明石市での高齢者問題!お部屋の片付けで損しないために!

///明石市での高齢者問題!お部屋の片付けで損しないために!

明石市での高齢者問題!お部屋の片付けで損しないために!

明石市では、総人口に占める65歳以上の割合が19%程度と全国の平均22%よりは下回っているものの、やはり高齢化が進んでいます。

また、高齢者のみで生活されている世帯が、一般世帯を100%とした時に全世帯の3割以上も占めているそうです。

この状況を踏まえた上で考えてみると、お年を召した方のみで生活されているご家庭が多いのではないかと思います。

そんな状況だと様々な片付けの問題が出てくるかもしれません。

片付けの必要性が高い高齢者

高齢者のみで暮らされているという状況が続いてしまうと、急な訃報が入るということも頭に入れておく必要があります。
その時には、遺品整理などのお片付けを行う必要がなります。

遺品整理は故人の大切なものが多く、遺品の片付けに関して、なかなか手が出しにくいというものがあります。
とは言え、そのまま放置しておくといつまでも片付けることが出来ず、賃貸などの物件だといわゆる空家賃がずっとかかってしまうだけ、という可能性も考えられますよね。

また亡くなってから誰も気付かないまま数日間そのままの状態だと腐敗してきてしまい、臭いや汚れの原因になってしまうことも少なくありません。
このような場合だと、特殊清掃などが必要になってきます。

遺品整理や特殊清掃などの大きなお片付けを必要となるのは、現役世代の方々に比べるとやはり圧倒的に高齢者の方が可能性は高いのです。

急な施設入所も片付けが必要な原因に

その他にも、高齢者には施設に入所するという選択肢が考えられますよね。

「施設に入所するのなら、そこまで急に片付けなどが必要にならないだろう」とお考えの方も意外といらっしゃいます。

実際、高齢者の方で例えば以前から認知症の症状がみられていたという場合だと、段階的に施設へ入所を検討される場合も少なくはありません。

しかし、高齢者のみで暮らされている、あるいは独居老人の方などであるとその変化に気付きにくいということも。
そのような場合だと、すぐにでも施設に入れる必要があるという状況になってしまうケースも十分に考えられます。

どのように 片付けるかがポイント

では実際、どのように対応するのがいいのでしょうか?
弊社では、このような緊急を要する場合は是非弊社のような回収業者を利用するように、とご提案させていただいております。

というのも、料金がかかることにとらわれすぎて、実際に支払う必要がなかった賃料などを考えると結果的にマイナスだ、という方も非常に多いからです。

また、一戸建てだからそこまで慌てなくても、と考えられている方の場合、一向に片付けが進行せず、汚れなどが激しくなってしまうケースも少なくありません。

自分たちで片付けする、という選択肢も必ず持っておくべきですが、どのように片付けるのがより効率がいいのかを検討するのが最も重要なことだといえるでしょう。

まずはそのようなケースに陥った場合はどのようにするのが適切かを考える機会を予め作っておくようにしたいものですね。

お電話用お問い合わせバナー

2019-04-10T16:06:03+00:00