神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

豊岡市の不用品・片付け・ごみ処分について

兵庫県豊岡市(とよおかし)は兵庫県の北部、但馬地域の中心都市となっています。人口は約8万1千人、面積は兵庫県でいちばん大きく、697平方kmとなります。

豊岡市といえば、日本で最後の野生コウノトリの保護、繁殖事業が行われていることで有名です。他にも城崎温泉、出石城下町、神鍋高原 北は日本海、東は京都府と接しています。日本一のカバン産業としても有名です。

JRの中心的な駅は山陰本線の豊岡駅、京都丹後鉄道の豊岡駅となっています。「但馬空港(コウノトリ但馬空港)があり、大阪伊丹空港へ一日2往復の便が出ています。

そんな兵庫県豊岡市について紹介していきます。

  1. 豊岡市ってどんなところ?
  2. 豊岡市の生活環境や制度は?
  3. 豊岡市のゴミ取組について
  4. まとめ

豊岡市ってどんなところ?

豊岡市は、山陰海岸ジオパークに含まれる豪雪地帯で、年間平均降雪量は312cmと新潟を上回っています。夏は猛暑になることが多いので有名です。また年間で約120回もの盆地霧が発生するなど、寒暖の差がとても激しく、夏の最高気温と冬の最低気温との差が45度近くになる年もあるそうです。

2004年(平成16年)の10月に台風23号による大きな被害を受けました。川の増水、決壊による浸水や冠水被害、土砂崩れなどによりまちは泥水に覆われました。

しかし、全国からボランティアや支援物資、義援金などの支援がありました。この災害を教訓に「メモリアル水防訓練」「水害サミット」」などが行われています。

豊岡市の生活環境や制度は?

豊岡市では小中一貫教育に取り組んでいます。9年間で「ふるさと教育」「英語教育」「コミュニケーション教育」を進めています。豊岡の子供たちが乳幼児期からは「根っこづくり」、小学校からは「幹づくり」の時期として施策を推進しています。

また、「環境経済戦略」とし、農薬を使わない「コウノトリ育む農法」「太陽電池」「木質ペレット」などの事業にも力を入れています。

子育て支援としても「マイナス1歳からの子育て支援」と妊娠中からのフォローがあります。

また、高齢者を対象に健康教室、介護予防事業も行われています。孤立や虐待を防止するため、「とよおかホッと見守り隊」という高齢者見守りネットワーク事業を展開しています。

豊岡市のゴミ取組について

豊岡市のゴミの分別は9分別で次の通りです。平成28年4月からごみの出し方が変わりました。「燃やすごみ」「燃やさないごみ」「蛍光管」「乾電池類」「粗大ごみ」「びん・かん」「ペットボトル」「プラスチック製容器包装」「紙製容器包装」。ゴミステーションに出すときは指定ゴミ袋または指定ステッカーを使います。

引越しなどで一時に多量に出たゴミは収集してくれません。有料で「クリーンパーク北但」に持ち込むことはできます。時間は月曜から土曜日の8:30~16:30で、10kgあたり100円です。

リサイクルにつきまして、2007年に豊岡市とコープこうべが「レジ袋削減の取組に関する協定」を締結しました。このリサイクル運動は但馬地方では初めて豊岡市が取組みました。マイバッグ運動の先駆けとして、豊岡市はリサイクルに対する取り組みをしてきたのですね。また、有料化で集まったレジ袋の代金は環境保全に役立てるということで、リサイクルと合わせて市民の意識の変化をもたらすかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?豊岡市はコウノトリの自然放鳥、野生復帰などで有名になりました。そこから「経済成長と環境保全との両立」に挑戦する取り組みがなされてきました。豊かな自然を活かした農業、観光業も盛んです。環境を良くし、経済効果が生まれる相乗効果の仕組みを増やす豊岡市の戦略に期待したいものですね。

豊岡市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

豊岡市では地産地消、環境創造型農業、自然エネルギーの利用などを推進し、環境保護に対する取り組みを進めています。そんな中でも豊岡市で日々くらしておられるみなさんにとっては、さまざまなゴミや不用品に対するお悩みがあると思います。

たとえば、リサイクルごみの分別がわからない、面倒くさいのでペットボトルや缶がたまってきた、という高齢者の方もおられます。家の中の不用品を片付けて処分したい、すっきり暮らしたいけど、自分一人では時間と労力がとれない状態だという方。ゴミ屋敷、汚屋敷、汚部屋と言ってもおかしくないくらいに、家の中が荒れている、または身内にそのような方がいる、という場合もあります。また、産業廃棄物、残置物の処理をしなければならないが、どこに依頼すればいいのかわからない、ということもあります。引越しや閉店で、不用品や在庫をかかえて困っているけど、時間がないという方。遺品整理をまかされたけど、価値のありそうなものは売却したいので買取りしてもらえるところを探しているという方、さまざまなお悩みやお困りがあると思います。

このような場合、片付けの専門業者「相場屋」が相談にのります。プロの片付け業者ですのえで、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収など規模の大きいものも、小さいものも手際よく代行いたしております。豊岡市におきまして、不用品、ゴミ、リサイクルについて代行してもらいたいことは「相場屋」までお電話またはメールをください。

それでは、具体的な事例をこれから紹介していきます。

目次

  1. 豊岡市で粗大ごみの処分に困っている方へ
  2. 豊岡市で空き家の処理に悩んでいる、という場合
  3. 豊岡市でゴミ屋敷についてお困りの方へ
  4. 豊岡市で引越しをする場合
  5. 豊岡市で廃棄物についてのお困りのケース
  6. 豊岡市で遺品整理をすることになった方

豊岡市で粗大ゴミの処分に困っている方へ

毎日の生活の中で、掃除や片付けはしているけど、なんとなくスッキリしない、モノが多すぎて生活感に溢れているのが不満だということはありませんか。断捨離という片付けが話題になりました。やはりモノが多いと気持ちも落ち着かない、ということがあるようです。

必要だからと収納していたり、置いているさまざまな雑貨や服、家財は一度見直してみませんか?思い切って邪魔になっている大きなタンスなど、粗大ゴミとして廃棄処分してみてはどうでしょう?

豊岡市では「燃やすゴミ」「燃やさないゴミ」に分類できるゴミで、指定の袋に入らないものが「粗大ゴミ」となっています。粗大ゴミは3辺の合計が3m以内で粗大ゴミを一人で持てることが条件とのこと。家具類や寝具、一部の家電などが粗大ゴミに該当するそうです。自転車やこたつも粗大ゴミです。粗大ゴミのなかでも、ふとんやスキー板などばらけるものは束ねる必要があります。粗大ゴミのなかでもふとんやスキーなど、広がったりばらばらになりそうなものはヒモ等で束ねる必要があります。粗大ゴミの廃棄方法は、指定ステッカーを貼って出します。粗大ゴミは燃やさないゴミとなります。

もちろん、家電4品目は粗大ゴミではないので、ごみステーションへ廃棄することは禁止です。販売店や指定の引取り場所までに持っていくことになります。不用品の処分をしたい、と思っても粗大ゴミとなるといろいろルールがあるんですね。

粗大ゴミの回収は月に1度となっています。思い切って廃棄処分しようとしても、回収日まで間があると邪魔なだけでなく、粗大ゴミとして処分する決心がゆらぐかもしれません。断捨離や引越しで一時に大量にでる不用品、粗大ゴミは収集してもらえません。粗大ゴミを有料でクリーンパーク北但に持ち込むか、業者に依頼するか、となります。

また、粗大ゴミをゴミステーションまで運ぶのが困難でできない、他の種類のゴミがあってまとめて一気に処分したい、というケースもあるでしょう。そのような場合は片付けの専門業者、プロの会社に依頼することをおすすめします。「相場屋」は粗大ゴミだけでなく、家の中のあらゆる不用品に関しまして回収、処分をいたします。お見積りは無料です。片付け作業の日に、粗大ゴミなどが一気に片付くことによって、すぐ新しい生活、部屋のスペースを有効に使うプランを立てることができます。

長年おいていた粗大ゴミの処分でお悩みの方、断捨離で出た粗大ゴミや不用品などを一気に片付けたい方、ぜひ片付けの専門業者「相場屋」まで、お電話またはメールをください。「相場屋」はリサイクルにも力を入れています。粗大ゴミといっても、まだまだ使える場合もあります。廃棄処分したくないからと、お宅の倉庫や収納に眠っているものはありませんか。「相場屋」では買取のサービスもいたしますので、不用品の処分をしたいと思ったらお気軽にご連絡をください。

豊岡市で空き家の処分に悩んでいる方

豊岡市では移住者のため、登録された物件に限り、空き家の改修費の一部を助成しています。空き家を片付ける費用、改修費、対象経費の4分の3、50万円を上限とする補助です。空き家の問題は社会問題となってきました。豊岡市でも移住者を増やそう、というこのような取組をしているわけです。

親や親せきの方が亡くなられ、住んでいた家が空き家になったというケース。空き家の中は住んでいた時のままの状態ということもよくあります。空き家そのものの処分も頭を悩ませますが、空き家となった家の家財や不用品、粗大ゴミなどを処分せずそのままの状態で置いておくのはなにかと心配、不安です。

住人がいない空き家は時間経過とともに傷んできて、資産価値が減ると言われています。空き家の中のふすまや畳、家財や雑貨なども劣化していきます。空き家のままのせいでカビが生え、腐ったり、衛生状態が悪くなるということも珍しくありません。不用品を置きっぱなしにしているとなおさらでしょう。

豊岡市にそのような空き家をお持ちである場合、どうしたらよいのでしょうか。せめて家のなかには不用品や家財ものを置かず、清掃した状態で衛生的に保つことができるよう空き家を管理したいですよね。

しかし、空き家を個人で片付け、掃除をするのは難しい、という場合、ぜひプロの片付け業者に相談してみましょう。プロの片付け業者なら、空き家でも、ゴミ屋敷であっても経験が豊富です。空き家の片付けの見積もりを業者にしてみてはいかがでしょうか。見積りを見て、納得のいく会社、業者を選ぶとよいかと思います。

料金がかかることで、空き家の片付けを業者に依頼することを迷う方もおられるかもしれません。しかし、長い目で考えると、空き家になって長く放置し続けることは様々な危険や迷惑を近隣にかける可能性もあります。空き家の資産価値が想像以上に下がっていくことも考慮しましょう。早い時点で空き家の中の不用品は片付け、廃棄処分することで、片付け料金そのものも最小限で済みます。

空き家を放置したまま、家財を置いたままの状態だと、いつまでも気になるのではないでしょうか。そのような心理的負担も小さいとは言えません。また、空き家なんだし、コツコツ自分で片付けるからかまわない、という場合でも、時間や手間などが思いのほかかかり、体調をこわした、というケースもあります。ここは空き家の片付けのプロに任せてみてはどうでしょうか。

片付けの専門業者「相場屋」は豊岡市でも空き家の処分の経験が豊富です。お見積りは無料です。また、片付けの専門業者「相場屋」は買取もいたします。空き家の中に価値があるかというものがありましたら、買取りの相談をしてください。経験豊富な担当者が査定をいたします。価値のあるものならその認識ができますし、買取してもらうことで、空き家の片付けの料金から差し引くことができます。空き家の不用品や家財に埋もれて放置しているより、リサイクルしたり、売却できることで前向きな気持ちになれます。また価値がなく不用品として処分するにしても片付けと同時に行うほうが、効率いいのです。

まずは空き家の現状をとらえる一つの手段として、不用品の処分、片付けの見積もりをお試しになってはどうでしょうか。片付けの専門業者「相場屋」はお見積り無料でございます。まるごと一軒家の空き家でもかまいません。撤去や清掃も代行します。プロの経験を持って責任を持って空き家の片付け作業をいたします。

豊岡市でゴミ屋敷についてお困りの方へ

キレイ好きの人は掃除が趣味のようになっていて、どれだけ時間や労力がかかろうと、掃除することがストレス解消、という感じですね。毎日の掃除が行き届いているので、年末にあえて大掃除などしなくていい、という話を聞いたことがあります。

しかし、普通の人にとっては掃除や大掃除は面倒くさいもの、ではないでしょうか。毎日できればいいのはわかっていても、掃除や片付け、不用品の廃棄などはなかなか腰が重くなる作業かもしれません。付かれている、忙しくて時間がない時は掃除や片付けは後回しにしてしまいがちです。

昨今話題の「ゴミ屋敷」「汚屋敷」「汚部屋」についてはどうでしょうか。ゴミ屋敷といえば、片付けない、掃除しない、というレベルを越えている状態です。

このゴミ屋敷の原因は、どのようなものなのでしょうか。片付けや掃除を頻繁にしない方であっても、ゴミの収集日にはゴミ捨て場までは持っていくのではないでしょうか。リサイクルの分別ができているかどうかも、重要なことです。でも、それすらしない、できない、となるとゴミ屋敷予備軍といえるかもしれません。

