Monthly Archives: 5月 2019

//5月

加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る!

兵庫県南部に位置する加西市の問題点は少子高齢化、産業の発展性など決して少なくはないといえます。
その中で今回はゴミ問題にフォーカスをあてて考えてみましょう。
ゴミ問題はいろいろな自治体が持つ問題でもありますが、御多分に漏れず加西市でもゴミの問題はあるのです。

加西市が抱えるゴミ問題

ゴミの問題というのは生活の水準の増加、産業の発展、県外からの移住者の増加など様々な要素によって増加していきます。

加西市は古来より肥沃な土地と知られ、近年では車でも公共交通機関でも都会へのアクセスが良く、また子育てに便利な制度や施設、また近隣で買い物を完結出来てしまうことから、移住先としても人気が高い地域です。

しかし、移住者が多いということは分別など加西市におけるゴミのルールをまだ理解していらっしゃらない方の数も多いということ。
その分、ゴミのトラブルに陥ってしまう可能性も少なくありません。

また、移住者が増えるとより便利になるように土地開発が行われます。
環境や居住者への単純な影響もありますが、確実にゴミへの影響というのも訪れます。

加西市の今後を考えると、発展とともにゴミの問題が比例するように増えてくる可能性があるのです。

加西市のゴミに対する取り組みは?

そんな問題を抱えている加西市、どのようにゴミに対する取り組みを行っているのでしょうか?

加西市では、分別収集は当然のこと、その他にも焼却及び埋め立て処分を必要とするゴミの量の削減に努めています。

また、平成4年には加西市ごみ減量化機器設置補助金制度も制定され、生ゴミの処理する機器の補助を行うことでよりゴミの削減に努力しているのです。

それ以外にも、家電リサイクル法や容器包装リサイクル法などでリサイクルについても推進しています。

加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る! 2019-05-13T16:30:46+00:00

資源リサイクルとは?リサイクルについて考えよう!

日常の中で何気なくゴミにしているものってありますよね。
なかなかゴミのことまで意識している方は少ないかもしれませんが、ゴミの中にもリサイクルできるものがあるんです。

日々の生活にリサイクルを取り入れるように意識してみませんか?

リサイクルの意味、ちゃんと理解していますか?

リサイクルは現代社会の必要項目と言っても過言ではありません。
しかし、リサイクルという言葉がもっとも一般的なのは、衣類や嗜好品などを高価で買い取ってもらうということではないでしょうか。

でも実は、これはリユースに分類されるのです。
日本では「リサイクルショップ」という名称が一般的なため、リユースという言葉よりもリサイクルの方が一般的で、なおかつその言葉の意味を誤認されている方も少なくありません。

リサイクルの本来の意味は「再生利用」。
資源リサイクルとは?リサイクルについて考えよう! 2019-05-13T16:30:18+00:00

加西市の遺品整理!作業ならお任せください!

大切なご家族が亡くなられたとき、葬儀は当然のことながら、遺品整理を行う必要があります。
とはいえ、そんな時にすぐに気持ちは切り替えれませんよね。

遺品整理のお手伝いなら、弊社にお気軽にご連絡ください。

遺品整理の大変さは想像以上

加西市の人口は平成30年時点で44,524人。
少しずつではありますが、減少方向に向かっています。

その原因とは言えませんが、少子高齢化社会の影響が加西市にもみられるということでしょう。
また、成長とともに加西市から去っていく方も多くいらっしゃると思います。

遺品整理を行う際に大変なことの一つとして、よくお話しさせていただくのは「他人の家である」というケースが圧倒的に多いことです。

例えば、故人との思い出の品がどこにあるか、貴金属はどこにあるか、通帳などはどこにあるか、など、全くわからないために一気に片付けるということができません。

つまり、自分の自宅を片付けるのとはわけが違うのです。

また、遺品整理を行う時期というのにも注目してみましょう。

特に急ぐ必要ながなければ、葬儀以後親族が最も集まりやすいとされる四十九日の法要を終えた後に作業に入られるのが一般的だといえるかもしれません。

しかし一方で、賃貸住宅などにお住まいの場合だと、あまりに長期間放置してしまうとコスト面だけでも想像以上のお金がかかってしまうことになります。

つまり、遺品整理の作業は故人が亡くなられた大変な時期に、非常に大変な作業を行わなければならない、ということにもなるのです。

遺品整理の作業は弊社にお任せください

このようなタイミングでなかなか自分たちで作業する、というのは難しい部分があるでしょう。
もしそうでしたら、弊社に遺品整理の作業をお任せください。

弊社の場合、遺品整理の作業は多くの経験を持っています。
人数をかけてしっかりと作業を行いますので、故人との思い出の品や貴金属などの価値があるものもしっかりと確認させていただきます。

