加西市のブログ

//加西市のブログ

加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介!

加西市で飲食店などの店舗を経営させていらっしゃる方も少なくないでしょう。
今回は加西市で実際に弊社が対応させていただいた店舗の不用品回収の事例をご紹介させていただきます。

店舗の場合、一般の方と荷物の処分方法も異なりますし、業務用に作られた什器などもお持ちだと思いますが、その具体的な処分方法がわからないということもあります。

以下の事例と、自分の悩みを見比べてみてはいかがでしょうか?

長く経営した居酒屋

今回ご依頼いただいたのは、加西市で20年間ものあいだ居酒屋を経営されてきたK様。
長く地域に親しまれて営業されてこられたのですが、ご自身が高齢になり今後はゆっくりと奥様と暮らして生きたいということ、さらにご子息が畑違いの仕事に就かれたということで今後は店員として働かれていらっしゃった方にお店を譲り、自分は引退したいというご相談をお受けしました。

ただ、今回K様のお店で使われていた什器、またテーブルやいすは非常に年季が入っており、その居酒屋の跡を引き継ぐ店員の方のためにも不要なものは処分し、入れ替えられるようにしてあげたいというご要望でした。

店内は25坪程で、基本的にはテーブルをならべ一部カウンターとされていました。

今回、まずはこのテーブルとそれに対応する椅子、またカウンターチェアーを全て回収してもらいたいということ。
さらに、お皿でも一部不要なもの、また業務用冷蔵庫と業務用ストッカーの引き取りもご用命いただきました。

製氷機はまだまだ現役として使えるからそのまま、またフライヤーは4年ほど前に替えられたものだったため、そのままにしておいてあげたいとのこと。

ご依頼いただいたお荷物を全て搬出させていただきました。
通常、業務用冷蔵庫や冷凍ストッカーは産業廃棄物になります。しかし、今回のお客様のご要望としてリサイクルできるものは買取してもらいたいとご要望いただきましたので、わずかとはなりましたが作業代金から差し引きさせていただきました。

作業が終了すると、長年営業されてきたお店が空っぽになるのに少し感慨深そうなご様子。
また跡を継がれることになった店員の方も緊張したような、期待したような、そんな面持ちでいらっしゃいました。

店舗の不用品回収でもお任せください

今回ご依頼いただいたのは飲食店様でしたが、当然それ以外あらゆる業種の店舗の不用品回収を受け付けさせていただいております。

加西市は近隣地区のベッドタウンとしても人気。
その分、地域に密着したサービスを行われている店舗も多いでしょう。
そういった小規模な店舗からでも作業させていただくことは可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください。
お電話用お問い合わせバナー

加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介! 2019-05-13T16:48:22+00:00

大型ゴミの捨て方は?加西市での粗大ゴミ処分の特徴に迫る!

自宅もしくは会社のオフィスであっても大型の家具というものは非常に処分に困るものです。
加西市は兵庫県の中でもベッドタウンとしても意味合いを持つため、より自宅にある家具の処分に困られている方が多いのではないでしょうか。

粗大ゴミは自治体の回収を利用することも可能ですが、必要になる要件もあり、決して簡単に処分できることではありません。

加西市で粗大ゴミを処分するならどのような方法を選択するべきなのでしょうか?

自宅から大型ゴミを処分する場合

自宅から粗大ゴミや大型家具などの大型ゴミを処分したいとい方、どのように処分すればいいかご存知ですか?

加西市の場合、粗大ゴミを処分する際は加西市クリーンセンターに持ち込む必要があります。
日程も限定されており、 大型ゴミの捨て方は?加西市での粗大ゴミ処分の特徴に迫る! 2019-05-13T16:47:57+00:00

加西市の家電の処理は?小型、大型の両方を解説!

加西市ではパソコンや携帯電話などの小型家電は分別することで収集を受ける事ができます。
しかし、家電ゴミというのはなかなか処分に困りますよね。
パソコンや携帯電話なら個人情報の漏えいも少し心配だったりするし…。

加西市で家電を捨てるなら、どのようにすればいいのでしょうか?