すべての場合とは言えませんが、ゴミ屋敷の住人の方には精神的に弱っている人が多いという説もあります。うつ病や精神疾患を抱えている人が、ゴミ屋敷の住人になる可能性もあるとのことです。そうすると、結果的に生じたゴミ屋敷のゴミや不用品を片付けて廃棄すればよい、とはいえないかもしれません。

ゴミ屋敷の住人の方はどのような状態なのでしょうか。ゴミ屋敷の住人をよく観察すると、「片付けようと思っても片付け方がわからない」「部屋を掃除する気力がでない」「片付ける必要性を感じられない」「モノを大量に集めてしまう」という状態であるケースがあるそうです。すべてのゴミ屋敷がそうとはいえませんが、精神的な問題、心の問題を解決したら、ゴミ屋敷の問題も解決した、ということもあります。

例えば、不用品や粗大ゴミから拾ってモノを大量に集めてしまう、というゴミ屋敷のケースがあります。このようなケースはメディアでもよく取り上げられていますよね。そんなゴミ屋敷は、よそからゴミや不用品などをわざわざ持って帰ってきて家の中、周囲に並べる、といった様子ではないでしょうか。これは、「強迫性貯蔵症」といって、「今集めないと二度とこれを手に入れられない」「集めたものがなくなったらどうしよう」という不安な気持ちを持っている状態だといいます。人からはゴミ屋敷と言われようと、それを片付けて捨てることは悪いことだという感覚におちいっています。ゴミ屋敷は近隣からすると大変迷惑で危険ともいえることです。しかし、ゴミ屋敷の住民は自分の意志に反して、上記のような強迫観念から、ゴミを集めたり、片付けなかったりするということを繰り返すそうです。

また、うつ状態の方もゴミ屋敷になってしまうことがあります。意欲や興味を失い、何をする気力もわかない、不安におそわれる状態です。学校や仕事にも行けなくなる方が多く、休養が必要です。たとえ、ゴミ屋敷、汚部屋状態になっていても、家の中の状態にも興味がなく、片付けるという気持ちもなくなっています。ゴミ屋敷になっているからだらしない人だ、という単純な判断をしないほうがいいということですね。

また、高齢になることとゴミ屋敷と関係がある場合があるそうです。年を取ると、片付ける能力、不用品を廃棄処分する力が低下します。若いころはテキパキできた掃除も苦痛となり、片付け方も要領よくできなくなってきます。ゴミの分別や、リサイクルごみの種類ごとの収集をチェックすることも、複雑で困難と感じることがあるようです。ゴミ屋敷となっていても、気が付かないかもしれません。そういうことから、認知症の初期症状としても、ゴミ屋敷状態であることがあげられます。特に一人暮らしをされている高齢者の方は、認知症の診断が遅れがちです。家の状態、部屋の状態が、ゴミ屋敷、汚部屋とまではいかなくとも、掃除や片付けの様子をチェックすることは重要かもしれません。

他にもゴミ屋敷の原因として、片付けられない症候群というケースがあります。さまざまなストレスが原因となりうるそうです。日常の生活で集中力をキープしにくい、多動性があってコントロールができない、などで、あれこれ使ってモノを散らかし、片付けることができないというものだそうです。

ただ単に片付いていない、ゴミが多い、ということでしたら大げさに考えることはありません。しかし、近隣の方から苦情がでるほどのゴミ屋敷状態は放置するわけにはいきませんよね。もし、家族や身内にゴミ屋敷状態の方がおられたら、大きなお困りとなっていることでしょう。本人に、ゴミ屋敷であることの自覚がなく、廃棄して、片付けて、と頼んでもどうにもならないことがあるかもしれません。

このように、ゴミ屋敷には根深い原因や見えにくい状況があるということです。ご家族でゴミ屋敷の解決ができればベストですが、ゴミ屋敷住人のフォローとゴミ屋敷の片付けの両方は大きな負担となりかねません。

