Monthly Archives: 6月 2019

//6月

洲本市でゴミの問題をお抱えの方、どう解決しますか?

洲本市ではゴミ出しのルールは細かく定められています。

日常生活を行う上でこのようにゴミのルールが制定されていることはとても重要なことです。

しかし、一方でゴミを溜めすぎてしまった場合など問題が絡むとこのルールが合わないということも考えられます。

日常的に起こりうるゴミの問題について考えてみましょう。

起こりうるゴミの問題

日々の生活の中でゴミの問題というのは誰にでも起こり得ます。

ただ、その可能性が高いのは高齢者でしょう。
ご高齢になると、自宅の中にゴミを溜め込みやすくなる傾向にあります。

さらに高齢者の場合、それを片付けることがなかなか出来ないというのも問題です。
体力のある年代の方だと日々片付けを行い、不要なものは回収の日程に合わせて処分していくという方法をとることもできるのですが、高齢者の場合、そもそも片付けることがなかなか難しいの現実。

そうなると、回収の日にゴミを捨てるというのはなかなか難しいでしょう。

また、高齢者でなくとも仕事でストレスを感じている方などもゴミを溜め込んでしまうことがあります。

「自分には無縁」だと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴミの問題はちょっとした出来事によって起こってしまうことだと再認識してください。

ゴミトラブルの解決に業者を利用しよう

では、ゴミの問題はどのようにして解決すればいいのでしょうか?

実際、回収日に処分できないほどのゴミとなるとかなりの量になってしまっている可能性が高いでしょう。
そういった場合、なかなか自分たちの力だけで片付けるのは難しいですし、それをするのならば多大な時間がかかってしまうことになります。

洲本市でゴミの問題をお抱えの方、どう解決しますか? 2019-06-23T11:24:58+00:00

洲本市のゴミの分別方法やゴミへの取り組みについて

洲本市には、本州と四国を結ぶ「神戸淡路鳴門自動車道」が南北を縦断しています。淡路島の幹線である国道28号や主要地方道の県道洲本五色線、鳥飼浦洲本線などが地域の拠点間を結んでいます。

また、淡路島の中でも洲本市は観光地ともして有名。
まさに住宅地として、そして観光地としての面を兼ね備えた市だということが出来るでしょう。

さて、そんな洲本市でのゴミの分別と取り組みについてみていきましょう。

洲本市のゴミの分別方法は?

洲本市の分別は、「もえるごみ」「燃えないゴミ」「新聞紙、段ボール、雑誌その他」「ペットボトル」「大型ゴミ(可燃)」「大型ゴミ(不燃)」「紙パック」「古着」「プラスチックトレイ」「廃食用油」「有害危険ゴミ」「缶」「無色、茶色、その他のビン」と分けられ、回収されています。

洲本市の指定ゴミ袋は可燃・不燃ともに大小2つのサイズがあります。
大が35ℓ(10枚入り)350円、小が15ℓ(10枚入り)150円となります。

大型ゴミと分類される、いわゆる粗大ゴミですが、こちらは定期的な回収ではなく戸別に回収されるため依頼が必要になります。

小売店、コンビニ、スーパー、ホームセンターなどで「大型ごみ処理券」を購入し、受付時に伝えられた受付番号を処理券に記入し、回収してもらうという流れになります。

洲本市のゴミの取り組みは?

また、洲本市では「リサイクルセンターみつあい館」という施設があります。

市民の家庭での資源物(新聞紙、雑誌、段ボール紙パック、缶、古着、ペットボトル、びん類、廃食用油)を持ち込めばリサイクルにまわすということになっております。

この「リサイクルセンターみつあい館」では、リサイクル作品の展示、不用品リサイクル情報、古本、古着などのコーナーが設けられています。

会議室では市民のリサイクル勉強会などに利用されています。他にも紙漉き教室、リサイクル教室などが行われています。
月曜日は休館ですが、基本土日も開いています。

リサイクルには協力したいけど、忙しく、通常のリサイクルゴミの日に出せないという方にはとても助かりますね。

最後に

洲本市は観光地としての一面を持ちながらもしっかりとゴミの分別や取り組みを行っている洲本市。

だからこそ観光地としても人気の高い土地だといえるのかもしれません。
今後も住宅地として、そして観光地としてクオリティの高い洲本市であるようにゴミへ対する取り組みを進めてもらいたいものですね。

洲本市のゴミの分別方法やゴミへの取り組みについて 2019-06-23T11:23:28+00:00

篠山市で片付けを行う方必見!本当にいい片付け方!

