三木市のブログ

//三木市のブログ

三木市のリサイクル精神を芽生えさせる取組みとは?

近年、リサイクルという認識は市民のなかにも当たり前のことだと根付いてきているのではないでしょうか。

ペットボトルや空き缶、新聞紙などの古紙類を燃やすゴミにしている人は今や減ってきており、リサイクルの意識はさらに高まってきているはずです。

三木市ではリサイクルに対してどのようなサービスなどを市民に対して行っているのでしょうか?

子供の頃からリサイクルを意識させる

近年、リサイクルの意識は子供の頃からあたりまえの習慣になってきているといえるでしょう。

例えば、三木市では幼稚園で給食の牛乳パックを洗い、折りたたむという作業を自分でしています。

このようにリサイクルは学校教育の一環として取り入れられているのです。
どのように回収されてきて、リサイクルするものはどうなるか、三木市の清掃センターに見学に行く、などという授業もあるようです。

小さいころからリサイクルすることが当たり前という意識を持てると、どのようなことが起こるでしょうか。

将来、三木市から引越して他の場所で暮らしても「分別は当たり前」という精神を保てるでしょう。
このように、「資源としてリサイクルするのは当然のことなんだ」と思える環境を子供たちに整えてあげることは、この先生きていく子供たちにとっても非常に大切なことだといえるのではないでしょうか。

小型家電リサイクル […]

三木市のリサイクル精神を芽生えさせる取組みとは? 2019-05-13T16:27:40+00:00

三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!?

残念ながら、三木市にも少なからずゴミ屋敷は存在しています。
ゴミ屋敷といえば、テレビなどで紹介されている衝撃的な映像を想像する人も多いでしょう。

生活から出たゴミを片付け、処分しないだけでなく、外から不用品や粗大ゴミを収集してくるというのがタチの悪いところ。
近所に大きな迷惑をかけるということで行政が介入する、ということすら起こり得るのです。

ゴミ屋敷はどのようにして生まれるの?

ゴミ屋敷の住人といわれると、どういう方を連想するでしょうか?

よくテレビなどで目にするゴミ屋敷の住民は、「モノに価値があるから」「これはゴミじゃなく売り物なんだ」など、ちょっと考えにくいお話しをされていると思います。

しかし、実は故意にゴミを集めているわけではなく、「何らかの理由で片付けられない」という場合にゴミ屋敷が発生してしまうことが圧倒的に多いのです。

例えば、高齢者の認知症。
このような場合であると、片付けるということ自体がよくわからないなどの理由や、一方で荷物を著しく溜めこんだり、荷物を外から持ち帰ったりしてしまう傾向にありますから、ゴミ屋敷に陥ってしまう可能性が考えられます。

また、お仕事が多忙など様々なストレスが原因でゴミ屋敷になってしまうことも少なくありません。

いずれにしても。片付けられない結果ゴミ屋敷になってしまうということは言えるのではないでしょうか。

高齢者によるゴミ屋敷

一説によると、年をとるにつれ、「片付ける」能力は落ちてくるといいます。
まず、不用品かどうかを判断する力が弱まり、なんでもとっておくという状態を指すと考えてください。

また、たとえ不用品だと判断できても、それをゴミ出しするまでの能力が弱まることもあるそうです。
若い人にはなんということもない分別や曜日に分かれたゴミ出し、高齢者にとっては面倒で手間のかかる複雑な作業と感じることもあります。

三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!? 2019-05-04T10:13:08+00:00

三木市での遺品整理!業者を利用する大きなメリットとは?

三木市において、ご両親や身内の方が亡くなり、そのお宅を片付けなければいけなくなった、というご相談をよくお伺いします。

遺品整理は実際にやってみないとそのイメージがつかめないほど、日常的な片付けとは離れた存在だといえるのではないでしょうか。

大変な遺品整理の作業

遺品整理のご相談をいただく際に多いのが、亡くなられた方のお宅の中が住んでいた時のままなので、大事なものがあるのかないのかさえも分からない、どんなものがあるのか不明で作業が大変だ、ということです。

生前整理、断捨離などという考え方が広まってきたとはいえ、実際にすべてを整理して亡くなる、という方はやはり少数派。
実際には亡くなってから整理をするというパターンがほとんどです。

では、突然遺品整理を行わなくてなならなくなった家族としてはどうでしょうか。

三木市での遺品整理!業者を利用する大きなメリットとは? 2019-05-04T10:12:23+00:00

三木市のゴミの分別方法は?処理できないゴミも存在する!?