そのような場合は片付けの専門業者に相談してみてはどうでしょうか。片付けの専門業者「相場屋」は豊岡市において、ゴミ屋敷の片付けの実績があります。さまざまな状況のゴミ屋敷、汚部屋に対応してまいりました。一軒家まるごとのゴミ屋敷の片付け、不用品の引取りはおまかせください。片付けだけでなく、撤去や箱詰め、リサイクルについてもプロの作業をしております。衛生的な問題がある場合は清掃も相談にのります。ご家族様は、ゴミ屋敷の住人の方の精神的なフォローに専念していただき、ゴミ屋敷の処理は専門業者に任せることで、早い解決が可能と思われます。まずは無料のお見積りからご依頼ください。

豊岡市で引越しをする場合

豊岡市に住んでいたけど、引越しが決まったという方、お困りはありませんか?

引越しも、時間に余裕のある状況ならばよいですが、たいていは、期日などがありさまざまな雑事に追われます。転勤による引越しということでしたら、お仕事の方も引き継ぎや整理で大変な状況となるでしょう。

すべての荷物を引越し先に持っていくのではなく、不用品は処分したいということもあります。そのために、家の片付け、ゴミとの分別などの作業が発生しますよね。引越し当日に間に合わなければ、ゴミでも不用品でも、段ボールに詰めて引越し先に持っていかなければいけなくなります。また、分別していたけど収集日に出せなかったペットボトルや缶などのリサイクルごみなどもたまっているかもしれません。

そのような場合は、引越し先でもその不用品などはしばらく放置される可能性が高いといえます。できれば、引越しを機会にすっきりしたいところです。

豊岡市では粗大ゴミは月に1度の回収です。引越しに出る一時多量ゴミは収集してくれず、クリーンパーク北但に持ち込みするか指定の業者へ依頼するとなっています。引越しとのタイミングがあわないかもしれません。まだ使えるけどリサイクルショップへ行く時間などはない、ということもあります。

なるべく労力をかけずに引越しをしたい、という方はプロの片付けの専門業者を利用してみてはどうでしょうか。片付けの専門業者「相場屋」はお引越しの際に出る不用品の回収も行っています。借家の場合は引越す際、綺麗な状態で引き渡したいですよね。しかし、不用品の処分も、掃除する時間もないということもあります。不用品の回収だけでなく、撤去し、清掃、大掃除も代行いたします。忙しいお客様にしていただくのは、必要なものと不要なものを区別してもらうことだけです。箱詰めは「相場屋」で代行します。撤去、運び出し、廃棄までおまかせいただけます。回収してもらえるとなれば、思い切って使わないものをまとめて廃棄処分する決断ができるかもしれません。断捨離したい、という方にもぴったりです。不用品を処分すれば、あとは引越し先に持っていくものだけ残るので負担が最小限になります。

片付けの専門業者「相場屋」は買取サービスも行っています。引越し先には持っていかない、リサイクルショップへ行けないけど、価値があるかも、ということはありますよね。ぜひ売却の相談をしてください。買取可能でしたら、片付けの料金から差し引かせてサービスさせていただいております。そのまま廃棄処分するより、はるかに環境に優しく、リサイクルにも貢献できます。

「相場屋」は回収しました不用品などは、リサイクルに力をいれております。回収する際、お客様にとっては、粗大ゴミやリサイクルゴミ、家電製品など、あらゆる不用品が、一気に処分できて好評をいただいています。しかし、回収しました不用品はそのまま廃棄することはしません。分別し、リサイクルするルートを確立しています。リサイクルごみもまとめて回収、処分できますので、遠慮なくお申し付けください。

豊岡市にて、引越しの片付けを手伝ってほしい、という方はぜひ、片付けの専門業者「相場屋」までご連絡ください。お見積りは無料です。

豊岡市で廃棄物についてのお困りの方

豊岡市で会社やお店を経営されている方、ゴミ、廃棄物の処理でお困りではないでしょうか。豊岡市で回収してもらえない産業廃棄物は、クリーンパークへ持ち込むか、委託して業者に運搬、処分を依頼することになります。

産業廃棄物を処分するにあたり、どのような業者に依頼するべきか、お悩みかもしれません。業者の中には悪質な会社もございます。産廃業者の不法投棄や環境汚染などが問題になることがございます。また、法外な料金を請求する会社もあるそうです。

