洲本市のブログ

//洲本市のブログ

洲本市で会社や店舗の引越しやゴミの処分ならお任せください!

会社や店舗の引越し、移転の場合には大量のモノの処理をする必要があります。
しかし、引越しの業務と並行して、産業廃棄物の処理、廃棄でなく売却したい、などという細かい依頼には対応してもらえないことも。

産廃をどこの業者に依頼したらいいか、不用品や粗大ゴミはどうするか、個別に対応するのは、時間と労力の無駄です。

今回は会社や店舗などの引越しやゴミの問題にフォーカスを当ててみましょう。

個人と会社じゃゴミが違うように分類される!?

会社や店舗など、いわゆる何らかの事業を行っている場合、一般的に処分される荷物と分類が異なります。

例えば、一般の家庭から排出される「生活ゴミ」ですが、これらは「一般廃棄物」と分類されます。
一方、不用品の内容が全く同じものだったとしても、会社や店舗から排出されるのは「事業系一般廃棄物」というものに分類されます。

「全く同じものだから」ということで分類をせずに処分してしまうと罰則を受ける対象となってしまう可能性も。

そもそも会社や店舗から排出されるゴミは、全く違いものとして分類されるのだと覚えておきましょう。

トータルでご依頼なら弊社にご相談ください!

ただ、会社や店舗だと什器というものが出てきますよね。
これを処分あるいは移転させるとなると、かなりの手間がかかってくる可能性があります。

それ以外にも引越しのまとめ作業や産業廃棄物の処分、リサイクル品として買取をしてもらいたいものなど、いろいろな業者に頼むことは手間ですし、それぞれコストがかかってしまいもったいないですよね。

しかし、 洲本市で会社や店舗の引越しやゴミの処分ならお任せください! 2019-07-02T21:21:34+00:00

洲本市でゴミ屋敷問題にお悩みの方!どう解決するか!

ゴミ屋敷、汚屋敷は近隣に迷惑をかける大きな社会問題となっています。
不用品や粗大ゴミが捨てられないだけでなく、外部から拾ってきて庭や家の周りに積み上げるという悪質な住人もいるものです。

しかし、自分がそんなゴミ屋敷を引き起こしていないとも限りません。
今回はゴミ屋敷の話題についてみてきましょう。

解決が困難なゴミ屋敷

テレビなどで取り上げられるゴミ屋敷はショッキングな映像が多く、他人事として見てしまいがちです。

しかし、実際は病的なゴミ屋敷の住人は少数派なんです。
現代においては高齢者がゴミ出しが面倒だ、片付けられない、もったいない、などという理由で家にゴミや不用品をためていってしまうのが、多数派の意見。

また最近では「汚部屋」といわれるワンルームマンションの一室でゴミや洋服、日用品が足の踏み場もないくらいに埋まっているお部屋もあり、居住しているのはまだまだ若い世代の方というのもあります。

原因はさまざまゴミ屋敷ですが、その解決も困難なものとなっています。
自治体が条例を制定し、強制撤去となる例も増えています。

費用の負担も問題となりますが、改善されずにまた元の状態に戻るゴミ屋敷もあり、根本的な解決がいきとどくかどうかも未知数です。

ゴミ屋敷にならないために

洲本市でゴミ屋敷問題にお悩みの方!どう解決するか! 2019-07-02T21:20:17+00:00

【洲本市】遺品整理をする前に大切な「生前整理」をしましょう!

昨今「遺品整理」が大変だ、負担だったという話をよく聞きます。

実際、遺品整理「される」高齢者の中で、きっちり家の中の物を整理して片付けて亡くなる方はどれくらいおられるのでしょうか。

なかなか大変な遺品整理、どうにかして楽に終えたいものですね。

遺品整理は負担がいっぱい!

