マットレスの捨て方は?マンションと一軒家の違い

//マットレスの捨て方は?マンションと一軒家の違い

マットレスの捨て方は?マンションと一軒家の違い

 

Q、マットレスの処分はどうする?


 

Aマットレスが古くなり不要になった時、困ってしまうのが処分方法です。

マットレスは大きさも重量もあるため、普通ゴミのように簡単に処分することはできません。

そこで今回は不要になったマットレスを処分する方法を説明します。

 

マットレスを処分する方法

 

・マットレスは大きさも重量もあるため、古くなったものを処分する時が一番お困りになるのではないでしょうか?今回は古いマットレスを処分する方法を5つ紹介します。処分するタイミングや状況に合わせて最適な方法を見つけて下さい。

 

① 粗大ゴミとして自治体で処分する

 


・マットレスは各自治体で、粗大ゴミとして1000円~2000円程度で処分することが出来ます。処分方法といたしましては、最初に各自治体の窓口に連絡をし、処分費用や粗大ゴミの収集場所、日時などを確認します。そして粗大ゴミシールを扱うスーパーやコンビニで購入しマットレスに貼り付ければ、あとは指定の場所に捨てるだけです。低反発や高反発マットレス等は広がりやすいので、紐などでしっかり縛ってから処分しましょう。また自治体で処分する際は、自治体が指定する収集場所まで自ら運ぶ必要があるので、マットレスは重量があるため、女性や高齢の方は家から運び出すのが、困難かもしれません。ただし自治体によっては粗大ゴミの運び出しに関する相談に乗ってくれる所もあるようです。詳しくはお住まいの自治体のホームページなどをみて確認してください。

 

② 買い取りサービス業者に依頼する

 


・買い取りサービス業者に依頼してお金を得ながら処分する方法もあります。有名ブランドや、電動リクライニングなどの機能がついている場合は、買い取りしてもらえる可能性が高いです。その一方で、他人が使用した寝具を売る抵抗感もあるようで、使用年数が少なく美品でない限り、買い取ってもらう事は難しいそうです。とはいえ、無料で出張査定してくれる業者も沢山いますので、一度電話してみるのもいいでしょう。

 

③ 新品購入時に引き取ってもらう

 


・新品を購入する時に、その販売店に古いマットレスを引き取ってもらう方法もあります。自分で部屋から運び出す必要もありませんし、新品を搬入してもらうタイミングで処分ができるので手間がかかりません。ただし自治体で処分する費用と比べれば少し高くなることがほとんどです。販売店によっては無料で引き取ってくれる所もありますので、購入を検討する際には、処分費もいくらかかるか確認しておくと安心です。

④ ネットオークションを利用する

 


・最近ではネットオークションを使って、マットレスを必要とする方と直接やり取りをするやり方も多くなっています。取引が決まりやすい条件として、マットレスにシミや汚れがないこと、スプリング等がしっかりしていること、使用期間が短いことなどがあります。よほど美品でない限り、すぐ取引相手が見つかる可能性は低いでしょう。不要マットレスを早く処分したい場合は、他の方法を考えた方がいいかもしてれませんね。

 

⑤ 不要品回収業者に依頼する

 


・マットレスの買い取りが見込めず、新品を購入する予定もない場合は、不要品回収業者に依頼する方法もあります。自分で運び出す必要もなく、全て業者に任すことが出来ます。また実際に業者へ依頼する際は、しっかり見積もりしてもらい、自分にあった業者にしましょう。しかし安すぎるところは、違法業者の可能性もあるので注意が必要です。処分したはずのマットレスが不法投棄されるなどトラブルに巻き込まれた事例もあります。見積もり時にしっかり確認しましょう

 

【まとめ】

 


・マットレスの処分は、自分で部屋から運べる場合は自治体に依頼して粗大ゴミとして処分するのが一般的で費用も安く済みます。

しかし自分で運び出せない場合は、不要品回収業者など別の方法を探す必要があります。

また、マットレスが美品の場合は、買い取り業者等にお願いしたりネットオークションで出品するなど方法を選べば費用がかからず、むしろ収入につながる場合があります。

処分を検討するマットレスの状態、自力で運び出しが可能かどうかなど状況に合わせてご自身に合った処理方法を選んでください。

いずれにせよ、不法投棄などは絶対にせずに、正しく処分しましょう。

2021-07-26T15:06:15+00:00