神戸市・尼崎市・姫路市の不用品回収・片付け・遺品整理・ごみ処分・粗大ごみや引越しなら、相場屋へ。価格も安く、お見積もりも無料です。

サブイメージ

不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、粗大ゴミの処分のことは相場屋にご連絡下さいませ。

養父市で不用品の片付けや粗大ゴミの処分、ゴミ屋敷片付けのお手伝いは相場屋へ!

養父市の不用品・片付け・ごみ処分について

養父市(やぶし)は、兵庫県北部の但馬(たじま)地域に位置します。JRだと八鹿駅、山陰本線の養父駅となります。大阪、神戸、京都からはいづれも特急で2時間あまりです。人口は約2万6千人、面積約422平方cmとなります。そんな相生市を次のように紹介していきましょう。

  1. 養父市ってどんなところ?
  2. 養父市の生活環境や制度は?
  3. 養父市のゴミ取組について
  4. まとめ

養父市ってどんなところ?

養父市は2004年、八鹿町、養父町、大屋町、関宮町の4つの町が合併してできた市です。2014年には「国家戦略特区」に指定されました。中山間地農業の改革拠点と位置づけられています。農業に関して規制改革を実現し地方創生につなげていこうとしています。

南部には1900年初頭に日本最大の「スズ鉱山」であった「明延鉱山」があります。現在は坑道見学や鉱山用軌道の「一円電車」などで観光地となっています。

兵庫県最高峰の「氷ノ山」があり「氷ノ山国際スキー場」が、「鉢伏山」には「ハチ高原スキー場」があり、関西有数のスキーのエリアとなっています。

養父市の生活環境や制度は?

養父市は「田園回帰のまちで暮らす やぶぐらし」と銘打ち、日本一農業をしやすいまちをめざしています。就農就職支援に力を入れています。移住体験や空き家バンク、空き家改修補助金など様々な制度があります。

子育てのサポートも充実していて、認定こども園の待機児童はゼロだそうです。こども園の通園バス、病後児保育もあります。小中学生の第2子以降の給食費が半額、医療費は小4から中3まで全額無料です。

養父市のゴミ取組について

養父市ではゴミの分類を「燃やすゴミ」「不燃ゴミ」「危険ゴミ」「大型ゴミ」「資源ゴミ」としています。資源ごみはさらに「缶」「びん」「ペットボトル」「プラスチック製容器包装」「紙製容器包装」と分類されます。

「燃やすゴミ」は指定のゴミ袋で、ペットボトルやプラスチック製容器包装、紙製容器包装は専用の「折りたたみ回収ボックス」にて回収となるそうです。

また、大型ゴミは有料で、一点ごとに指定シールを購入し、大きさによって300円から900円とシールの枚数で区別します。

また、引越しのゴミなどの一時多量ゴミは収集してくれないので、直接南但クリーンセンターに持ち込むことになります。その場合は10kgにつき100円の処理手数料が必要となります。

まとめ

いかがでしょうか?養父市は古くから氷ノ山、鉢伏高原が冬はスキー場、夏はスポーツの合宿活動の拠点となってきたので、なじみのある人も多いでしょう。積雪も多いですが、四季の移り変わりを感じながらの田舎暮らしを楽しめる土地です。

ゴミの分別や処理にも力を入れ、ゴミのパンフレットでは「もったいない」から始めましょう、リサイクル商品を買いましょう、などと呼びかけています。自然の美しい養父市を守るためには大切なことでしょう

平成26年に国家戦略特区の指定を受けたことで、農業の振興にさらに力を入れています。若い世代が移住してくることで、自然や環境を大切にした世代が育ち、将来につなげていくことを願いたいですね。

養父市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さいませ!!