産廃業者のなかから、安心して任せられる業者を選びたいものです。そこで、豊岡市でも実績のある業者「相場屋」にお任せください。「相場屋」は実績と経験を積んだ作業員で作業しております。もちろん産業廃棄物収集運搬許可を取得しております。撤去や買取、清掃やリサイクルのご依頼に対応し、代行いたします。

「相場屋」はリサイクルに力を入れております。そのまま廃棄処分するより、使える資源を分別し、リサイクルする試みを行ってまいりました。また、海外へ輸出するルートも確立したことで、徹底してゴミや廃棄物を減らすよう、リサイクルするよう、企業努力を行っています。リサイクルすることで地球環境を守るという目標も持っております。リサイクルすることで、処分費用を削減し、お客様には最高のサービスで還元したいと思います。

会社から出る産廃だけでなく、お店の引越し、飲食店のリニューアル、会社の移転などの機会もあるでしょう。「相場屋」はその時々のさまざまな片付けのニーズにおこたえいたします。「相場屋」までご相談いただきたいと思います。

豊岡市で遺品整理をすることになった方

最近話題の「生前整理」は自分の意志で身の回りを整理するという片付けです。年を重ねて自分が生活しやすくモノを減らし、家の環境を改善したりします。また、自分自身にもしものことがあったときのことも考え、モノの片付けだけでなく、子供が困らないようにノートに記したり遺書を書いたりする人もいます。

それに対し、「遺品整理」というのは、ご家族に突然ふりかかってくる片付けといえるでしょう。モノの持ち主である親の意志が不明なこともありうるのが遺品整理です。遺品整理において「必要なもの」「不要なもの」の区別すらわかりません。遺品整理では、身内の意見や関係性もあり、自分ひとりの判断では許されない場合もあります。遺品整理はモノの片付けと思っていたら、作業に加え、精神的な負担に悩まされた、という話も聞きます。

たとえば、豊岡市にある実家がそのまま残されてしまった場合、遺品整理はほとんどが不用品の処分と言えるかもしれません。しかし、大事な書類や貴重品が紛れている可能性もあります。思い出の品物や手紙や写真が出てくることがあります。処分されていれば考えないで済むことですが、手紙などで遺品整理の片付けの手が止まる、ということもあります。実家は誰も済まないので、空き家にしておくとしても、中の家財を放置するわけにもいきません。遺品整理するなかで、貴重品が含まれている可能性もあります。しかし、誰も住まないなら不用品は撤去、処分しておきたいところです。借家の場合は期限があったり、早く片づけをしなければならないこともあります。遺品整理を大急ぎでやって後悔しても実感

また、遺品整理するとは思っていなかったので、親から何も聞いていなかった、という方も多くおられます。遺品整理は突然ふりかかるかもしれない、というのはその立場になって実感するのかもしれません。そこで後悔しても始まりませんが、責任のある遺品整理の作業は負担となります。遺品整理なので、自分のものではないだけに、処理に時間がかかるかもしれません。ひとつひとつ不用品なのかどうか、思い出と向き合いながら、価値はあるのかなど、確認しながら処分しますよね。遺品整理することは大きなストレスだと感じる方もおられます。

片付けの専門業者「相場屋」は遺品整理に関しましては実績があります。お客様のご要望に沿って遺品整理の片づけを進めていきます。遺品整理を早く終わらせたいので、一気に全部片付け処分したい、ということも可能です。確認しながら何回かにわけて、少しずつ、という方法もございます。

また、親が収集していたものなので、価値のありそうなものがのこされ、お困りではないですか。自分で店に持ち込んで査定することがこまめにできる方はよいですよね。しかし、遺品整理に追われている場合は難しいかもしれません。

まして、豊岡市に住んでいるのではなく、親の実家なので週末に通いながら遺品整理をしている、という場合は時間がありません。価値のあるものは廃棄せずに買取をしてもらいたいというご希望に「相場屋」はおこたえします。不用品と思っていたら、意外な値段で買取してもらった、というお客様もおられます。売却希望の場合は、価値を査定のうえ、買取もいたします。不用品となれば撤去や回収を代行いたします。

片付けの専門業者「相場屋」は、遺品整理で片付けを代行する場合、不用品をそのまま廃棄しません。価値がないという場合でも、分解し、素材ごとに分けてリサイクルいたします。リサイクルすることで、コストを抑え、お客様の片付けの料金にサービスしていきたいと思っております。

地域ブログ» MORE

対応地域