淡路市のブログ

//淡路市のブログ

淡路市での驚きのリサイクル!興味深い取り組みをご紹介します!

観光地として人気の高い淡路市ですが、ちょっと面白いリサイクルに対する取り組みが行われていること、ご存知でしたか?

観光地になると様々な方が訪れるということから、ゴミが多くなってしまいがちというイメージを連想させます。
そうなると、リサイクルに対する取り組みは必須になるといえるでしょう。

では、どのような取り組みが行われているのでしょうか?

ちょっと特殊!?淡路市のリサイクル

淡路市の平成29年の調査のによると、平成27年時点でのゴミの総排出量は18,016t
そのリサイクル率は12.24%ということですので、およそ2,200tほどのゴミがリサイクルされているのです。

そんな淡路市でのリサイクルへ対する取り組みは非常に興味深いもの。
一体どのようなものがあるのでしょうか?

てんぷら油がバイオディーゼルに!?

例えば 淡路市での驚きのリサイクル!興味深い取り組みをご紹介します! 2019-06-02T22:44:03+00:00

淡路市で引越しされる方の覚えておきたいポイントとは!?

淡路市から単身でお引越しされる、あるいはご家族でお引越しされるという方もいらっしゃるでしょう。

お引越しはなかなか面倒なもの、ましてや淡路市の場合、幹線道路が少ないことからどうしても移動に手間がかかってしまう場合がほとんど。

どのようにお引越しをするのがいいのでしょうか?

淡路市でのお引越しの特徴

淡路市にもともとお住まいの方で、就職が決まったなどからお引越しを検討される方もいらっしゃるでしょう。
淡路市には鉄道が通っていませんから、なかなか市外のところに通勤するというのは難しいですよね。

そうなると、単身でお引越しをしなければならないというケースになると思います。
単身のお引越しの場合、荷物がそこまで多くないと思いますから淡路市でも問題ないでしょう。

しかし、ご家族でお引越しされるなどの場合は大きなトラックが入らないなどの問題が生じてしまう可能性があります。
これが淡路市における特徴といえるかもしれません。

作業内容として軽トラックに積み込み搬出する、一時停車できるところまで台車で搬出するなどの特殊な作業が必要となる場合がありますので、業者を利用してお引越しをご検討される場合は事前にキチンと見積りしておく必要があるといえますね。

特殊なケースだからこそ検討しよう

お引越しの一般的な準備は他と変わらない場合も少なくありませんが、特殊な作業が増える場合、大手引越し業者を利用してしまうと極端に金額が高くなってしまうケースも考えられます。

また不用品回収もセットで行いたいということであれば、明石海峡大橋を渡らないといけない淡路市の場合だと1度で作業を行えてしまった方がコスト面でのメリットも大きいといえます。

お引越しをされる際の業者選びでお困りならば、上記のポイントを押さえて検討してみてはいかがでしょうか?

お電話用お問い合わせバナー

淡路市で引越しされる方の覚えておきたいポイントとは!? 2019-05-22T17:27:43+00:00

淡路市とゴミ屋敷!ゴミ屋敷における問題と対策は?

ゴミ屋敷といえば、ゴミを敷地内や家の周りにあふれさせる少し変わった人、というイメージがあるかもしれません。
テレビで紹介されるゴミ屋敷の住人はそんな感じが多いですよね。

しかし、ゴミ屋敷になってしまう原因は本当に様々です。
淡路市でも起こり得る、すでに起こってしまっているであろうゴミ屋敷の問題について考えてみましょう。

ゴミ屋敷における問題とは?

