神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

宍粟市で空き家の不用品の片付けやゴミ屋敷でお困りごとは相場屋にお任せ!

ゴミの処分や不用品の片付業者をお探しの方は相場屋にお電話下さい!

宍粟市の不用品・片付け・ごみ処分について

宍粟市(しそうし)は兵庫県の中西部にあって、西播磨とよばれる地域になります。 岡山県と鳥取県に面しています。2005年に4つの町「山崎町」「滋賀町」「千種町」が合併して誕生しました。兵庫県の中では2番目に面積が大きく、約658平方kmです。人口は約3万7千人です。

そんな宍粟市について紹介していきましょう。

  1. 宍粟市ってどんなところ?
  2. 宍粟市の生活環境や制度は?
  3. 宍粟市のゴミ取組について
  4. まとめ

宍粟市ってどんなところ?

「宍粟」はなかなか読めない人が多く、難読地名で「西の横綱」になったそうです。山崎町に「鹿沢しかざわ」という地名があり、それが「ししさわ」「ししあわ」「しさわ」「しそう」と、変化していったのが地名の由来とのこと。漢字は途中の「ししあわ」の音に当てられたという話です。

宍粟市の主な産業は「林業」となっています。しかし、近年は需要が伸び悩み、後継者も不足しているので、より積極的に林業再生に取り組まなければいけない状態となっています。

宍粟市のみどころは、県立「国見の森公園」、「ちくさ高原スキー場」「ばんしゅう戸倉スノーパーク」、しだれ桜の「御形神社」など。他にも滝や渓谷もあり、自然を楽しむことができます。

宍粟市の中には鉄道は通っていません。兵庫県内でも淡路島以外で唯一「鉄道の通っていない市」となっているそうです。JRの最寄駅はたつの市の「播磨新宮駅」で、そこからバスで20分ほど、となります。中国自動車道の「山崎インターチェンジ」があり、大阪まで結んでいます。

宍粟市の生活環境や制度は?

宍粟市は「しそう森林王国」と呼ばれています。自然が豊富で名峰もいくつかかかえているので、市の山々を選び「宍粟50名山」を決めて観光PRをしています。

宍粟市では移住を考えている方のために「宍粟暮らし体験住宅」というものがあります。一軒家を月3万円で貸出し、1か月から2か月住んでもらうという体験です。

宍粟市には「子育て支援センター」が4か所あり、子育て相談支援、親子グループ活動、子育てひろば解放、子育て交流事業などに力を入れています。

宍粟市のゴミ取組について

宍粟市のゴミ収集はどうなっているのでしょうか。大きく次の6つに分けられます。「可燃」「不燃、粗大」「缶、びん類」「古紙、布類」「プラ、ペット」「プラ、紙、紙パック」となり、そのなかでさらに細分化されています。

宍粟市指定のゴミ袋などは「もやすごみ専用袋」「もやさないごみ専用袋」「粗大ゴミ専用シール」「資源ごみ専用袋」「資源ごみ専用シール」「資源ごみ専用紙袋」とあり、大きさの種類もあります。

また、「宍粟市環境市民プロジェクト推進補助事業」という取組をしています。宍粟市内で環境保全活動を行う団体の活動費の一部に補助金を交付しているのです。

他にも「竹用破砕機」を無料で貸出し、放置された竹林の整備をすすめ、景観の悪化や鳥獣による農業被害を防いでいます。また、電気自動車用急速充電器を市役所や道の駅に設置しています。

まとめ

いかがでしょうか?自然豊かな宍粟市、環境を守ろうとする活動も活発ですね。

ただし、宍粟市の人口は1950年をピークに減り続けています。また、年齢別の分布をみても、50~60代が多く、20~30台は全国よりかなり少ない人口となっています。少子高齢化が進み、2011年以降、宍粟市内の10の小学校が統合、廃校しています。

宍粟市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

宍粟市にお住まいのかたで、お家の「片付け」や「ゴミ」に関する問題で悩んでいる方はおられませんか?

例えば、不用品がたくさんあるけど、宍粟市のゴミ分別が複雑で処分できない、宍粟市のゴミカレンダーがあってもゴミ収集の日をつい忘れてしまう、粗大ゴミが大きすぎて回収してもらえない、自分で処分・片付けができずゴミがたまっていってしまう、などです。また、親が宍粟市に住んでいるのだけど、ものにあふれていて生活しにくそう、粗大ごみをためている、などという問題もあるかもしれません。宍粟市に空き家となってしまった住宅があるけど、どうしたらいいかわからない、宍粟市にリサイクルショップが少ないので思うように売れない、などということもあるでしょう。

