汚部屋を片付けてきれいに!最高に効率的な片付け方とは?

//汚部屋を片付けてきれいに!最高に効率的な片付け方とは?

汚部屋を片付けてきれいに!最高に効率的な片付け方とは?

汚部屋に頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。
何とか片付けたいと思いながらもなかなか片付けられなかった結果に汚部屋があるのですから、なかなか改善するのは難しいものです。

とはいえ、ずっとそのままにしておくというのも様々な面から考えてもできないものですよね。
では、汚部屋を効率的に片付ける方法とはどういったものなのでしょうか?

汚部屋を片付けよう!

汚部屋に頭を悩ませている方、その精神的な負担はなかなかのものだと思います。
しかし、まずはその段階に至っていない方もいらっしゃいますよね。

そもそも根本的なお話ですが、なぜ汚部屋は片付けなければならないのでしょうか?

汚部屋は衛生的な問題を抱えてしまっていることが多いといえます。
例えば食べたカップラーメンの容器を汁ごと机に置いている、使用した調理器具も洗わずに台所に溜まりっぱなしという状況であれば、確実に異臭を伴うでしょう。

また、それを原因として様々な害虫を集めてしまうことになりますよね。

このような状況になると、外出する衣類に異臭がついてしまう、害虫などによって自己所有物に大きなダメージに見舞われてしまうなどの可能性もあります。
それにより、外出したときに他人から「異臭がする」「持ち物が汚い」と白い目で見られてしまう恐れもありますよね。

また、自分が汚いと思われるだけならまだ自己責任で済むかもしれませんが、近隣の住民のお宅に異臭がしたり、害虫などが入り込んでしまう可能性も考えることができます。

つまり、「ただ汚い」では済まされない可能性があるのです。

汚部屋を片付けるメリットとは?

さらに汚部屋を片付けることは自身にとっても大きなメリットがあります。

まずは精神的なメリット。
汚いということが精神的に負担になってしまっている可能性も少なくありません。

例えば、
「汚部屋だから友達や恋人を自宅に呼べない。なんでこんなゴミだらけの部屋にしてしまったんだろう。」

「汚部屋が原因で気持ちまで陰鬱な状況になってしまっている。」

「汚部屋に暮らしていると精神的にリラックスできない。」

このようなことをすでに感じている方も少なくないのではないでしょうか?

また、ゆっくりと寝るスペースの確保も出来ていない汚部屋では、肉体的な疲労の改善も行うことができません。
それの「抜けない疲れ」が片付ける体力を生み出させずに汚部屋を進行させている可能性も考えられますね。

汚部屋の効率的な片付け方

これらのことから汚部屋を片付ける必要があるということはお分かりいただけたのではないでしょうか?

しかし、溜め込んでしまったゴミを片付けていくというのは非常に骨が折れると思います。
ではどうすれば効率的に片付けることが出来るのでしょうか?

捨てる

まずは基本、「捨てる」ということです。
極端な話、もったいないと思いながらでもすべて捨ててしまうくらいの気持ちが大切になりますので、貴重品や生活必需品(本当に必要なもの)のみを残して、何もかも捨ててしまうくらいの気持ちで行いましょう。

捨てることでまず部屋がスッキリとします。
これだけでも実際かなり変わるのですが、捨てることでそれ以降の掃除が非常に行いやすくなります。

荷物を残している状況だと根本的な汚れや汚い部分の掃除ができないということも考えられます。
また、汚部屋にあったものだと異臭などが染み付いてしまっている場合も少なくないので、一度捨ててお部屋の中をキレイに掃除し、改めて買い替える方が効率的なのです。

掃除?買い替える?

次に上記でも述べましたが、掃除になります。
一気に掃除するという意味でいえば荷物は何もない方が行いやすいでしょう。

自分のなかで「異臭がするものは捨てる」「少しでも汚れていたら買い替える」などと基準を設けることで捨てる→掃除するの手間は省けます。

また、「買い替えてしまう」と思い切ってしまうのも非常に効率的。
なかなか片付けが進まないのであれば、「片付いたらこんなかわいい家具を置こう」などと自分の気持ちを前向きにさせる原動力にもなるかもしれません。

スケジュールを決める

また、片付ける際のスケジュールを決めるようにしましょう。
○○日までに何をする、○○日は○時間掃除を行うなど決めることで自分を追い込んでいけますし、また目標を設定した方が動きやすくもなります。

さらに、事前にゴミ回収日なども調べておくと家にゴミを溜め込まずに片付けていけますので、汚部屋の状態を維持するということにならないこともメリットとして挙げられるかもしれません。

最後に

汚部屋を片付けるということには大きなメリットがあるのです。
「片付けなくては」と思った段階ですぐに取り掛かるようにしましょう。

業者に依頼するという場合でも同じような感覚を共有してもらい、根本的に片付けていくことを意識する方がベターです。

自分自身、あるいは業者の力を借りるのもOKですが、現状から脱却できるように行動したいものですね。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-04T22:36:29+00:00