神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

淡路島・洲本市の不用品・片付け・ごみ処分について

淡路島・洲本市(すもとし)は、淡路島の中部西から南東に長い市です。淡路市、南あわじ市と隣接しており、紀淡海峡を隔て和歌山市と接しています。2006年(平成18年)に津名郡五色町と合併し、改めて洲本市が発足しました。淡路島では行政の中心地となっているのが洲本市です。

人口は約4万3000人です。増え続けており、面積は約約182平方kmで人口密度は240人/平方kmです。

そんな淡路島・洲本市を、次のように紹介していきますね。

  1. 淡路島・洲本市ってどんなところ?
  2. 淡路島・洲本市の生活環境や制度は?
  3. 淡路島・洲本市のゴミ取組について
  4. まとめ

淡路島・洲本市ってどんなところ?

淡路島・洲本市には、本州と四国を結ぶ「神戸淡路鳴門自動車道」が南北を縦断しています。淡路島の幹線である国道28号や主要地方道の県道洲本五色線、鳥飼浦洲本線などが地域の拠点間を結んでいます。

市内には山地、平野、洲本川、五色浜など豊かな自然が広がっています。気候は温暖で雨が少なめです。「大鳴門大橋」で四国と、「明石海峡大橋」の開通により本州と陸続きになりました。それにより観光地として活性化が図られ、「笑顔あふれる洲本市」の実現にむけて地域資源を生かした交流に力を入れています。

淡路島・洲本市の生活環境や制度は?

洲本市では「活性化促進金」という制度があり、分譲地を購入して住宅を建築した転入世帯に対し、補助金を交付しています。たとえば、夫婦と乳児1人で転入すると300万円。それから5年以内に子供が2人生まれたら、200万円プラス支給されます。また、転入した世帯主の年齢が50歳未満の2人以上の世帯は、最長3年間補助金(月額1万円)が交付されます。

他にも「新婚世帯家賃補助金」や「新婚世帯住宅取得奨励金」などの制度があり、Uターン、Iターンを奨励しています。また、子育てしやすいまちづくりのため、医療費補助や出産祝い金、出産育児一時金などさまざまな制度があります。高齢者の福祉サービスも生活支援事業、生きがい活動支援事業、生活環境等支援事業などに取り組んでいます。

1995年に起こった阪神淡路大震災では神戸や西宮よりは被害が少なかったそうですが、防災への取組にも力を入れています。

海や山、牧場やたくさんの公園など自然環境に恵まれた洲本市。新しい世代を呼び込む施策にもとりくんでいます。観光地も多く、近畿圏から日帰りで行ける利便性を活かしたアピールも功を奏しているようですね。

淡路島・洲本市のゴミ取組について

洲本市の分別は次のとおりです。「もえるごみ」「燃えないゴミ」「新聞紙、段ボール、雑誌その他」「ペットボトル」「大型ゴミ(可燃)」「大型ゴミ(不燃)」「紙パック」「古着」「プラスチックトレイ」「廃食用油」「有害危険ゴミ」「缶」「無色、茶色、その他のビン」と分けられ回収されています。洲本市の指定ゴミ袋は可燃・不燃ともに大小2つのサイズがあります。大が35L(10枚入り)350円、小が15L(10枚入り)150円となります。

また、洲本市では「リサイクルセンターみつあい館」という施設があります。市民の家庭での資源物(新聞紙、雑誌、段ボール紙パック、缶、古着、ペットボトル、びん類、廃食用油)を持ち込めばリサイクルにまわすということになっております。

この「リサイクルセンターみつあい館」では、リサイクル作品の展示、不用品リサイクル情報、古本、古着などのコーナーが設けられています。会議室では市民のリサイクル勉強会などに利用されています。他にも紙漉き教室、リサイクル教室などが行われています。月曜日は休館ですが、基本土日も開いています。リサイクルには協力したいけど、忙しく、通常のリサイクルゴミの日に出せないという方にはとても助かりますね。

まとめ

いかがでしょうか?淡路島・洲本市は、やはり明石海峡大橋の開通による利便性の良さが、重要な島の拠点として発展する大きな要因となっています。
阪神淡路大震災で受けた被害から復興し、豊かな自然や都市機能の中心地としてすこやかな町づくりが進んでいます。

UターンやIターン者の評判もよく、若い世帯を呼び込める施策をすすめていることで、将来の発展に期待できそうです。

淡路島・洲本市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

淡路島・洲本市ではゴミ出しのルールは細かく定められています。そんなルールのなかで、ゴミに関する悩みや困りごとはありませんか?粗大ゴミを処理しきれない、リサイクルの分別ができない。高齢のため、不用品や廃棄物の処分がひとりでできず、ゴミがたまっていく、などです。またご親族やお知り合いのなかで、ゴミや不用品で困っている方はおられないでしょうか。

淡路島・洲本市、高齢者がおひとりで住まわれているとき、ゴミ出しのルールが難しい、回収とのタイミングが合わず出せない、ゴミ収集場所まで運び出せない、というケースがあります。不用品をリサイクルショップに持ち込みたい、大事にしていた貴金属や骨董品、収集品などを安心できる業者に回収し、買取っててもらいたい、などというお気持ちの方は多いはず。売却したいという希望があっても、それをどうやって解決すればいいのかわからず、家にため込んで行っている、ということもありがちです。価値のあるものだけでなく、不用品を放置したまま何年もたってしまうこともあるでしょう。

また、洲本市で、会社や店舗を経営されている方で、引越し、移転などが発生した場合はどうでしょうか。引越しの業務に追われ、モノの処分、産業廃棄物の処理まで行きわたらず、お困りではないでしょうか。どこの業者にしたらよいのかわからない、回収料金はどれくらいか?なども心配ですよね。

他にも淡路島・洲本市で「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」に悩んでいるけど、自分や家族ではどうしても解決できないから助けてほしい、ということもあります。残置物が大量でお困りの方もおられます。

このように、淡路島・洲本市にて、種々のゴミの処理の問題、お困りを持っておられるときは、片付けの専門業者にご相談ください。淡路島・洲本市でも片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. 淡路島・洲本市で不用品の処分に困っている方へ
  2. 淡路島・洲本市でリサイクルについての提案
  3. 淡路島・洲本市で遺品整理についてお考えの方
  4. 淡路島・洲本市でゴミ屋敷問題にお悩みの方
  5. 淡路島・洲本市で会社や店舗のお悩み、残置物のお悩みがある場合

淡路島・洲本市で不用品の処分に困っている方へ

断捨離という考え方が話題になり、今では多くの人に定着してきました。余計なモノを処分するだけでなく、不用なモノも買わない、もらわない。そうしてモノへの執着から解き放たれて、心地よい人生を送ること、ということです。誰もが、「ゴミか不用品かわからないもの」に囲まれた生活は、したくないもの。すっきり暮らすために、思い切って不用品や粗大ゴミとなっている家財は処分すべきだとはわかっています。でも、忙しい、もったいない、いつか使うかも、という思いで処分をためらってしまいます。

特に家族の中で不用品を片付けているのは、多くが女性の役割となっています。子育てなどを通じてさまざまなモノを購入し、不用品となったら廃棄する、という判断をします。男性の方でも積極的に片付け、モノを処分し、掃除する、という方がおられます。でも、子供のものや台所関係、家族全体のモノの管理はやはり女性が担っていることが大半です。極端にいうと家の中のモノはモノを管理している女性が使うから、必要だから家の中にあるといえます。