最近は「断捨離」や「ミニマリスト」などという言葉が話題になることが増えてきました。

それだけに、片付けたいけど、うまく片付けられない、という思いを持っている人は少なくありません。

片付けは簡単なことという人もいるかもしれませんが、「片付けられない」「不用品が家にあふれている」という声をよく聞くのですから、実は違うのかもしれません。

そう、片付けは決して簡単な作業とはいえないのです。

片付けに大切なこと

収納のワザや整理整頓する部屋づくりなど、雑誌を見れば、片付けに関する記事がたいてい掲載されています。

モノを収納し、整理整頓する、掃除する、といった作業自体はそれほど難しくありません。
では、どうして片付けが難しくなるのでしょうか。

それはとても単純なことですが、モノが多いからです。モノが多すぎるから収納しにくいのです。

掃除も「モノが散らかった部屋」と「何もない部屋」とは時間や手間に歴然と差が出ます。
それと全く同じ理由でモノが多すぎる=片付けが難しいという図式になってしまうのです。

日常的な片付けを少しでも楽にしようと考えた場合、まずはモノを減らすという着眼点から入った方がいいかもしれません。

片付けられないを克服するためにすべきことは?

片付けられない、と悩んでいる方が本当にすべきことはなんでしょうか。
それは 篠山市で片付けを行う方必見!本当にいい片付け方! 2019-06-23T11:21:22+00:00

篠山市が行うリサイクルの取り組みは素晴らしいものだった!

リサイクルといえば、篠山市における自治体の回収は「ペットボトル、金属、缶・びん」が月2回、「プラスチック容器包装」のリサイクル回収が週1回となっています。

これらは清掃センターでリサイクルされています。

では、篠山市ではそれ以外にどういったリサイクルの取り組みを行っているのでしょうか?

篠山市のリサイクルプラザ!

篠山市のリサイクルへの取り組みとして押さえておきたいのが、リサイクルプラザの存在でしょう。

リサイクルプラザは市民や子供に対して、よりリサイクルへの理解を深めるために様々な催しを行っています。

例えば、ガラス工房の体験として、バーナーでガラスを加工する体験、さらに市のクリーンセンターに集まってきた不用品の中から再利用が可能なモノを展示し、市民の方々に無料で提供するといったよりリサイクルや再利用を身近に感じられるための取り組みを行っています。

このように、リサイクルを通じてモノの大切さを理解できる環境を設置しているというのは非常に素晴らしいことだということが出来ますね。

その他の取り組みは?

さらに篠山市では、PTAや子ども会が実施する古紙や古着などのリサイクル回収も利用できます。

このように回収されたものは文字通りリサイクルとして再加工され、工業用のウエスや新たな原材料として生まれ変わり、再度使用されることになるのです。

篠山市が行うリサイクルの取り組みは素晴らしいものだった! 2019-06-23T11:17:37+00:00

篠山市でゴミが溜まりすぎてしまったらどうしたらいいの?

篠山市ではゴミ回収のルールが定められ、燃えるごみは週2回、プラスチックは週1回、その他は月に1回となっています。

このように決められた回収は普段の生活に取り入れやすいというメリットがある反面、急遽ゴミを捨てたいと思ったときには不便なもの。

ゴミの捨て方、どのようにすればいいのでしょうか?

クリーンセンターを活用しよう!

