神棚って処分できる?処分方法について

//神棚って処分できる?処分方法について

神棚って処分できる?処分方法について

神棚の処分はどうすればいいか

 

4つの方法・費用・頼れる業者をご紹介

神棚を処分する時、何をしたらいいか困った方もいらっしゃると思います。
ここでは、その処分方法を説明したいと思います。

⓵ 神社で処分をする方法


神様を飾る神棚は、神道の手順を踏んできちんと処分したいと思われる方は、神社で処分をされるのではないでしょうか。神社での処分方法は3つあります。

 

    • ・祈祷-「神棚の魂を抜く」祈祷をしてもらうこと
    • ・御札返納-神棚の中の魂が宿る「御札」を神社に返納する事
    • ・お焚き上げ―神棚をご供養し、浄火で焼却すること

各手順について説明していきます。

 

祈祷の手順

祈祷をしてもらうには、基本的には神棚を神社に持ち込むことが必要になります。

以下のような手順で、神社で申し込み、神棚を祈祷してもらえます。

1、神社に神棚を持ち込む

2,祈祷の受付所で、祈祷処分の申し込みをする

3,祈祷に立ち向かう

また、立ち合いについては必須ではないため、神棚を持ち込んで申し込みをし、その後は神社にお任せする方もいます。

 

御札返納の手順

神道では、神棚の中の御札にのみ、魂が宿っていると考えられます。

 

そのため、御札を神社に返納することで、神棚はただの箱となり、処分することができます。御札返納は「古札返納」・「納札所」・「返納所」などの場所で返納することが出来ます。

 

お焚き上げの手順

初詣やどんど焼きの際などは、神社の集積所に持ち込めばお焚き上げの処分をしてもらうことが出来ます。

それ以外の時期に集積所はないため、お焚き上げをお願いしたい際は、神社に直接電話する必要があります。受け付けてくれない場合もあるため、事前に調べてから神棚を持ち込みお焚き上げしてもらいましょう。

神社では、祈祷とお焚き上げを一緒に行ってくれる所が多いです。祈祷をしてもらう際にお焚き上げについても神社に確認してみましょう。

 

②神棚・仏壇を扱う業者の特徴

 


神棚・仏壇の処分を専門にする業者が存在します。

処分専門の業者は、神棚の処分をする前に神社に供養をお願いしています。そのため、供養をする観点では、神社に持ち込むのと同じです。

神社との違いは、仲介料金が入るため、料金が高くなる業者が多いということです。

しかし、ご近所に神社がない方など、神社に持ち込むのが難しいという方は利用するメリットがあります。

 

③遺品整理業者徴の特徴

 


空き家の処分や、ご家族の遺品整理を行う際に利用することができる業者が、遺品整理業者です。遺品整理業者は、他の遺品整理の一つとして神棚の処分を行うことが多いです。

他の遺品整理に追加料金なしで神棚の処分を行う業者が多く、神社や他の業者に頼まずに神棚の処分を行うことができるという特徴があります。

また、多くの業者は神棚を他の人の供養品と共に供養する合同供養を行います。

遺品整理と共に神棚を処分したいという場合であれば、無料でもきちんとして供養で処分を行うことができます。

 

④家庭ゴミとして捨てる方法


単純に素材だけで考えれば神棚は木製です。そのため、多くの自治体では燃えるゴミに分類されます。「神棚は御札を入れる物」と考える方にとっては最も安く処分」できる処分方法です。ただし30cm以下にバラバラにして袋に詰めなければなりませんので手間はかかります。

ごみとして普通に出すことに抵抗がある場合は、神棚に塩を振り、お清め行ってから出すのがおすすめです。だし御札(神様そのもの)は神社に返しましょう

 

【まとめ】


家をずっと見守ってきた、神様が宿ると言われる神棚。ただのゴミとして捨てるのでなく、丁寧に手順を踏んで処分したい方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。処分の方法は、状況によって人それぞれだと思います。この記事が自分に適した神棚の処分方法を選ぶ際の、一つの基準になれば幸いです。

2021-05-07T15:38:23+00:00