三木市は多くのゴルフ場も有する、自然が非常に豊かな土地です。
また、最近ではネスタリゾート神戸も誕生し、家族でレジャーを楽しむといった意味でもいい観光地となっています。

そんな三木市は雄大な自然を守るために、どのようなゴミの取り組みを行っているのでしょうか?

三木市でのゴミの分別について

三木市でのゴミの分別は「可燃ゴミ」「あらごみ」「埋立ゴミ」「資源ゴミ(プラスチック・ペットボトル・飲料用 紙パック・古紙・空きびん・小型家電)」となっています。

また、市で収集できないゴミとして、「収集困難ゴミ(スプリング入りマットレス・大型家具・畳・物干し台・マッサージチェア)」「一時多量ゴミ(引越しなどによりまとまって出るゴミ・多量の庭木のせん定枝)」が挙げられます。

さらに、市でも収集はおろか処理もできないゴミとしては

三木市のゴミの分別方法は?処理できないゴミも存在する!? 2019-05-04T10:11:44+00:00

三木市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さい!!

三木市にお住まいの方、または実家が三木市にある、という方へぜひお知らせしたいことがあります。

お宅の片付けやゴミの問題で悩んではおられませんか?
または三木市において店舗や会社をお持ちである、という方も、片付けやゴミの処理、廃棄物の問題でお困りはありませんでしょうか?

粗大ゴミや不用品が家の中に残ったままで、気になるけどずっと放置しているという方は案外多いようです。

いつか片付けてリサイクルショップにでも持っていきたい、という気持ちはあるけどその「いつ」かが保留のまま。

そうするといつまでもゴミをかかえたままになるので家も心もすっきりしません。

また、実家が三木市にあるのだけど空き家のままで手がつけられていない、ということもあるでしょう。

ご両親が亡くなられ、遺品整理も片付けもしなければならない、という問題も出てくるかもしれません。

三木市のように、ベッドタウンとしてかつて若い世代が移り住み、神戸まで通勤し、そして退職していくという典型的なパターンを持っている都市には、家の片付けや空き家の問題が必ずついてくるものです。

三木市のゴミのルールに従って不用品や粗大ゴミを処理したいけど、自分ひとりでは処理する力がない、という場合もあるかもしれません。

そういった様々な片付けやゴミの問題で困ったことがあるときは、ぜひ片付けの専門業者である弊社にご相談ください。

弊社なら、あらゆる事例を経験し、その豊富な経験をもとに迅速に処理を行うことができます。

お家や店舗、事務所の片付けならまずはお気軽にご相談からどうぞ!
お電話用お問い合わせバナー

三木市のゴミ問題は相場屋にお任せ下さい!! 2019-05-04T10:11:27+00:00

三木市で粗大ゴミはどう捨てる?自分に合った処分方法を!

三木市に住んでいて、粗大ゴミの処理、片付けにお悩みの方はおられないでしょうか?
「まだ使えるから…」「もったいないし、人にあげようか…」という気持ち、素晴らしいことですが、逆に粗大ゴミを自宅に溜め込んでしまう原因になりかねません。

では、三木市ではどのように粗大ゴミを捨てればいいのでしょうか?

粗大ゴミはどう処分すればいい?

三木市では、「あらゴミ」として1m以内の高さの家具などであれば通常のごみステーションで収集してもらうことが可能です。

では、それ以上の大型の家具であればどのようにすればいいのでしょうか?

その答えは、
自分で三木市清掃センターに持っていく
市の指定を受けた許可業者に直接問い合わせる
三木市で粗大ゴミはどう捨てる?自分に合った処分方法を! 2019-05-04T10:11:04+00:00