赤穂市のブログ

//赤穂市のブログ

赤穂市のゴミ屋敷!問題点と原因について考える!

赤穂市でゴミ屋敷でお悩みの方はおられないでしょうか。
いろいろな自治体で問題になっているゴミ屋敷、赤穂市もその例外ではないでしょう。

ゴミ屋敷といえば、ゴミなのか必要なものなのかがわからないものの、大量で家に溢れている様子をテレビやネットで見た、という方もおられるでしょう。

今回はゴミ屋敷の問題について考えてみましょう。

様々なトラブルの原因となるゴミ屋敷

ゴミ屋敷は様々な状況のものがありますが、ひどいものになると家の中だけでなく、庭や家の周囲までもゴミや不用品があふれてしまっていることもあります。

このようにゴミ屋敷の存在が近隣の方に大きな迷惑を与えている状態だと、問題の解決は単純ではなくなってきます。
行政代執行の対象になるなど、自治体も介入させてと大事になることもあり得るのです。

そんな大事になってしまいかねないほど、ゴミ屋敷は迷惑をかけてしまうものなのです。

ゴミ屋敷にはどんなゴミがある?

ゴミ屋敷のゴミは色々な種類のものがあります。
衛生面のみで考えると大きく問題ないものもあれば、不衛生なことから様々な弊害をもたらすものまであるのです。

例えば、ゴミの山には生ゴミが捨てられず放置されている可能性があります。

ゴミ屋敷の中に長期間生ゴミが放置されると、害虫やネズミなどが発生します。
さらにはゴミ屋敷には、ゴキブリが数千匹単位でいる可能性がある、とも言われているのです。

生ゴミ、つまり食べ残しなども含まれますが、そういったゴミはゴミ以外の問題も生じさせてしまう恐れがあるのです。

また、それ以外にも家電製品のゴミなどが大量にあるという場合もあります。
この場合、大きく衛生的に問題がない場合もあるのですが、処分時に大きなコストがかかることから、なかなかゴミ屋敷から脱却できない原因になりかねません。

さらに、 赤穂市のゴミ屋敷!問題点と原因について考える! 2019-05-22T17:20:48+00:00

赤穂市でのリサイクルの取り組みについて!

赤穂市でもリサイクルにおける様々な取り組みをおこなっています。
皆さんが普段生活している中で「捨てている」というだけの感覚のものでも、実は資源としてリサイクルされているモノもあるでしょう。

近年、リサイクルできるもの、またリサイクルを余儀なくされるものも出てきています。
それぞれどういったものなのか、みていきましょう。

赤穂市でのリサイクルに対する取り組み

まず赤穂市における資源のリサイクルへの取り組みですが、燃やさないゴミと粗大ごみは破砕した後、缶・びん、さらに紙パックは手で選別されます。
それらは再資源化され、選別後に残ったゴミは不燃物最終処分場への埋立処分、もしくはセメントリサイクルが行われているのです。

さらに、その他のプラスチック製品の一部やペットボトルは圧縮・梱包後され、再度リサイクルを図っています。

市には拠点回収ボックスというものがあり、リサイクルできるペットボトル、プラスチック製容器包装は公民館などに持っていくことで、いつでも処分、そしてリサイクルできる環境が整っているのです。

ペットボトルは溜まるとかさばってしまうもの。
月1回の回収以外にも処分=リサイクルできる仕組みがあるので便利ですよね。

リサイクルできないものも

しかし、リサイクル用のゴミとして収集、あるいは持ち込みできないものもあります。
農機具やピアノなど「処理困難物」は「業者へ依頼してください」と赤穂市のHPには記載されています。

