神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

相場屋はたつの市で不用品回収や遺品整理、ゴミ屋敷の片付けのお困りごとをサポートしております。

遺品整理やゴミ屋敷の片付け不用品回収までたつの市でお困りの方は相場屋にご連絡下さいませ。

たつの市の不用品・片付け・ごみ処分について

たつの市は兵庫県の南西に位置します。東側が太子町、西側が相生市となっていて、南北に長い市なんです。それに沿うように揖保川が流れています。昔は「揖保郡」で、2005年に龍野市・新宮町・揖保川町・御津町が合併して「たつの市」が発足しました。 面積は約210平方km、人口は約7万6千人です。

そんなたつの市を次のように紹介していきましょう。

  1. たつの市ってどんなところ?
  2. たつの市の生活環境や制度は?
  3. たつの市のゴミ取組について
  4. まとめ

たつの市ってどんなところ?

たつの市は、自治体名は「たつの」ですが、歴史的な固有地名は「龍野」、駅名は「本竜野」・「竜野」となっています。

がん治療の兵庫県立粒子線医療センター(りゅうしせんいりょうセンター)があります。陽子線・炭素イオン線が利用できる世界初・国内唯一の医療装置があります。

観光は、龍野城と城下町 龍野公園などがあり、鉄道は、JR姫新線「本竜野駅」、JR山陽本線「竜野駅」となっています。

古くから醤油、素麺、皮革の生産が盛んであり、いずれも全国的な知名度を持っていて、

  • 揖保乃糸
  • セイバン(ランドセル「天使のはね」)
  • ヒガシマル醤油
などの企業が有名です。

たつの市の生活環境や制度は?

たつの市は南側が瀬戸内海で漁港があり、稲作が行われている地域もありますが、兼業農家が多いそうです。姫路市への通勤率は25.0%となっています。

子育て中のファミリーを応援するため、市内の取扱店で利用できる「子育てきらきらクーポン券」を申請に基づき、一世帯につき、同一年度内に1回限り交付します。中3以下の第2子以降に支給される5000円のクーポン券だそうです。

たつの市のゴミ取組について

たつの市のゴミは3種8分別されています(地域による)。主に「普通ゴミ」「資源ごみ」「大型ゴミ」と分けられ、さらに分別していきます。

普通ゴミは「指定ゴミ袋」で出します。料金は20枚入りで120円から300円となっています。大型ゴミは「家電製品」「家具・厨房用品」「(自転車やベビーカーなど)諸車」「小型の農機具」「その他金属製品」となっています。

また、ごみ減量化、再資源化等に取り組む事業所・店舗を「たつのエコマスターショップ」として認定しています。15個ある取組項目(店頭回収ボックス設置、マイバッグ持参推進、生ごみの堆肥化、フリーマーケット会場の無償提供など)のうち3項目以上に取り組んで成果をあげているのが条件です。リサイクルが推進されるいい手段ですね。

まとめ

いかがでしょうか?たつの市の歴史や環境が、わかっていただけましたか?

こども世代の人数が減少しており、たつの市も平成12年からは減少しています。逆に65歳以上の人口は増加していて少子高齢化の問題をかかえています。

たつの市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

たつの市にお住まいのかたで、さまざまな「片付け」「ゴミ」に関する問題をお持ちの方はおられませんか?

例えば、不用品や粗大ゴミが片付けられない、会社や店舗の片付け、移転などに伴う不用品の処理など。また、実家のたつの市が空き家になってしまった、遺品整理をしなければいけない、リサイクルショップがない、などのお困りです。

たつの市のゴミカレンダーを見ながら、分別し、自分で処理することができる方がほとんどかもしれません。それでも人によってはそれが不可能であることも。また、リサイクルしたいけどどうしたらいいかわからず手元においたまま、という場合もあるでしょう。

そんな事例でお困りの時は思い切って片付けの専門業者にご相談ください。片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。リサイクルにも力を入れております。不用品やゴミにお困りの場合は「相場屋」にご連絡下さい。

それでは具体的に事例をいくつかご説明していきたいと思います。

目次

  1. たつの市で遺品整理をしなければいけない、という場合
  2. たつの市で実家の片付けをする方へ
  3. たつの市で不用品の処分をする方へ
  4. たつの市で会社の引越しをすることになった場合
  5. たつの市で家電が不用品になった場合
  6. たつの市でゴミ屋敷にお悩みの方

たつの市で遺品整理をしなければいけない、という場合

たつの市で遺品整理でお悩みの方はおられませんか?

