Monthly Archives: 5月 2019

//5月

加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介!

加西市で飲食店などの店舗を経営させていらっしゃる方も少なくないでしょう。
今回は加西市で実際に弊社が対応させていただいた店舗の不用品回収の事例をご紹介させていただきます。

店舗の場合、一般の方と荷物の処分方法も異なりますし、業務用に作られた什器などもお持ちだと思いますが、その具体的な処分方法がわからないということもあります。

以下の事例と、自分の悩みを見比べてみてはいかがでしょうか?

長く経営した居酒屋

今回ご依頼いただいたのは、加西市で20年間ものあいだ居酒屋を経営されてきたK様。
長く地域に親しまれて営業されてこられたのですが、ご自身が高齢になり今後はゆっくりと奥様と暮らして生きたいということ、さらにご子息が畑違いの仕事に就かれたということで今後は店員として働かれていらっしゃった方にお店を譲り、自分は引退したいというご相談をお受けしました。

ただ、今回K様のお店で使われていた什器、またテーブルやいすは非常に年季が入っており、その居酒屋の跡を引き継ぐ店員の方のためにも不要なものは処分し、入れ替えられるようにしてあげたいというご要望でした。

店内は25坪程で、基本的にはテーブルをならべ一部カウンターとされていました。

今回、まずはこのテーブルとそれに対応する椅子、またカウンターチェアーを全て回収してもらいたいということ。
さらに、お皿でも一部不要なもの、また業務用冷蔵庫と業務用ストッカーの引き取りもご用命いただきました。

製氷機はまだまだ現役として使えるからそのまま、またフライヤーは4年ほど前に替えられたものだったため、そのままにしておいてあげたいとのこと。

ご依頼いただいたお荷物を全て搬出させていただきました。
通常、業務用冷蔵庫や冷凍ストッカーは産業廃棄物になります。しかし、今回のお客様のご要望としてリサイクルできるものは買取してもらいたいとご要望いただきましたので、わずかとはなりましたが作業代金から差し引きさせていただきました。

作業が終了すると、長年営業されてきたお店が空っぽになるのに少し感慨深そうなご様子。
また跡を継がれることになった店員の方も緊張したような、期待したような、そんな面持ちでいらっしゃいました。

店舗の不用品回収でもお任せください

今回ご依頼いただいたのは飲食店様でしたが、当然それ以外あらゆる業種の店舗の不用品回収を受け付けさせていただいております。

加西市は近隣地区のベッドタウンとしても人気。
その分、地域に密着したサービスを行われている店舗も多いでしょう。
そういった小規模な店舗からでも作業させていただくことは可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください。
お電話用お問い合わせバナー

加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介! 2019-05-13T16:48:22+00:00

引越し作業を甘く見るな!面倒な引越し作業の一部をご紹介!

引越しの作業ってどんなイメージをお持ちですか?

例えば引越し先に持っていく荷物、もしくは不要な荷物を分別したり、時間がある方などであれば、引越し先に欲しいものを予め購入し、引越し当日に送ってもらったりと準備のいい方もいらっしゃるかもしれません。

でも、引越しの作業って想像以上に様々なことが必要になるの、ご存知ですか?

引越しの面倒な作業

「今日、引越し作業しないといけないから」と言われたら、まず連想するのは荷物をまとめるいわゆる梱包作業でしょう。
そこから派生して、いるものといらないものに分ける分別作業が必要になるのはお分かりいただけるのではないでしょうか?

しかし、引越しの作業はこれだけでは済みません。
では、下記に引越しの際に必要となる他の作業について考えてみましょう。

不用品の処分

分別した時に出る不用品、「またゴミステーションで捨てればいいやー」くらいに考えている方も意外といらっしゃるんですよね。

でも実際、引越し時にはかなりのゴミを出される方のほうが多数派なんです。
引越しの分別作業を行うと、自分の所有物のほとんどに目を通すことになります。

もう着ない服とか使わない雑貨などを処分していくうちに、「この家具も新しいものに買い替えたいな」などという気持ちになってくるものです。
そのようなことになると、粗大ゴミとして処分する必要もでてきます。

粗大ゴミ処分は自分でクリーンセンターに運びこむ、もしくは戸別回収を依頼する必要がある自治体がほとんどですので、事前に確認していないと日程などの関係で困ることになるかもしれません。。。

退去後の掃除

引越しが終わって一件落着、、、と思いきや、自宅の片付けを行う必要があります。
賃貸の場合、基本的にはもう一度貸し出すまでにハウスクリーニングの作業を行いますが、それでも退去時には最低限の清掃を行う必要があります。

荷物を出した後にお部屋は本当に広く感じるもの。
引越し作業を甘く見るな!面倒な引越し作業の一部をご紹介! 2019-05-13T16:48:09+00:00

大型ゴミの捨て方は?加西市での粗大ゴミ処分の特徴に迫る!

自宅もしくは会社のオフィスであっても大型の家具というものは非常に処分に困るものです。
加西市は兵庫県の中でもベッドタウンとしても意味合いを持つため、より自宅にある家具の処分に困られている方が多いのではないでしょうか。

粗大ゴミは自治体の回収を利用することも可能ですが、必要になる要件もあり、決して簡単に処分できることではありません。

加西市で粗大ゴミを処分するならどのような方法を選択するべきなのでしょうか?

自宅から大型ゴミを処分する場合

自宅から粗大ゴミや大型家具などの大型ゴミを処分したいとい方、どのように処分すればいいかご存知ですか?

加西市の場合、粗大ゴミを処分する際は加西市クリーンセンターに持ち込む必要があります。
日程も限定されており、 大型ゴミの捨て方は?加西市での粗大ゴミ処分の特徴に迫る! 2019-05-13T16:47:57+00:00

西脇市での遺品整理!生前整理も踏まえ作業について考える!

西脇市にお住いの方で遺品整理にお悩みの方はいらっしゃいませんか?

遺品整理は突然ふりかかってくるもの。
当然、準備してある程度不要なものは整理して暮らしている方もおられますが、高齢者にとってモノを減らして整理する、ということは簡単なことではありません。

遺品整理のことなら、業者に相談するというのも一つの手です。

故人のお宅の状態をご存知ですか?

遺品整理が困難になりがちなのが、住んでいた方が生活していたそのままの状態で亡くなられた、というようなケースです。

年配の方の中には様々な原因が考えれらますが、日用品や生活雑貨などを過剰にストックしているということがよくみられます。
このような場合だと、大切な遺品を分ける作業どころかこのような不用品を処分するだけでも一苦労です。

遺品整理をする際に初めて家の中がそのような状態であることを知った、ということも珍しくなく、故人の葬儀後に急遽ご連絡をいただくといことも少なくありません。

遺品整理は想像以上に手間のかかる作業になります。
まずは一度お宅の状況を確認してみることをオススメします。

生前整理はどうなの?

遺品整理が大変なのなら、生前に打ち合わせの上処分しておけばいいのでは?とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、生前に一緒に整理、片付け、処分をしようとすると、意見があわずケンカになったということも少なくありません。
確かにご本人からすると家にあるものなのですから、不用品ではないという考え方を持つことでしょう。

とはいえ、それも含めてコミュニケーションをとるということはマイナスではありません。
西脇市での遺品整理!生前整理も踏まえ作業について考える! 2019-05-13T16:52:03+00:00

廃棄物をリサイクル!リサイクルに関する法律をみてみよう!

廃棄物に対してリサイクルの対策を行うことは、生活環境を守ることにつながります。
また、資源を有効利用するというメリットもあります。

今回はそんなリサイクルに関する法律についてみていきましょう。

施行されてきたリサイクルについての法律

各種リサイクルに関する法律も徐々に整備されてきました。
以下で各法律についてみていきましょう。

容器包装リサイクル法

「容器包装リサイクル法」は平成7年に。

瓶・缶・包装紙・ペットボトルなどの分別回収やリサイクルを促進。容器包装廃棄物の排出抑制、分別収集、リサイクル等に関する法律です。

家電リサイクル法

「家電リサイクル法」は平成10年に。

エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビなどの家庭用の電気製品(使用済)について製造業者・輸入業者に回収とリサイクルを義務化するものです。

小型家電リサイクル法

「小型家電リサイクル法」は平成24年に。

使用済みの携帯電話・デジタルカメラ、ゲーム機などの小型家電製品からレアメタルなどを取り出してリサイクルすることを促進する法律です。

建設リサイクル法 /h3>
「建設リサイクル法」は平成12年に。

コンクリートや木材などの建設資材のリサイクルを促進する法律です。

食品リサイクル法

「食品リサイクル法」は平成12年に。

食品に関する製造業者・加工業者・販売業者に食品のゴミのリサイクルを促進する法律です。

自動車リサイクル法

[…]

廃棄物をリサイクル!リサイクルに関する法律をみてみよう! 2019-05-13T16:47:23+00:00

西脇市で引越しを行う際に気を付けておきたいポイント!

