芦屋市のリサイクルに対する取り組みについて考えてみよう!

///芦屋市のリサイクルに対する取り組みについて考えてみよう!

芦屋市のリサイクルに対する取り組みについて考えてみよう!

家電リサイクル法により、冷蔵庫や洗濯機などを代表する家電の処分にはリサイクル料金がかかることになりました。
それは芦屋市でも例外ではありません。

その他にも各自治体では独自のリサイクルに対する取り組みを行っています。
芦屋市では一体どのような取り組みが行われているのでしょうか?

芦屋市で家電リサイクル品を捨てるには?

芦屋市でも家電リサイクル法に定められる家電を処分する際、家電リサイクル法に従った方法をとらねばなりません。

エアコン・テレビ・冷蔵庫、冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などに関しては規定の方法で引取してもらうことができるようになっています。

まず、家電リサイクル法に定められる家電の処分を検討されているのであれば、一度家電を購入された店舗に問い合わせてみるのもいいでしょう。
その店舗による対応でなくとも、適切な処分方法について案内していただけると思います。

つまり、こういった家電リサイクル法に定められるものは粗大ゴミなどと同じような処分をしてもらうことはできません。
万が一、一般的なゴミの感覚でゴミステーションなどに置いてしまうと、不法投棄と見なされる場合もありますので、注意するようにしましょう。

芦屋市のリサイクルに対する取り組みは?

では、芦屋市ではリサイクルに対してどのような取り組みを行っているのでしょうか?

まず、芦屋市では住民の方にゴミの徹底した分別を呼び掛けています。
但し、実際ここ数年間の一人当たりのリサイクル量を見てみると、平成25年の段階では64.81kgだったものの、平成29年には58.73kgと年々段階的にリサイクル量が減少してきています。

芦屋市でも、さらにリサイクル品の分別を呼び掛けていく必要があるといえるかもしれません。

その他、年2回開催される「環境フリーマーケット」にて住民のリサイクルに対する意識を高めたり、「段ボールコンポスト」の作成方法を市のホームページで紹介したりと、より生活にリサイクルの意識を根付かしていく取り組みを行っているようです。

今後、さらにリサイクルに対する意識が高まってくることを期待したいですね。

最後に

家電リサイクル品の処分だけでなく、様々なモノの処分を検討しているということであれば、弊社のようなリサイクル+不用品回収を併せて作業できる業者にご依頼いただくのも一つの方法です。

リサイクルすることで、次に使ってもらう人に譲る、資源として再生される、廃棄物の量が減る、という様々な利点があります。

日々の生活の中から、リサイクルについてしっかりと意識していきたいものですね。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-15T14:33:35+00:00