断捨離に必要な考え方として「これはまだ使えるから捨てられない」ということから「自分はもう使わないから処分する」とチェンジする、というものがあります。

どうして不用品がたまって片付かないのでしょうか。いくつか原因があるそうです。

それは過去執着型タイプ・・・過去を肯定する証拠品としてモノを手放せない」

「未来不安定タイプ・・・いつか必要になるかも、これからは手に入らないかも、という不安からためこむ」

「現実逃避型タイプ・・・モノにあふれた家ではくつろげず出かけてまたモノを買ってしまう」。

こういう方はすべて意識が「過去や未来」に向かい現実逃避しているということです。こういう方は一度リセットして不用品や粗大ゴミを片付け、時間軸を「今」に合わせることが大事です。

不用品をため込むことは、少しずつ心身の不調を招くそうです。もちろん、食料、日用品や衣類、本屋雑誌、郵便物など、生活する上で必要なものがあるのは当然です。でも、現代の日本ではモノがあり余っています。適切な量の判断をせず、過剰にため込むとかえって暮らしをそこなうことがあります。掃除もしにくく、大掃除には非常に手間がかかります。ホコリやカビが発生して健康にもよくありませんし、家がゴチャゴチャしていると気分もめいってきます。

不用品を処分することはモノの引き算が上手になることです。雑誌の収納術を読み、収納グッズを購入し、しまうことができたとしてもまたいつのまにか服やモノがあふれてくることはありませんか。

モノを買うことが悪いのではなく、その分と同じだけ不用品として処分しなければいけない、ということです。引き算をすることはモノを邪魔にすることではなく、必要なものを選別し大事にする秘訣だそうです。モノを不用品として処分し、断捨離を重ねているうちに、これからどう暮らしたい、行きたいのかがわかるといいます。住まいの空間が身軽となると、こころも軽やかになるそうです。

片付けの専門業者「相場屋」は断捨離のお手伝いをいたします。服や着物、雑貨や家財、粗大ゴミを捨てる決断ができたとしても、処分するまではパワーがもたない、ひとりで処分できない、ということがあります。

片付けの専門業者はそんなとき、回収、処分、廃棄を代行いたします。リサイクルできるものもそうでないものも、分別や廃棄の手間を専門会社に代行させると心身ともに楽になります。

片付けの専門業者「相場屋」は売却のご希望がありましたら買取をいたします。まだ使えるから捨てられない、といったものでも買取してもらえる、となったら積極的に処分する気持ちになるかもしれません。査定し、買取可能でしたら、回収料金から差引いたします。

「相場屋」では撤去、運び出しも代行していますので、捨てる決断がついたら、あとはご指示いただくだけで袋詰めも行い、運び出しいたします。ものを処分すると、後のスペースを掃除する必要がでてきますが、そちらもご依頼いただれば「相場屋」で代行いたします。断捨離はしたいけど、大変な作業になりそうだから後回しになり、手がつけられない、とお考えの方にはぴったりの代行会社でございます。

片付けの専門業者「相場屋」では無料の見積りをさせていただいています。リサイクルに力を入れており、環境に配慮しました処分方法をしていますのでご安心ください。見積りに納得していただいてから、日程を合わせ、回収にうかがいます。大量の不用品であっても、少しであっても処理を代行いたします。ぜひご検討くださいませ。

淡路島・洲本市でリサイクルについての提案

前述のように洲本市には「リサイクルセンターみつあい館」という施設があり、収集日とは別に開館時であればいつでも、リサイクルごみを持ち込むことができます。収集日にうまく合わせられない、という人には助かります。多種類のリサイクルゴミがいちどに片付くのも便利ですね。施設として存在し、いつでもリサイクルできる環境が整っていること、リサイクルについての勉強もできるとのことで、洲本市のこの「リサイクルセンターみつあい館」は意義のあるものといえます。

しかし、誰もがリサイクルセンターに持ち込める状況とは限らず、リサイクルセンターでは引取らないリサイクルごみもあります。家電リサイクル法対象品目や大型ゴミ、小型家電等です。それぞれ、洲本市でも回収や持ち込みの仕組みが用意されています。しかし、ゴミの処分をこまめにすることができない方、高齢で分別が難しい、面倒くさい、などとのご事情で、通常の処分の方法では無理があるという方もおられるでしょう。

