シンク(流し台)の処分方法または買取

//シンク(流し台)の処分方法または買取

シンク(流し台)の処分方法または買取

シンク(流し台)等の処分方法について

シンクは必ずと言っていいほど身近にあり、そう頻繁に買い替えたりする物ではありません。
買い替えた事はあったとしても処分をした事がある人は少ないはずです。
ですが閉店した店舗や、リフォームしたりする際にはシンク類は処分する必要があります。そういった場合どのように処分をしたらよいのでしょうか、思いつく方法をいくつかご説明します。

シンク処分方法

自治体内の場合

シンク類を処分する際、身近な方法で自治体を利用して処分する方法があります。粗大ゴミとして処分すると思われがちですが、大きさや素材によっては粗大ゴミの対象外となってしまう事もあります。これらの基準に関しては自治体が独自に設定するものですので、自身が住んでいる自治体はどういう扱いになっているのかを事前に調べておく必要があります。

対象となっている場合は処理券やステッカーなどを事前に準備をして、指定された日時に指定された回収場所まで運びましょう。自治体を利用してシンク類を処分するメリットとしては、処分費が安く済むという事です。中には無料で処分してくれる所もあります。さらに、費用が掛かったとしても数百円から数千円程度で済む事がほとんどです。

自治体は公的なものなので、安心して処分を依頼する事が出来ます。身近で、処分費も安いので不用品の片付けに慣れていない方でも利用しやすいと思います。しかし、その反面で自分で回収場所まで運搬しなければならないというデメリットもあります。シンクは簡単に持ち出す事は難しいので、車を用意する必要があります。また回収日時は決められているので、自分の希望日で持ち込む事は出来ません。指定された日時に自分のスケジュールを合わせて運ぶ必要がありますので、お仕事などで家を留守にしている方にとってはデメリットになってしまうかもしれません。さらにシンクの取り外し作業がある場合、自治体では取り外しをしてもらえないので自分で他の業者に依頼する必要があります。お年寄りや女性しかいないようであればそれこそ業者に頼んで取り外しから搬出までしてもらう必要があります。

買取業者で売る場合

別の方法として買取業者で売るという処分方法もあります。シンク類は意外と高価な物なので、中古品であっても購入したいという方は非常に多く、厨房機器を専門的に取り扱っている買取業者もあるので、そういった所を利用すれば適正な価格で買い取ってもらう事が出来ます。またそういった所であれば専門知識を持っている人が対応してくれるので、取り外しの工事も行ってくれて安心してお任せする事が出来ます。ただ処分するだけではなく、少しでも現金に換える事が出来るというのは大きなメリットと言えるでしょう。

その反面デメリットとなるのは、シンク類の買取を行っていない業者もあるという事です。一般的な買取業者は、シンクの買取を行っていないという所もあります。たとえ買取対象になっていたとしても、知識がないスタッフの方に対応されてしまうと無料同然の金額で買い取られてしまう事もあります。なのできちんと価値を分かってもらって適正な金額で買い取ってもらうためにはシンク類の買取に力を入れている会社を探す必要があります。それを探す手間がデメリットと言えるでしょう。

業者を利用した場合

次に考えられるのが、僕たち相場屋のような不用品回収業者に処分してもらう方法です。不用品回収業者に依頼すると自分で重い思いを無理して運ぶ必要がなくなるので便利です。また業者にもよりますが取り外しから搬出、運搬までしてくれるので取り外しの業者を呼ぶ手間もかける事がありません。さらに不用品回収業者は、希望した日時に回収に来てくれる事が多いので回収に来てもらうにあたってのスケジュールも合わせやすくなりますのでそこも大きなメリットです。急いで処分したいという場合には、即日対応してくれる事もありますのでそういった所を利用すれば大変便利です。他にも一緒に処分したい物がある場合でも一緒に回収してもらうことが出来ます。重くて運ぶことが難しいようなものは全て回収してもらえるので便利であるとともに物も気持ちもスッキリすると思います。

不用品回収業者を利用して不要になってしまったシンク類を処分するのは大変便利な方法ですが他の方法と比べると費用が高くなるというデメリットもあります。シンク類を単品で回収してもらう場合でも、基本料金がかかり、さらに品目ごとに設定された金額を支払う必要があります。金額は利用する業者によって様々ですが、5000円以上はすると考えておいた方がよいでしょう。またパック料金や積み放題プランなどの設定となっているところもあり、こういったところの場合には一番小さいプランでも1万円前後に設定されていることが多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はシンクの処分方法についてまとめさせていただきました。

上記でもご説明した通り自治体、地域によって処分方法が異なる場合がございます。

処分を考える際は地域のルールをしっかり守って正しく処分して下さい。

もしこの記事以外の事でもお困りのようでしたらお気軽に相場屋までお問い合わせください。

2021-07-16T14:13:59+00:00