三木市のゴミの分別方法は?処理できないゴミも存在する!?

///三木市のゴミの分別方法は?処理できないゴミも存在する!?

三木市のゴミの分別方法は?処理できないゴミも存在する!?

三木市は多くのゴルフ場も有する、自然が非常に豊かな土地です。
また、最近ではネスタリゾート神戸も誕生し、家族でレジャーを楽しむといった意味でもいい観光地となっています。

そんな三木市は雄大な自然を守るために、どのようなゴミの取り組みを行っているのでしょうか?

三木市でのゴミの分別について

三木市でのゴミの分別は「可燃ゴミ」「あらごみ」「埋立ゴミ」「資源ゴミ(プラスチック・ペットボトル・飲料用 紙パック・古紙・空きびん・小型家電)」となっています。

また、市で収集できないゴミとして、「収集困難ゴミ(スプリング入りマットレス・大型家具・畳・物干し台・マッサージチェア)」「一時多量ゴミ(引越しなどによりまとまって出るゴミ・多量の庭木のせん定枝)」が挙げられます。

さらに、市でも収集はおろか処理もできないゴミとしては「分別できていないごみ」「木くず(太さ30cm以上、アガサ1.8m以上)」「家電リサイクル法対象品」「処理困難ゴミ(自動車および自動車部品、タイヤ、バッテリー、オートバイ、消火器、農機具、ピアノ、塗料、電気温水器、シニアカー)」「危険・有害ごみ(廃油、プロパンボンベ、農薬、ボタン型電池、充電式電池)」「産業廃棄物」があります。

大型ゴミは収集を行っていない三木市。
つまり、不要な家具などは処分できないという可能性もあります。

このような場合は回収業者に依頼する方がベストな選択になるかもしれませんね。

三木市の便利なサービスとは?

三木市では平成28年9月から、スマホでダウンロードして使える「三木市ごみ分別アプリ」を配信しています。

このアプリでは、ゴミの出し方やごみ分別辞典を見ることができます。
さらに、自分の地域を設定しておけばゴミの出し忘れを防ぐ「アラート機能」も使えるそうです。

これは例えばゴミの日の当日指定した時間にアラーム音が鳴り、忘れないように教えてくれる、という機能です。

また、高齢者・障がい者の方の家庭を訪問してごみを収集する「ふれあい収集」を実施しています。
対象者となれば、玄関前まで訪問し、収集してくれるそうです。

それだけでなく、希望すれば、声掛けで安否確認をしてくれ、何かあれば緊急連絡先への確認もしてくれるとのこと。

本人も周りにとっても助かる制度ですね。

最後に

大型ゴミに対する対応は少し心もとないといった印象を感じさせる三木市ですが、一方で暮らしに寄り添った様々なサービスを提供しているのも特徴といえるかもしれません。

自然と共存する三木市にお住まいの方、一人ひとりのゴミに対する意識が向上し、今後もずっとキレイで暮らしやすい土地が続けばいいですね。
お電話用お問い合わせバナー

2019-05-04T10:11:44+00:00