リサイクルしたい、まだ使えるけど自分では使わない、などの状況で廃棄処分できていないものはないでしょうか。リサイクルできるものをゴミとして廃棄したり、家の中で場所を占めておいておくのはそれこそ「もったいない」といえます。リサイクルして役立てない「モノのもったいない」と、お住まいの「空間がもったいない」、このふたつを解決してみませんか。

片付けの専門業者「相場屋」ではこのようなリサイクルごみ、不用品となった家電や大型の家財道具などの片付けの代行をいたします。淡路島・洲本市でもリサイクルごみや粗大ゴミなどの片付けのお手伝いをいたします。「相場屋」はリサイクルに力を入れておりますので、買取のご希望がありましたら、査定をいたします。価値のあるものでしたら、買取価格と回収料金を相殺させて頂くことができます。また、回収したものは廃品としてそのまま廃棄することはございません。できるかぎり分別しており、素材ごとにリサイクルし、コスト削減に取り組むことでお客様に還元しております。環境に配慮し、資源にできるものがある限りリサイクルする術を追及しています。

淡路島・洲本市で遺品整理についてお考えの方

淡路島・洲本市では「洲本市空き家バンク」があります。空き家の所有者から売却、賃貸を希望があれば登録し、洲本市への移住、定住を目的として空き家の利用を希望する方に対して、空き家情報を紹介する仕組みです。例えば賃貸マンション家賃が4.5万円、 木造2階建5DKで400万円など田舎暮らしを考えている方には興味深い制度です。

背景には少子高齢化で、空き家が増えているという実態があります。実家が淡路島・洲本市にあるけど、親が亡くなってから誰も管理する人がいない、ということもあります。それ以前に、空き家となった家の中が、遺品整理できず生前のままの状態である、という問題があります。

昨今「遺品整理」が大変だ、負担だった、という話をよく聞きます。高齢者の中で、きっちり家の中の物を整理して片付けて亡くなる方はどれくらいおられるのでしょうか。遺品整理をする身内を想像し、生前整理ができておられたらとても楽ですよね。

しかし、ご自宅で亡くなることはまれで、病院や老人施設に入って家には帰ってこられないまま亡くなるケースの方が多いかと思います。それだけに家族や身内に負担となる遺品整理が発生するのでしょう。

遺品整理は、量が多いことでそれなりの負担となります。それに加え、親や親しい人の遺品整理、片付けということで、心理的に大きい負担となるそうです。たとえば「遺品整理で親の家の押し入れを片付けていると、自分の小さい頃の絵や賞状、親にあてた手紙を捨てずにとっておいてくれたことを見つけた」ということで作業の手がとまる、という話をよくお聞きします。親族との形見分けの関係でなんでも廃棄できない、という事情があったり、遺書がなく、重要なものを探しながらの遺品整理であったり。

遠方から出向いての遺品整理となると、心身ともの負担に加え、時間やエネルギーもたいへんなものとなります。週末のたびに数時間かけて実家の遺品整理をし、ゴミを運び出し、という作業を数年かけてやった、という話もあります。遺品整理だからこそ、身内でやりたい、やらなければという思いでおられることでしょうが、そこでひとつ提案がございます。

片付けの専門業者「相場屋」は遺品整理のプロです。遺品整理士認定協会で認定されました「遺品整理士」が在籍しております。遺品整理士は法規制に遵守した形で遺品整理を行うことを重要視しており、法知識や取扱い手順を身に着けております。遺品整理といっても、単なる遺品の片付け、処理ということではなく、遺品を供養する、という観点で学び資格を取得いたしました。お仏壇の供養、処分もおまかせください。故人が大切にされていた貴金属や骨董品、お着物はありませんか?のこされた家財道具で使っていないものやまだ使えそうなもの、在庫として多くの日用品が新品未開封である、などは高齢者のお宅ではよくあることです。遺品整理の際に見つけてその量や、物持ちのよさにびっくりすることもあるそうです。「相場屋」では、遺品整理のなかで価値のあるものがあり、売却したいということでしたら査定をいたします。買取をいたしまして、回収料金から相殺いたしますのでご相談ください。