また、賃貸住宅の場合だと家賃などコスト面のデメリットも考えられますが、

加西市の遺品整理!作業ならお任せください! 2019-05-13T16:30:01+00:00

2度目のゴミ屋敷を防ぐ!2つのポイントでさよならゴミ屋敷!

ゴミ屋敷を一度経験している方というのも実は少なくありません。

さて、ではその経験をお持ちの方にお尋ねします。
今あなたのご自宅はきれいな状態を維持できていますか?

ゴミ屋敷は片付けるものもちろんですが、経験されている方にとっては維持するということも非常に難易度が高いでしょう。

では、どのようにゴミ屋敷を維持するかについて考えていきましょう。

ゴミ屋敷にならないポイントとは?

あなたはどのようにゴミ屋敷を克服されましたか?

自分で片付けた、あるいは回収業者に依頼されたなど様々なパターンがあると思います。
しかし、重度のゴミ屋敷の場合なかなか自分だけでは処分が難しいものですから、多くの方が業者に作業を依頼されたのではないでしょうか。

キレイになったお部屋をそのまま維持されているのであれば問題ないのですが、またもう一度ゴミ屋敷に陥ってしまうというケースも少なくありません。

とはいえ、安易に業者を呼んでしまってはコストがかかりすぎてしまい、ゴミ屋敷どころではなく生活に困窮してしまう事になります。

かといってゴミ屋敷を再度自分だけの力で改善する、というのはなかなか難しいものですよね。

以下では、ゴミ屋敷に陥らないための重要なポイントをご紹介させていただきます。

買いすぎを防ぐ

まず、購入する前によく検討するということがゴミ屋敷を防ぐ上で大切になります。

「これが欲しい」と安直に購入されたり、そうでなくとも「なくなってしまったら不安だから」と極端に買い溜めされるのはゴミ屋敷を招く原因になりかねません。

多くのゴミ屋敷に共通していえることですが、「単純にゴミを捨てていない」というケースはもちろん、「極端な買い溜め」が結果としてゴミ屋敷を招くケースが非常に多いのです。

極端に物を購入してしまうと、ゴミ屋敷になったとき新品であっても「ゴミ」になってしまいます。
金銭面から考えても、非常に損をしてしまうのは目に見えてわかることですよね。

何かを購入する際、本当に必要か、もしくは絶対に必要なものであったとしても、今いるのか、それほどの数はいるのかをしっかり考えるよう機会を作るべきだといえます。

定期的に片付けを行う

ゴミ屋敷に陥る方の多くが、日常のゴミを捨てないという傾向にあります。

例えば使ったものは使いっぱなし。
飲食物などのゴミもその場に置きっぱなしという状態にし、それから片付けないことがそもそもの原因なのです。

一度想像してみてください。

今、目の前にとてもきれいな自分が理想とするお部屋があります。
そのお部屋の台所には使用したフライパンや食器などが山盛りになっています。
もしくは、テーブルの上に使用済みの食器や食後のカップ麺の容器が残っていると想像していただいても結構です。

どうですか?不快に感じる方が大半だとは思いますが、そうでなくても決して気持ちのいいものではないでしょう。

しかし、 2度目のゴミ屋敷を防ぐ!2つのポイントでさよならゴミ屋敷! 2019-05-13T16:29:45+00:00

忙しい加西市の年末、簡単に大掃除する方法はないの!?

