三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!?

///三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!?

三木市にもあるゴミ屋敷、実は身近な問題だった!?

残念ながら、三木市にも少なからずゴミ屋敷は存在しています。
ゴミ屋敷といえば、テレビなどで紹介されている衝撃的な映像を想像する人も多いでしょう。

生活から出たゴミを片付け、処分しないだけでなく、外から不用品や粗大ゴミを収集してくるというのがタチの悪いところ。
近所に大きな迷惑をかけるということで行政が介入する、ということすら起こり得るのです。

ゴミ屋敷はどのようにして生まれるの?

ゴミ屋敷の住人といわれると、どういう方を連想するでしょうか?

よくテレビなどで目にするゴミ屋敷の住民は、「モノに価値があるから」「これはゴミじゃなく売り物なんだ」など、ちょっと考えにくいお話しをされていると思います。

しかし、実は故意にゴミを集めているわけではなく、「何らかの理由で片付けられない」という場合にゴミ屋敷が発生してしまうことが圧倒的に多いのです。

例えば、高齢者の認知症。
このような場合であると、片付けるということ自体がよくわからないなどの理由や、一方で荷物を著しく溜めこんだり、荷物を外から持ち帰ったりしてしまう傾向にありますから、ゴミ屋敷に陥ってしまう可能性が考えられます。

また、お仕事が多忙など様々なストレスが原因でゴミ屋敷になってしまうことも少なくありません。

いずれにしても。片付けられない結果ゴミ屋敷になってしまうということは言えるのではないでしょうか。

高齢者によるゴミ屋敷

一説によると、年をとるにつれ、「片付ける」能力は落ちてくるといいます。
まず、不用品かどうかを判断する力が弱まり、なんでもとっておくという状態を指すと考えてください。

また、たとえ不用品だと判断できても、それをゴミ出しするまでの能力が弱まることもあるそうです。
若い人にはなんということもない分別や曜日に分かれたゴミ出し、高齢者にとっては面倒で手間のかかる複雑な作業と感じることもあります。

三木市では「ふれあい収集」の制度があり、高齢者から要望があれば、戸別に収集してくれます。でも、片付けて玄関先まで持っていく作業は自身でしなければいけません。

ですから、戸別収集の段階までたどり着かない場合は、ゴミや不用品がたまり、ゴミ屋敷といえる状況になる可能性があるのです。

三木市を含む各自治体ではこのように様々な対応を行っていますが、ゴミ屋敷を引き起こしてしまう可能性のある高齢者についてはさらにいろいろな対応が必要になるかもしれませんね。

最後に

ゴミ屋敷は様々な原因から引き起こされるものです。
しかし、近隣にお住まいの方からすれば非常に大きな迷惑になると思います。
市に相談し、行政執行を受ける必要というのも出てくるでしょう。

しかし、自分自身がそうなってしまう、もしくはご家族がそのようになってしまうことも考えられるのです。

まずは自分の周りではそのようなことが起こらないようにするために気を付けてみるところから始めたいですね。
お電話用お問い合わせバナー

2019-05-04T10:13:08+00:00