実際、遺品整理は要不要の選別から不用品の処分、またお家の中の片付けや必要によってはお焚き上げなどの供養も含めて行う必要があります。

しかも、その作業を故人が亡くなられてからそう時間も空かずに行わなければならないのです。

遺品整理は、量が多いことでそれなりの負担となります。
それに加え、親や親しい人の遺品整理ということで、心理的にも大きい負担となるのです。

しかも、自宅ではないのが遺品整理の特徴ですから、例えば遠方の実家などに出向いての遺品整理となると、心身ともの負担に加え、時間やエネルギーもたいへんなものとなります。

週末のたびに数時間かけて実家の遺品整理を数年かけてやった、という話もあるように、モノが多い遺品整理は一筋縄ではいかないのです。

生前整理の重要性

遺品整理を行う際、生前整理ができておられたらとても楽ですよね。
例えば故人が使用していた全くどういったものかもわからないものの処分というのは非常に骨が折れるでしょう。

一方で、不用品の絶対数がそもそも少ないようであれば、その手間も少なくて済みます。
実家から老人ホームなどに入所される際、自宅にあるものを処分してしまった、というケースを想像していただければわかりやすいかもしれません。

施設入所=大量の荷物は持っていけず、ほとんど身の回りのものだけです。
こういったように

【洲本市】遺品整理をする前に大切な「生前整理」をしましょう! 2019-07-02T21:18:45+00:00

洲本市のリサイクルは!?市が行う取り組みを考える!

日々生活する中で、人とゴミとは切っても切り離せない関係だといえるでしょう。
だからこそ、各自治体ではゴミから出てくるもののリサイクルを行うように尽力されています。

洲本市では一体どのようなリサイクルへの取り組みを行っているのでしょうか?

洲本市でのリサイクルの取り組みは?

洲本市には「リサイクルセンターみつあい館」という施設があり、収集日とは別に開館時であればいつでも、リサイクルゴミを持ち込むことができます。

一般的な場合、リサイクルされるべき「資源ゴミ」は回収日に処分することがほとんど。
このようにリサイクルセンターを配置することで、リサイクル資源になるものをいつでも気軽に持ち込めるように工夫されています。

特に収集日にうまく合わせられない、という人には助かりますよね。多種類のリサイクルゴミが一度に片付くのもメリットだといえるかもしれません。

また、それ以外にもリサイクル品を譲る・もらうといった情報を公開しているリサイクル情報のコーナーのあり、近隣の方の不用品を欲しい方がもらうという洲本市内でのリユースを斡旋しています。

また、 洲本市のリサイクルは!?市が行う取り組みを考える! 2019-06-23T11:28:03+00:00

断捨離の考え方!洲本市で上手に不用品を手放すには?

断捨離という考え方が話題になり、今では多くの人がその存在や意味を理解していると思います。
しかし、あなたはそれを実践できていますか?

不用品を身の回りにおいておくことのメリットはほとんどありません。
今回は不用品の処分について考えていきましょう。

現代人は「捨てれない」

断捨離の考え方の基本的なものとして、余計なモノを処分するだけでなく、不用なモノも買わない、もらわないことが大切とされています。
そしてモノへの執着から解き放たれて、心地よい人生を送ることが大切という考え方。

確かに誰もが「ゴミか不用品かわからないもの」に囲まれた生活はしたくないもの。
すっきり暮らすために思い切って不用品や粗大ゴミとなっている家財は処分すべきだとはわかっています。

でも、様々な思いで処分をためらってしまいます。

家族の中で不用品を片付ける役割を担うのは、多くの場合、女性となっています。

しかし、現代の日本だと共働きの家庭も少なくありません。
日常的に仕事をしている女性にとって、日々の片付けやゴミの処分くらいは行えたとしても、「不用品かな?」と感じているモノまで気を回したりすることはできないでしょう。

さらに、不用品と感じていながらも大型の家具などであれば処分すること自体なかなか難しいものです。
女性であれば家具を運び出す力もなかなかありませんので、現実的な意味でも難しいといえるのではないでしょうか。

そう考えると、断捨離の考え方を良しとしながらも、なかなか実践できない方も少なくないのが現代といえるかもしれません。

プチ断捨離から始めてみませんか?

断捨離を行うとなると、すごくハードルが高く感じてしまうかもしれません。
だから、プチ断捨離から始めてみるのはいかかでしょうか?

例えば、身の回りにあるものの中で手に届く範囲のもので不要なモノは処分する、ということ。
そういった「ちょっとした不用品を処分する」ということを日常的に続けることで、やがて大きな不用品も処分できるようにしようという考え方です。

つまり、 断捨離の考え方!洲本市で上手に不用品を手放すには? 2019-06-23T11:26:37+00:00

洲本市でゴミの問題をお抱えの方、どう解決しますか?

