加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介!

///加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介!

加西市で実際にあった店舗の不用品回収事例をご紹介!

加西市で飲食店などの店舗を経営させていらっしゃる方も少なくないでしょう。
今回は加西市で実際に弊社が対応させていただいた店舗の不用品回収の事例をご紹介させていただきます。

店舗の場合、一般の方と荷物の処分方法も異なりますし、業務用に作られた什器などもお持ちだと思いますが、その具体的な処分方法がわからないということもあります。

以下の事例と、自分の悩みを見比べてみてはいかがでしょうか?

長く経営した居酒屋

今回ご依頼いただいたのは、加西市で20年間ものあいだ居酒屋を経営されてきたK様。
長く地域に親しまれて営業されてこられたのですが、ご自身が高齢になり今後はゆっくりと奥様と暮らして生きたいということ、さらにご子息が畑違いの仕事に就かれたということで今後は店員として働かれていらっしゃった方にお店を譲り、自分は引退したいというご相談をお受けしました。

ただ、今回K様のお店で使われていた什器、またテーブルやいすは非常に年季が入っており、その居酒屋の跡を引き継ぐ店員の方のためにも不要なものは処分し、入れ替えられるようにしてあげたいというご要望でした。

店内は25坪程で、基本的にはテーブルをならべ一部カウンターとされていました。

今回、まずはこのテーブルとそれに対応する椅子、またカウンターチェアーを全て回収してもらいたいということ。
さらに、お皿でも一部不要なもの、また業務用冷蔵庫と業務用ストッカーの引き取りもご用命いただきました。

製氷機はまだまだ現役として使えるからそのまま、またフライヤーは4年ほど前に替えられたものだったため、そのままにしておいてあげたいとのこと。

ご依頼いただいたお荷物を全て搬出させていただきました。
通常、業務用冷蔵庫や冷凍ストッカーは産業廃棄物になります。しかし、今回のお客様のご要望としてリサイクルできるものは買取してもらいたいとご要望いただきましたので、わずかとはなりましたが作業代金から差し引きさせていただきました。

作業が終了すると、長年営業されてきたお店が空っぽになるのに少し感慨深そうなご様子。
また跡を継がれることになった店員の方も緊張したような、期待したような、そんな面持ちでいらっしゃいました。

店舗の不用品回収でもお任せください

今回ご依頼いただいたのは飲食店様でしたが、当然それ以外あらゆる業種の店舗の不用品回収を受け付けさせていただいております。

加西市は近隣地区のベッドタウンとしても人気。
その分、地域に密着したサービスを行われている店舗も多いでしょう。
そういった小規模な店舗からでも作業させていただくことは可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください。
お電話用お問い合わせバナー

2019-05-13T16:48:22+00:00