日常的に出てくるゴミを定期的に処分できる、あるいは処分することになれているということでしたら、基本的に家にゴミが溜まってしまうこともないでしょう。

しかし、仕事の忙しさなどにかまけてゴミが大量に溜まってしまう、いわゆるゴミ屋敷の状態に陥ってしまうこともあるのが事実。

そういった場合だと、日々の回収などでは間に合わないケースも考えられますよね。

篠山市の場合、クリーンセンターに持ち込むことでその問題を解決できるでしょう。
一般廃棄物の場合、1kg辺り90円で処分してもらうことが出来ます。

緊急性の高い処分が必要になる方はこういった手段を使うことも考慮した方がよさそうです。

ゴミの回収は業者に依頼するものOK

ただ、少量で乗用車に乗りきるくらいのゴミなら問題ないものの、大量のゴミを運搬するにはトラックなどの貨物車が必要になります。

しかし、個人レベルでトラックを保有している方も少ないですよね。

よしんば軽トラックがあったとしても、ゴミの量によっては何度も往復する必要も出てきますから、現実的とはいえません。

そういったときは、ゴミの分別や処分などを不用品回収業者に任せてみるのも一つの手段だといえます。

正直、自分でゴミ屋敷などの大量のゴミを処分するのはなかなか困難ですし、中途半端な作業になってしまうとまた同じような状況に陥ってしまう可能性すら考えられるのです。
つまり、 篠山市でゴミが溜まりすぎてしまったらどうしたらいいの? 2019-06-23T11:16:05+00:00

篠山市でのゴミの分別や取り組みについてみてみよう!

篠山市は、篠山城の城下町として発展しました。
農業や観光業が中心ですが、少子高齢化が進んでいます。2040年人口推計結果で、若年女性の減少率が2010年比で58.7%となる予想が出ました。
そんなことから、篠山市は「消滅可能性都市」の1つとされています。

今回はそんな篠山市のゴミについて考えてみましょう。

篠山市でのゴミの分別は?

篠山市では、ゴミステーションに出せるものは「燃えるゴミ」「プラスチック容器包装」「ペットボトル」「金属類」「缶・びん」「埋め立てゴミ」と分別されています。
それぞれ色分けされた指定袋を使うそうです。

また、粗大ゴミは月1回処分することができます。
事前に市役所まで申込、1点1,100円のシールを購入し、貼って自宅前に出すことで回収してもらえるようです。

対象は電子レンジなど一部の家電製品やソファーやタンスなどとなります。
回収ではなく急いで粗大ゴミを処分したい場合は、篠山市清掃センターへ直接搬入することもできます。

直接搬入、回収どちらにしても清掃センターで処理できないものは「家電リサイクル法対象商品」「パソコン」「ガスボンベや消火器、大きい木材や医療ゴミ」などとなっています。

篠山市でのゴミへの取り組みは?

また篠山市の回収とは別で、リサイクル協力のため、PTAなどの資源回収もあります。

加えて 篠山市でのゴミの分別や取り組みについてみてみよう! 2019-06-23T11:12:14+00:00

芦屋市で大掃除をどう行うか!?簡単に大掃除を行うために!

大掃除と言えば時期的には年末です。でも、現実的には12月はとても忙しいことが多く、納得いくような作業ができるとは限りません。

大掃除の作業は多岐にわたります。
本当の意味での掃除の作業もそうですが、いらないものは不用品として処分する必要もあるでしょう。

大掃除をうまく行うにはどのようにすればいいのかを考えてみましょう。

大掃除に大切なこと

大掃除を行う上で大切なことは「要不要」をしっかりと判断することです。

不用品と必要なものを判断し、不用品をどのように処分するのかを決定します。
例えば、普通ゴミに出せなければ粗大ゴミとして処分する、あるいは人に譲ったり、リサイクルできる方法を考えます。

こういった一連の作業を書き出し、具体的にどのようなスケジュールで大掃除を行っていくか決めるのも大切なことです。

また、文字通り「掃除」の作業も行わなければなりません。
家の中では水回りから各々の部屋、窓、ベランダ、庭や玄関など、日常的に掃除しないところをピックアップしてしっかりと掃除するようにしましょう。

また、大掃除の作業はとても大変なものですから、家族で協力して掃除を行うことも大切です。

例えば、あみだくじやサイコロでも構いません。
芦屋市で大掃除をどう行うか!?簡単に大掃除を行うために! 2019-06-23T11:10:35+00:00

芦屋市で引越しされる方必見!いい業者の選び方!

芦屋市に住んでいたけど、突然の転勤など、急な事情で引越すことになった、また逆に芦屋市への引越しを検討している、という方もいらっしゃるでしょう。

引越しの作業は引越し業者に依頼するとしても、それまでの片づけはどうするか、不用品や粗大ゴミが大量に出そうだ、などという悩みが出てくるかもしれません。

どのように引越しを執り行うのがいいのでしょうか?

面倒な引越しの作業!

