不用品回収・遺品整理・粗大ゴミ買取から回収まで相場屋へ

レンガやブロック、漬物石って何ごみ?処分方法を解説致します!

レンガやブロック、漬物石って何ごみ?処分方法を解説致します!

おしゃれなガーデニングやDIY、物置設置の際、また外壁や塀などでもよく目にするレンガやブロック。

実用的で活躍の場も多い反面、嵩張り重く動かし辛いうえ割れやすい…

漬物石は大きくてずっしり。美味しい漬物を作るためには必要不可欠ですが、運ぶのも大変です。

いざ必要でなくなったときにはどうしようか困るのが目に見えていますよね?

今回のコラムでは、不要になったら厄介そうなレンガやブロック、漬物石の正しい扱い方と処分方法を解説していきたいと思います。

何ごみ?

レンガやブロック、漬物石が何ごみに分類されるのか。

不燃ごみじゃないの?と思っておられる方も少なくないのではないでしょうか。

・レンガ

レンガの答えは『産業廃棄物』!!

・ブロック

ブロックも『産業廃棄物』!!

・漬物石

漬物石は自治体により扱いがそれぞれ異なるようです。

また、天然石なのか人口石なのか。ポリエチレン、陶器、鉄器…素材によっても扱いが変わってきます。

お住まいの自治体の情報を調べてみてください。

処分方法

ごみ回収に出す

お住まいの自治体で、燃えないごみとして取り扱いが可能な漬物石はこの方法で処分するのがいちばん手軽なのではないでしょうか。

ホームセンターに持ち込む

購入した店舗で引き取りをお願いできる場合があります。

引き取りを行っているかどうか事前に確認をしましょう。

地域のクリーンセンターに持ち込む

産業廃棄物処理業者に依頼する

各自治体のホームページに産業廃棄物処理業者の案内が掲載されています。

神戸市の情報を例として挙げます。

不用品回収業者に依頼する

再利用する

欠けてしまったものでも、少し手を加えることでインテリアやエクステリアとして違う活用をすることもできますね。

水槽の中や、時にはテントやシートの重りとしても。アイデア次第で使い方は無限大です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何を処分する場合でも、しっかりと分別し、ルールを守ることが大事です。

このコラムが少しでもお役に立てておりましたら幸いです。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました!