お店や会社の廃棄物は?伊丹市での事業系ゴミの処分の仕方!

///お店や会社の廃棄物は?伊丹市での事業系ゴミの処分の仕方!

お店や会社の廃棄物は?伊丹市での事業系ゴミの処分の仕方!

神戸市にも近く、非常に栄えているイメージを持つ伊丹市。
大小様々な小売店や飲食店を合わせるとおよそ2000店舗も存在するとされています。

しかし、こういったお店において、廃棄物の問題があるということも少なくありません。
このようにお店から出てくる不用品を処分するのであれば、どのようにするのがメリットが大きいのでしょうか?

店舗から出る不用品は?

会社やお店などから出る廃棄物は、一般的に「事業系一般廃棄物」として分類されることになります。

伊丹市では、
市の許可を受けた一般廃棄物収集運搬許可業者に回収を依頼する
自己責任の元、処理施設を設け自己処理を行う
豊中市伊丹市クリーンランドに事業者が直接搬入する
いずれかの方法を選択することになります。

また事業者の場合、ゴミの系統が似たようなものになりがちです。
そういった場合、ゴミの減量化が図れやすいものとして、伊丹市では段ボールやアルミなどは資源回収業者に引き取ってもらうことを推奨しています。

大型の不用品は?

また、一般的に毎日出るようなゴミは「事業系一般廃棄物」に分類されることになりますが、店舗に設置されている什器等を処分する際は「産業廃棄物」に分類されることになります。

近年、冷蔵庫、洗濯機などの家電は家電リサイクル法によって「リサイクル品」として扱われることになりますが、事業者から排出される業務用冷蔵庫などは「リサイクル品」ではなく、あくまで産業廃棄物に分類されるということを覚えておきましょう。

こういった不用品の場合、一般廃棄物収集運搬許可業者は処理を行ってもらえません。
弊社のように産業廃棄物を取り扱う業者に依頼することが大切になるのです。

産業廃棄物を処分する場合、店舗や事務所などから荷物を運び出す必要があります。
慣れていない場合、作業には危険を伴ってしまいますし、従業員の方のケガや事故なども気になるところでしょう。

このようなことがないように、産業廃棄物の処理は業者に任した方がメリットが大きいといえるかもしれません。

最後に

最近お店をオープンした、あるいは今まで一般廃棄物は当然処分していたものの産業廃棄物の処理の経験がない、という場合はまずその選択に悩まれるでしょう。

あくまで一つの目安ですが、今までの作業経験が豊富な業者を選択することによってより安心して処理を任せることができます。

「ゴミを捨てるだけだから」と適当な選択をすると思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性も考えられます。
しっかりと後悔のない選択をするように心がけましょう。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-15T13:48:39+00:00