以上のようなお悩みをお持ちの方におすすめなのは「片付けの専門業者に依頼すること」です。粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収、リサイクルといったお悩みを一気に解決することができます。宍粟市でも信用のおける片付けの専門業者は「相場屋」でございます。不用品、粗大ゴミ、リサイクルやゴミ屋敷にお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 宍粟市で親の家を片付けることになった場合
  2. 宍粟市でのリサイクルについて
  3. 宍粟市でゴミ屋敷のお困りの方
  4. 宍粟市での大掃除のお悩み
  5. 宍粟市での遺品整理のお悩み
  6. 宍粟市で引越しされる方

宍粟市で親の家を片付けることになった場合

宍粟市に親が住んでいるけど、介護が必要になったということはありませんか。そうなることで、さまざまな経過と手続きが発生しますが、時間がかかるものです。そして、施設に入ることになった場合、住んでいた家の片付け、処分が必要となる場合もあります。

介護施設や老人ホームへ入るときには、家財だけでなく、生活雑貨でも持って行けるものが限られます。ですから、家には今まで生活していたままの家財などがほとんどそのまま置かれている状態となるわけです。すべてが不用品、粗大ゴミというわけではないでしょうが、親の世代が長年使っていたものです。価値のあったものも古くなり、粗大ゴミと化し、リサイクルできるかどうかはわからないことがあります。

そこで、片付けを担う人は、必要なものと不用なものとの分別をしなければいけません。リサイクルできるものがあればリサイクルショップなどで買い取ってもらいたいところです。また、大事な書類や貴重品もあるかもしれません。そのような作業に追われていては、ものを処分するという段階になかなかたどり着けませんよね。そんな時は片付けの専門業者に相談なさってはどうでしょうか。

片付けの専門業者に粗大ゴミや不用品の処分をまかせることで、依頼者さまの仕事量はずいぶん減り、心理的にも負担が軽減されることでしょう。また、リサイクルショップへ行く手間も省け、リサイクルショップにて買取してもらえなかった、などという無駄もないはずです。

迷われた場合は、宍粟市でも実績のある片付けの専門業者「相場屋」に相談ください。安心しておまかせいただけます。家が片付いていなくても大丈夫です。不用品やゴミが大量にあってもかまいません。家財一式、一軒まるごと処分させていただくこともできます。お見積りは無料です、他社と比べて頂いてもかまいません。

片付けの専門業者「相場屋」は、価値のあるものと判断したら、買取することもいたします。また、回収した家財、粗大ゴミも回収した後に素材としてリサイクルいたします。廃棄処分せず、リサイクルすることで、環境にやさしい仕事をいたしております。

宍粟市に住んでおられる親の家でお困りがありましたら、片付けの専門業者「相場屋」にご連絡ください。

宍粟市でのリサイクルについて

宍粟市で、燃やさないゴミを粗大ゴミとして収集してもらえるのは「150cm×100cm×300cm」までの寸法となっています。また直接ゴミを持ち込む場合は佐用郡の「にしはりまクリーンセンター」に予約の上、資源以外は10kgにつき10円で搬入となります。ガラス、びん、缶、ペットボトル、プラスチック容器、紙、布などは資源としてリサイクルできますよね。宍粟市でも細かい分別ルールを設けることで、リサイクルに力を入れ、環境を考えたゴミ収集活動をしています。

大掃除などをしてたくさんの不用品が出てしまった場合、処分に困ることもあるかもしれません。宍粟市では缶、びん、プラスチックは2週間に1回、ペットボトルは4週間に1回の回収です。リサイクルは大賛成だけど、粗大ゴミや不用品をかかえたまま、何日も過ごせない、という事情もあります。

そういう場合は片付けの専門業者「相場屋」におまかせください。まとめてゴミや不用品を回収したします。量にもよりますが、数時間、一日ですべて片付け、回収が完了しますので、粗大ゴミの日など、ゴミ収集日を気にすることはありません。片付け作業もお手伝いいたしますので、まるごとおまかせいただくこともできます。

リサイクルに関しましても片付けの専門業者「相場屋」なら徹底しています。依頼された方にとっては不用品、ゴミであっても、わたしたちにとっては価値があると考えています。他社より力をいれているのがリサイクルです。ゴミをそのまま処分するのではなく、分別し、素材を活かせるものであればリサイクルしています。

リサイクルしながら家をすっきりさせたい、宍粟市のルールに従うと制限があり、片付かないという場合はぜひ片付けの専門業者「相場屋」に依頼いただきたいと思います。片付けの専門業者「相場屋」なら、見積りは無料です。まずは電話またはメールでご相談ください。