遺品整理を行き当たりばったりで始めると、なかなかうまくいかないこともあるようです。親のものということで思い出や迷いがあふれ、手が止まります。考えだすと作業がはかどらず遺品整理がなかなかすすまない、時間がかかってしまう、というわけです。

選別がうまくいかないと片付け、整理は滞ります。遺品整理は要・不要の選別をしていく作業です。形見分けとして、人に渡す、リサイクルできるものがあれば判断する、等となります。

このように一人で遺品整理で家財を片付けるのも大変です。しかし、遺品整理を身内に手伝ってもらう時もさらに問題が発生することがあります。遺品整理の作業の中で、相手のやり方が気に入らない、その人にとって大事な品を処分してしまったなどでもめる、という例があるのです。たとえ、親や兄妹でも、粗大ゴミかどうかは人によって違うので遺品整理は困難な作業となるわけです。

そういう遺品整理に関する様々なハードルを越えていくことを考えてみてください。短い間に一気に遺品整理をひとりで終わらすことは無理があるのかもしれません。

遺品整理の家財など、数がたくさんある場合は、ゴミとして処分するにしても、たつの市のルールに沿って廃棄しなければなりません。リサイクルできるものがあればリサイクルしたいところです。遺品整理を完遂するのに、体力もモチベーションも長続きさせるのはかなり努力が必要です。

そこで、なるべく早く片付けたい、遺品整理を長引かせたくない、リサイクルできるものはリサイクルさせたい、という場合はプロの片付け業者に依頼することがオススメです。市の処理センターへ持ち込む、リサイクルショップへ売りにいく、などという処理を一気に任せられるからです。

たつの市で遺品整理の専門業者をお探しでしたら「相場屋」におまかせください。片付けの専門業者「相場屋」なら、遺品整理の強い味方です。おうちごと、お部屋ごとの遺品をまとめて一気に片付けることができます。リサイクルのご相談にも乗ります。もちろん、じっくり自分で分別し、整理した後で片付けてほしい、という場合も専門業者「相場屋」におまかせください。要・不要と判断し、納得のいく段階を踏んで片付けたい、ということでしたら、何回かに分けて引取に伺います。

遺品整理について、たつの市では、片付けの専門業者「相場屋」にご相談いただきましたら、さまざまなお悩みにお応えできるでしょう。「相場屋」は認定の「遺品整理士」が在籍しておりますので、安心しておまかせいただけます。

たつの市で実家の片づけをする方へ

たつの市の実家にいる親を引き取ることになり、家をたたむことになった場合、どれだけの問題があるでしょうか。

今の高齢者の世代は「もったいない」といって節約し、無駄づかいもしないし、使えるものは捨てないという方が多いようです。家電製品も壊れて、粗大ゴミとなっていても収納してある、ということもあるようです。リサイクルしたいと思っていてもその術を知らない、体力がなくてできないということです。

もちろん、高齢になるともったいないという気持ちは尊重すべきことです。何もかも処分し廃棄する、ということではありません。でも、家をたたんで、引き取るとなれば、今の家は片付けなければなりません。

ものを片付け、処分し、減らすことをしなければ、新しい生活にうつることはできないでしょう。今、実家の片づけを迫られているのはやはりその子どもの世代です。使わない不用品は捨てる、リサイクルできるものはリサイクルショップへ持っていくなどという習慣がついているのは若い世代です。親との価値観の違いで片づけがうまくいかない、ということもあるようです。