ゴミ屋敷はどの自治体においても根深い問題になっています。

暮らしている中で本人に問題があることもその一つに挙げられますが、あくまでそれは自己責任なので大きな問題とは言えないでしょう。

しかし、ゴミ屋敷についてまわる「臭い」や「害虫」などは自分自身ではなく他人に迷惑をかけてしまうものです。

むしろゴミ屋敷に住んでいる方にとっては、それらは慣れてしまっている可能性すらありますから、その場合は「他人にだけ」迷惑をかけてしまっている状況ともいうことが出来ます。

どれほど掛け合ってもゴミ屋敷が改善されない場合は行政代執行を行うことになりますが、そこまでには再三の呼びかけを応じても対応しないなどを経て行えるものですし、どうしても時間がかかってしまいます。

また、よほどひどいゴミ屋敷の場合は行政代執行も考えられますが、改善の余地があると判断されるほどのゴミ屋敷だとなかなかそこまではいかない可能性も考えられますね。

このように、 淡路市とゴミ屋敷!ゴミ屋敷における問題と対策は? 2019-05-22T17:27:12+00:00

淡路市の遺品整理の特徴!大切なコミュニケーションとは?

2015年の国勢調査によると、淡路市における高齢者及び後期高齢者の人数は24,796人とされています。
つまり、淡路市の人口の約半分が高齢者ということになるのです。

高齢になればなるほど、ご家族は遺品整理を行わなければならない可能性は増してきます。
淡路市における遺品整理、どのように行えばいいのでしょうか?

淡路市と遺品整理の関係性

上記でも述べたように、淡路市では約半数の方が65歳以上の高齢者ということになります。
一方で、15歳から39歳までの方が9,235人しかいらっしゃいません。

このことから考えても、現役世代の方は淡路市から出られて他の場所で生活していることがうかがえるのではないでしょうか?

その場合、実家の様子などが一切わからないということも考えられます。
そのような状態が遺品整理を行う中で非常に難しくなってしまうのです。

淡路市の遺品整理の特徴!大切なコミュニケーションとは? 2019-05-22T17:26:19+00:00

淡路市のゴミ分別やリサイクルの取り組みについて

観光地としても名高い淡路島。
淡路島の上半分に位置しているのが淡路市です。

漁業なども盛んな淡路市では、約4.3万人の方が暮らしており、観光地としてだけではなく生活の拠点として淡路島が存在していることを感じさせます。

そんな淡路市のゴミの分別や取り組みはどのようになっているか考えてみましょう。

淡路市のゴミの分別方法と回収について

淡路市におけるゴミの分別についてですが、可燃ゴミ、粗大ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミに分けられます。

淡路市では「可燃ゴミ」が週2回、「粗大ゴミ・不燃ゴミ」が月1回、それぞれ回収を行っています。

資源ゴミ、つまり新聞紙やペットボトル、びん、缶などは、月1回の回収となっています。

資源ゴミについては「津名エコプラザ」「岩屋エコプラザ」「北淡エコプラザ」「東浦エコプラザ」にて随時無料で受け入れを行ってリサイクルを促進しています。

また、燃えるゴミを直接搬入する場合は「夕陽が丘クリーンセンター」へ、粗大ゴミ、不燃ゴミを直接搬入する場合は「奥畑粗大ゴミ処理場」がそれぞれ有料で受け入れを行っています。

淡路市のリサイクルに対する取り組み

淡路市はリサイクルに対する様々な取り組みも行っています。

上記のエコプラザにて、古着や古布を受け入れています。
回収したものは海外で古着としてリユースされたり、工業用雑布(ウエス)としてリサイクルされています。

また公共施設やエコプラザにて小型家電の回収を率先して行っています。
このようなリサイクルが可能な小型家電はレアメタルなどが含有されており、そういった資源を回収するのです。

さらに、小型家電などは宅配便を利用した回収サービスも行っています。

最後に

淡路市では四方を海に囲まれ、海産物や農作物、淡路牛など「淡路ブランド」として特産品も多くあります。
また、移住を促進するためにさまざまな事業や施策を行っていて、住みやすいまちづくりをすすめています。

このような「観光地+居住地」である淡路市だからこそ、環境を整え続ける必要があるといえるでしょう。
今後もしっかりとしたゴミやリサイクルに対する取り組みが進んでいくといいですね。

淡路市のゴミ分別やリサイクルの取り組みについて 2019-05-22T17:23:34+00:00