宍粟市でゴミ屋敷のお困りの方

「ゴミ屋敷」が社会問題となり、メディアに取り上げられることも多くなりました。また、ゴミ屋敷と同様に問題になっているのが「汚部屋」です。

部屋の中には捨てられずにゴミがたまって、ゴミ袋やレジ袋が山積みになっています。片付けるどころか足の踏み場、座る場所さえないほどです。コンビニで弁当や飲み物を買ってきて、そのままレジ袋に分別もせずに入れっぱなしの状態です。資源のリサイクルどころか、腐敗して部屋が不衛生になります。

また、雑誌や新聞が大量にたまっているとどうでしょうか。片付け、分別して、まとめて、ゴミ収集場所まで運ぶのは重さもあり大変なことです。リサイクルのルールも守らなければなりません。雑誌類をためてしまうと場所をとり、ますます整理が億劫になり、悪循環になることもあります。汚部屋が家全体に広がっていき、庭や家まわりにも不用品やゴミが積まれるとゴミ屋敷となるのです。

ゴミ屋敷・汚部屋の住人は意外と真面目な人も多いといいます。仕事できっちりしているので、家では何もできなくなり、ゴミ屋敷、汚部屋になってしまったということもあるようです。ちゃんとゴミを分別しなければ、リサイクルせねばと思えば思うほど考え込んでできなくなる、という心理状態もあるそうです。

でも、ゴミ屋敷、汚部屋において、食品などのゴミは時間が経つと悪臭を放ち、ゴキブリなども発生し、自分だけの問題ではなくなります。もはや分別などできない状態です。ところが賃貸なのにゴミ屋敷、汚部屋で迷惑となれば、最終的には退去処分となります。ひとつの部屋が汚部屋であっても、近所の迷惑になればそれは家全体の問題となります。

そんなゴミ屋敷、汚部屋状態になると、片付けることも億劫なうえに、住人は精神的にも不安定になります。家族の方が協力する、といっても時間がかかることです。ただ捨てるといっても分別、リサイクルの手間もかかります。ゴミ屋敷と呼ばれる状態では、少しくらい掃除し、片付けたところではかどらないでしょう。ゴミ屋敷にしてしまった本人が片付ける、というのはほぼ不可能な場合、周りの方は早めによい策を考え、手を打ったほうがいいでしょう。

ご本人、ご家族でゴミ屋敷についてお困りのことがあれば、ぜひ片付けの専門業者に相談してください。専門業者であれば、ゴミ屋敷の清掃の経験が豊富です。どんな状態のゴミ屋敷、汚部屋でも、ためらうことはありません。手際よく、なるべく短期間で片付ける技術をもっているのです。

ゴミ屋敷の住人が納得せず、迷いがある、という場合は見積りだけでもとって考えてみてはいかがでしょうか?段階を踏んで説得していく、というのもゴミ屋敷を片付けるという目標には大事な一歩です。料金はかかりますが、将来的にはもっとお金がかかる事態も考えられ、お金では済まないことにもなりえます。リセットして新しい生活が始まるとなれば、価値のある支払となるはずです。

宍粟市でゴミ部屋、汚部屋でお困りのことがありましたら、片付けの専門業者「相場屋」に依頼ください。どんな状況でも片付け、回収し処分いたします。

小さな不用品も、粗大ゴミも回収、処分いたします。リサイクルできそうなものがありましたら事前にお申し付けください。価値のあるものであれば買取もいたします。処分といってもまるごと廃棄するということではありません。

」「相場屋」では、回収品は分別し、リサイクルできるものは徹底的にリサイクルしており、それをお客様からいただく料金に反映させていっております。お見積りは無料となっていますので、ご相談ください。

宍粟市での大掃除のお悩み

大掃除といえば年末の行事としておなじみですよね。

でも、最近は夏に大掃除をする、毎月場所を決めてローテーションして掃除する、という方もおられます。というのは、冬は気温が低く作業するには寒すぎるので大掃除には適さないというのです。

特に、水回りのある台所や風呂の大掃除は冷えますよね。部屋の掃除をするにしても換気が必要です。ものを動かしたり粗大ゴミを処分したりと、やはり寒い中での作業となります。外で壁や外周り、庭の掃除をする時も同様です。

もし、夏なら気温が高いので汚れも落ちやすく洗ったもの等を乾かすのもあっという間です。しかし、冬に大掃除した場合、生乾き状態だとカビが生えやすく、乾くまでの時間もかかり非効率です。年末は忙しいので、掃除していても気持ちが落ち着きませんよね。

このような理由で大掃除は年末というよりむしろ、冬になる前にしておく方が効率がいいのかもしれません。

ただ、昔からの習慣で、大掃除して年を越して、きれいに片付いた家で新しい年を迎えたいと思うことは当然ともいえます。特に年配の方、高齢者の方はそういう心持ちでおられることでしょう。