片付けの作業で思いが違ってけんかになることも多いようです。膨大なものの処分に加え、ものの処理で折り合いがつかず、精神的な負担が出てくるということです。

そういう場合は片付けの専門業者に相談いただくとよいでしょう。様々な現場で経験がある片付けの専門業者なら、お客様のペースや状況にあわせた仕事を提供できます。

たつの市でも実績のある専門業者「相場屋」なら、お客様の立場にたって、ご相談にのらせていただきます。一度に片付けたくない、ということでしたら、納得いく段階をふんで片付けさせていただきます。

親が持っているものに対する思い出や気持ちを話してもらい、受けとめることで、徐々に納得し、片づけがすすむようになった、という話を聞きます。単に捨てるというのではなく、リサイクルすることで世の中の役に立つ、ということも理解してもらえるかもしれません。また、実際の片付けの作業は専門業者が行い、お客様には、親をフォローする役割に専念していただく、という方法もあるのではないでしょうか。

また、大事なもの、処分するものと仕分けできてから依頼いただき、それを繰り返していく方法もございます。どこに何があるかわからず、大切なものや書類が見つからない状態でも、おまかせください。事前にお教えいただけれれば、見つかったときに必ずお渡しすることもお約束いたします。

粗大ゴミの処分もおまかせください。まだ使えそうなもの、高価なものがある、という場合、価値のあるものなら買い取りもいたします。

使えないものであっても、そのまま廃棄、処分したりはしません。リサイクルできるものは原料としていかす、ということを「相場屋」では大切にしています。たつの市の実家の片付けならぜひ片付けの専門業者「相場屋」におまかせください。

たつの市で不用品の処分をする方へ

上記のような自分の親の「遺品整理」「実家をたたむ」という経験をなさった方は、次にご自分のことを考えるようです。

最近よく聞くのは「親のことは遺品整理や片付けで苦労したが、自分が亡くなったあとは、同じ思いを子どもにさせたくない」ということです。今、エンディングノート、生前整理、断捨離などということが話題になるのも同様だと思われます。

子どもが成長したら、昔のものが場所をとり、不用品がたくさんたまってきたことが気になる時がくるはずです。その時こそ、それを片付けるという段階が来た時なのかもしれません。使わなくなった子どものおもちゃや用具、服、本や参考書、不用品が収納のスペースを占領していないでしょうか。また、いつか使うかも、リサイクルショップに持っていこう、と置いてある家電なども動かなくなり、粗大ゴミになっている可能性もあります。

リサイクルできる、売れる、と思っているものも時間がたてば価値がなくなることもあります。リサイクルショップに行かれた方は、思っているより値段がつかないことを経験したことがあるでしょう。不用品などをいつか処分しようと思っていても忙しくて、と見て見ぬふりになってしまうことがあるでしょう。

もし、子どものため、必要最小限のもので暮らしたい、と思ったとき、お困りがあれば、ぜひ片付けの専門業者にご相談ください。たつの市でも経験が豊富な、片付けの専門業者「相場屋」をおすすめします。片付けの「相場屋」は、お見積りは無料です。

粗大ゴミや不用品、リサイクルできそうなもの、すべて回収させていただきます。不用品の量は、多量でも少しでも、かまいません。

また、ご希望に応じて、運び出しも「相場屋」でさせていただきます。リサイクルにも力をいれておりますので、おうちの中のもので何かありましたら、気軽に「相場屋」に相談ください。片付けや不用品について日々あれこれ気にしていたことが、きっとすっきり解決するはずです。

たつの市で家電が不用品になった場合

家電リサイクル法が施行され「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」「エアコン」「衣類乾燥機」「パソコン」は粗大ゴミとして処分できません。たつの市でも、業者や家電量販店に連絡し、リサイクル回収を依頼します。

