サブイメージ

兵庫県佐用郡佐用町で、片付けの専門業者なら「相場屋」へ。粗大ゴミも回収します。

佐用町にて経験豊富の業者です。不用品や大掃除のお困りを解決します。

兵庫県佐用郡佐用町の不用品・片付け・ごみ処分について

兵庫県佐用郡佐用町(さようちょう)は県の南西部に位置しています。


人口は約16000人、面積は約307平方kmとなります。 佐用町は、平成17年に佐用町・上月町・南光町・三日月町が合併して、新しい佐用町としてできました。

  1. 佐用町ってどんなところ?
  2. 佐用町の生活環境や制度は?
  3. 佐用町のゴミ取組について
  4. まとめ

佐用町ってどんなところ?

佐用町は西播磨地域に位置し西側は岡山県と接しています。姫路市には40kmの距離でJRで1時間となります。

1990年には「兵庫県立西はりま天文台」が開所し、1997年には、町の南部の播磨科学公園都市内に「スプリングエイト・・・SPring-8」が供用開始となりました。これは世界最高性能の大型放射光施設で、電子を加速・貯蔵するための加速器郡と発生した放射光を利用するための実験施設です。快適な住環境をそなえた科学技術都市をめざしています。

2009年の台風9号の影響により佐用川が氾濫しました。山崩れの被害もあり、20人の死者を出した災害となりました。

佐用町の生活環境や制度は?

人口が減少していますが、65歳以上の割合は兵庫県全体を上回っており、15歳未満は下回っています。2014年には若年女性の減少率が2010年比で68.2%となり「消滅可能性都市」の1つとされました。

しかし、満点の星、山肌に連なる棚田、ホタルやメダカが生息する豊かで美しい自然環境、霧の上に浮かんだ雲突城(利神城)、宿場町平福の町並み、こども歌舞伎などの文化遺産が温かい郷土愛でまもられています。

子育て支援としては「第2子以降の保育料など無償化事業」「子育て支援券支給事業」「学校給食費軽減事業」等のサービスがあります。定住支援としえ「若者住宅新築応援金」「町内定住就職奨励金」「定住促進住宅家賃減免」などがあり、他にも就農支援、起業支援等が充実しています。

佐用町のゴミ取組について

食品ロス問題のため「食べきり運動協力店」と、食べ残しの削減に取り組んでいます。この対象となる事業者は「小盛りメニューの設定」「「食べきりの呼びかけ」、持ち帰り希望者への対応として「持ち帰り容器の設置」などを実践することになっています。

佐用クリーンセンターは佐用町佐用3280番地238にあります。平成24年からゴミの分別が変わり、6区分17分別となりました。「もえるごみ」「資源」「埋立ごみ」「もえないごみ」「特殊ごみ」「粗大ゴミ」「小型家電」という区分です。

もえるごみ、もえないごみ、埋立ごみはそれぞれの指定の有料のゴミ袋があります。粗大ゴミは指定シールで5枚入り400円となります。それぞれ「ごみ処理手数料」として徴収されているしくみです。

まとめ

いかがでしょうか?自然が豊かな佐用町、科学技術の先端を行く施設、兵庫県立大学、付属高校、付属中学校など学校、学術研究機関が集積しています。今後、移住者が増えることを期待したいですね。

佐用郡 佐用町のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

目次

  1. 作用町で親の家を片付けにお困りの場合
  2. 佐用町でのリサイクルについて
  3. 佐用町でゴミ屋敷のお困りの方
  4. 佐用町での大掃除のお悩み
  5. 佐用町での遺品整理のお悩み
  6. 佐用町で引越しされる方

佐用町で親の家を片付けることになった場合

親が住んでいる家を片付けるのはある意味自分の家を片付けるより大変なことになるかもしれません。

ものがたくさんある家は捨てられない性分であったり、こだわりがあることによるものが多いからです。あまりに強気で片付けを提案すると意固地になり、話を聞きいれてくれなくなることもあります。

しかし、生前整理のタイミングというのは重要です。万が一、親がなくなってしまった後のことを想像してみましょう。遺品整理になるとその量の多さと時間がとれないことで途方にくれるかたが多いのです。

子どもや親族でモノを処分してもらうよう説得しても、無理となったら、ぜひ専門業者に相談してみましょう。そのような無関係な人間のいうことの方が聞き入れやすいという例も多くあります。捨てる、というより、リサイクルして再度役に立つ、社会のためになるという角度からのアプローチもあるようです。

