たつの市で実家の整理を行うのに最も大切なこととは!?

///たつの市で実家の整理を行うのに最も大切なこととは!?

たつの市で実家の整理を行うのに最も大切なこととは!?

たつの市では平成27年の時点で人口の28.3%、21,945人もの高齢者の方が暮らしています。
その分だけご両親が亡くなった後に「実家」の問題というのがついてまわるでしょう。

現在暮らしている家から実家に移り住むことになるというケースもありますが、基本的にはそのお家に住み続ける方がほとんど。

実家の整理はどのように行うべきなのでしょうか?

親との確執で実家が片付けられない

たつの市の実家にいる両親のどちらかが亡くなったことにより、残された親を引き取ることになった、あるいは実家で一人暮らししていた親が亡くなったという場合、実家の整理を行う必要が出てきます。

当然、そのままにしておくことも可能ですが、固定資産税など保有しておくことでお金が発生してしまうので、処理する方がよりベターな判断だということが出来るでしょう。

しかし、高齢者は「もったいない」といって節約し、無駄づかいもしないし、使えるものは捨てないという方が多いようです。
一方で、生活日用品のストックを多くしている傾向が強く、キッチン周りの雑貨やトイレットペーパーを多く買い溜めされ、モノが多いといったケースも少なくありません。

一方で、使わない不用品は捨てる、リサイクルできるものはリサイクルショップへ持っていくなどという習慣がついているのは若い世代だということが出来るでしょう。

不要だったら捨てればいいと思う若い世代に対し、「もったいない」「ストックがないと安心できない」という親との価値観の違いで片付けがうまくいかない、ということもあるようです。

実家の整理を行うには?

整理へ対する思いが違ってケンカになることも多いようです。
膨大なモノの処分に加え、モノの処理で折り合いがつかず、双方にとって精神的な負担が出てしまうことも少なくありません。

とはいえ、実家にあるモノを片付け、減らすことをしなければ新しい生活に移ることはできないでしょう。

そうなると、「親と話しあうこと」が非常に重要なことだといえます。

親が持っているものに対する思い出や気持ちを話してもらい、受けとめることで、徐々に納得し、片付けがすすむようになった、という話をよく聞きます。

単に捨てるというのではなく、リサイクルすることで世の中の役に立つ、ということも理解してもらえるかもしれません。

また、実際の片付けの作業は専門業者が行い、親をフォローする役割に専念していただく、という方法もあるのではないでしょうか。

親と自分の生活の中でできること、思いなどをしっかりと話しあい、片付けを行っていくことが非常に重要だといえます。

最後に

実家の整理は片付けて終わり、というわけでは決してありません。
自宅に住まないのであれば、解体したり販売したりということも行う必要があります。

そんなことも踏まえて全てが「実家の整理」。
やはり、親としっかりと話しあうことが大切そうですね。

お電話用お問い合わせバナー

2019-06-15T14:11:35+00:00