大掃除を正月までに終わらしたい、でも自分一人では間に合いそうにもない、という場合はどうしたらよいでしょうか?大晦日では、粗大ゴミや不用品、リサイクルゴミなどが、最終の回収日に間に合わないこともあるかもしれません。

そういう時は片付け、大掃除の専門業者「相場屋」にご相談ください。宍粟市のお宅でも大掃除を代行いたします。片付けから、不用品や粗大ゴミの回収、清掃まで一連の作業をすべてお任せいただくこともできます。

大掃除の専門会社「相場屋」なら、お見積りは無料です。ご検討いただいてから決めてください。年に一度の大掃除、料金がかかっても決して無駄遣いとはいえません。不用品をかかえたまま年を越し、そのままその不用品が家の中のスペースをとるなら場所の無駄遣いとなります。

「相場屋」はリサイクルに力を入れております。大掃除で回収させていただいた粗大ゴミもそのまま廃棄処分することはいたしません。分別し、原料としてリサイクルできるものがあればリサイクルいたしております。

宍粟市での遺品整理のお悩み

宍粟市でお住まいの方が亡くなり、遺品整理を頼まれた、ということになれば、どのような問題があるでしょうか?

主だった遺産の分割のほかに、生前使用していた生活雑貨や家財などが整理されずにそのまま残っていると、誰かがその片付け、処分を担うことになりますよね。遺品整理をすることになった場合、大人数でするのはまれで、短期間では済まないことがあります。リサイクルゴミなども配慮し、何回かに分けて行わなければならないことがほとんどです。

また、急なご不幸で、貴重品や思い出の品物もすべてどこに何があるかわからない、という場合、まずそれを見つけ出すことが遺品整理の第一歩といえるかもしれません。価値のあるものが見つかれば、遺書に従って処理しなければならなくなり、遺品整理が中断するかもしれません。そのほか、出てくる品物によっては形見分けの必要もあるかもしれません。

また、遺品整理の大変なところは身内の方だと思い入れが強くて進まないということです。親族のしがらみなどもあることでしょう。

そこで、プロの遺品整理の業者を頼ってみてはいかがでしょうか。遺品整理の専門業者「相場屋」では宍粟市でもお役に立つことができます。遺品整理の経験豊富な作業員が迅速に片付けさせていただきます。プロの仕事なので、安心、確実に作業をすすめ、短期間で遺品整理を終了させることができます。ご依頼いただけば、清掃、特殊清掃もいたします。「相場屋」ではリサイクルに力をいれておりますので、リサイクルのご意志がありましたら事前にご相談ください

まずはお見積りを依頼してください。遺品整理の見積りは無料です。遺品整理の作業後に追加料金をいただくことはありません。遺品整理を担う方、ご遺族の方が不要だと判断しても価値のあるものなら買取の相談もさせていただきます。粗大ゴミもすべて引取りますので、場合によっては市の有料引取より安価になることになるかもしれません。事前に伝えておいてくだされば、片付けの過程で見つけたものは処分せずにお渡しすることができます。

「相場屋」には遺品整理士認定協会の資格の認定を受けた「遺品整理士」が在籍しております。遺品整理の手順や遺品整理にかかわる法律などの知識を身に着けております。さまざまなモラルを持った業者が存在するなか、「相場屋」ですと宍粟市でも安心しておまかせいただけます。

宍粟市で引越しされる方

宍粟市で引越しが決まったという場合、期限までにどのようなお困りが発生するのでしょうか

引越しの業者を探すのに加え、家族、子供がいたら、転出や転校にかかわる手続きに奔走することになります。粗大ゴミやリサイクルゴミなど、宍粟市のルールに従って処分する必要があります。一軒家すべての片付けは大変な作業です。引越しの当日までに全てを終わらすには手が足りない!!という場合は、片付けもプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

必要なものは引越屋さんに運んでもらい、それ以外のものは残して、片付けの専門業者に回収してもらう、ということです。あれもこれもしなくては、宍粟市のゴミルールに従ってリサイクルゴミも考えなければ、と思って追いつめられることはありません。

粗大ゴミや不用品の分別も廃棄も自分で処理しなくてよいですし、ご希望なら清掃もして綺麗な状態に戻すことができます。リサイクルのことも任せられます。引越し先でもさまざまな作業が発生することは明らかです。

片付けを専門業者に依頼し、不用品を引取ってもらうことは、決して無駄づかいとは思いません。むしろ、不用品を整理しきれずとりあえず持っていくよりコストがかからないと考えるべきでしょう。粗大ゴミもそのまま引き渡しすればよいので手間がかかりません。。

引越しすることによって新しい生活を始めるために、プロの片付け業者を利用していただきたいところです。

地域ブログ» MORE

対応地域