しかし、ピアノや農機具などであれば基本的にリサイクルが可能な場合が多いのです。
農機具の場合、壊れていても部品取りなどでリサイクルすることができます。

市HPにも記載があるように、業者に問い合わせてみる方がいいかもしれませんね。

リサイクルを認知させる取り組みを

しかし、農機具やピアノが確実にリサイクルあるいはリユースできるものかという判断もなかなかわからないものです。
リサイクルできるかどうかわからないものをいちいち調べ、美化センターに持ち込む、または業者に聞いてみるという行動を起こすのはなかなか難しいものです。

昔、多くの自治体でリサイクルすることなく「燃えないゴミ」として家電や粗大ゴミを出すことが可能でした。

しかし、平成25年からは家電リサイクル法が施行されたことにより、リサイクルに対する取り組みは全国的に進んでいるといえるでしょう。

赤穂市もそうですが、全国的にもさらにリサイクルできるものをわかりやすく、そして個人個人がリサイクルを率先と行えるようにしていかなければいけないといえるでしょう。

最後に

リサイクルに関する取り組み、赤穂市もしっかりと行っているといえるでしょう。
しかし、これは赤穂市だけではなく様々な自治体でよりリサイクルに対する情報を告知していかなければならないのではないでしょうか。

リサイクルできるものはまだまだ認知度は低いでしょう。
これからより認知を高めていく取り組みにも注目したいものです。

お電話用お問い合わせバナー

赤穂市でのリサイクルの取り組みについて! 2019-05-22T17:19:37+00:00

赤穂市での遺品整理。大切なのは故人を偲ぶ心です。

悲しいことですが、最近の調査でいうと赤穂市にお住まいの方が年間に607名の方が亡くなられたということです。

とはいえ、それに伴った遺品整理を行う必要があります。
故人を偲びながら行う遺品整理はとても大切なことだといえるでしょう。

遺品整理における「心」の重要性

弊社の場合、遺品整理を専門に行い、より質の高いサービスを提供する遺品整理士が在籍しております。

遺品整理士が作業させていただくことで、よりご遺族、故人の立場に立って作業をご提供できるでしょう。
弊社は、遺品整理に大切なのは「心」だと考えております。

確かに、遺品整理は片付けの作業です。
大別すれば不用品回収と何ら変わりないのかもしれません。

しかし、遺品整理は故人との思い出をかみしめながら行う作業です。
丁寧でかつ、しっかりとした作業が遺品整理には必要なのではないでしょうか。

まずは、 赤穂市での遺品整理。大切なのは故人を偲ぶ心です。 2019-05-22T17:19:09+00:00

赤穂市のゴミ!分別や取り扱い、赤穂市の取り組みに迫る!

赤穂市は約4万8千人の人々が暮らす都市です。
名水百選に選ばれた千種川が流れ、自然と共存できる街としても知られています。

最近の調査での転入者数は年間1064人と多くの方が引越してきているのです。
ここでは、赤穂市のゴミの分別や取り扱い、またゴミに対する取り組みについてご紹介しましょう。

赤穂市のゴミの分別や処理方法

赤穂市のゴミは8種分別としています。

その内容は「燃やすゴミ」「その他紙製容器包装」「その他プラスチック製容器包装」「ペットボトル」「ダンボール・紙パック」「燃やさないゴミ」「粗大ゴミ」「缶・びん」になります。

引越しや大掃除によって一時的に多量に発生したゴミや、事業系のゴミは直接美化センターへ持ち込むか、市が許可した一般廃棄物収集運搬業者へ依頼し処理することになります。

「その他プラスチック製容器包装」「ペットボトル」については、「拠点回収ボックス」というものを利用できます。

設置場所は市役所や公園、公民館や集会所など、複数ありいつでも身近な場所で処分できる体制もあります。

赤穂市の美化センターへゴミの持ち込みも可能ですが、10kgあたり70円の「ごみ処理場使用料」が必要です。

なお、赤穂市美化センターで受入れや処理ができないゴミは、 赤穂市のゴミ!分別や取り扱い、赤穂市の取り組みに迫る! 2019-05-22T17:18:34+00:00