植木鉢の材質と処分方法について 

//植木鉢の材質と処分方法について 

植木鉢の材質と処分方法について 

本日はガーデニングなどにも使用する「植木鉢の処分方法」ついて紹介します。

 

趣味などのガーデニングで植木鉢などを使用し処分するのに困ったことはありませんか?そういったものを処分するのにどうしたらよいか僕たちが今日解決します。

 

1.植木鉢は何でできているのか?

1, 植木鉢は基本的に陶器またはプラスチックでできています。まれに金属や他の種類などがあり、素材によって処分の仕方が異なるので、植木鉢の数が多ければその分処分にも手間がかかり悩む方が多いと思います。

さらに、植木の土の処分方法もかなり頭を悩まされます。

これからそれらの処分方法について説明します。

 

植木鉢の処分方法

  • [1]自治体の回収車に依頼する、
  • [2]人に寄付する、
  • [3]不用品業者に依頼する

1.自治体の回収車に依頼する。

自治体に回収依頼する際はまずどんな種類の植木鉢か確認する必要性があります。陶器の場合大きさにもよりますが、粗大ゴミにあたる場合があり回収料金が発生します。逆にプラスチック製の植木鉢は、生活ごみの可燃ごみとして処分が可能なので定められた処分方法で料金を払っておきましょう。

また、植木鉢の中に入っている土や植物などの回収をしている自治体としていない自治体があります。依頼する際に土を処分できるか確かめてから土をゴミとして出しましょう。自治体で処分してもらえない時は、近くのホームセンターなどに引き取ってもらいましょう。むやみに公園などに廃棄してしまうと法律違反などになる可能性がありますので絶対にやめましょう。

2.人に寄付する

植木鉢は中古品としての需要がほとんどありません。リサイクルショップなどに買い取りしてもらいに行ってもほとんど物が値段がつかないでしょう。しかし、「中古品でも良いので植木鉢が無料で欲しい」と言う人は意外と多いのです。自治体では処分したい人と欲しい人を結びつける掲示板やサイトなどもあり、それを活用している人も多数いらっしゃいます。

他にも幼稚園や学校、福祉施設などで花などを育てるために植木鉢やプランナーなどをたくさん使用しているところがあり、そういった場所に寄付をするのも社会貢献などにつながりいいと思います。インターネットで寄付団体などを調べそこに寄付するのも1つの手ですね。ただし寄付をする場合は、必ず事前に連絡をしたうえで行きましょう。いきなり送ったりすると処分費などの請求が来るかもしれないので気を付けましょう。

3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収社とはわたくしたちのような会社のことです。要らなくなった物やもう使わない物などを回収し処分する会社です。例えば、両親が亡くなり趣味で行っていたガーデニングなどの植木鉢が大量にあり、身内だけでは処分が出来ないとあれば不要品回収業者を利用する事をお勧めします。。不用品業者に依頼することで自分自身で処分する必要性が無くなるので、時間と手間がかかりません。私生活に時間がない人や大量に植木鉢があり手間などが多くかかる方にはお勧めです。

また、メリットが多いかもしれませんが処分業者には処分と言う形で料金を請求し、処分方法は不法投棄などと法律を違反している業者もいます。不法投棄などが見つかった際、処分を依頼したお客様の責任になる可能性がありますので、依頼する際は気を付けましょう。

 

まとめ

植木鉢の処分について今回は記載させていただきました。植木鉢以外にもいろいろな処分方法について相場屋のホームページに記載していますので気になる方は一度ご覧ください。

植木鉢以外にも言えることですが、ゴミを大量に貯めると片付けに大変困ります。あまり高いものではないので、もう使わなくなったりしたものは処分するように心がけましょう。

2021-05-07T15:39:18+00:00