明石市のゴミ屋敷から、ゴミ屋敷の問題点について考える

///明石市のゴミ屋敷から、ゴミ屋敷の問題点について考える

明石市のゴミ屋敷から、ゴミ屋敷の問題点について考える

明石市には今もゴミ屋敷は存在している、そう断言しても問題ないでしょう。
意外と自分では気付いていないかもしれませんが、もしかしたら身近に存在しているかもしれません。

ゴミ屋敷は様々なトラブルや問題の原因となります。
今回はゴミ屋敷の問題点について考えてみましょう。

ゴミ屋敷の問題点については、いくつか考えなければならないことがあります。

ゴミ屋敷の住人がゴミ屋敷になっていると自覚していない点。
それに対して、行政でも、本人が、粗大ゴミや生活ゴミ、不用品ではなく、個人の財産というように認識していることから、撤去、処分、処理が出来ないということ。

近隣住民などからの苦情、署名などにより、行政側が撤去に踏み切っても、住人の収集癖などが原因でまたゴミ屋敷に戻ってしまうということ。

この様な事が、明石市だけではなく全国で繰り返されています。

ゴミ屋敷は、所有者本人だけの問題ではなく、汚れや臭いなどが原因で近隣の方の迷惑になってしまいます。

本来、近隣の住民の方の苦情や、行政指導が行われる前に片付けてしまった方が、気持ちよく生活できるはずです。

しかし、それぞれが自分に必要なモノだ、という強い思い込みがその苦情をはねのけるバックボーンとなっているのでしょう。

また、収集癖があるゴミ屋敷の住人の方は様々なデメリットを引き起こしてしまいます。

荷物を回収してくるということは、そもそもゴミを捨てた人の荷物を漁っているということ。
これではプライバシーの問題にまで発展してしまいます。

そういった意味では、どのようなものをどのように使用しているかわからない、という恐怖心から日常的なゴミを捨てるという行動にもある種の制限がかかったような感覚に陥ってしまうのではないでしょうか?

その他にも、屋外にまで出てしまっている粗大ゴミは歩行などの妨げになる可能性も非常に高いでしょう。
高齢者などであれば、最悪の場合、転倒が原因で寝たきり、ということも考えられるのです。

最後に

明石市でのゴミ屋敷の問題は深刻化しており、弊社ではこれまでにゴミ屋敷になっているため、片付けてもらえないかというご相談をたくさん頂きました。

そのなかで、ゴミ屋敷の問題点というのは一般的に問題となる臭いや害虫、汚れだけにはとどまらない、ということを再認識させていただきました。

もしも、「自宅もゴミ屋敷」だと感じられる方がいらしゃるのであれば、すぐにお片付けをすることをオススメします。
そのゴミ屋敷は、もうあなただけの問題ではないのです。

お電話用お問い合わせバナー

2019-04-10T16:06:41+00:00