約4万人の方が暮らす西脇市。
最近では少しずつ人口も少なくなってきていることから、引越して市の外に出ていく方も少なくないでしょう。

家の引越し、単身赴任が決まった、会社の引越し、店舗の移転など、さまざまな「引越し」があると思います。

今回は西脇市における引越しについてみていきましょう。

大変な引越し業務は大きな負担に

ご経験がある方はわかると思いますが、引越しするとなると煩雑な手続きや片付けの作業をつぎつぎとこなすことが必要になります。

引越しは単なる荷物の移動だけではないですよね。
新しい住居、事務所、店舗に合わせて古いものや不用品は廃棄処分する必要も出てきます。

ということは、普段の生活をしながら、また、日々の会社での業務を続けながら引越しの準備をしなければいけません。

不用品と引越しの荷物を選別しながら準備を進めていくというのは非常に大変な作業なのです。

引越し前に覚えておきたいこと

上記でも述べた通り、引越しの際には不用品を処分しておくべきです。

当然絶対に処分しなければならない、というわけではありません。
しかし、大型の家具で新しい物件に荷物が入らないということであれば処分しておかなければ後々大変な目に合うことになります。

さらに、引越しした後に不用品を処分することになるとさらに業者に依頼しないといけないことになりますから、料金ばかりがかさんでしまう可能性が生じてしまいます。

引越しする前というのは、次に持っていくものの分別から手をつけたり、意識してしまいがちですが、まずは不要なものをどうするのかを考えることが重要です。

自分で処分するのか、引越し業者に依頼するのか、不用品回収業者に依頼するのか、はたまた引越し先に持っていくのかをきちんと整理することから始めましょう。

最後に

慣れない引越しに戸惑われている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、引越しの際に重要なのは引越しの内容をしっかり決めることです。

引越し先のインテリアを新調するのであれば、その分不用品の量は増えるでしょう。
その場合、 西脇市で引越しを行う際に気を付けておきたいポイント! 2019-05-13T16:47:05+00:00

西脇市のゴミに対する取組みをみてみよう!

兵庫県でもやや北部に位置する西脇市。
東経135度線、北緯35度線が交差していることから、「日本のへそ」としても有名です。

人口はやや減少傾向にあるものの、現在でも約4万人もの方がこの西脇市で暮らしています。
さて、ではそんな西脇市はどのようなゴミへ対する取り組みをおこなっているのでしょうか?

西脇市におけるゴミの分別方法は?

西脇市のゴミ処理は西脇市富吉南町の「北播磨清掃事務組合みどり園」が行っています。
みどり園は西脇市、加東市、多可町のゴミを処理しています。

このように、複数の市をまたいでゴミを回収する施設がある、というのは珍しいことかもしれません。

このみどり園を利用してゴミを処分する西脇市では、ゴミステーションに出せるゴミは大きくわけて2通り。

可燃ゴミステーションには「燃えるゴミ」「容器包装プラ」「ペットボトル」。
不燃ゴミステーションには、「びん」とガラス食器や蛍光灯、陶器、乾電池などの「その他の不燃物類」を出します。

また、粗大ゴミはみどり園までに所定の日程で持ち込むか、電話による事前予約を行い、戸別に回収しに来てもらう必要があります。

リサイクルプラザで不用品に新たな命を!

「みどり園」の施設内には「リサイクルプラザ」があります。

リサイクルプラザにはリサイクルに関するさまざまな施設があり、一例として「再生処理ルーム」(家具類をリサイクル修理し、抽選販売)・「Rショップ」(リサイクル衣服や古本の販売)・「体験ルーム」(使用済み廃食油や牛乳パックから石鹸や箸置きを作りリサイクルする体験)などが挙げられます。

他にも「研修ルーム」(ゴミ博士のリサイクル講座、研修会の開催)・「学習ルーム」(さわって楽しんで学ぶリサイクルゲームなど)・「映像ルーム」(ごみリサイクル関係のビデオ映画を放映)と、ゴミやリサイクルに関することを楽しみながら学べる仕組みとなっています。

もったいない、と普段から感じることがリサイクルやゴミを減らす上では非常に重要なことです。
このような取り組みは、子供のころからそのことを理解するのに非常に大きなメリットがあるのではないでしょうか?