片付けの専門業者「相場屋」ではお見積りは無料です。遺品整理の件、ということでお電話、メールをいただきましたらお伺いします。見積りをし、納得いかなければ他社と比較していただいてかまいません。見積りに納得していただければ、ご指定日に作業をいたします。遺品整理の作業が半日以上かかる場合、最終的な確認をいただければお立会い頂かなくても大丈夫です。

遺品整理の作業の中で、貴重品や大事な書類がでてきましたら、ご依頼主へお渡しします。探してほしいものがありましたら、事前にお知らせください。遺品整理の作業をさせていただきながら、できるだけ対応いたします。遺品整理だから、ここまでは自分たちでやる、ということでしたら必要な作業のみをお手伝いいたします。

また、遺品整理の量としては少量だけど自分では撤去や運び出し、廃棄ができないので処分してほしい、ということでもかまいません。ご希望の作業のみ代行いたします。大型のタンス、家電などの不用品であっても、撤去、運び出しをいたします。個人では仕分けや処分が難しいような粗大ゴミなどの処分もおまかせください。回収いたしました不用品などは地球環境、リサイクルに配慮して処分させていただきます。

遠方なので遺品整理すべてをまかせたい、というケースも責任をもって作業いたします。故人の家が大きな一軒家でも、高層マンションでも、ひと部屋であってもすべて対応可能です。モノが大量にあっても、ゴミ屋敷状態であってもおまかせください。遺品整理の作業ののち、カビやシミなどのおうちのケアが必要な場合もあります。ご希望であれば清掃もいたします。

ご相談いただければ、遺品整理の経験をつんだプロとしてアドバイスや知識、情報を提供いたします。遺品整理をまかされた時点でお電話いただければ、無駄な労力は使わずにすみます。プロの仕事にまかせるところは依頼していただき、あとはご遺族にできることに集中できるかと存じます。

遺品整理は心の整理をつけ、時間をかけて、というご心情はあるかと思います。しかし、空き家のままで遺品整理をせずモノを放置しておくと不用心ですし、傷みがすすみ、カビの心配もあります。資産価値としても経年につれ下がってくる場合が多いそうです。ぜひ、遺品整理のプロにご相談するところからスタートしてみませんか。無料のお見積りを気軽にお試しください。ご検討いただき、ご親族が納得いく結果を得ていただきたいと思います。

淡路島・洲本市でゴミ屋敷問題にお悩みの方

ゴミ屋敷、汚屋敷は近隣に迷惑をかける社会問題となっています。不用品や粗大ゴミが捨てられないだけでなく、外部から拾ってきて庭や家の周りに積み上げるという住人もいます。テレビなどで取り上げられるゴミ屋敷はショッキングな映像が多く、他人事として見てしまいがちです。

しかし、実際は病的なゴミ屋敷の住人は少数派だそうです。現代においては高齢者が、ゴミ出しが面倒だ、片付けられない、もったいない、などという理由で家にゴミや不用品をためていってしまう、という事例が多くなっているそうです。また若い人でも「汚部屋」というケースがあります。ワンルームマンションの一室でゴミや洋服、日用品が足の踏み場もないくらいに埋まっているそうです。引越しの時に発覚してトラブルになることもあります。

ゴミ屋敷や汚部屋、原因はさまざまですが、その解決も困難なものとなっています。自治体が条例を制定し、強制撤去となる例も増えています。費用の負担も問題となりますが、改善されずにまた元の状態に戻るゴミ屋敷もあり、根本的な解決がいきとどくかどうかも未知数です。

