加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る!

///加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る!

加西市が抱えるゴミ問題とは?同時に対策にも迫る!

兵庫県南部に位置する加西市の問題点は少子高齢化、産業の発展性など決して少なくはないといえます。
その中で今回はゴミ問題にフォーカスをあてて考えてみましょう。
ゴミ問題はいろいろな自治体が持つ問題でもありますが、御多分に漏れず加西市でもゴミの問題はあるのです。

加西市が抱えるゴミ問題

ゴミの問題というのは生活の水準の増加、産業の発展、県外からの移住者の増加など様々な要素によって増加していきます。

加西市は古来より肥沃な土地と知られ、近年では車でも公共交通機関でも都会へのアクセスが良く、また子育てに便利な制度や施設、また近隣で買い物を完結出来てしまうことから、移住先としても人気が高い地域です。

しかし、移住者が多いということは分別など加西市におけるゴミのルールをまだ理解していらっしゃらない方の数も多いということ。
その分、ゴミのトラブルに陥ってしまう可能性も少なくありません。

また、移住者が増えるとより便利になるように土地開発が行われます。
環境や居住者への単純な影響もありますが、確実にゴミへの影響というのも訪れます。

加西市の今後を考えると、発展とともにゴミの問題が比例するように増えてくる可能性があるのです。

加西市のゴミに対する取り組みは?

そんな問題を抱えている加西市、どのようにゴミに対する取り組みを行っているのでしょうか?

加西市では、分別収集は当然のこと、その他にも焼却及び埋め立て処分を必要とするゴミの量の削減に努めています。

また、平成4年には加西市ごみ減量化機器設置補助金制度も制定され、生ゴミの処理する機器の補助を行うことでよりゴミの削減に努力しているのです。

それ以外にも、家電リサイクル法や容器包装リサイクル法などでリサイクルについても推進しています。

これらの努力の甲斐があってか、加西市のクリーンセンターで処理されるごみの全体の量は15000t~19000tの間で前後していましたが、近年では12000t程まで減っているということ。

これらの結果からみても、ゴミの削減に対する取り組みが一定以上の結果をもたらしていることがわかりますね。
このようなことが続くと住民皆さんの「エコの意識」が大きくなりますので、これからますますゴミの意識を高めていく必要があるといえるでしょう。

最後に

ゴミ問題や少子高齢化などの問題もある加西市ですが、どこの自治体も同じような問題を抱えているでしょう。

しかし、それを放置していては解決に進んでいきません。
加西市のようにゴミに対する対策をしっかりと行っていくことが非常に重要だといえるでしょう。
お電話用お問い合わせバナー

2019-05-13T16:30:46+00:00