養父市は1965年に4万人いた人口が現在は2万3千人と減少しています。そんな養父市にお住まいの方で、おうちの片付けや空き家、ゴミの問題を抱えている方もおられると思います。高齢化が進み、空き家が放ったらかしで気になる、実家の親が亡くなって遺品整理と片付けをしなければならない、などもよくある例です。また、引越しやお店、会社の移転などで手を借りたいけど、信頼できる業者が少ない、わからないということもあるでしょう。

また、高齢化にともない、お年寄りの生活能力の低下も問題になります。養父市のゴミ出しのルールがあるけど、うまくゴミの処理ができず、不用品や粗大ゴミが家にたまっていくこともあります。

以上のようなお困り、お悩みをかかえていたら、信頼のおける片付けの専門業者に相談ください。片付けの専門業者「相場屋」なら、粗大ゴミ、不用品、ゴミ屋敷清掃、大掃除、廃品回収などを手際良く代行いたします。

それでは具体的にどのようなお悩みがあるのか、片付けの専門業者「相場屋」ならどのようにお力になれるのか、などを紹介していきたいと思います。

目次

  1. 養父市で遺品整理をする方へ
  2. 養父市に空き家があって処理に困っている方へ
  3. 相生市で空き家の片付けをしたいという場合
  4. 養父市でリサイクルに関してお悩みの方
  5. 養父市で急いで引越ししなければいけない方
  6. 養父市でゴミ屋敷に困っている方

養父市で遺品整理をする方へへ

養父市に住んでいた親が亡くなったけど、家の片付けや遺品整理をする時間がない、ということがあります。昔はご遺族が遺品整理をすることが当たり前とされていました。しかし、少子高齢化や核家族が増えたことなどによって、遠くの家の片付け、遺品整理まで手が回らない、という状態が多くなってきました。そこで、片付けや遺品整理を専門業者に依頼することも珍しくなくなってきました。

でも、家がすっきり片付いていない場合、どこに何があるか、ご遺族ですらわかりかねるわけです。大事な品物、書類などがあるかもしれません。片付け、遺品整理を業者に依頼する、といっても不安が残りますよね。

片付けの専門業者「相場屋」では、「遺品整理士」が在籍しております。これは、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法律の知識を、正しく身に付けた証です。単に遺品を処理、片付けるということではなく、生前使われた故人の大切な品を供養する、という精神で取り扱っております。

このように遺品整理士がお片付けの手伝いをさせていただくことにより、ご遺族様は安心して作業をまかせることができると思います。

養父市で遺品整理についてお悩みがあれば、ぜひ「相場屋」までご連絡ください。責任をもって処理をいたします。

養父市に空き家があって処理に困っている方へ

高齢化・過疎化が進む養父市では「空き家」「空き地」が増えていっています。そして管理がしきれず、問題が発生しているといいます。

家というものは人が住まなくなって、窓や戸を閉め切ると傷みやすくなるのです。空き家が降雪のために崩壊したり、屋根瓦、外壁の落下などが起こったり、その問題も様々です。雨漏りが起こって放置されつづけると、腐食も進みます。

養父市では平成16年に「養父市環境保全条例」が施行されました。空き家、空き地の管理について条例を守らず、管理ができていないと認められると勧告され、市から措置が命じれます。

もし、養父市の実家が空き家になっている、ということでしたら、ぜひチェックをしてください。不用品や粗大ゴミなどが置かれていないでしょうか。また、近隣に危険を及ぼしていないか、不衛生でないか、をチェックし、不都合があれば、早急に修復、片付けを行うべきです。

なかなか空き家の片付けまで手が回らないという場合は、ぜひ片付けの専門業者に依頼してください。片付けの専門業者「相場屋」ではお見積りは無料です。

「積み放題パックプラン」があり、例えば軽トラックパックですと15,000円から2万円となっています。他にもお部屋の数による料金、家電や家具など単品での回収料金も提示させていただいております。一度お見積りするとその後の追加料金はいただきません。安心しておまかせください。

養父市でリサイクルに関してお悩みの方

養父市では資源ごみを集団回収する活動(リサイクル活動)をおこなう団体を支援しています。子供会やPTA、自治会などで古紙や缶、ビン、ペットボトルなどの回収にたいして助成金を支払っているんです。平成27年度には41団体のリサイクル活動で960tの回収を行ったそうです。

リサイクル活動には協力したい、資源を無駄にはしたくない、という気持ちはあるけど、次のようなことはありませんか?なかなか回収のタイミングが合わない、品目ごとの分別が面倒だ、分別のルールがよくわからずゴミ収集されずに戻ってくる、そんなことで資源ゴミがたまってしまう方もおられます。

また、資源ゴミでなく、まだ使えそうで処分できてないものがおうちにたくさんありませんか?新しいものを買ったけどまだ使える家電製品、買ってほとんど使っていない雑貨類、袖をとおしていない服などです。

そういうものはもったいないので誰かにあげよう、リサイクルショップなどで買い取ってもらおうなどと考えていませんか?でも、いつかそのうち、という間に時間が経っていきます。時間がたつと価値が下がっていきます。

高齢者のお宅だと、運ぶ手段がなく、リサイクルショップに持っていくことができないこともあるでしょう。また、ご本人にとって価値あるものでもリサイクルショップで必ず買い取ってもらえるとは限りません。

もったいないという気持ち、リサイクルすることにこだわるあまり、結局機会をのがしてしまっては何もなりません。

そうなる前に、ぜひリサイクルの専門業者にご相談下さい。リサイクルの専門業者「相場屋」は片付けのお手伝いをし、運び出し、ご希望により掃除もいたします。価値のあるものなら買取もいたします。

リサイクルの専門業者はいくつかあるかもしれません。でも、料金は統一されていません。ですのでぜひリサイクルの専門業者「相場屋」にご相談いただき、見積りを依頼ください。無料ですので、他社と比べて判断していただいくことも可能です。

リサイクルの専門業者「相場屋」は地球環境に配慮した仕事をさせていただいています。回収した不用品はそのまま処分することはいたしません。細部までに分類し、それぞれの素材ごとにリサイクルさせていただいております。その分、処分の費用を抑え、お客様への料金に還元します。

養父市で急いで引越ししなければいけない方

養父市に暮らしていたけど、急な転勤が決まり引越ししなければならなくなった時、どれだけのことができるでしょうか。

手伝ってもらえる人がいればいいのでしょうが、仕事をしながら引越しの手続きをしていくのは大変です。引越しする今の住居だけでなく、引越し先の手配や手続きも必要です。

転勤の場合、辞令が出たらすぐ、という場合も多く、以降引越しにかかわる手続きに追われることでしょう。すっきり片付いている家ならともかく、まずは不用品やゴミなどを処分し片付けするところから始めるような状態かもしれません。どれだけ時間がかかるかわかりません。

仕事をしながらゴミを分類してそれぞれの回収日にゴミ出しすることだけでも手間がかかります。全ての荷物を詰めて引越しをしのいだとしても、引越し先の生活があるのです。引越し先に不用品を持っていくことでまた片付かない状態がしばらく続くかもしれません。その悪循環は断ち切りたいですよね。

では、期限までに不用品を処分し、引越しを終え、新居に移るにはどうしたらよいでしょうか。それは「片付けの専門業者に依頼する」ことで解決しましょう。引越しの業者は依頼しても、片付けまでしてもらうなんて!と思われるかもしれません。

引越しを機会に、すっきりと片付いた住居で、前向きな生活へ変えることができるかもしれません。そのために、今の生活の中から不用品、粗大ゴミはすべて処分しましょう。新しい生活のための投資だと考えてみてはいかがでしょうか?

片付けの専門業者「相場屋」は、お急ぎの場合、ご依頼の当日引き取り・ご希望日にも出来る限りご対応致します。そして、曜日やシーズンでの追加料金は頂いておりません。急な引越しにもお役に立てることでしょう。

片付けの専門業者「相場屋」、お引越しの場合もご相談いただけます。ぜひ無料のお見積りでまずはお考えください。

養父市でゴミ屋敷に困っている方

ゴミ屋敷と聞くと、特殊なものだと思いがちです。メディアに取り上げられている状態はかなりひどいものだったりします。でも、外観はそれほどでなくても、家の中に入るとあらゆるものが山積みで足の踏み場もない、という状況があるのです。

ゴミや不用品を持ち帰ってゴミ屋敷にしている人もあれば、高齢などで片付けができなくなって、仕方なしにゴミ屋敷といわれる状況になっているという人もいます。老化により、ゴミを分別したり片付ける能力が落ちることは誰にも起こるといわれています。