年末の大仕事というと、やはりご家庭では「大掃除」が挙げられるでしょう。
兵庫県のベッドタウンとしての特徴を持つ加西市においては、大掃除を行われる家庭の数も多いと思います。

とはいえ、大掃除はそんな簡単な作業ではありません。
今回は年末の大掃除にフォーカスを当てて考えてみましょう。

大変な年末の大掃除

年末といえば、年越しに向けて多くの方が大掃除を行うものでしょう。

お一人暮らしの方も当然大変ですが、一軒家やファミリータイプのマンションに住まわれるご家族にとっては、ある意味「戦争」といっても過言ではない作業になるかと思います。

部屋の隅から隅まで掃除や片付けを行うには時間も体力も必要ですし、必要なものか、はたまた不用品なのか常に判断していかなければなりません。

全てを片付けるとなると、不用品の分別作業なども行う必要が出てくるので、単純な疲労度は予想をはるかに上回ることになるでしょう。

毎年毎年大掃除を行っている方であれば、ある程度自分の中で片付けの順番や、ここまで作業すればいいなどと、「マニュアル」が出来ていると思います。

しかし、3年ぶりに大掃除などとなると、手を付ける箇所が多すぎてなかなか始めるということすら困難になってしまいかねないのです。

大掃除を行うときのコツって?

では、年末の大掃除はどのようにすれば比較的簡単に行うことができるのでしょうか。

まず大切なのは、掃除や片付けを日常的に行っていくということです。

日常的に、といっても何も毎日ではありません。
例えば、キッチンの汚れを落とす掃除は今月、お風呂場の水垢取りは来月、トイレは…と定期的に行うことで、年末にまとめて行う必要がなくなります。

その他の目に見える範囲での掃除も同じく定期的に行っておくことで、何も忙しい年末に大掃除をしなくても大丈夫な状況になるのです。

一方、「来年から心機一転」と心理的な意味で大掃除を行いたい、という方にとっても大きなお掃除ではなくて済みますし、例えば今年までの○○を全て処分しようなどと、ゆとりを持った大掃除を行うことが出来るようになるでしょう。

それ以外にも、大掃除=全ての掃除や片付け、という図式で考えるのではなく、自分に合った大掃除を見つけることも大切です。

大掃除=見えないところの掃除
大掃除=家具などの掃除
大掃除=水回りの掃除

このように、大掃除の捉え方を変え、その他の掃除は別のシーズンに終えておくことで年末の負担を分担することができますね。

最後に

年末は古来より「師走」、いわゆるお坊さんも走ってしまうほど忙しいといわれるほど多忙なシーズン。

忘年会などのイベントも多くありますし、加西市の場合、帰省するご家族を迎える準備も必要になるでしょう。

そんな時に、なかなか片付けばかりを行ってはいられませんよね。
大掃除を分割して考えることで、生活にゆとりができ、穏やかな年末を迎えることができそうです。

忙しい加西市の年末、簡単に大掃除する方法はないの!? 2019-05-13T16:29:25+00:00

家電リサイクル法の対象物について詳しく解説!

家電リサイクル法の対象物であるリサイクル品と耳にしたことはありませんか?
実は、家電の中で家電リサイクル法という法律に基づき、適正に処分する必要がある家電があります。

ここでは、どのようなものが家電リサイクル法に定められた家電について詳しく見ていきましょう。

家電リサイクル法の対象家電とは?

さて、それでは家電リサイクル法に定められる対象家電とはどういったものかご紹介します。

冷蔵庫・冷凍庫

まずは冷蔵庫や冷凍庫。
自宅に通常1台以上ある一般的な冷凍冷蔵庫はもちろん、冷凍庫のみの機能のものも対象になります。

その他にもワインセラーや冷温庫、保温庫なども対象家電となります。
引越しの際にプレゼントされる冷温庫も対象家電となりますので、処分の際は気を付けるようにしましょう。

一方でおしぼりクーラーや保冷米びつは対象外になります。

テレビ

次にテレビ。
テレビは昔から存在するブラウン管テレビ、また過去に存在したラジオ一体型のテレビも対象物です。

その他、液晶テレビやプラズマテレビも対象家電となります。

一方で、電池を使用して使う携帯型の小型テレビやシガーソケットを利用する車載用のモニター、またパソコン用のモニターなどは対象外となります。

エアコン

次はエアコン。
エアコンは一般的な壁掛け用のエアコン、また窓用エアコンは対象家電となります。

しかし、冷風機や冷風扇などは対象外になるので、気を付けましょう。

洗濯機

最後に洗濯機。
洗濯機はいわゆる全自動洗濯機からドラム式洗濯機を含む洗濯乾燥機、また二層式洗濯機や乾燥機も対象家電となります。

さらに、一般のご家庭には少ないかもしれませんが、排水機能のついた小型乾燥機も対象物になります。

一方、布団乾燥機は対象外になります。

業務用の類似品は?

