不用品を整理する費用はどうやって決まっているのだろう?

//不用品を整理する費用はどうやって決まっているのだろう?

不用品を整理する費用はどうやって決まっているのだろう?

生活の中で出てくる不用品を処分したいという時、自分で処分できない家具や大型家電は業者に依頼するということになるでしょう。

費用がかかるというのはお分かりだと思うのですが、不用品を整理するのには一体どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?
また、費用はどうやって構成されているのでしょうか?

不用品を整理する費用の内訳は?

では実際、不用品を整理するのにはどのような費用がかかるものなのでしょう。
不用品の整理を行うのにかかる費用は、おおむね下記の合計から算出されることになります。

不用品の量

まずは不用品の量が挙げられるでしょう。
家具などの大きな不用品などから小型家電まで、さまざまな不用品のトータルの物量によって料金が算定されます。

また、トラックのサイズなどで金額を算定される業者も存在しますが、それも主に不用品の量とリンクするとお考え下さい。

人件費

不用品を整理するスタッフにも費用がかかってきます。
根本的な作業内容によって人件費は算定されることになり、その基本金額×人数分の費用が発生するのが一般的だといえるでしょう。

特殊作業費

作業の中に特殊な作業が含まれる場合は特殊作業として費用が発生することがあります。
例えば高所作業、エアコンの取り外し、階段降ろしなどが挙げられるでしょう。

リサイクル料金

大型家電の一部、冷蔵庫や洗濯機などを処理する際はリサイクル料金というものが発生します。
冷蔵庫やテレビであればその容量やサイズ、洗濯機であれば形状などによってリサイクル料金は異なることがあります。

その他

その他、何らかの作業や特殊な不用品、もしくは別途諸経費がかかる場合、料金が発生することがあります。
わかりやすいものでいえば、交通費や作業にかかる部材の費用などが挙げられます。

一般的にどのようなものでどれくらいの費用が発生するのかは業者に確認すれば教えてもらえるはずですので、不当に請求されていないか見極めるポイントになるかもしれません。

最後に

不用品を処理する際の費用は業者によってまちまち。
上記のはあくまで例ですので、このような内訳はない場合も存在します。

しかしやはり費用は気になるものですから、上記の内訳を参考に自分が納得できるように見積り時にでもしっかりと業者に確認するようにしましょう。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-04T22:36:20+00:00