加西市の廃家電の扱いは?

加西市は他の自治体に比べても比較的家電の処分については優遇されているといってもいいでしょう。

デジタルカメラ、DVDレコーダー・プレイヤー、ICレコーダー、USBメモリ、家庭用プリンター、電子書籍端末、ヘアドライヤー、電子時計、携帯型ゲーム機、これらは資源ごみの小型家電と分類されており、それぞれ個人情報にまつわるデータは自分で削除する必要がありますが、処分自体は市で収集してもらうことが可能です。

他の自治体では家電を収集の対象にしていないところも少なくありません。

こういったところから考えると、加西市はゴミの分別を行えば回収してもらえるということから比較的に暮らしやすい土地だということが出来るのではないでしょうか?

また、大型の家電の場合はどうなるのでしょうか?
実は、家電リサイクル法によって、大型の家電に対しては決まった処分方法があります。

加西市が斡旋している方法は、
・買い替えの場合は買い替え先の店舗で引取りを依頼する
加西市の家電の処理は?小型、大型の両方を解説! 2019-05-13T16:31:03+00:00

加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る!

兵庫県南部に位置する加西市の問題点は少子高齢化、産業の発展性など決して少なくはないといえます。
その中で今回はゴミ問題にフォーカスをあてて考えてみましょう。
ゴミ問題はいろいろな自治体が持つ問題でもありますが、御多分に漏れず加西市でもゴミの問題はあるのです。

加西市が抱えるゴミ問題

ゴミの問題というのは生活の水準の増加、産業の発展、県外からの移住者の増加など様々な要素によって増加していきます。

加西市は古来より肥沃な土地と知られ、近年では車でも公共交通機関でも都会へのアクセスが良く、また子育てに便利な制度や施設、また近隣で買い物を完結出来てしまうことから、移住先としても人気が高い地域です。

しかし、移住者が多いということは分別など加西市におけるゴミのルールをまだ理解していらっしゃらない方の数も多いということ。
その分、ゴミのトラブルに陥ってしまう可能性も少なくありません。

また、移住者が増えるとより便利になるように土地開発が行われます。
環境や居住者への単純な影響もありますが、確実にゴミへの影響というのも訪れます。

加西市の今後を考えると、発展とともにゴミの問題が比例するように増えてくる可能性があるのです。

加西市のゴミに対する取り組みは?

そんな問題を抱えている加西市、どのようにゴミに対する取り組みを行っているのでしょうか?

加西市では、分別収集は当然のこと、その他にも焼却及び埋め立て処分を必要とするゴミの量の削減に努めています。

また、平成4年には加西市ごみ減量化機器設置補助金制度も制定され、生ゴミの処理する機器の補助を行うことでよりゴミの削減に努力しているのです。

それ以外にも、家電リサイクル法や容器包装リサイクル法などでリサイクルについても推進しています。

加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る! 2019-05-13T16:30:46+00:00

加西市の遺品整理!作業ならお任せください!