もし、自分の親がそういう状態になっていたら、どうでしょうか。そのまま暮らすにしても、引き取って一緒に暮らすことにするにしても、ゴミ屋敷の状態は解決しなければいけません。

そこで一気に解決するには、片付けの専門業者に依頼することが一番でしょう。片付けの専門業者「相場屋」でしたらゴミ屋敷の片付けも迅速にさせていただくことができます。

ゴミ屋敷といってもご本人にとっては大事な住居であり、家財です。全部回収、処分してもらいたくない、ということはあります。不用品、粗大ゴミかどうかはご本人でないとわかりません。ゴミ屋敷のなかに処分したくないものがあっても、おまかせください。時間はかかりますが、立ち会っていただいて、確認しながら作業をすることも可能です。

もちろん、作業は責任を持って行いますので、立ち会いがなくても大丈夫です。ゴミ屋敷からゴミを片付け、粗大ゴミや不用品は回収し、必要であれば清掃、消毒もいたします。プロの仕事として経験を積んだスタッフが作業いたしますので、ゴミ屋敷が一転してすっきりすることになります。

ゴミ屋敷を目にすると途方にくれる方も多いですが、作業はすべてプロの片付けの専門業者にまかせることで、ゴミ屋敷となってしまった住人の気持ちに寄り添う時間を作ってさしあげてはいかがでしょうか。

ゴミ屋敷が片付いて、高齢者の方が元気になった、という事例もございます。ゴミや不用品に囲まれていては精神的にも悪影響がでるそうです。ゴミ屋敷から一転、すっきりした部屋で暮らすことで、新しい気持ちで新しい暮らしをされることが可能かもしれません。

片付けの専門業者「相場屋」でしたらお見積りは無料です。まずは現状をお知らせいただき、ご相談ください。どんなゴミ屋敷であってもご依頼いただければ、お力になれると思います。

養父市で倉庫、納屋の片付けをしようという方

養父市で一軒家をお持ちの場合、昔ながらの倉庫や納屋がある、という方も多いと思います。

どこの家でも量の多少はあっても、乗らなくなった自転車や暖房器具などの電化製品、家具などが収納されているはずです。他にも、未使用のいただきものや趣味の用品、アルバム、過去の書類、ひな人形やこいのぼりなどの季節に使うものなど捨てるに捨てられないものがあるのは当然だと思います。

それでも再び使う時期を逃し、不用品、粗大ゴミと化してしまった時には片付けて処分するのに人手と時間が必要になってしまいます。

そこで近年は片付けの専門業者に処理を依頼する方が増えてきています。片付けの専門業者「相場屋」もそのようなお仕事をいただくことが増えています。

倉庫や納屋の中をまるごとを片付け、不用品を回収し、粗大ゴミの処分をする、プロの専門業者ならば迅速に処理いたします。片付けの専門業者「相場屋」では、料金は品目やプランによって異なりますので、ぜひ無料相談・見積りをお試しください。

養父市で生前整理を考えている方

遺品整理についてお話ししましたが、最近は生前整理ということばも話題になっています。自分が生きているうちに自分の持ち物を片付けて物を減らしておく、そうすることで、いざという時に残された配偶者や子供に負担をかけない、という考え方でしょう。

また、今すべて片付けなければいけないとわけではありません。いま持っているもののなかでも「これだけは残しておきたい」というものがあれば、それを意思表示する、という形も生前整理だといいます。そうすれば、残された家族もそれは残し、思い切って他の物を処分することができると思います。

日々の生活の中で、ものを減らしていくのはたいへんな作業かもしれません。ですからどんどん捨てるというより、使うものを見極めることで、まだこれから生きていく自分の生活を見つめなおすことから始めましょう。そして、次の世代に残したい思い出のものを絞り込み、あと残った年数をどう過ごすか、人生設計を決めていくことをおすすめします。

「使うもの」「思い出の物」が残ってシンプルに暮らすと新しいものが入ってくる余裕が生まれるといいます。

地域ブログ» MORE

対応地域