ここで気になるのは業務用の電化製品ではないでしょうか。
確かに、業務用冷蔵庫やエアコンなど、大型のものがたくさんあります。

しかし、これはあくまで「家電」ありませんので、産業廃棄物扱いになります。
あくまで家庭で使用されるタイプのものと考えるようにしましょう。

最後に

家電リサイクル法の対象物、わかりましたか?
これらを処分するにはそれぞれ料金を支払う必要がありますので、誤って何らかの方法で処分してしまうと不法投棄になってしまう可能性もあります。

しっかりと把握し、トラブルがないように備えておきましょう。
お電話用お問い合わせバナー

家電リサイクル法の対象物について詳しく解説! 2019-05-13T16:28:49+00:00

三木市での骨董品買取!古いお家には掘り出し物がある!?

三木市では、2017年時点で人口に対して約32%の高齢者が暮らしているそうです。
となると、昔から暮らされている古いお家というのも少なくないでしょう。

三木市で古いお家や旧家にお住まいの方の場合、価値があると思われる家財や道具などをお持ちかもしれません。

不要ならば、是非買取のお見積りをとってみることをオススメします。

なじみの少ない骨董品だからこそ

骨董品はよくテレビなどで見かけることもあるでしょう。
しかし、「実際、そんなうまく買い取ってもらえないでしょ?」と考えている方も少なくないかもしれません。

しかし、比較的古いお家や旧家などではそのような骨董品があるという可能性もあるのです。

実際、弊社も様々な骨董品の買取のご依頼をいただき、お客様のお宅までお伺いさせていただきました。

当然価値のあるもの、また一方で価値のないものなどもたくさんあったのですが、やはり古いお家や旧家の場合、比較的価値があるものである可能性が高い傾向がありました。

確かに骨董品としてかちがあるものかどうかの判断というのは非常に微妙なところです。
まずは一度お見積りを取ることで、価値があるものなのかを調べてみるといいでしょう。

また、こういった品々はどういうところへ買取の依頼をしたらいいかわからないですよね。

三木市での骨董品買取!古いお家には掘り出し物がある!? 2019-05-13T16:28:26+00:00

三木市のリサイクル精神を芽生えさせる取組みとは?

近年、リサイクルという認識は市民のなかにも当たり前のことだと根付いてきているのではないでしょうか。

ペットボトルや空き缶、新聞紙などの古紙類を燃やすゴミにしている人は今や減ってきており、リサイクルの意識はさらに高まってきているはずです。

三木市ではリサイクルに対してどのようなサービスなどを市民に対して行っているのでしょうか?

子供の頃からリサイクルを意識させる

近年、リサイクルの意識は子供の頃からあたりまえの習慣になってきているといえるでしょう。

例えば、三木市では幼稚園で給食の牛乳パックを洗い、折りたたむという作業を自分でしています。

このようにリサイクルは学校教育の一環として取り入れられているのです。
どのように回収されてきて、リサイクルするものはどうなるか、三木市の清掃センターに見学に行く、などという授業もあるようです。

小さいころからリサイクルすることが当たり前という意識を持てると、どのようなことが起こるでしょうか。

将来、三木市から引越して他の場所で暮らしても「分別は当たり前」という精神を保てるでしょう。
このように、「資源としてリサイクルするのは当然のことなんだ」と思える環境を子供たちに整えてあげることは、この先生きていく子供たちにとっても非常に大切なことだといえるのではないでしょうか。

小型家電リサイクル […]

三木市のリサイクル精神を芽生えさせる取組みとは? 2019-05-13T16:27:40+00:00

ゴミ屋敷の片付け!自分で?業者を?確実に片付けるには!

ゴミ屋敷にお悩みの方、何とか片付けをしたいと考えているのではないでしょうか。

しかし、なかなか簡単に片付けは進まないもの。
もし簡単に片付けられるのなら誰も悩みませんよね。。。

では、ゴミ屋敷の片付けを行うにはどのような方法があるのでしょうか?