大切なご家族が亡くなられたとき、葬儀は当然のことながら、遺品整理を行う必要があります。
とはいえ、そんな時にすぐに気持ちは切り替えれませんよね。

遺品整理のお手伝いなら、弊社にお気軽にご連絡ください。

遺品整理の大変さは想像以上

加西市の人口は平成30年時点で44,524人。
少しずつではありますが、減少方向に向かっています。

その原因とは言えませんが、少子高齢化社会の影響が加西市にもみられるということでしょう。
また、成長とともに加西市から去っていく方も多くいらっしゃると思います。

遺品整理を行う際に大変なことの一つとして、よくお話しさせていただくのは「他人の家である」というケースが圧倒的に多いことです。

例えば、故人との思い出の品がどこにあるか、貴金属はどこにあるか、通帳などはどこにあるか、など、全くわからないために一気に片付けるということができません。

つまり、自分の自宅を片付けるのとはわけが違うのです。

また、遺品整理を行う時期というのにも注目してみましょう。

特に急ぐ必要ながなければ、葬儀以後親族が最も集まりやすいとされる四十九日の法要を終えた後に作業に入られるのが一般的だといえるかもしれません。

しかし一方で、賃貸住宅などにお住まいの場合だと、あまりに長期間放置してしまうとコスト面だけでも想像以上のお金がかかってしまうことになります。

つまり、遺品整理の作業は故人が亡くなられた大変な時期に、非常に大変な作業を行わなければならない、ということにもなるのです。

遺品整理の作業は弊社にお任せください

このようなタイミングでなかなか自分たちで作業する、というのは難しい部分があるでしょう。
もしそうでしたら、弊社に遺品整理の作業をお任せください。

弊社の場合、遺品整理の作業は多くの経験を持っています。
人数をかけてしっかりと作業を行いますので、故人との思い出の品や貴金属などの価値があるものもしっかりと確認させていただきます。

また、賃貸住宅の場合だと家賃などコスト面のデメリットも考えられますが、

加西市の遺品整理!作業ならお任せください! 2019-05-13T16:30:01+00:00

忙しい加西市の年末、簡単に大掃除する方法はないの!?

年末の大仕事というと、やはりご家庭では「大掃除」が挙げられるでしょう。
兵庫県のベッドタウンとしての特徴を持つ加西市においては、大掃除を行われる家庭の数も多いと思います。

とはいえ、大掃除はそんな簡単な作業ではありません。
今回は年末の大掃除にフォーカスを当てて考えてみましょう。

大変な年末の大掃除

年末といえば、年越しに向けて多くの方が大掃除を行うものでしょう。

お一人暮らしの方も当然大変ですが、一軒家やファミリータイプのマンションに住まわれるご家族にとっては、ある意味「戦争」といっても過言ではない作業になるかと思います。

部屋の隅から隅まで掃除や片付けを行うには時間も体力も必要ですし、必要なものか、はたまた不用品なのか常に判断していかなければなりません。

全てを片付けるとなると、不用品の分別作業なども行う必要が出てくるので、単純な疲労度は予想をはるかに上回ることになるでしょう。

毎年毎年大掃除を行っている方であれば、ある程度自分の中で片付けの順番や、ここまで作業すればいいなどと、「マニュアル」が出来ていると思います。

しかし、3年ぶりに大掃除などとなると、手を付ける箇所が多すぎてなかなか始めるということすら困難になってしまいかねないのです。

大掃除を行うときのコツって?

では、年末の大掃除はどのようにすれば比較的簡単に行うことができるのでしょうか。

まず大切なのは、掃除や片付けを日常的に行っていくということです。

日常的に、といっても何も毎日ではありません。
例えば、キッチンの汚れを落とす掃除は今月、お風呂場の水垢取りは来月、トイレは…と定期的に行うことで、年末にまとめて行う必要がなくなります。

その他の目に見える範囲での掃除も同じく定期的に行っておくことで、何も忙しい年末に大掃除をしなくても大丈夫な状況になるのです。

一方、「来年から心機一転」と心理的な意味で大掃除を行いたい、という方にとっても大きなお掃除ではなくて済みますし、例えば今年までの○○を全て処分しようなどと、ゆとりを持った大掃除を行うことが出来るようになるでしょう。

それ以外にも、大掃除=全ての掃除や片付け、という図式で考えるのではなく、自分に合った大掃除を見つけることも大切です。

大掃除=見えないところの掃除
大掃除=家具などの掃除
大掃除=水回りの掃除

このように、大掃除の捉え方を変え、その他の掃除は別のシーズンに終えておくことで年末の負担を分担することができますね。

最後に

年末は古来より「師走」、いわゆるお坊さんも走ってしまうほど忙しいといわれるほど多忙なシーズン。

忘年会などのイベントも多くありますし、加西市の場合、帰省するご家族を迎える準備も必要になるでしょう。

そんな時に、なかなか片付けばかりを行ってはいられませんよね。
大掃除を分割して考えることで、生活にゆとりができ、穏やかな年末を迎えることができそうです。

忙しい加西市の年末、簡単に大掃除する方法はないの!? 2019-05-13T16:29:25+00:00