何よりも近隣への迷惑が問題です。悪臭や害虫の発生、放火などで火事になる可能性もあります。原因となる住人の処分、ケアも問題となります。近所にいても迷惑ですし、身内にいたとしたら、責任問題となります。

淡路島・洲本市の、自分の親の家がもしゴミ屋敷状態になっていたら、どうしたらよいのでしょうか。ゴミを集めるというわけではないのだけど、ゴミ捨てができない、片付ける能力が落ちたなどで家の中がゴチャゴチャになってきているかもしれません。ゴミ屋敷予備軍といえる状態であれば、早めに対応をしておくべきでしょう。ゴミや不用品につまづいて怪我をするかもしれないのです。不衛生な状態が続くと健康への影響も出てきます。ゴミ屋敷が認知症の初期症状だった、という可能性もあります。高齢になると誰しも片付ける能力が落ちるといいますが、近居でない親の家は行った時にチェックをしておくというのもゴミ屋敷にさせないうえで重要です。

もし、親やお知り合いの家を見て、片付けやゴミに関して「おかしいな」と気づくことがありましたら、よく様子をみましょう。ゴミの収集日は理解できているか。リサイクルについても分別できているか。押し入れにどういうものが入っているのか、日用品に過剰なストックをおいていないか、などに気を付けましょう。もちろん、いきなり指摘して勝手に片付け、処分してはいけません。一般的なゴミ屋敷とは違いますが、高齢者がゴミをためる、という例はよくあるケースとなっています。コミュニケーションをとりながら納得してもらい、手伝いながら少しずつ不用品の処分をする、という手順が必要かもしれません。もったいない、まだ使える、とけんかになることもありがちですが、あきらめず、その方の「暮らしやすさ」をメインに考えていくのがゴミ屋敷にさせない一歩だと思います。

家族の片付けの問題、ゴミ屋敷状態にお悩みの方は、まずプロに相談してみませんか。片付けの専門業者「相場屋」はゴミ屋敷、汚屋敷、汚部屋の処分に経験がございます。粗大ゴミや不用品の撤去、回収、引取について、専門会社が代行することで、早い解決が可能です。料金に不安がありましたら、まずは無料の見積りをおためしください。電話でもメールでも受付しています。

淡路島・洲本市で会社や店舗のお悩み、残置物のお悩みがある場合

淡路島・洲本市の会社や店舗の引越し、移転の場合には大量のモノの処理をする必要があります。しかし、引越しの業務と並行して、産業廃棄物の処理、廃棄でなく売却したい、などという細かい事に対応するのは大変なことです。産廃をどこの業者に依頼したらいいか、不用品や粗大ゴミはどうするか、個別に対応するのは、時間と労力の無駄です。

そこで片付けの専門業者「相場屋」に依頼することでお悩みが同時に解決します。片付けの専門業者「相場屋」は引越しや移転の際に出る不用品、粗大ゴミ、産業廃棄物の処分を代行いたします。買取もいたします。片付けに関するさまざまなケースをお手伝いし、解決いたします。

また、淡路島・洲本市の賃貸や競売物件の残置物でお悩みの場合にもお手伝いいたします。ゴミ屋敷、汚屋敷、汚部屋など業者に片付けを代行させるのがベストな選択です。一軒家でも、マンションでも、量の多少にかかわらず代行いたします。家財一式が放置されたままの片付けはもちろん、「相場屋」はあらゆる事例に対応してきており、経験も豊富です。相談いただきましたら、無料でお見積りいたします。そして、ご希望により、お部屋の掃除、特殊清掃も行いますので安心しておまかせいただくことができます。

このように片付けの専門業者「相場屋」はさまざまな片付けに関するお悩みに対応してまいりました。また、リサイクルに力を入れることで、地球環境の保護の一助となるべく企業努力を重ねてまいりました。サービス内容や見積り、作業の詳細は遠慮なくお尋ねください。安心してご相談いただける会社であり、作業を代行しております業者でございます。

地域ブログ» MORE

対応地域