ところが、上記家電の引取が必ずしも最安値というわけではありません。「片付けの専門業者」に依頼していただくほうがお安く済むこともあります。たとえ、引取してほしいものの量が少なくてもかまいません。リサイクルショップで思った値段が付かなかったという場合にもご利用ください。買取のお見積りだけでもかまいませんので、ご相談ください。

たつの市で会社の引越しをすることになった場合

たつの市に会社やお店を持っていて、移転・引越しをすることになった、ということはありませんか。会社の引越しに伴う片付けは個人宅とはちがいますよね。

ものを片付けて処分するにしても、会社のものは自分ひとりの判断では決められません。粗大ゴミであっても、会社のルールに従って廃棄処分しなければいけないかもしれません。リサイクルについても規定に従うことが求められることがあります。ただ、そういう些事にかかわっていると実際の片付け、回収、処理、そしてリサイクルまで全部内部ですませることは困難となります。すべてを片付け、運び出し、引越しの期日まで間に合わすことができるでしょうか。

そういう時は、粗大ゴミの回収・処分は外部の専門業者に任せた方がいいこともあります。片付けの専門業者「相場屋」は会社や企業の引越しにかかわる片付けもお受けいたします。たつの市から引越し・移転が決まった会社の担当者のお力になることができます。

リサイクルについても、おまかせください。粗大ごみをそのまま廃棄処分することはございません。細部まで分別し、可能な限りリサイクルしております。片付け・リサイクルなどは専門業者に依頼することで、引越しの際は必要なものを運びだすことに注力できるのです。

たつの市でゴミ屋敷にお悩みの方

身内の家がいわゆる「ゴミ屋敷」状態になった、という場合はとても深刻だと思います。片付いていない、不用品やゴミでいっぱいだ、というだけではありません。「ゴミ屋敷」というのは周りから見た状態です。ご近所に迷惑をかけているということです。片付けないだけでなく、ゴミを持ち込んできて庭にためこんだり、隣家や公道との境界になだれこんでいたりする状態かもしれません。

また、ゴミ屋敷の迷惑なのは、見た目だけでなく、不衛生なことによって匂いや害虫などの発生によることもあります。ゴミ屋敷のゴミが原因で不審火が起きたという話もよく聞きます。ゴミ屋敷になると、本人の精神状態などと近隣への迷惑という複数のお困りが重なり、深刻さを増すということなのです。

では、身内の家がそういう状態の場合、どういうことができるのでしょうか。ゴミ屋敷と呼ばれている現状ではもう個人で片付けできないかもしれません。プロの片付け専門業者を呼びましょう。迷っている場合、まず相談することから始めてはいかがでしょうか。

プロの業者ですから、ゴミ屋敷の処理は慣れています。つまり、そういう専門業者にゴミ屋敷全体の片付けを見積りすることで得られるものがあるということです。例えば、ゴミ屋敷の片付けに何日かかるか、ゴミや不用品・粗大ゴミがどれくらいの量なのか、片付けの後にプロの清掃が必要なのか、リサイクルできるものはあるか、などを把握することができます。そうすることで、冷静にゴミ屋敷の状況を見極められるかもしれません。

ゴミ屋敷とまではいかなくても、家の中で手の付けられない「汚部屋」と呼ばれる部屋にお悩みの方も同様です。汚部屋といわれたけど、ひと部屋くらいいつかどうにかなるだろう、と思っているかもしれません。でも、家族だけではどうしようもなくなることがあります。汚部屋といっても深刻な悩みが隠れいていることもあります。プロの力を借りることで、家族間の問題も冷静に解決できるかもしれません。

片付けの専門業者「相場屋」なら、ゴミ屋敷・汚部屋のお見積りは無料です。お見積りの後に料金が追加することはありません。価格に納得していただいてから決めていただけます。リサイクルできるものは利用いたしますので、ゴミ屋敷の持ち主の方のお気持ちにも沿うことができるかもしれません。もちろん、相場屋ならゴミ屋敷、汚部屋も経験がございます。どんなゴミ屋敷であっても安心しておまかせください。

地域ブログ» MORE

対応地域