食器の処分方法と買い取り方法

//食器の処分方法と買い取り方法

食器の処分方法と買い取り方法

食器の処分方法どうすればいいか?

家の片づけをしているとき使っていない大量の食器。こんな時どうしたらいいか困っている方も多いと思います。普段使いしているお皿、桐箱などに入った貰い物のお皿、その種類はたくさんある事でしょう。今回は食器の正しい処分方法をご紹介さしていただきます。

フリー写真] テーブルの上のお皿 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

食器の種類ごとのゴミの出し方

食器は以下の種類に分けられています。あまり知られていないかと思いますが、捨て方は素材や大きさによって異なるので注意が必要です。

陶器又はガラス製の食器

一般家庭でよく使われている物です。燃えないゴミとして分別しましょう。ゴミとして出す際に割れると清掃員の人が怪我してしまうことがあるので新聞で巻く、ゴミ袋にいるガラス製品や食器が入っている旨を表記すると安心です。

金属製の食器

金属ゴミとして分別して出します、自治体によって燃えないゴミとして出すところもありますので、注意してください。ボールやおたま、鍋やフライパンなどの調理器具も金属製であればこの種類になります。

プラスチック製の食器

燃えないゴミ、またはプラスチックごみと同様、資源ごみとして出します。自治体によってどちらに区分されるかこと異なりますので事前に確認してください

サイズが大きい食器

素材などは関係なく、大きさが大きい物だと粗大ゴミ扱いになります。自治体によって30cmや50cmなど基準があるのでこちらも事前の確認が必要です。
注意点としてはエリアによって回収日が決まっている、捨てるタイミングによっては捨てるまでに時間がかかります。

急いでいるときは業者に依頼する

遺品整理や生前整理で、片付けをしている物件が賃貸の場合に退去日が迫っていて、早急に片付けをしないといけない場合もあることでしょう。
又食器はたくさんあるとかなり重いため、すべて自分だけで運び出すのは大変です。そう感じる方は片付け業者へ依頼を検討してみましょう。
食器だけではなく他の不用品等も運び出してくれるため、他の物までまとめて片付けることが可能です。
期日までに完了させないといけない状況であれば即日対応してくれる業者もいます。

食器の買取やリサイクルをしてくれる業者に依頼する

業者によっては福祉施設に回収した食器を寄付してリサイクルしているところもあるので、単に処分してしまうよりはいいでしょう。
ブランドの洋食器や和食器の場合には買取してくれる業者も多々あるのでぜひ一度業者依頼を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

食器の捨て方はそれほど難しいものではありませんが、処分方法を間違えるとケガをする恐れがあります。
処分する際は自分の地域の自治体がどのようなルールを設けているかしっかり事前に確認してから処分しましょう。

2021-05-18T16:39:14+00:00