レジ袋を無くしてゴミ&資源を節約!

また、リサイクル運動が推進されてきた現在でも買い物でレジ袋を当然のようにもらうという方も少なくありません。

西脇市のゴミに対する取組みをみてみよう! 2019-05-13T16:50:03+00:00

ゴミ屋敷から脱却!引越しでゴミ屋敷を片付ける方法とは?

お家がゴミ屋敷でお困りという方も少なからずいらっしゃると思います。
そんな方にとって引越しはゴミ屋敷から脱却する大きなチャンスだといえます。

では、このチャンスをどのようにして活かすのか考えてみましょう。

そもそもゴミ屋敷から引越しは可能?

そもそも、ゴミ屋敷の状態から引越しをしてもらうことは可能なのでしょうか?

ゴミ屋敷といっても様々な状況が考えられます。
しかし、多くの場合で不用品が大量にあることがほとんどですので、実際引越しのまとめ作業などを行ったもらうのは難しいケースがほとんどです。

つまり、引越しを行うのであれば事前にゴミを片付けておく必要があるのです。
以下にゴミを片付ける方法をまとめてみました。

自分で片付ける

まずは、自分で片付けるというのがコストもかからず、自分のタイミングで行うことができます。

しかし、一方で引越しの場合だとここまでに処分しないといけないという日程が決まってしまっていることも少なくないでしょう。
このような場合だと、大量のゴミを一人で期日までに片付けるというのはなかなか難しいかもしれません。

また、水回りの汚れが強い場合だと自分ではなかなか落とすのは難しいかもしれません。

コスト面など様々な意味でメリットはあるものの、かなりの大変な作業になるということは覚悟しておく方がいいでしょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するという選択肢もあります。
ゴミ屋敷から脱却!引越しでゴミ屋敷を片付ける方法とは? 2019-05-13T16:46:41+00:00

法人内の不用品、誰がどのようにして捨てるべき?

法人の特徴というのは、各物品がみんなの共有物である場合が多いということ。
邪魔だと誰かが感じていても、「そこにあるということは誰かにとってはいるモノ?」と言い出しにくい環境になっているかもしれません。

このように、法人だからこそ捨てにくい環境やモノというのは存在しますよね。
法人内の不用品の正常化、どのように行えばいいのでしょうか?

捨てづらいオフィスの不用品

会社でも必ずといっていいほど不用品は存在します。
当然、ゴミ箱に捨てているゴミは何らかの方法で日々処分していることでしょう。

しかし、部屋を見回してみてください。
使わなくなってしまった、いや、むしろ邪魔に感じるほどの不用品がありませんか?

法人の場合、こういったものを自己判断のみで処分するのが難しいというのが特徴的だといえることができると思います。

というのも、法人の場合、 法人内の不用品、誰がどのようにして捨てるべき? 2019-05-13T16:31:25+00:00

加西市の家電の処理は?小型、大型の両方を解説!

加西市ではパソコンや携帯電話などの小型家電は分別することで収集を受ける事ができます。
しかし、家電ゴミというのはなかなか処分に困りますよね。
パソコンや携帯電話なら個人情報の漏えいも少し心配だったりするし…。

加西市で家電を捨てるなら、どのようにすればいいのでしょうか?

加西市の廃家電の扱いは?

加西市は他の自治体に比べても比較的家電の処分については優遇されているといってもいいでしょう。

デジタルカメラ、DVDレコーダー・プレイヤー、ICレコーダー、USBメモリ、家庭用プリンター、電子書籍端末、ヘアドライヤー、電子時計、携帯型ゲーム機、これらは資源ごみの小型家電と分類されており、それぞれ個人情報にまつわるデータは自分で削除する必要がありますが、処分自体は市で収集してもらうことが可能です。

他の自治体では家電を収集の対象にしていないところも少なくありません。

こういったところから考えると、加西市はゴミの分別を行えば回収してもらえるということから比較的に暮らしやすい土地だということが出来るのではないでしょうか?

また、大型の家電の場合はどうなるのでしょうか?
実は、家電リサイクル法によって、大型の家電に対しては決まった処分方法があります。

加西市が斡旋している方法は、
・買い替えの場合は買い替え先の店舗で引取りを依頼する
加西市の家電の処理は?小型、大型の両方を解説! 2019-05-13T16:31:03+00:00