします。だから、片付けが苦手、というのはある程度当然です。苦手意識ではなく、「モノ、不用品が多い」という現状を受け止めるところからスタートしましょう。そして、モノを減らしていく作業を淡々とこなせるようにできればいいと思いませんか?

このように片付けに必要なスキルが「必要なものか」「不用品か」という判断力であるとすれば、どのように養えばよいのでしょうか。断捨離の考え方を参考にすると、それは「今の自分」を判断基準にするといいそうです。今の自分に必要なのか?、今の自分にふさわしいのか?、今の自分に心地いいのか?ということです。そして、今、目の前の空間から不用品を処分していく、という方法がおすすめだそうです。

片付け作業において、まず「必要なもの」「不用品」という分別をする、これには頭もパワーも使いますよね。そして不用品がたくさん出たら、その後、ゴミや粗大ゴミの処分や廃棄物の処理まで力がまわらない、ということがあるかもしれません。片付けのための分別ができたあとの処理は代行してもらったらいかがでしょうか。

家の片付け、不用品の分別が終わったら、片付けの専門業者にゴミや不用品の引取りを代行してもらいましょう。片付けの専門業者であれば、分別しておくだけで残りのすべての作業を代行します。篠山市では片付けの専門業者のなかで、「相場屋」をおすすめいたします。「相場屋」はお見積り無料です。また、買取をいたしております。売却のご希望があればあらかじめ査定をし、価値があるものは買取し、片付けの料金から相殺いたします。また、「相場屋」が安心してまかせることができる片付けの専門業者であることは次の理由にもよります。

片付けの専門業者「相場屋」は、リサイクルに力をいれております。お客様から片付けで引取りいたしました不用品、粗大ゴミなどをそのまま廃棄処分しません。地球環境を考慮し、分別して処分いたします。例えば、粗大ゴミなどでも素材ごとに分けることで、リサイクルすることができます。それによりコストも抑えることができ、お客様に還元することができるようになってきました。片付けのあとの処分にお悩みでしたら、まずは「相場屋」でお見積りをとってください。それから他社と比較していただいてもかまいません。

片付けは「必要なもの」「不用品」を判断する力が大切ということで、それが難しいということです。そこで、その後の処理は片付けの専門業者に依頼することをおすすめいたしました。逆に考えますと、不用品の処理、ゴミや粗大ゴミの処分のことは考えなくていいので、不用品と判断する作業がよりはかどるように思えないでしょうか。定期的に片付けの専門業者に来てもらうようにすれば、どんどん不用品や粗大ゴミを処分する良いサイクルができあがるかもしれませんね。

地域ブログ» MORE

対応地域