伊丹市での高齢者のお住まいの片付け方を考えてみよう!

///伊丹市での高齢者のお住まいの片付け方を考えてみよう!

伊丹市での高齢者のお住まいの片付け方を考えてみよう!

高齢者の方の場合、自身の体調によっては老人ホームなどの高齢者施設に入所を余儀なくされることがあります。

そうなった場合、現在住まれているお住まいに残される荷物を整理していく必要がありますよね。

では、高齢者が老人ホームに入られる場合、どのように整理するのがいいのでしょうか?

高齢者のお住まいを整理!

国勢調査によりますと、伊丹市には68,791名の高齢者(65歳以上)が暮らしています。
つまり、これだけの方が高齢者施設に入る可能性が考えられるということ。

確かにマンションタイプのような高齢者施設も存在しますし、終の棲家として考えた場合、今暮らされているお家より広いところで暮らそう、と考えられている方も少なくないでしょう。

しかし、高齢者施設のほとんどがワンルーム程度のお部屋になります。
そうなると、多くの場合現在暮らされているお住まいの中にある荷物を処分し、必要最低限のものを持ち込む、という状況になるのです。

では、高齢者が暮らすお住まいのケースに応じて、整理の方法を考えていきましょう。

高齢者が一人暮らしで賃貸の場合

高齢者の方が一人暮らしの場合、元々暮らされていたお住まい自体もどのようにしてか処分する必要があります。

賃貸の場合、おおむね月末までにお部屋を返す必要があるでしょう。
その場合、施設に必要なものを運びこみ、残った不用品は処分し、最後に掃除をして返す、といった作業が必要になります。

このようなことを考えると、当月内で作業を行う必要がありますから、なかなか大変な作業になってしまうといえますね。

1ヶ月の家賃といっても、なかなか馬鹿にはなりません。
そういったことを考えると、弊社のような不用品回収業者を利用して一気に片付け、掃除を行ってしまった方がメリットが高いでしょう。

高齢者の持ち家か家族と同居している場合

一方で、一人暮らしと言えど持ち家、もしくはご家族と同居しているというケースも考えられます。
このような場合、例えば不用品だとわかりきっているにも関わらず、整理することなく「不用品を溜め込んでしまう」といったケースが少なくありません。

残念なことに高齢者が亡くなられた場合、不用品を一気に処分する必要が出てきます。
そのようなときに、何がどんなところにあるのかもわからないようだとその手間は倍増してしまいますよね。

高齢者がご健在の時に、貴重品はどこにあるのか、思い出の品はどこにあるのか、何か残しておいてもらいたいものはあるのか、など確認しておくことが重要になるといえるでしょう。

最後に

高齢者施設にもっていけるのは本当にわずかばかりの荷物。
残された不用品をずっと処分しないのは、コストとしても場所としても非常にもったいないものになるケースが少なくありません。

高齢者本人としっかり話し合い、どのようなものをどういうように処分するのか、悔いのないように整理を進めていくのが肝心なことだといえるでしょう。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-15T13:47:16+00:00