自分でゴミ屋敷を片付けるコツ

自分でゴミ屋敷になっているお家を片付ける場合、まず「確実に片付けるんだ」というしっかりとした覚悟を持ちましょう。

複数のお部屋がある間取りであれば「今日はこの部屋」など、またお家の中全てにゴミがあるようならば、「お風呂」「トイレ」など順番に、しかし確実に片付けていくことをオススメします。

確定したスケジュール通りに掃除を絶対に行うことで、少しずつでも確実にきれいになっていきます。

そのスケジュールを絶対に曲げないようにしましょう。
「今日は疲れているから」「明日は朝が早いから」などを言い訳をしてしまうと、確実に掃除が前に進みません。

またスケジュールに余裕を持ちすぎても、ゴミ屋敷が進行するだけでいたちごっこになってしまいます。

「片付けなければ」と感じたときに一気に片付けてしまうのが自分で片付ける際にとても重要なことです。

業者を利用してゴミ屋敷を片付ける

とはいえ、今まで長年蓄えてきたゴミを一気に片付けるのはなかなか簡単なことではありません。

ましてや、ゴミ屋敷の場合、ただゴミを片付ければおしまいというわけでもありません。
ゴミの下についた汚れを掃除する必要もありますし、害虫や臭いなどの問題もあるのです。

一気に片付けてしまいたいのであれば、費用面では確かに負担は少なくないかもしれませんが業者を利用して片付けるようにしましょう。

ただゴミを回収してもらうだけではなく、ハウスクリーニングなどを行ってもらうことで短時間で見違えるようにキレイになります。
さらに、害虫の駆除や臭いの除去と個人レベルではなかなか対応できない悩みも解決してもらえるでしょう。

片付いた後が一番大切!

いずれかの方法でゴミ屋敷が片付いた後が一番重要です。
それは、もう一度ゴミ屋敷に陥ってしまわないこと。

せっかく片付けたのにまたゴミ屋敷になってしまうと元も子もありません。

ゴミ屋敷の片付け!自分で?業者を?確実に片付けるには! 2019-05-04T10:13:26+00:00

三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!?

残念ながら、三木市にも少なからずゴミ屋敷は存在しています。
ゴミ屋敷といえば、テレビなどで紹介されている衝撃的な映像を想像する人も多いでしょう。

生活から出たゴミを片付け、処分しないだけでなく、外から不用品や粗大ゴミを収集してくるというのがタチの悪いところ。
近所に大きな迷惑をかけるということで行政が介入する、ということすら起こり得るのです。

ゴミ屋敷はどのようにして生まれるの?

ゴミ屋敷の住人といわれると、どういう方を連想するでしょうか?

よくテレビなどで目にするゴミ屋敷の住民は、「モノに価値があるから」「これはゴミじゃなく売り物なんだ」など、ちょっと考えにくいお話しをされていると思います。

しかし、実は故意にゴミを集めているわけではなく、「何らかの理由で片付けられない」という場合にゴミ屋敷が発生してしまうことが圧倒的に多いのです。

例えば、高齢者の認知症。
このような場合であると、片付けるということ自体がよくわからないなどの理由や、一方で荷物を著しく溜めこんだり、荷物を外から持ち帰ったりしてしまう傾向にありますから、ゴミ屋敷に陥ってしまう可能性が考えられます。

また、お仕事が多忙など様々なストレスが原因でゴミ屋敷になってしまうことも少なくありません。

いずれにしても。片付けられない結果ゴミ屋敷になってしまうということは言えるのではないでしょうか。

高齢者によるゴミ屋敷

一説によると、年をとるにつれ、「片付ける」能力は落ちてくるといいます。
まず、不用品かどうかを判断する力が弱まり、なんでもとっておくという状態を指すと考えてください。

また、たとえ不用品だと判断できても、それをゴミ出しするまでの能力が弱まることもあるそうです。
若い人にはなんということもない分別や曜日に分かれたゴミ出し、高齢者にとっては面倒で手間のかかる複雑な作業と感じることもあります。

三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!? 2019-05-04T10:13:08+00:00