芦屋市に限らず、事実、引越しというのはさまざまな手続きや事務処理、大変な作業などに追われます。
とはいえ、引越しに対する具体的なイメージが湧いていない場合もありますよね。

例えば、芦屋市から転出、あるいは転入するにあたって住民票などの移転が必要になるのはわかると思います。
その他住所登録をして契約しているものであれば、その変更手続きなども行わなければなりません。

こういった表面的な部分は比較的想像しやすいと思うのですが、作業となると話は別。
例えば、どういった引越し業者を使うほうがメリットがあるのか、その金額に透明性はあるのかなどの業者の選択の部分で頭を悩ませることになります。

さらに問題が不用品です。
引越し=不用品の処分と言っても過言ではないほど、引越しと不用品の処分は密接に関係しています。
移転先で使用できない、あるいは使用することもないものは不用品として処分するべきですし、要不要の選択の作業が引越しでは面倒に感じてしまいがちなのです。

引越し+不用品の最適なプラン!

[…]

芦屋市で引越しされる方必見!いい業者の選び方! 2019-06-23T11:09:09+00:00

芦屋市での店舗や会社の片付けなら弊社にご相談ください!

会社や店舗などの移転に伴い、不用品やいらない什器などはどうしても出てくるものです。
芦屋市でお店やお店や会社をしており、不用品にお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自社では不要に感じているものでも、それを必要としている方もいらっしゃるのです。
今回は、会社や店舗などの片付けについて考えてみましょう。

会社や店舗の什器は価値あり!?

会社や店舗を経営されている方の場合、例えば什器や物品の買い替え、その他移転などに伴ってそれが不要になるケースも少なくありません。

そういった場合、「不要なモノだから」と真っ先に思いつくのが捨ててしまうということでしょう。

確かに、長年使用されていて劣化しているなどの状況であれば実際に捨てるしかないものも存在します。
しかしまだまだ使える状態のものだとそこに一定以上の需要があるのも事実なのです。

例えば、これから店舗を開店したい、会社を立ち上げたいと考えている方にとってやはり初期コストは抑えたいもの。
どうしても新品で買わざるを得ないものも存在する一方で、状態が悪くなければ中古品でも十分だというケースも考えられます。

こういった場合、単純に捨ててしまうのではなく、リユースを前提に考えた方が処分費のかからずに済みますし、その後使っていただく方にも大きなメリットがあるということがいえるでしょう。

リサイクルと不用品なら弊社におまかせ!

しかし、リサイクルと不用品を分けて手配するのはどうしても面倒に感じてしまいがち。
そういったときは、不用品回収とリサイクルをセットでご提案できる弊社におまかせください。

芦屋市での店舗や会社の片付けなら弊社にご相談ください! 2019-06-15T14:35:29+00:00

芦屋市で粗大ゴミを処分するなら、まずは買取を考えよう!

昨今は断捨離やミニマリスト、という片付けに対する考え方も話題になりました。ある程度の時期や年齢が来たら、過去の物は処分する、という方も増えています。

そんな考え方から、芦屋市で不用品や粗大ゴミを処分したいという方もいらっしゃるでしょう。
芦屋市で粗大ゴミを処分するにはどのようにすればいいのでしょうか。

芦屋市で粗大ゴミは捨てるには?

芦屋市では粗大ゴミは、燃やすゴミで長さが一辺50㎝以上のもの、燃やさないゴミで一辺30㎝以上のもの、と決められています。

予約申し込みをし、有料で回収してもらうことになります。
申し込みをし、「粗大ゴミ処理券(シール)」を1枚300円で必要分購入します。

例えば、大きな洋服ダンスは2100円でシール7枚という具合です。

しかし、回収してもらえるとはいえ、自分でシールを購入、予約し回収を待つという手間や時間がかけられないこともあります。

また、芦屋市には大きく歴史のある邸宅があり、そこを片付けるとなればいろいろな品物が出てくることでしょう。
単純に処分してしまうのではなく、リサイクル品として買取が可能なモノも少なくないはずです。

不用品として処分してしまう前に、まずは本当にただの不用品なのかどうかを考えましょう。

買取を行う業者を利用するのもあり!

単純に粗大ゴミを捨てるのではなく、不用品回収+買取を行ってもらえる業者を選択するのもいい方法だといえます。

例えば、粗大ゴミとして処分しようと考えているものが本当の意味で不用品なのかはわかりません。
芦屋市で粗大ゴミを処分するなら、まずは買取を考えよう! 2019-06-15T14:31:33+00:00