洲本市ではゴミ出しのルールは細かく定められています。

日常生活を行う上でこのようにゴミのルールが制定されていることはとても重要なことです。

しかし、一方でゴミを溜めすぎてしまった場合など問題が絡むとこのルールが合わないということも考えられます。

日常的に起こりうるゴミの問題について考えてみましょう。

起こりうるゴミの問題

日々の生活の中でゴミの問題というのは誰にでも起こり得ます。

ただ、その可能性が高いのは高齢者でしょう。
ご高齢になると、自宅の中にゴミを溜め込みやすくなる傾向にあります。

さらに高齢者の場合、それを片付けることがなかなか出来ないというのも問題です。
体力のある年代の方だと日々片付けを行い、不要なものは回収の日程に合わせて処分していくという方法をとることもできるのですが、高齢者の場合、そもそも片付けることがなかなか難しいの現実。

そうなると、回収の日にゴミを捨てるというのはなかなか難しいでしょう。

また、高齢者でなくとも仕事でストレスを感じている方などもゴミを溜め込んでしまうことがあります。

「自分には無縁」だと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴミの問題はちょっとした出来事によって起こってしまうことだと再認識してください。

ゴミトラブルの解決に業者を利用しよう

では、ゴミの問題はどのようにして解決すればいいのでしょうか?

実際、回収日に処分できないほどのゴミとなるとかなりの量になってしまっている可能性が高いでしょう。
そういった場合、なかなか自分たちの力だけで片付けるのは難しいですし、それをするのならば多大な時間がかかってしまうことになります。

洲本市でゴミの問題をお抱えの方、どう解決しますか? 2019-06-23T11:24:58+00:00

洲本市のゴミの分別方法やゴミへの取り組みについて

洲本市には、本州と四国を結ぶ「神戸淡路鳴門自動車道」が南北を縦断しています。淡路島の幹線である国道28号や主要地方道の県道洲本五色線、鳥飼浦洲本線などが地域の拠点間を結んでいます。

また、淡路島の中でも洲本市は観光地ともして有名。
まさに住宅地として、そして観光地としての面を兼ね備えた市だということが出来るでしょう。

さて、そんな洲本市でのゴミの分別と取り組みについてみていきましょう。

洲本市のゴミの分別方法は?

洲本市の分別は、「もえるごみ」「燃えないゴミ」「新聞紙、段ボール、雑誌その他」「ペットボトル」「大型ゴミ(可燃)」「大型ゴミ(不燃)」「紙パック」「古着」「プラスチックトレイ」「廃食用油」「有害危険ゴミ」「缶」「無色、茶色、その他のビン」と分けられ、回収されています。

洲本市の指定ゴミ袋は可燃・不燃ともに大小2つのサイズがあります。
大が35ℓ(10枚入り)350円、小が15ℓ(10枚入り)150円となります。

大型ゴミと分類される、いわゆる粗大ゴミですが、こちらは定期的な回収ではなく戸別に回収されるため依頼が必要になります。

小売店、コンビニ、スーパー、ホームセンターなどで「大型ごみ処理券」を購入し、受付時に伝えられた受付番号を処理券に記入し、回収してもらうという流れになります。

洲本市のゴミの取り組みは?

また、洲本市では「リサイクルセンターみつあい館」という施設があります。

市民の家庭での資源物(新聞紙、雑誌、段ボール紙パック、缶、古着、ペットボトル、びん類、廃食用油)を持ち込めばリサイクルにまわすということになっております。

この「リサイクルセンターみつあい館」では、リサイクル作品の展示、不用品リサイクル情報、古本、古着などのコーナーが設けられています。

会議室では市民のリサイクル勉強会などに利用されています。他にも紙漉き教室、リサイクル教室などが行われています。
月曜日は休館ですが、基本土日も開いています。

リサイクルには協力したいけど、忙しく、通常のリサイクルゴミの日に出せないという方にはとても助かりますね。

最後に

洲本市は観光地としての一面を持ちながらもしっかりとゴミの分別や取り組みを行っている洲本市。

だからこそ観光地としても人気の高い土地だといえるのかもしれません。
今後も住宅地として、そして観光地としてクオリティの高い洲本市であるようにゴミへ対する取り組みを進めてもらいたいものですね。

洲本市のゴミの分別方法やゴミへの取り組みについて 2019-06-23T11:23:28+00:00