佐用町では空き家や実家の片付けの実績が豊富な「相場屋」がおすすめです。

見積りが無料なのでそのような機会を作って話合うという手段もあり得るのです。

佐用町に住んでおられる親の家でお困りがありましたら、片付けの専門業者「相場屋」にご連絡ください。

佐用町でのリサイクルについて

宍粟市では、資源ごみとして「ビン(透明)」「ビン(茶色)」「缶」「ペットボトル」「プラ製容器」(ここまでコンテナ回収)「紙容器」「紙パック」「段ボール」「新聞・ちらし」「雑誌・書籍・雑がみ」「布類」(十字結束)と12分類になっています。資源ゴミの出し方には細かい規定がありますので、ガイドブックを参考にしてください

ここで「プラ製容器」のリサイクルの流れを説明してみましょう。


収集されたあと、「にしはりまクリーンセンター」に運ばれます。選別され、ベール化され「広島リサイクルセンター」へ持ち込まれます。

そして、「コークス炉化学原料」「合成ガス」「高炉還元剤」「熱分解油」など再商品化されます。そのほかは再商品化製品利用事業者により、プラスチック板、プランターやマンホールの蓋、ゴミ袋にリサイクルされるそうです。

佐用町でゴミ屋敷問題にお悩みの場合

佐用町でも少子高齢化が進んでいます。親世帯と子世帯が離れて暮らしていることが多くなり、ひさびさに佐用町に帰省してみると、実家のものが増えて、ゴミ屋敷状態に近づいている、ということも少なくはありません

そこで、そのままにしていると、将来子供の世代に大きな負担がかかってくることもあります。

ある家では、カビの生えた布団が10組、古い缶詰が100缶以上、古くからの洋服や着物、そして来客用の食器などが山ほど出てきたそうです。また、まだ開封していない贈答品もそのまま置いてあることもあるそうです。

ものがない時代に、お直ししながら長く使わざるを得なかった、という世代には、もったいない、捨てるなんてとんでもない、ということから離れることは難しいのです。

子どもの世代のように、壊れてもいないもの、まだ使えるものを簡単に捨てることはできないのです。

ゴミ屋敷というほどでなくても、不用品にあふれていることは、さまざまなデメリットとなります。掃除がしにくいことで不衛生な状態になります。不用品だけでなく、ゴミをためている状態になっていれば、虫やネズミの害もあるでしょう。また、通路、導線をふさぐことになれば転倒し、怪我の原因になります。

「ゴミ屋敷」は社会問題となっています。身内だけでなく、近隣に迷惑をかけていれば至急に対策が必要です。

しかし、頻繁に通って片づけを手伝うことができない場合もありますよね。そういう場合は片付けの専門業者に依頼しましょう。

佐用町では、片付けの専門業者「相場屋」がおすすめです。不明な点は電話かメールで応じていますので、悩んでおられる方もまずは相談ください。

佐用町での大掃除について

大掃除といえば、日本の家庭では年末の行事として定着していますよね。

しかし、核家族化がすすみ、共働き家庭が増え、生活様式は大きく変わってきました。年末に家をきれいにして、新しい年を迎える、そのような気持ちがあったとしても忙しくて手がまわらない家庭が増えてきました。

限られた時間の中で、家族全員ではなく、ひとりで大掃除にとりくまなければいけないという主婦の方にとっては、いかに大掃除を効率的にするか、がポイントとなってきます

優先順位をつけ、順番にこなしていく、普段できない水回りだけ大掃除する、玄関や庭だけをする、などと納得のいくものを見つけるのがいいでしょう。

最近は年末に大掃除をするのではなく、春や夏の気候がよい時期に分散して行うという人もおられます。また、自分ではどうしても手に負えないということで、専門業者に依頼し大掃除を代行してもらうという方もおられます。

毎日過ごす家を快適にするためには、大掃除をプロの業者に依頼することも前向きな考え方だと思います。短時間で効率よく掃除をしてもらい、自分自身は余った時間を有効にいかすということでしょう。

大掃除をすることで家のメンテナンスについてあらためて認識することも多いものです。しかし、専門業者に定期的に依頼して状態をキープすることも検討してもいいかもしれませんね。


今までは主婦の方があたりまえのように家の用事をしていましたが、専門業者に依頼して時間を作る、有効に使うことのほうが大切な場合もあります。

佐用町でも実績のある「相場屋」は迅速丁寧な作業で片付けのサポートをいたします。お見積りが無料ですのでお気軽にご相談ください。

地域ブログ» MORE

対応地域