篠山市が行うリサイクルの取り組みは素晴らしいものだった!

///篠山市が行うリサイクルの取り組みは素晴らしいものだった!

篠山市が行うリサイクルの取り組みは素晴らしいものだった!

リサイクルといえば、篠山市における自治体の回収は「ペットボトル、金属、缶・びん」が月2回、「プラスチック容器包装」のリサイクル回収が週1回となっています。

これらは清掃センターでリサイクルされています。

では、篠山市ではそれ以外にどういったリサイクルの取り組みを行っているのでしょうか?

篠山市のリサイクルプラザ!

篠山市のリサイクルへの取り組みとして押さえておきたいのが、リサイクルプラザの存在でしょう。

リサイクルプラザは市民や子供に対して、よりリサイクルへの理解を深めるために様々な催しを行っています。

例えば、ガラス工房の体験として、バーナーでガラスを加工する体験、さらに市のクリーンセンターに集まってきた不用品の中から再利用が可能なモノを展示し、市民の方々に無料で提供するといったよりリサイクルや再利用を身近に感じられるための取り組みを行っています。

このように、リサイクルを通じてモノの大切さを理解できる環境を設置しているというのは非常に素晴らしいことだということが出来ますね。

その他の取り組みは?

さらに篠山市では、PTAや子ども会が実施する古紙や古着などのリサイクル回収も利用できます。

このように回収されたものは文字通りリサイクルとして再加工され、工業用のウエスや新たな原材料として生まれ変わり、再度使用されることになるのです。

その他にも牛乳パックやトレーはスーパーなどでリサイクル回収箱が設置されています。
購入したお店のリサイクル回収箱に次の買い物の時戻す習慣をつければ、リサイクルに協力しやすいでしょう。

このように、民間企業と提携したよりリサイクルに取り組みやすい環境が備わっているのはとても大切なことですよね。

最後に

篠山市のリサイクルへの取り組みとしてとても特徴的だといえるのは、子供から大人まで全ての方が生活の中でリサイクルを知り、その取り組みの意味を分かりやすいところにあるといえるかもしれません。

子供の頃からリサイクルへの知識を深めておくということはとても大切なことですし、将来的にその感覚が根付いた成長を遂げてもらえるでしょう。

篠山市だけではなく、各自治体に対しこのような取り組みを率先しておこなっていただきたいものですね。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-23T11:17:37+00:00